BRIDGE

タグ UNIQLO(ユニクロ)

中国のEコマース大手JD(京東商城)からユニクロが撤退するも、今度は楽天がストアを開設

SHARE:

日本を拠点とするeコマースの楽天市場は、JD.com(京東商城)にオンラインストアを開設すると今日発表した。オンラインストアでは、化粧品やお菓子、健康食品等の商品が販売される予定だ。 JD.com スポークスマンの Josh Gartner 氏は e27 に次のように語った。 私たちは今年初め、信頼できる輸入品を扱う日本のショッピングモールを開設しました。今まで開店した中で一番人気のあるモールの1…

rakuten-on-jd

日本を拠点とするeコマースの楽天市場は、JD.com(京東商城)にオンラインストアを開設すると今日発表した。オンラインストアでは、化粧品やお菓子、健康食品等の商品が販売される予定だ。

JD.com スポークスマンの Josh Gartner 氏は e27 に次のように語った。

私たちは今年初め、信頼できる輸入品を扱う日本のショッピングモールを開設しました。今まで開店した中で一番人気のあるモールの1つです。

日本製品は中国の消費者のあいだで人気があるが、常に業者を確保しておくのは必ずしも簡単なことではない。

今年7月、日本のファッション小売ユニクロは JD.com のオンラインストアを閉店した。ユニクロの同ストアは JD.com に3ヶ月のみ営業し、閉店発表するまではうまくいっていたようだったが、閉店理由は明らかにされていない。

しかし、Alibaba(阿里巴巴)の Tmall(天猫)のユニクロ店は営業中である。どうやらユニクロがAlibabaとの単一提携のままであれば、追加のインセンティブを提供するという取引が交わされたようだ。

以前は 360buy Jingdong と知られていた JD.com は2014年 NASDAQ に上場し、今日では Alibaba に次ぐ中国第2位のオンライン小売業者である。

Alibaba と JD.com の両社はそれぞれ注目を集めているブランドを呼び寄せようと競争しており、この長期に及ぶ競争は必ずしも友好的なものではなかった。中国最大のショッピングデーである光棍節(独身の日)直前の11月、JD.com は Alibaba の Tmall.com に対し、不正競争訴訟を起こした。

JD.comの訴訟は、Alibabaが業者に対し、キャンペーン期間中は1つのeコマースサイトとの独占契約を選ぶよう強要したという販売店側からの情報が元となっている。

いずれにせよ、楽天ストアの開設は JD.com の強みとなるかもしれない。1997年に創業した楽天はオンライン小売に加えて旅行や金融サービスにも事業を拡大し、グローバルなeコマースマーケットプレイスを運営している。

【via e27】 @E27sg

【原文】

アドウェイズチャイナがユニクロを展開するファーストリテイリング・チャイナと業務提携、デジタルマーケティング全般をサポート

SHARE:

アドウェイズの100%子会社である愛徳威広告有限公司は、ユニクロを展開する迅銷(中国)商貿有限公司(ファーストリテイリング・チャイナ)との業務提携を発表した。両社はユニクロの中国市場向けスマートフォンアプリのリニューアル、アプリを含むデジタルマーケティング全般に関して提携する。 すでにユニクロは中国市場において、全面的にマーケティングを行っており、中国全土の消費者に対して商品とサービスを提供するこ…

adways297_2

アドウェイズの100%子会社である愛徳威広告有限公司は、ユニクロを展開する迅銷(中国)商貿有限公司(ファーストリテイリング・チャイナ)との業務提携を発表した。両社はユニクロの中国市場向けスマートフォンアプリのリニューアル、アプリを含むデジタルマーケティング全般に関して提携する。

すでにユニクロは中国市場において、全面的にマーケティングを行っており、中国全土の消費者に対して商品とサービスを提供することを目指している。その中でもユニクロは、スマートフォンアプリを消費者の行動体験とサービスを向上するための重要なプラットフォームと位置づけているという。

アドウェイズチャイナは、日々市場分析を行い、インターネット技術を駆使してデジタルマーケティング戦略を策定・実行することをミッションとしており、今回の提携でファーストリテイリング・チャイナのソーシャルやクリエイティブ面も含めるアプリマーケティング全般を提供することになった。

アドウェイズチャイナがリニューアルを担ったユニクロアプリでは、ショッピングモールのデザイン、カート機能の強化、商品サイズや在庫のリアルタイム確認、簡単購入機能、位置情報からの店舗検索など、実用的な機能を大幅に追加している。

アドウェイズチャイナは、今後も成長著しい中国市場に向けて日本や海外の企業が中国に進出する際に、マーケティングサービスの開発をサポートしていく方針だ。

ユニクロがモバイル決済サービス「Square(スクエア)」を導入、レジ以外でも商品購入が可能に

SHARE:

ユニクロがモバイル決済サービス「Square(スクエア)」を導入する。2013年10月11日(金)に「ユニクロ銀座店」12階にオープンする「ウルトラライトダウン スペシャルストア」にて、モバイル決済サービス「Square(スクエア)」が導入される。この導入は、大手小売りチェーンとして、日本国内初の導入となる。 「ウルトラライトダウン スペシャルストア」では、担当スタッフがiPad端末を用い、フロア…

square

uniqlo

ユニクロがモバイル決済サービス「Square(スクエア)」を導入する。2013年10月11日(金)に「ユニクロ銀座店」12階にオープンする「ウルトラライトダウン スペシャルストア」にて、モバイル決済サービス「Square(スクエア)」が導入される。この導入は、大手小売りチェーンとして、日本国内初の導入となる。

「ウルトラライトダウン スペシャルストア」では、担当スタッフがiPad端末を用い、フロア内で接客を実施。来店した顧客は店頭に並んだ商品を見るだけではなく、商品の詳細情報をも、スタッフの手元のiPad端末で確認することが可能になる。さらに商品を購入する場合は、Squareを利用してスタッフが持つiPad端末がその場でPOSレジへと代わり、その場でクレジットカード決済を行うことが可能になる。

この店舗での体験はアップルストアに足を運び、商品を購入したことのある人であればイメージがしやすいかもしれない。商品の購入後、袋に入れてもらう手間は変わらないだろうが、長時間レジに並ぶことはなくなるのではないだろうか。

「ウルトラライトダウン スペシャルストア」ではSquare導入のほか、昨年ユニクロ サンフランシスコ店に導入されたAR技術とデジタルサイネージを活用した試着システム「UNIQLO COLOR MAGIC」が日本で初めて導入され、「ウルトラライトダウン スペシャルストア」のために開発されたオリジナルのウルトラライトダウン専用のインタラクティブモニターが設置されるなど、様々な取り組みが行われる。

ユニクロでは、「ウルトラライトダウン スペシャルストア」へのSquare導入を皮切りに、順次、導入店舗の拡大を行い、繁忙期のレジ待ち時間緩和を目指す。

ユニクロのモバイル会員が1000万人突破し、ソーシャルな商品開発サイトもローンチ

SHARE:

世界に940の店舗を持つ日本のファッションコングロマリット、ユニクロがモバイル会員の数が1000万人を超えたと発表した。それに伴い、顧客から製品に関するフィードバックやレビューを得ることを目的に、コミュニティウェブサイトをオープンした。ユニクロは来る6月18日に人気のメッセージチャットアプリLINE上に公式アカウントを開設することを計画している。 UNIQLO WAKE UPや、UT Camera…

Uniqlo-social

世界に940の店舗を持つ日本のファッションコングロマリット、ユニクロがモバイル会員の数が1000万人を超えたと発表した。それに伴い、顧客から製品に関するフィードバックやレビューを得ることを目的に、コミュニティウェブサイトをオープンした。ユニクロは来る6月18日に人気のメッセージチャットアプリLINE上に公式アカウントを開設することを計画している。

UNIQLO WAKE UPや、UT Cameraのような数多くのユニクロのアプリのレパートリーの中でも、同社はメインのユニクロアプリに対しては特別に注意を払っている。このアプリケーション内では、ユーザは同社からリリースされている他のアプリすべてにアクセスすることができ、最新のカタログをチェックでき、オンラインストアへのアクセス、オフラインの店舗の検索、そしてクーポンの受け取りが可能となっている。6月、ユニクロはこのアプリに新しい機能を追加する。バーコードスキャナーを搭載し、店舗において商品の詳細がわかるようにするものだ。

同社は新しくローンチした、よりよい商品開発のための情報が集まるソーシャルサイトからのフィードバックを利用することを計画している。

顧客からのフィードバックについて述べるなら、MUJIの「空想無印」(2010年に閉鎖した)や、暮らしの良品研究所などは似た取り組みだと言える。現在、MUJIは商品開発におけるアイデアはウェブのフォームからのみ受け付けているようだ。しかし、誰かがアイデアを提案し、1000票以上の支持を得られれば、商品開発プロセスにのることができるという空想無印のような仕組みは興味深いものだった。

ユニクロは長らくそのデジタル領域のクリエイティビティで知られてきた。そのため、ビジネスとブランディングにおいて、どのように新しい構想を実行していくのか、興味深い。

【原文】