BRIDGE

タグ Accion Frontier Inclusion Fund

銀行口座を持たない人のためのブロックチェーン:フィリピンのCoins.phがシリーズAラウンドで500万米ドルを調達

SHARE:

ブロックチェーンを使った金融サービスを提供するフィリピン拠点のスタートアップ Coins.ph は先週金曜(10月21日)、Quona Capital 傘下の Accion Frontier Inclusion Fund が主導するシリーズ A ラウンドで500万米ドルを調達したと発表した。 このラウンドでは、Innovation Endeavors、Pantera Capital、Digital…

Image Credit: Coins.ph
Image Credit: Coins.ph

ブロックチェーンを使った金融サービスを提供するフィリピン拠点のスタートアップ Coins.ph は先週金曜(10月21日)、Quona Capital 傘下の Accion Frontier Inclusion Fund が主導するシリーズ A ラウンドで500万米ドルを調達したと発表した。

このラウンドでは、Innovation Endeavors、Pantera Capital、Digital Currency Group、Wavemaker Labs、Global Brain、BeeNext、Rebright Partners、Kickstart Ventures らも参加した。

同社にはその他にもシードステージの投資家としてフィリピンの電話会社 Globe Telecom 傘下の投資会社 Ideaspace Foundation や Smart Communications がいる。ただし両社はシリーズ A ラウンドには参加していない。

Coins.ph の共同設立者兼 CEO の Ron Hose 氏は公式声明にて、次のように述べた。

フィリピンでは銀行口座保有者より Facebook アカウント保有者の方が多いです。Facebook アカウントを取得するのと同じくらい簡単に金融サービスにアクセスしてもらいたいと考えています。

同社は今回調達した資金を、フィリピンや東南アジアでのサービス拡張のためにこれまで集めた資金と併せ活用していくという。

Coins.ph はモバイルファーストのプラットフォームで、ユーザは送金、料金支払い、さらには携帯電話アカウント用のクレジットやデータパッケージ購入などさまざまな銀行関連サービスが利用できる。

また、銀行、ラストワンマイルの配達を担う物流企業、質屋や送金サービス企業といった金融会社と提携して、フィリピン全土で2万2,000箇所の現金取扱ネットワークを構築している。

外国に出稼ぎに行った人からの送金が同社事業の大半を占めており、このプラットフォームは世界40ヶ国で利用できる。

International Data Corporation によると、2016年初頭においてフィリピンは世界で最も急速に成長しているモバイル市場だった。だからこそ Coins.ph は、銀行口座を持つ人より持たない人の方が多いこの国で銀行サービスを提供することができるのだ。

フィリピンで銀行口座を持つ人の割合はわずか31%、さらに国連貿易開発会議(UNCTAD)によると同国のクレジットカード保有率は3%にすぎない。

ブロックチェーン技術を使えば Western Union より安く送金ができるほか、銀行口座を気にせずに日常のサービスが受けられる。これまでに同社は50万ユーザを獲得したという。

Coins.ph の共同設立者兼 CTO の Runar Petursson 氏はこう述べた。

当社は今後数ヶ月かけて銀行、金融機関、小売店と新たな提携関係を構築し続けていく予定です。顧客は東南アジアにおいてこのクラスで最高の金融サービスを利用することができます。

同社はこの夏に行われた「The Open Vault」フィンテックアクセラレータプログラムに参加した企業の一社だ。

同社はタイでも事業を展開している。

【via e27】 @E27co

【原文】

B2BマーケットプレイスのIndiaMART、シリーズCでAmadeus Capitalらから資金調達

SHARE:

オンライン B2B マーケットプレイスのトップ企業としてバイヤーとサプライヤーを結び付けている IndiaMART が Amadeus Capital 主導による額面非公開のシリーズ C ラウンドで資金を調達した。 共同投資を行ったのは、Westbridge Capital、Accion Frontier Inclusion Fund(Quona Capital 傘下)、そして以前から同社に出資し…

f0e3d26f3f240ff650628dc1782139e9

オンライン B2B マーケットプレイスのトップ企業としてバイヤーとサプライヤーを結び付けている IndiaMARTAmadeus Capital 主導による額面非公開のシリーズ C ラウンドで資金を調達した。

共同投資を行ったのは、Westbridge Capital、Accion Frontier Inclusion Fund(Quona Capital 傘下)、そして以前から同社に出資している Intel Capital である。

IndiaMART はこの資金を、同社のビジネス用品及びサプライ向け e コマースである Tolexo 等の成長のために活用する予定である。

IndiaMART の設立者兼 CEO である Dinesh Agarwal 氏はこう語る。

インドの中小零細企業には、IndiaMART を通して購買業務を統合する大企業のバイヤーと同じくらい、未開拓の巨大なビジネス機会が眠っています。インドでは特にそうですが、インターネットの導入が後手に回っている B2B 業界は、世界的に見ても大きなビジネスチャンスです。インドの B2B セクター自体は2020年までに2.5倍に成長し、7,000億米ドルに達するとみられています。社会的、政治的そして環境保護に向けての後押しを生かして、ここ数年のうちに中小企業はさらに躍進するとみています。

1996年に設立された IndiaMART は、中小企業、大企業、または個人も含めたバイヤーに購買プラットフォームを提供することに注力している。バイヤーはより大規模のマーケットプレイスで、より広範囲の品揃えから高品質の製品を選ぶことができ、ここでのワンストップショッピングはバイヤーのすべての個別ニーズに応えることができる。

同社が提供するプラットフォームとツールにより、2,400万人のバイヤーが、3,000万以上の製品を検索し、210万以上のサプライヤーとつながることができる。IndiaMART によれば、63%以上のトラフィックがAndroid、iOS、Windows、BlackBerry といったモバイルアプリからであるという。

同社にはインド国内60近くのオフィスに3,000人以上の従業員がいる。

【via e27】 @E27sg

【原文】