タグ mixi

旅SNS「trippiece(トリッピース)」が約2億円の資金調達ーー元ミクシィ取締役CFO小泉文明氏が取締役に

SHARE:

ユーザー同士が旅のプランを作り、実際に旅行を実現させる旅系ソーシャルネットワーク「trippiece」を運営するtrippieace(社名はeとcの間にaが入る、以下トリッピース)は8月6日、Draper Nexus Venture Partners他から約2億円の資金調達を実施したことを発表した。主にマーケティングなどの人材強化、iPhone、Androidのアプリ開発などを予定している。 また…

みんなで旅をつくるソーシャル旅行サービス_-_トリッピース-2

ユーザー同士が旅のプランを作り、実際に旅行を実現させる旅系ソーシャルネットワーク「trippiece」を運営するtrippieace(社名はeとcの間にaが入る、以下トリッピース)は8月6日、Draper Nexus Venture Partners他から約2億円の資金調達を実施したことを発表した。主にマーケティングなどの人材強化、iPhone、Androidのアプリ開発などを予定している。

また、これに伴いミクシィやDeNAなどのIPOに携わった小泉文明氏の取締役就任も公開している。同氏は2012年のミクシィ取締役退任後、エンジェル投資家や複数社の取締役、監査役として活動を続けていた。トリッピースでも主に経営基盤の強化にあたる。

新興ソーシャルメディア成長の1年

trippieceが正式に公開されたのは2012年1月。1年が経過した今、これまでに計画された旅の企画は1400件にのぼり、毎週100人から200人ほどのユーザーが旅に出ているそうだ。運営オペレーションもこなれてきて、今回の調達でもこの箇所を増強する。

ただ、話を聞けばここまでの過程もそう簡単ではないことが伺える。トリッピース代表取締役CEOの石田言行(いあん)氏によれば、特に当初のソーシャルメディアの拡散力は期待はずれだったという。

「trippieceは小さい旅行プランの集まりです。ここがソーシャルメディアでもっと拡散すると想定していたが、そこまでではなかった。ユーザー数が2万人を越え始める頃からコミュニティが動きだした」(石田氏)。

現在、5万人ほどにまで成長したユーザーコミュニティだが、ある程度のボリュームが確保できないと次のステップに進めないことが伺える。

拡大に向けて実施される法人アカウント

trippieceでは5人ほどの「旅行希望」ユーザーが集まったプランについて、旅行会社と連携し実際のプランを作成して販売する。

ここで彼らが新たに取り組むのが法人アカウントだ。これは芸能事務所など、ある一定のファン層を持つ法人と連携し、芸能人ツアーなどの企画実施を狙ったもの。現時点で公開はできないそうだが、既にいくつかの企画が進行中だという。今後はこのアカウントの開設を積極化させるそうだ。

5万人というユーザー数は決して他のソーシャルメディアサイトに比較して大きいとはいえない。しかし、小さいコミュニティで粘り強くユーザーオペレーションを回し、ビジネスモデルの完成度を上げたことはもちろん、石田氏のサービスへの強い思い入れが次のステージへと推し進めた要因なのだろうなと感じた。

ちなみに石田氏と話をするとトリッピースへの愛を語ってくれることがある。以前にも書いたことがあるが、彼もまたサービスとよく似ている。

今後、小泉氏という経験者とのタッグで「ここでしか体験できない」旅の新しい形がどう拡大してくのか、興味深い。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


ミクシィが公開した「Plannah(プランナー)」は想い出写真の共有アプリだった。でもこれって…

SHARE:

ミクシィは8月1日、スマートフォンで撮影した写真を友人と共有できるアプリ「Plannah(プランナー)」の提供開始を発表した。iOSに向けて提供されており、利用は無料。日本語、英語、韓国語に対応している。 同アプリは「DeployGate」「ノハナ」などを生み出した社内公募による新規事業創出「イノベーションセンター」の第四弾となるサービス。Android版は近日公開となっている。 ニュースレターの…

ss05ss01

ミクシィは8月1日、スマートフォンで撮影した写真を友人と共有できるアプリ「Plannah(プランナー)」の提供開始を発表した。iOSに向けて提供されており、利用は無料。日本語、英語、韓国語に対応している。

同アプリは「DeployGate」「ノハナ」などを生み出した社内公募による新規事業創出「イノベーションセンター」の第四弾となるサービス。Android版は近日公開となっている。

Plannahは結婚式や飲み会など、普段のカジュアルな出来事で撮影された写真をアルバム単位で共有することができる。またカレンダー形式で表示されるため、自分がいつ、だれと何をしていたかを写真で振り返ることも簡単で、アプリからスマートフォンへの写真保存も可能だ。

ss02ss03

さて、私はこのアプリの説明を聞いたとき頭の中で「?」が10個ぐらい並んでしまっていた。特に使い方が難しいとかコンセプトが難解というわけでもない。しかし、イベントの写真共有であればfacebookのイベントでよく見かけるし、他に手段がないわけではない。なぜ今なのか。

my365のようにカレンダー形式で写真を記録するサービスはあるが、グループ共有ではないし、確かに国内では同様のサービスで目立ったものは見当たらないかもしれない。

一方海外に目を向けると、グループ写真共有アプリのKapturは6000万ユーザーによって2億5000万の写真が共有され、200万ドルを調達したがマネタイズに苦戦しているようだし、その他にもLineaAlbumatic、家族単位のfamilioや時間と場所でソートをかけられるClusterなどがあるが、調べた限りではあまり大きな話題になってはいないようだ。

何よりも大きな話題で、場所による写真共有のColorの失敗は記憶に新しい。なかなか難しいテーマなのかもしれない。

この疑問ついて開発チームに聞いたが、確かになるほどと思える点がひとつだけあった。それはここ最近起こっているスマホシフトが一般にまで届いているかもしれない、という状況だ。

「(スマートフォンが普及した結果)ユーザーのフィードバックでも結構カジュアルに写真撮影する機会が増えてるなっていう印象があったんです。ただ共有しようと思ったら使ってるツールがバラバラだったり」(Plannah開発チーム)。

多い人で所有しているスマートフォンには数千から数万枚の写真が溜まっている状況があるらしく、決定的なツールがない状況下で共有に特化したサービスを提供すれば、もしかしたら爆発の可能性はあるかもしれない。

いずれにしても今後のDLなどの数字、結果次第だろう。開発チームも過去の写真共有サービスのモデルで成功することの難しさは認識していると話していただけに、スマホシフトの波を上手く掴めるのかどうか、興味深いところだ。

IMGP0031
「イノベーションセンター」内のPlannah開発チーム

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


ミクシィ、投資子会社「アイ・マーキュリーキャピタル」を設立、幅広く事業への投資を狙う

SHARE:

ミクシィは、7月1日、アイ・マーキュリーキャピタル株式会社を設立することを発表した。 アイ・マーキュリーキャピタルは、ミクシィの事業ポートフォリオを拡大し、ソーシャルサービス「mixi」事業だけではない成長を実現するために設立された投資子会社。ミクシィと合わせて50億円規模の投資を実行する予定。 投資対象となるのは、スタートアップのアーリーステージからレイターステージ。さらに、オンライン事業、オフ…

imercuryミクシィは、7月1日、アイ・マーキュリーキャピタル株式会社を設立することを発表した。

アイ・マーキュリーキャピタルは、ミクシィの事業ポートフォリオを拡大し、ソーシャルサービス「mixi」事業だけではない成長を実現するために設立された投資子会社。ミクシィと合わせて50億円規模の投資を実行する予定。

投資対象となるのは、スタートアップのアーリーステージからレイターステージ。さらに、オンライン事業、オフライン事業の双方も対象となっており、幅広く事業への投資を行なっていく方針。

ミクシィは、同日「ミクシィマーケティング」の設立を発表、6月に発表した「ミクシィリサーチ」によるソーシャルネットワーキングサービス「mixi(ミクシィ)」のユーザ向けネットリサーチの提供も開始している。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


ミクシィが子会社「ミクシィマーケティング」を設立し、デジタルデータマーケティング領域に挑戦

SHARE:

株式会社ミクシィは、7月1日、「株式会社ミクシィマーケティング」を設立した。 ミクシィマーケティング社は、ミクシィ社のパートナービジネス本部を分割し設立された、ミクシィ社が今後順次設立していく戦略事業子会社の第一弾。 ミクシィのパートナービジネス本部は、「mixi」、「Facebook」、「Twitter」などのソーシャルネットワーキングサービスにおいて、ソーシャルグラフマーケティングの取り組みを…

mixi marketing logo株式会社ミクシィは、7月1日、「株式会社ミクシィマーケティング」を設立した。

ミクシィマーケティング社は、ミクシィ社のパートナービジネス本部を分割し設立された、ミクシィ社が今後順次設立していく戦略事業子会社の第一弾。

ミクシィのパートナービジネス本部は、「mixi」、「Facebook」、「Twitter」などのソーシャルネットワーキングサービスにおいて、ソーシャルグラフマーケティングの取り組みを先導。「mixi Xmas 2012」などのソーシャルキャンペーン事例、ソーシャルアド事例などを実施してきた。

ミクシィマーケティング社は、「mixi」などの広告の取扱いや、ポイントサービス事業「モラッポ」の運営、ソーシャルグラフマーケティングの企画・プロデュース、サービス開発を行い、スマホアプリの収益化事業も予定しているようだ。

ミクシィマーケティング社は、ソーシャルグラフの分析によって得られるデータ運用なども行い、デジタルデータマーケティング領域の挑戦を行っていく。

ミクシィは、同日、投資子会社「アイ・マーキュリーキャピタル」の設立を発表、6月に発表した「ミクシィリサーチ」によるソーシャルネットワーキングサービス「mixi(ミクシィ)」のユーザ向けネットリサーチの提供も開始している。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


家族向けフォトブック作成サービス「Nohana(ノハナ)」、家族写真の出張撮影サービスを開始

SHARE:

Nohana(ノハナ) は今年の2月にMixi(ミクシィ)のイノベーションチームから生まれた新しいサービスだ。「Nohana(ノハナ)」は、スマートフォンにアップロードした写真を家族だけで共有し、フォトブックを簡単に作成し、送料は別だが毎月無料で1冊のフォトブックを受け取ることができるサービス。2013年6月現在で、3.6万人の利用者がおり、110万枚の写真をアップロード、約3.8万冊のフォトブッ…

nohana

Nohana(ノハナ) は今年の2月にMixi(ミクシィ)のイノベーションチームから生まれた新しいサービスだ。「Nohana(ノハナ)」は、スマートフォンにアップロードした写真を家族だけで共有し、フォトブックを簡単に作成し、送料は別だが毎月無料で1冊のフォトブックを受け取ることができるサービス。2013年6月現在で、3.6万人の利用者がおり、110万枚の写真をアップロード、約3.8万冊のフォトブックが発行されているという。

今回、Nohana(ノハナ)の利用者が利用できる新しいサービス「ノハナ 出張撮影サービス」が開始された。子どもの誕生日や入園式といった家族のイベントごとに、出張撮影を依頼し、写真を残すことが可能になる。撮影した写真データをフォトブック等にして楽しむことで、思い出を残すことができる。

同サービスがスタートした背景には、近年、ソーシャルサービス等を通じてフリーのカメラマンとつながり、屋外や自宅で撮影をしてもらう「出張撮影」が注目を集めているという。ソーシャルネットワーキングサービス「mixi(ミクシィ)」においても、カメラマンに撮影を依頼できる数千人規模のコミュニティが複数存在しており、プロのカメラマンに写真を撮影してほしいという需要が存在している。

サービスを利用する際の基本料金は税込で31,500円、初回のユーザは税込19,800円で依頼が可能だ。現在は、首都圏に限定したサービスとなっているが、今後、首都圏以外での「ノハナ 出張撮影サービス」の展開も予定しているという。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


ミクシィ・リサーチ、mixiのユーザ向けにネットリサーチの提供を開始

SHARE:

株式会社ミクシィ・リサーチは、7月1日よりソーシャルネットワーキングサービス「mixi(ミクシィ)」のユーザ向けネットリサーチの提供を開始することを発表した。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up ミクシィ・リサーチ社は、株式会社ネットマイルがリサーチ事業を新設分割し、2013年1月7日に株…

mixi research logo

株式会社ミクシィ・リサーチは、7月1日よりソーシャルネットワーキングサービス「mixi(ミクシィ)」のユーザ向けネットリサーチの提供を開始することを発表した

mixi research03s

ミクシィ・リサーチ社は、株式会社ネットマイルがリサーチ事業を新設分割し、2013年1月7日に株式会社ミクシィが新設会社の全株式を取得して誕生したミクシィの100%子会社。

  • 1. 「mixi」のユーザーを中心とした若年齢層の大規模モニターパネル
  • 2. スマートフォンに最適化したリサーチシステム
  • 3. 8年間のネットリサーチ事業で培った豊富な経験やノウハウ

ミクシィが運営するスマートフォン専用の新ポイントサービス「モラッポ」)と連携しており、「mixi」のユーザを中心とした、これまでネットリサーチにとってアプローチが難しかった10代・20代の若年齢層に対してもリサーチを実施することができる。

今後、ミクシィ・リサーチ社は、「mixi」との連携を強化することで、新しいマーケティングリサーチのサービスを展開し、アンケートへの協力者とクライアント企業のコミュニケーションを強化していく。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


月間5000万のアクティブユーザ数を持つ画像編集ツール「Aviary」が日本に上陸予定

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 先週、画像編集プラットフォーのプロバイダーであるAviaryが海外展開を計画中で、日本を最初の展開先としていることを聞いた。この会社は直近数ヶ月の間にかなりの成功を収めていて、5月には月間5000万のアクティブユーザ数を達成している[1]。 既に4600以上の企業がAbiaryのシステムを組み込んでいて、その中でも(…

Aviary’s Japan rep Archie Archibong
Aviaryの日本代表、Archie Archibong氏

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

先週、画像編集プラットフォーのプロバイダーであるAviaryが海外展開を計画中で、日本を最初の展開先としていることを聞いた。この会社は直近数ヶ月の間にかなりの成功を収めていて、5月には月間5000万のアクティブユーザ数を達成している[1]。

既に4600以上の企業がAbiaryのシステムを組み込んでいて、その中でも(我々が知っている中では)ミクシィが最も著名な会社で、Aviaryはカスタムステッカー機能を開発し彼らのアプリの中に組み込んでいる(写真右)。

mixiscreens-280x287

私は今週、日本に滞在しているAviaryの事業開発担当者であるアーチー・アーチボン氏に同社の話を伺う機会を得られた。彼はこう説明した:

日本からの需要は多く、これまでも日本の多くの人がどのようにしたらAviaryのプロダクトをうまく活用できるかについて我々にリーチしてきました。それは我々が日本に拠点を置くべきとなる明確な理由でした。

アーチー氏は、フェイス・トゥ・フェイスでのパートナーとのミーティングの大切さと、彼らが実際に何を必要としているかを理解することの重要さを語った。この方法をとることは、同社のロードマップをつくりだすことの助けになると彼は言う。これまでの東京での結果はというと、多くの紹介とミーティングの機会を手にしており、これはemailやSkypeのみのアプローチの仕方ではできないことだと彼は付け加えた。

同社は同社の5回目のイベントとなるPhoto Hack Dayを今秋東京で企画しており、これはコミュニティ、特に多くの写真アプリを開発している日本のスタートアップにとって良い機会となるだろう [2]。この種のイベントはローカルの開発者をサポートするだけでなく、同社のサービスを広めるという点においても、同社のプレゼンスをあげるだろう。

日本でプレゼンスを確立することは、クオリティーの高い日本の写真アプリの豊富さを考えると、賢い動きだと言える。フラリー・アナリティクスからの最近のレポートでは、日本はiOSとAndroidの両方で、他のどの国よりも写真アプリを使う率が高いことが示された(下図参照)。もしこれが正しいのであれば、Aviaryが多くの機会をここ日本で得ることができると言えるだろう。

flurry-japan-photography-620x385


[1]これは5月28日に”直近30日”として発表されたものなので、5月の数字としては大体のものである。 ↩

[2]Photo hack Dayの以前のイベントは4月にメンロパークにあるフェイスブックの本拠地で行われた。このイベントでコンピューターサイエンスをバックグラウンドに持つアーチー氏は自分自身でアプリを開発している。 ↩

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


事業を作るCFOを目指せ−−元mixi小泉氏が語る「事業創造に必要なファイナンスとCFOの役割」

SHARE:

起業家が率先してやるべきことは数多い。ビジネスアイデア、経営、サービスの運営。それらを発展に導くためには適切なチームビルディングが必要だ。特に必要な事業資金確保はその後のスケールにも大きな影響を与えるため、CFO(最高財務責任者)という存在の重要性は強く意識すべきだろう。 小泉文明氏は、証券会社で数多くのインターネット企業のIPOを経験した後、2007年にミクシィに入社。2008年に取締役CFOに…

起業家が率先してやるべきことは数多い。ビジネスアイデア、経営、サービスの運営。それらを発展に導くためには適切なチームビルディングが必要だ。特に必要な事業資金確保はその後のスケールにも大きな影響を与えるため、CFO(最高財務責任者)という存在の重要性は強く意識すべきだろう。

小泉文明氏は、証券会社で数多くのインターネット企業のIPOを経験した後、2007年にミクシィに入社。2008年に取締役CFOに就任し、同社の成長を支えた一人だ。現在は、非常勤顧問をしながら、ネットベンチャーのサポートなどを実施している。

同氏がMOVIDA SCHOOLで語った、事業創造に必要なファイナンスとCFOの役割についてまとめた。

IMG_8633-2

CFOによる事業成長4つのサイクル

CFOは企業の財務側面から事業推進をしていく存在だ。ここには必要な事業サイクルが存在する。

1)納得度の高いエクイティストーリーの構築
2)資金調達による必要資金の獲得
3)ROIの高い、キャッシュの効率的な使い方
4)結果で証明し、そこから次の資金調達へ

資金調達を活用した企業成長には、この4つのサイクルをいかに上手く回すかが重要となる。これは、シリーズAでもIPOでも同様だ。

エクイティストーリーの重要性

資金の活用でどれだけ事業全体のスケールを大きく描けるか。スタートアップであれば、まずはシリーズAでのエクイティストーリーを考えよう。そして、自身の事業が成功すると仮定し、IPOする際のエクイティストーリーも同時に考えてみることで、より未来を見据えて行動することができる。

よく言われているリーン・スタートアップは、場合によっては小さな規模で考えがちになる。そうではなく、より大きな事業を描くことで、大規模な企業へと発展していく可能性を持つことができる。

楽天のIPOの場合

楽天は、株式市場や融資を活用したM&Aによって、楽天経済圏と呼べる事業展開を作り上げた。そうした事業展開は、IPOで得た資金を元手に買収を繰り返すことで発展を加速させている。投資家に対して十分に納得させるエクイティストーリーと、ファイナンスを通じた企業価値の最大化の施策の重要性を楽天から学ぶことができる。

ミクシィのIPOの場合

証券会社時代にミクシィにIPOの提案をした当時、mixiのユーザは50万人程度。そうした中で、いかに企業価値を高めてIPOを展開するかが命題だった。そこで、2005年当時に「世界初のSNS上場」というストーリーを導き出し、上場提案を実施した。今後、SNSが集客プラットフォームとして、その中でいくつものビジネスが展開されると予測し、そのパートナーとなる企業のM&Aをするために必要な資金をIPOで獲得するストーリーで、2006年のIPOでは結果として1000億以上の時価総額となった。

mixiにおける資金を活用した事業創造

2007年に、SNSのオープンプラットフォーム化構想を策定し、プラットフォーム・エコシステムを作り始めた。ビジネス全体を、他社を巻き込んだ大きなムーブメントとすることで事業推進を図ったのだ。また、エコシステム構築のために、周囲のベンチャーに投資をするためのミクシィファンドを設立。アドブログラムというレベニューバックプログラムも作り資金を投入した。

その後VCやインキュベータとの協業による資金を活用し、複数のLP投資を実施。自社を取り巻く経営環境を総合的に分析し、レバレッジを効かせた投資とリソース配分の最適化によって、より効率的なエコシステムを作り上げることができた。

歴史は繰り返す

これまでにいくつものビジネスが生まれ、栄枯盛衰をたどってきた。そして、まだ日は浅いといわれているネットビジネスでさえも、歴史は繰り返されるという状況をいくつも見てきた。こうした過去から学べるものは多く、業界の歴史をぜひ勉強してもらいたい。プラットフォームにおいては、当時はi-modeの黎明期からの立ち上がりについてはとても参考になった。

事業を作るCFOを目指せ

CFOに必要な役割は、ファイナンスによる資金調達やキャッシュ・フローのコントロール、M&Aや大規模設備投資などの投資戦略が中心だ。必要となるスキルとしては、ファイナンスや会計、税制、リスクマネジメント、投資家対応などが求められる。

しかし、そうした能力以外にCFOに求めるものは、いかに企業価値を最大化し、継続的に評価される環境を作るかだ。そのためには、IRやPRによるコミュニケーションを通じて期待値をコントロールすることが重要。期待値は、上げすぎて痛い目にあうこともある。期待値のバランスを保ち、継続的なコミュニケーションによって信頼を獲得し、次につなげることが重要だ。

受け身のCFOではなく、事業を創造していく積極的なCFOであるべきだ。そのためには、事業を作れる人がCFOを担うことで事業全体が活きてくる。

事業創造の機会を逃すな

事業を創造し収益化するには、新しいチャレンジで新たにユーザに価値を提供すること、ユーザから要望が多いものを作り上げること、他社がやっているものを参考に事業を作り上げること、という3つのバランスを保つことが大事だ。経営者によっては、こうしたバランスの偏りは存在する。それらを把握し、事業機会を逃すことなく、事業ポートフォリオのバランスを最適化したプロダクトやサービスを作ってもらいたい。

スタートアップのチャンスは無限大だ。どんな会社も一台のパソコンから始まっている。ぜひ、大きな夢を持って挑戦してもらいたい。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


目指すはモバイルエデュケーションのプラットフォームーー学習管理サービス「Studyplus」がミクシィから7200万円を資金調達

SHARE:

学習管理サービス「Studyplus」は、誰もが重要だと思いつつも、継続が困難な勉強というものを、楽しく継続できるようにするサービスだ。 Studyplusを運営するクラウドスタディは、先日大きなニュースがあり話題となったミクシィに対し、第三者割当増資を実施し、7200万円を資金調達したことを発表した。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイ…

image_01

学習管理サービス「Studyplus」は、誰もが重要だと思いつつも、継続が困難な勉強というものを、楽しく継続できるようにするサービスだ。

Studyplusを運営するクラウドスタディは、先日大きなニュースがあり話題となったミクシィに対し、第三者割当増資を実施し、7200万円を資金調達したことを発表した。

Studyplusは日々の勉強の記録をつけ、その記録をグラフとして可視化したり、サービス内で勉強仲間をつくり自分の勉強記録を共有し、励まし合うことで勉強が楽しく続けられる環境を提供している。

ユーザの層は、特に勉強することが求められている、高校生、浪人生といった大学受験生が最も多いという。ただ、その層にかぎらず、大学生や社会人、中学生などに幅広く利用されているそうだ。

Studyplusは2012年3月にPC版をリリースし、iPhoneアプリを同年8月、Androidアプリを同年の12月にリリースした。サービスは右肩上がりの成長を続けており、先月の4月9日に会員数は10万人を突破。1ヵ月に2万人弱のユーザ成長をしており、本日のリリースの時点で約13万人のユーザを抱えている。

月間のPVは2300万PVほどで、デイリーでのアクティブユーザは約1万2000人。ログインするアクティブユーザのうち、勉強記録の入力をするユーザは9500人ほどだと、クラウドスタディ代表の廣瀬氏は語る。ログインする人の8割ほどが投稿するか、ログの入力を行なっており、平均すると1人のユーザあたり1日に3.5回ほど勉強記録を投稿している。

月間での投稿数は約100万件に上り、投稿につけられる「いいね」の数が500万ほどになっています。ユーザが1つ投稿するごとに、5つの「いいね」がつく状態となっており、互いに励まし合う文化が生まれつつあります。

Studyplusに備わっているユニークな機能に、合格報告掲示板というものがある。リアルの場所で合格発表を見に行くように、サービス上に合格を発表する場所を設けており、ユーザの誰がどの大学に受かったかなどがわかるようになっている。これによって、どこかの大学に合格した人が「どれくらい、どんな教科の勉強を、どんな教材を使って勉強していたのか」なども、他のユーザは知ることができるようになっている。

匿名で使っているユーザが多いことも同サービスの特徴のひとつだ。勉強仲間を作って利用している人が多く、コミュニティ機能はもちろん、「簿記三級」などユーザは自分の勉強していることをタグ付けできる機能もある。10人までの人数制限があるが、友達が多い人ほど勉強を継続しやすいという結果も得られてきているそうだ。

stduplus

モバイルエデュケーションの時代へ

Studyplusの利用者は、約9割がスマートフォンアプリからの利用だという。Studyplusは、2020年までに700億ドル以上の規模になると言われ、世界に生まれているmEducation (Mobiles for Education) の流れに乗っていることが伺える。廣瀬氏はこのように語る。

学習の在り方はここ数十年変化していません。ここにあるポテンシャルは非常に大きいと私達は考えています。学習の在り方をITで変える。これから学習の在り方はデジタルに移行していきます。

現時点では、アナログとデジタルの教材が入り交じっている状態。スマートフォンが登場してきているけれど、多くの人は教材は紙のものを利用して勉強していることも多い。Studyplusでは、増えてきているスマートフォンを使って、学習管理を可能にしています。

Ed Techと呼ばれる領域の多くのサービスは学習コンテンツの提供を行なっていますが、勉強の管理を主眼においたサービスはStudyplusだけ。競合はほとんどいません。

私達は、単なる学習SNSにとどまらず、モバイルラーニングのプラットフォームを目指しています。今後は、APIを公開していき、デジタル教材を使って学習したという記録が自動で蓄積されていくようにしていく予定で、そのためのSDKの開発もすでに始めています。

クラウドスタディは今回調達した資金により、学習管理サービスStudyplusの成長をさらに加速させるための人材の採用を行なっていく。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


クローズドSNS競争から一歩リードするか、9人限定SNS「Close」がミクシィから約7000万円を資金調達

SHARE:

多くの人がソーシャルネットワーク上で多く広く人とつながりすぎることに疲れ、リラックスしてコミュニケーションをとることのできる場所を求めている。 こうした人々のニーズに応えるべく、広くオープンなつながりをもたらすSNSではなく、Pathを筆頭に人数が限定されたクローズドなソーシャルサービスが数多く登場している。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主…

close

多くの人がソーシャルネットワーク上で多く広く人とつながりすぎることに疲れ、リラックスしてコミュニケーションをとることのできる場所を求めている。

こうした人々のニーズに応えるべく、広くオープンなつながりをもたらすSNSではなく、Pathを筆頭に人数が限定されたクローズドなソーシャルサービスが数多く登場している。

クローズドSNS「Close」も、こうしたユーザのニーズに応えるサービスのひとつ。同サービスは9人限定のSNSとなっており、ユーザは同サービス上で大切だと思う友人を9人登録し、彼らとだけ日々の出来事や気持ちを共有することができる。

同サービスを提供するREVENTIVEは本日5月22日、ミクシィを引き受け先とした約7000万円の第三者割当増資を実施したことを発表した。出資比率は非公開。同社はKDDIが主催する∞Labo第三期にも採択されている。

今回のミクシィからの資金調達により、Closeは開発体制を強化し、さらなるユーザを獲得することに注力していく。Closeは日本語、英語、韓国語、中国語に対応しているが、日本国内での利用を優先的に広めようとしている。国内に注力しようとしている同サービスと、国内で多くのユーザを抱えるミクシィとの相性は良いだろう。

ただ、国内においてもクローズドSNSはライバルが多く、シェアを獲得していくことは簡単なことではない。クローズドSNSには、カップル限定SNSのPairyやCouple、Betweenなどがあり、1ヶ月限定で男女10人がクラスをつくるClassなど同系統のサービスがいくつか存在している。国内で4500万人のユーザを誇るLINEのグループ機能もクローズドSNSと似た体験を提供しうるし、さらには世界で600万人以上ものユーザを抱えるPathも、本格的な日本進出を始めようとしている。

Closeとミクシィの組み合わせが、どのようにこの激しい競争から抜けだそうとするのか。今後の動きに注目したい。

close top

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録