THE BRIDGE

タグ Adidas(アディダス)

アディダスがフィットネスアプリ「Runtastic」を2億3900万ドルで買収

SHARE:

スポーツ業界大手のアディダスが、GPSを利用したフィットネストラッキングアプリを開発する欧州のモバイルフィットネススタートアップRuntasticを買収した。買収価格は2億2000万ユーロ(2億3900万ドル)になる。 Runtasticは2009年にオーストリアで設立され、過去5年にわたってデジタルフィットネスの領域での地位を築いてきた。主にGPS機能を用いたフィットネストラッキングアプリで知ら…

Image Credit: Paul Sawers / VentureBeat
Image Credit: Paul Sawers / VentureBeat

スポーツ業界大手のアディダスが、GPSを利用したフィットネストラッキングアプリを開発する欧州のモバイルフィットネススタートアップRuntasticを買収した。買収価格は2億2000万ユーロ(2億3900万ドル)になる。

Runtasticは2009年にオーストリアで設立され、過去5年にわたってデジタルフィットネスの領域での地位を築いてきた。主にGPS機能を用いたフィットネストラッキングアプリで知られ、非常に多くのダウンロードがされてきた。

Runtasticはいくつものハードウェアもローンチしてきた。GPSウォッチや自転車用のスマートフォン取り付け台、また数多くのニッチなアプリも開発してきた。割れた腹筋をつくるためのアプリ、自宅での筋トレ用アプリ、さらには睡眠を改善するためのアプリというのもある。さらに昨年末には仮想現実の領域に進出し、Oculus Rift用のフィットネスアプリもローンチさせた。

世界で1億4000万のダウンロード、7000万の登録ユーザー数を誇るにもかかわらず、同社はヨーロッパのスタートアップとして比較的地味な存在だった。とりわけ、ボストンに拠点を置き、同様にフィットネストラッキングアプリを開発するRunKeeperが注目を集めていた状況と比べると。

アディダスへ

数多くのユーザーを獲得したRuntasticは、アディダスのような企業にとっては魅力的な存在だったに違いない。ドイツの大手メディア企業であるAxel Springerは、2013年にRuntasticの株式50.1パーセントを取得している。残りの49.9パーセントは、4名のファウンダーと一人のエンジェル投資家が保有している。

今回の買収によって、Runtasticはアディダスに全面的に所有されることになるが、Runtasticの従業員はオーストリアとサンフランシスコのオフィスにそのまま残るという。ということはつまり、Runtasticはアディダスというブランドの闇に完全に飲み込まれ、二度とこの世に姿を見せなくなってしまうのだろうか。Runtasticによれば、そんなことはなく、アプリは少なくとも当面は現状のまま残るという。また、将来的にはいくつかの大きな改善も加えられるとのことだ。

「非常に多くのアイデア、プロダクト、最適化に私たちは取りかかっている最中でして、それらを近い将来に中断する予定はありません。引き続き、ユーザーがわくわくしていられるようにお約束します」と同社のCEO兼コファウンダー、Florian Gschwandtner氏は語った。

「ですが、両社で力を合わせることで、既存のコミュニティや将来のユーザーに対してユニークなプロダクト、特別な経験を提供できると強く信じています」と付け加えた。

アディダスは、ウェアラブルやアプリ、スポーツウェアなど数多くのデジタル製品を展開しているが、GPSフィットネス領域においてはナイキの方が注目を浴びている。つまり、Nike+だ。Runtasticが加わることで、今やアディダスもマーケットにおいてより大きな存在感を獲得した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

アディダスが開発したスマートサッカーボール「miCoach Smart Ball」が発売開始

SHARE:

Wiredが今年の春に記事にしていたアディダスが開発するスマートサッカーボール「miCoach Smart Ball」が発売された。価格は税別で33,000円となっている。 「miCoach Smart Ball」はセンサーを内蔵しており、キックの速度、パワー、ボールの回転、方向、シュートの弾道を測定する。ボールから得られたこれらのデータは、Bluetoothを通じてプレーヤーのスマートフォン、タ…


Wiredが今年の春に記事にしていたアディダスが開発するスマートサッカーボール「miCoach Smart Ball」が発売された。価格は税別で33,000円となっている。

HFQQ2_AV2

「miCoach Smart Ball」はセンサーを内蔵しており、キックの速度、パワー、ボールの回転、方向、シュートの弾道を測定する。ボールから得られたこれらのデータは、Bluetoothを通じてプレーヤーのスマートフォン、タブレットに送信され、専用アプリを通じて分析される。センサーによって記録された情報は、転送される。



キックの分析の他、さまざまなシチュエーションでのプロのキックとの比較も可能となっている。キック時におけるコツなどもアプリを通じてコーチングしてもらえるという。こうしたキックの上達に必要な情報を取得するセンサーを搭載しつつ、重量・寸法ともに5号サイズのFIFA基準値内となっている。

約1時間の充電すれば、1日1時間ほどの利用で1週間は使用できる。キックの様子を「記録」していくことで自分の上達をたどることも可能だし、アプリはソーシャル機能も搭載しているため友人とキックを競うこともできる。

miCoach Smart Ball

一般利用向けのプロダクトではないが、以前本誌ではサッカーボールの目線からワールドカップを様子を伝えるボール「brazucam」を紹介した。こちらもアディダスが開発したもので、サッカーボールの目線から映像を撮影してくれる。

ボール自体が進化する今回のような例や、NFLによるRFIDタグを利用した「ゲームの可視化」、その他ウェアラブルデバイスによる記録や改善アドバイスなど、スポーツとテクノロジーが融合することによって生まれそうな新たな体験は多い。

----------[AD]----------

サッカーボールの目線からワールドカップを様子を伝えるボール「brazucam」をアディダスが開発

SHARE:

4年に一度開催されるサッカーの祭典ワールドカップが今年開催され、開催国はブラジルとなっている。スポーツブランドのadidas(アディダス)は、これまでとは全く新しい角度からの撮影を可能にするサッカーボールを開発した。 今回のワールドカップで使用される「Brazuca(ブラズーカ)」は、サッカーファンにより名称が決定された初のFIFAワールドカップ公式球。アディダスはBrazucaのボールテストには…


brazucam

4年に一度開催されるサッカーの祭典ワールドカップが今年開催され、開催国はブラジルとなっている。スポーツブランドのadidas(アディダス)は、これまでとは全く新しい角度からの撮影を可能にするサッカーボールを開発した

今回のワールドカップで使用される「Brazuca(ブラズーカ)」は、サッカーファンにより名称が決定された初のFIFAワールドカップ公式球。アディダスはBrazucaのボールテストには2年半を費やし、世界トップレベルの選手600名以上によりテストされた。これは今までの試合球のボールテストの中で最大規模とのことだ。

今回発表されたbrazucamには、Brazucaの内部に6個のHDカメラが備えられている。360°撮影可能なこのボールを利用して、アディダスはワールドカップの模様を伝えるキャンペーン「brazuca around the world」を実施する。これはスペイン、ドイツ、イギリス、ロシア、日本、アメリカ、メキシコとブラジルに近づいていく様子を伝えていくもの。

それぞれの国でアスリートたちがサッカーをプレイしている様子を、サッカーボールの視点から撮影した映像を見ることができる。アディダスは今後、brazucamで撮影された映像を毎週一本ずつYouTubeチャンネルにアップロードする予定だ。

サッカーファンの人は @brazucam をフォローすることで、brazucamの動きを知ることができる。2014年4月7日からはこちらのサイトで撮影された写真のフォトギャラリーにもアクセス可能になる予定だという。以下の映像は最初にアップロードされている映像。


http://youtu.be/eDQQc5vKHhs

----------[AD]----------