タグ 3Dプリンター

世界最小かつ最安をアピールするレジン光造形3Dプリンター「iBox Nano」

SHARE:

世界最小を売りにするほど小型でかつ非常に安価で入手可能となるレジン光造形型3Dプリンター「iBox Nano」が開発されている。クラウドファンディングサービスKickstarterで支援を募集中だ。目標額は300,000ドルで、既に達成している。 このキャンペーンでは早期支援者向けに189ドルで入手可能となっていたが、既に完売している。次に安い229ドルの枠も完売するほどの人気だ。なお、小売価格は…


0f85e05fb0bfb0f40092e0200f4e20fa_large

世界最小を売りにするほど小型でかつ非常に安価で入手可能となるレジン光造形型3Dプリンター「iBox Nano」が開発されている。クラウドファンディングサービスKickstarterで支援を募集中だ。目標額は300,000ドルで、既に達成している。

このキャンペーンでは早期支援者向けに189ドルで入手可能となっていたが、既に完売している。次に安い229ドルの枠も完売するほどの人気だ。なお、小売価格は299ドルとなる見込み。

1356f1044b4a9dfb920c568258bdcc9d_large

本体サイズは85 × 110 × 235mmと非常にコンパクト。XY軸の解像度は328ミクロン、Z軸の最少積層ピッチは0.39ミクロンとなっている。

9f16c623b14b80f721fd97af807de654_large

プリントする素材にはレジン(樹脂)を使用。樹脂を硬化する為にUVライトが用いられたDLPプロジェクターを使用するが、従来のレジンプリンターでは2000~8000時間で電球を交換する必要があるところ、iBox Nanoでは50,000時間まで交換不要とのこと。

オプション購入可能なバッテリーでのプリントにも対応している。バッテリー駆動時間は約10時間。本体の重さも1.1kgと軽量なため、持ち運びも可能という。

無線LANで接続が可能。専用ソフトウェアは不要でブラウザベースでプリント可能なため、スマートフォンやタブレット、PCなど自分に合った環境から利用することが出来るとのこと。

支援者への発送は2015年4月以降が予定されている。

ついに5万円台に突入した、家庭向け3Dプリンタ「CUBIS」

SHARE:

いかに家庭向けとはいえ、3Dプリンタってお高いんでしょう?というイメージは、無いと言えば嘘になるだろう。 しかし、このたびプリンタスが発売した製品であれば、少しおこづかいを溜めることで購入も検討できそうだ。新たに発表された熱溶解積層方式の家庭用3Dプリンタ「CUBIS」は、定価が59,800円(税込み)という破格の製品。いまだ10万円前後が主流であるこのクラスにおいては、ひときわ安価な設定となって…


img_qua

いかに家庭向けとはいえ、3Dプリンタってお高いんでしょう?というイメージは、無いと言えば嘘になるだろう。

しかし、このたびプリンタスが発売した製品であれば、少しおこづかいを溜めることで購入も検討できそうだ。新たに発表された熱溶解積層方式の家庭用3Dプリンタ「CUBIS」は、定価が59,800円(税込み)という破格の製品。いまだ10万円前後が主流であるこのクラスにおいては、ひときわ安価な設定となっている。

operate01

安いとはいっても、積層ピッチは0.15mmと標準的。造形エリアも165 × 160 × 125mmとこちらも標準的。普通の機能を備えながら6万円を切るこの価格は、確かにひとつの特徴だろう。その値段の秘密はフリーのソフトウェアを利用した点などにあるようで、企業努力がゆえの値段とも言えそうだ。

sample12-l

もちろん日本語の説明書やメンテナンスツールも付属しており、安心して使える仕様となっている。

本製品は既に同社のオンラインショップにて発売中。ここから家庭用3Dプリンタの価格破壊がはじまっていくのだろうか。

SHS採用の業務用3Dプリンタ「blueprinter」、テクノソリューションズでの取り扱い開始

SHARE:

株式会社テクノソリューションズは、2014年11日1日より3Dプリンタ「blueprinter」の取り扱いを開始すると発表した。 「blueprinter」はデンマーク発、「同名のスタートアップが開発した業務用の3Dプリンタで、すでにヨーロッパでも販売が行われている。SHS(Selective Heat Sintering:選択的加熱焼結)を採用している点が特徴的だ。 SHSとは、熱可塑性粉末の層…


blueprinter
株式会社テクノソリューションズは、2014年11日1日より3Dプリンタ「blueprinter」の取り扱いを開始すると発表した。

blueprinter」はデンマーク発、「同名のスタートアップが開発した業務用の3Dプリンタで、すでにヨーロッパでも販売が行われている。SHS(Selective Heat Sintering:選択的加熱焼結)を採用している点が特徴的だ。

SHSとは、熱可塑性粉末の層に熱転写ヘッドを使用して熱を加えて焼結する方式だ。通常、造形中のモデルにはサポート材が必要となるが、同プリンタでは形成室内の素材そのもので支えられるため、サポート材は不要だという。また、造形後にあまった粉末素材を再利用できるため、造形にかかるコストが抑えられるという。

blueprinter

プリンタ本体は、幅1150mm×奥行き500mm×高さ600mm、重量は125kg。最大造形サイズは157mm×200mm×140mm、造形ピッチ0.1mmと高精細な3Dプリントを実現している。

blueprinter

テクノソリューションズでの販売価格は350万円(税別)で、メンテンナンスや利用にあたっての教育も別途、提供予定だという。

たった250ドルで組み立て可能な光造形3Dプリンター「RAR Print」

SHARE:

「RAR Print」は、たった250ドルの実費で、部品のほとんどを3Dプリンターで出力して自分で組み立てることができる光造形プリンターだ。 Thingiverseで公開されている「RAR Print」のパーツデータをダウンロードして、3Dプリンターで出力し、その他の必要な部品を組み合わせながら、「RAR Print」3Dプリンターを自作していく。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタ…


20141022_rar01

「RAR Print」は、たった250ドルの実費で、部品のほとんどを3Dプリンターで出力して自分で組み立てることができる光造形プリンターだ。

Thingiverseで公開されている「RAR Print」のパーツデータをダウンロードして、3Dプリンターで出力し、その他の必要な部品を組み合わせながら、「RAR Print」3Dプリンターを自作していく。

3Dプリンターで出力する部品の他に、有機ガラス(オレンジ)や、5枚から10枚のCD-R/DVD-R ドライバー、UV LED紫外線ダイオード1個、Arduinoといったパーツを別途入手する必要がある。

20141022_rar02

RAR Printを開発したのは、ロシアのトムスク工科大学出身のエンジニアであるシェフチェンコ氏。

既存のCD-RやDVD-Rのドライバーを利用して、SLA(光造形)を完成させているのが画期的な点。光ディスクの円盤の中には複数の異なる層が重なりその層を読み取って再生したり記録したりするのが、レーザーを反射させて樹脂に充てて積層するといった光造形に似ていることを応用しているという。

「RAR Print」の仕様は以下のとおり。

  • プリンターサイズ:29cm×19cm×20cm
  • 造形サイズ:8cm×8cm×80cm
  • 最小レイヤー層:10ミクロン(0.01mm)
  • ボード:Arduino Mega 2560

「RAR Print」の組立図は以下のようなものとなっている。

20141022_rar03

Arduinoからオープンソースの3Dプリンタ「Materia 101」が登場

SHARE:

オープンソースハードウェアを手がけるArduinoから、3Dプリンタが登場することが発表された。「Materia 101」と名づけられた、オープンソースで低価格の3Dプリンタだ。 同製品は、イタリアの3DプリンタメーカーSharebot社との協力によって設計、開発されたものだという。 制御コントローラーとして「Arduino Mega 2560」を搭載した3Dプリンタで、ほかのArduino製品と…


Arduino Materia 101
オープンソースハードウェアを手がけるArduinoから、3Dプリンタが登場することが発表された。「Materia 101」と名づけられた、オープンソースで低価格の3Dプリンタだ。

同製品は、イタリアの3DプリンタメーカーSharebot社との協力によって設計、開発されたものだという。

制御コントローラーとして「Arduino Mega 2560」を搭載した3Dプリンタで、ほかのArduino製品と同様にハードウェアのドキュメントはオープンソースとして公開される。

3Dプリンタの方式としては、素材にPLAフィラメントを使用する熱溶融積層方式で、最大造形サイズは140×100×100mm。X軸・Y軸方向の分解能は6nm、Z軸解像度は0.0025mmとかなり高精細な出力が可能。

Arduino Materia 101
押出ノズルの直径は0.35mmで、フィラメントは1.75mmのPLAが利用できる。プリンタ本体のサイズは310x330x350mm、重さは約10kg、消費電力は65W。

価格や販売時期は未発表だが、Arduino Storeのみでの販売となる模様。完成品と組み立てキットの2タイプが用意され、完成品が700ユーロ未満、組み立てキットは600ユーロ未満での販売になる見込みだという。

オーストラリアのスタートアップAurora Labsが開発する金属を出力可能な低価格3DプリンターがKickstarterに登場

SHARE:

オーストラリアのスタートアップAurora Labsは、金属を出力できる低価格の3Dプリンターを開発、Kickstarterでキャンペーンを開始した。すでに目標額の10万豪ドルの2倍以上の金額を集めている。 これまでも金属を出力するタイプの3Dプリンタはあったが、数千万円といった価格帯のため、個人が利用するのはかなり難しかった。しかし同社のそれは今回、4,499豪ドル(約43万円)という個人でも手…


Aurora Labs
オーストラリアのスタートアップAurora Labsは、金属を出力できる低価格の3Dプリンターを開発、Kickstarterでキャンペーンを開始した。すでに目標額の10万豪ドルの2倍以上の金額を集めている。

これまでも金属を出力するタイプの3Dプリンタはあったが、数千万円といった価格帯のため、個人が利用するのはかなり難しかった。しかし同社のそれは今回、4,499豪ドル(約43万円)という個人でも手が届く低価格から購入できる。

同社が開発したこの3Dプリンタは、ステンレス鋼、インコネル、ハステロイ、真鍮、銅などの金属粉を素材に造形ができる。

Aurora Labs
解像度は50〜100µmで、コインのような小さな造形物でも細かな模様まで再現できるようだ。

同プリンタはサイズや機能が異なる4タイプ(S1、S2、S2+、S-T)が用意される。「S1」と「S2」の作業台のサイズは、150mm x 150mm x 200mmと同じだが、「S1」が2種類の素材を同時に扱えるのに対し、「S2」では同時に3種類の素材を扱うことができる。

Aurora Labs
更に上位の「S2+」では、3種類の素材を同時に扱えるだけでなく、作業台のサイズも180mm x 180mm x 500mmと一回り大きく、ロケットエンジンのパーツのような、より大きな造形物を作成することができる。そして「S-T」は作業台のサイズは「S2+」と同じだが、扱える素材に「チタン」が加わるようだ。

価格はそれぞれ、「S1」が4,499豪ドル、「S2」が6,999豪ドル、「S2+」「S-T」は7,999豪ドルから購入できるが、送料は別途必要。2015年の3月以降に出荷開始の予定だ。

手描きのスケッチから3Dデータに変換しプリンティングまでしてくれるサービスが登場

SHARE:

3Dプリンターで作りたいものや出力したいものがあっても、3DCADのソフトウェアが使えないために何も出来ない人も多い。できればパソコンを使わずに手描きで描いたものをそのまま3Dプリントできないだろうか…そんな要望に答えるサービスが開発されている。 アメリカのTANGIBLE SOLUTIONSというベンチャー企業が開発する「Pango」は、手描きのスケッチやアイデアが3Dモデルになるというものだ。…


20141005_pango

3Dプリンターで作りたいものや出力したいものがあっても、3DCADのソフトウェアが使えないために何も出来ない人も多い。できればパソコンを使わずに手描きで描いたものをそのまま3Dプリントできないだろうか…そんな要望に答えるサービスが開発されている。

アメリカのTANGIBLE SOLUTIONSというベンチャー企業が開発する「Pango」は、手描きのスケッチやアイデアが3Dモデルになるというものだ。

スケッチが3Dプリンティングされるまでの手順はおおまかに以下の流れとなる。

1.「INVENTOR`s NOTEBOOK(発明者のノート)」にスケッチを描く

20141005_pango2

2.専用アプリで写真を撮影しアップロード

20141005_pango3

3.約1時間で画面上に3Dモデルが現れる

20141005_pango4

4.修正したい場合は連絡する

5.問題が無ければカラーなどを選択、3Dプリンティング

20141005pango05

6.プリントされたものが送られてくる

スケッチノートにカメラをかざすと3Dモデルが浮き上がるAR仕様で、画面を見ながら簡単に3Dモデルを確認できるようになっている。

3Dデータの変換や3Dプリンティングの精度がどの程度かはわからないが、2Dの手描きのスケッチから3Dに変換されプリンティングされるというプロジェクトは画期的だ。

現在Kickstarterでプロジェクトの支援者を募集中、目標金額は10万ドルを設定している。

eXtrudy、写真や画像を3Dプリンターで出力可能なモデルに変換するAndroidアプリ

SHARE:

出来るだけシンプルかつ簡単に、そして無料で2Dイメージを3Dモデルに変換することを目的としたプロジェクト「eXtrudy」が、Android用のアプリをリリースした。 eXtrudyでは、「コイン、ペンダント、イヤリングやメダルのような単純なものでも、プリント可能な3Dオブジェクトを作成することは3Dモデリングソフトウェアの知識が無いと非常に時間がかかる」という理由から、写真や画像から簡単に3Dモ…


druck_vorne_und_hinten

出来るだけシンプルかつ簡単に、そして無料で2Dイメージを3Dモデルに変換することを目的としたプロジェクト「eXtrudy」が、Android用のアプリをリリースした。

eXtrudyでは、「コイン、ペンダント、イヤリングやメダルのような単純なものでも、プリント可能な3Dオブジェクトを作成することは3Dモデリングソフトウェアの知識が無いと非常に時間がかかる」という理由から、写真や画像から簡単に3Dモデルを作ることが出来るアプリを提供しているとのこと。

一般的な2Dから3Dの変換を行うWebアプリケーションと異なり、両面の編集や彫刻などの装飾、フックの取り付け、大きさの調整、ファイルの出力などが可能という。1年前にWindows版がリリースされているが、今回Androidアプリに移植された。

2014-10-03 16.18.24

実際にアプリを使用してみたが、手書きの画像から3Dモデルを作成することが出来た。.stlファイルを出力し、他のアプリと共有することが可能だ。スマートフォンでも操作できなくはないが、タブレット向けに最適化されているようだ。Google Playにて無料でダウンロードすることができる。


ヘッド交換でレーザーカッターやフライス盤としての使用も可能な多機能3Dプリンター「ZMorph」

SHARE:

ヘッドを交換することで3Dプリント以外にもレーザカッターやフライス盤、3Dスキャナなどとして利用することが可能なマシンが「ZMorph」だ。1台に工作で必要な機能を多数搭載している、まさに『Personal Fabricator』なマシンとなっている。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up …


ZMorph_3d_printer_photo4

ヘッドを交換することで3Dプリント以外にもレーザカッターやフライス盤、3Dスキャナなどとして利用することが可能なマシンが「ZMorph」だ。1台に工作で必要な機能を多数搭載している、まさに『Personal Fabricator』なマシンとなっている。

dualhead-extruder

基本となる3Dプリント機能も、多くの種類のフィラメントを利用することが出来る。ABS、PLA、PVA、ナイロン、ラバー、Timberfill、Woodlay、Ninjaflexの他に、ヘッドを交換することでスティックフィラメントやセラミックの利用も可能。デュアル押し出し機のヘッドも用意されているため、多色プリントも行うことが出来る。さらに、チョコレートやケーキ生地を出力する専用のヘッドを使うことで、食べられるオブジェクトを造ることも可能とのこと。

LASER-2

また、ヘッド交換によりレーザカッターとして使うことが出来る。別のヘッドでは、フライス加工やエングレービング加工を行うCNCマシンとして利用することも可能と、プリントだけでなくオブジェクトの切削を行うマシンにもなるという。3Dスキャナとしても利用できるので、スキャンしたデジタルデータをそのままヘッドを換えるだけで3Dプリントが可能となる。

そのほかのスペックとしては、ワークエリア250 x 235 x 165 mm、最小積層ピッチ0.1mm(ABS)、0.05~0.025mm(PLA)、本体サイズ530 x 555 x 480 mm、重さ25kgとなっている。

価格は、本体が1,944.25ドル、ヘッドは別売りとなっており、デュアル押し出し機のヘッドが382.68ドル、フィラメント径1.75mmのヘッドと3mmのヘッドが各223.23ドル、ケーキやチョコレート用ヘッドが111.62ドル、セラミック用ヘッドが108.42ドル、フライス加工用ヘッドが16.85ドルとなっている。レーザーカッター用ヘッドは後日発売予定とのこと。

イラストや図面から3Dモデリングとプリンティングができる「トータル3D試作サービス」が開始

SHARE:

3Dプリンターのポータルサイト「メイカーズラブ」を運営しているメイカーズファクトリーが、イラストや図面から3DCADデータや3Dプリンターなどを使った製品試作が出来る「トータル3D試作サービス」を開始した。 2D図面(DXF)や手描きのイメージスケッチやillustratorデータから3DCADデータを作成したり、3Dプリンター等を使った製品試作も行う。3Dプリンターでの試作レベルは、ローエンドの…


20140930_3dservice01

3Dプリンターのポータルサイト「メイカーズラブ」を運営しているメイカーズファクトリーが、イラストや図面から3DCADデータや3Dプリンターなどを使った製品試作が出来る「トータル3D試作サービス」を開始した。

2D図面(DXF)や手描きのイメージスケッチやillustratorデータから3DCADデータを作成したり、3Dプリンター等を使った製品試作も行う。3Dプリンターでの試作レベルは、ローエンドの3Dプリンターから、ハイエンドの光造形3Dプリンター試作などに対応している。

20140930_3dservice02

iBeacon用ケースの設計と3Dプリンターでの試作事例では、「iBeacon」を簡単に導入できるソリューション「ストアビーコン」の3DCADデータを制作。依頼データは手描きのラフスケッチで、内蔵するBluetooth基板の寸法を元に設計、3DCADデータとローエンドの3Dプリンター試作による簡易量産を行ったようだ。

トータル3D試作サービスを利用するには、まず見積もり申し込みフォームから、スケッチや図面などの2Dデータを送り見積もりをとる(無料)。見積もり金額の確認後、3DCADデータの作成を開始、ニーズに応じて3Dプリンターなどを使った試作を依頼することも可能。また3Dプリンターを使わない手作り試作・注型を使用した試作・量産などにも対応可能とのこと。

3D CADデータの作成は、自動車部品、機械部品や家電製品などさまざまな製品のデータ作成経験のあるエンジニアが行うという。