BRIDGE

タグ 3doodler

空中に絵を描ける3Dプリントペン「3Doodler」の新アクセサリーがリリース

SHARE:

立体的な絵を描くことが出来るペン型3Dプリンター『3Doodler』。世界で最初のペン型3Dプリンターとして、クラウドファンディングサービスのKickstarterにて約2億4千万円の資金を調達し、製品化された。以前にも3Doodlerを使って作成されたラジコン飛行機を紹介したが、そんな3Doodler用のアクセサリーが新たにリリースされている。 まずは専用スタンドの「DoodleStand」。3…


Bu23Y95IAAAdE50

立体的な絵を描くことが出来るペン型3Dプリンター『3Doodler』。世界で最初のペン型3Dプリンターとして、クラウドファンディングサービスのKickstarterにて約2億4千万円の資金を調達し、製品化された。以前にも3Doodlerを使って作成されたラジコン飛行機を紹介したが、そんな3Doodler用のアクセサリーが新たにリリースされている。

doodlestandmobile

まずは専用スタンドの「DoodleStand」。3Doodlerを差し込むことで安定した線を引くことが可能だ。支える2本の脚にはスピードコントロールボタンがついており、フィラメントを出すスピードを制御することができる。価格は9.99ドル。

pedal-mobile

Pedal」は3Doodlerを足で操作するためのフットペダル。左右のボタンでフィラメントを早く押し出したりゆっくり押し出したり、また両方のボタンを同時に押すことでフィラメントを逆送りすることも可能だ。価格は19.99ドル。

DSC_0284

NozzleSet」は3Doodlerに装着する6つのノズルのセット。リボン状、正方形、三角形、0.6mm / 1mm / 1.5mmのノズルがセットになっており、簡単に取り付けられるようになっている。ドライバーのような取り付け用のツールがノズルの収納用のケースを兼ねている。価格は19.99ドル。

なお、いずれのアクセサリーも日本版の公式サイトではまだ取り扱っていない模様だ。

----------[AD]----------

立体的に描く3Dペン「3Doodler」でラジコン飛行機を作った猛者が現る

SHARE:

立体的に描くことができるペン型3Dプリンター「3Doodler」で実際にラジコン飛行機を作ってしまった人が登場した。 3Doodlerといえば、世界で最初のペン型3Dプリンターとして、Kickstarterで約2億4千万円の資金を調達し製品化を実現。日本でも正規の代理店を通して、すでに1万6千円で国内販売されているが、作れるものは三次元の落書きぐらいだと思っていたら大間違い。 イギリスのデザイナー…


20140702_3doodler01

立体的に描くことができるペン型3Dプリンター「3Doodler」で実際にラジコン飛行機を作ってしまった人が登場した。

3Doodlerといえば、世界で最初のペン型3Dプリンターとして、Kickstarterで約2億4千万円の資金を調達し製品化を実現。日本でも正規の代理店を通して、すでに1万6千円で国内販売されているが、作れるものは三次元の落書きぐらいだと思っていたら大間違い。

20140702_3doodler02

イギリスのデザイナーMatthew Butchard氏によって作成されたラジコン飛行機は、骨組み、モーターマウント、操縦翼面、すべて3Doodlerで作られている。

実際にどのように作られたのか、製作過程の情報や写真は彼のブログに詳しく紹介されている。

この動画を見れば実際に飛んでいる姿が確認できる。

さらに、Butchard氏はDoodlerでリモコンカーまで作ったそうだ。車輪のアーチ部分を制作するのに一番苦労したとか。

20140702_3doodler03

----------[AD]----------