BRIDGE

タグ Adobe

AdobeがAR領域を強化ーーFacebookのVR造形ツール「Oculus Medium」を買収へ

Adobeは、Facebookが3年前にローンチしたVR造形ツール「Oculus Medium」を買収した。今回の動きは世界最大のクリエイティブ・テック企業が、VRおよびAR市場で取り組む戦略について興味深い質問を投げかけている。 Mediumがローンチされたとき、パソコンをベースとしたRiftのハンドセットで使用する画期的なVR造形ツールアプリとみなされおり、3年間で複数回アップデートを重ねた。…

Oculus-Medium_demo-video.jpg
Above: Professional artists try out Medium in a promotional video.
Image Credit: Giancarlo Valdes/GamesBeat

Adobeは、Facebookが3年前にローンチしたVR造形ツール「Oculus Medium」を買収した。今回の動きは世界最大のクリエイティブ・テック企業が、VRおよびAR市場で取り組む戦略について興味深い質問を投げかけている。

Mediumがローンチされたとき、パソコンをベースとしたRiftのハンドセットで使用する画期的なVR造形ツールアプリとみなされおり、3年間で複数回アップデートを重ねた。Adobeに買収された「Allegorithmic」前CEOで、現Adobeの3Dエフェクト部門VPのSebastien Deguy氏はブログの中で、Mediumの現状について次のように述べている。

ついに私たちが求めた形になりつつあります。Adobeは3DとAR領域に今後もより投資していく考えです。そして私たちはついにこのダイナミックな市場の動きに乗り、人材を投入できる体制になりました。Allegorithmicが開発していたSubstanceツールの人材とMediumのチームは共に、次世代3Dツールの開発に向け協力する準備ができています。

SubstanceのTwitterアカウントで発信されたツイート、そしてMediumのチームメンバーにより後から追加されたツイートによると、「Mediumにいる複数のメンバーがAdobeに異動した」という。

Adobeの独創的なツールにMediumが加わることで、造形をしながら精密に描くことができるカスタムツールをAdobeは手にすることになる。VRやARのクリエイター向けの独創的なツールを提供するというAdobeの立場を強めることになるだろう。

今回の動きはFacebookのアニメーションおよび3D描画アプリQuillや、GoogleのBlocksやTilt Brushなど他社の独創的なVRツールの未来にも影響があるかもしれない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Adobeがコンテンツ・マーケティングのLivefyreを買収【NewsDigest】

SHARE:

今日の調達関連の話題をダイジェストにまとめました。 今日の調達話題 AdobeがコンテンツマーケティングのLivefyreを買収:Adobe acquires social engagement platform Livefyre via VentureBeat シンガポール拠点、半導体チップデザインツールのPlunifyが2億2600万円調達:Singapore-based startup Pl…

image

今日の調達関連の話題をダイジェストにまとめました。

今日の調達話題

Adobeがコンテンツ・マーケティングのLivefyreを買収

AdobeがコメントシステムのLivefyreを買収しました。買収金額は非公開でサービスはAdobeのマーケティングクラウドの一部として継続するそうです。Livefyreはコメントシステムとしてスタートして、利用したことある人もいるんじゃないでしょうか。Disqusみたいなサービスです。

ただ、現在はコンテンツマーケティングのビジネスにシフトしていて、ブランドに対してユーザーが作ったコンテンツ(動画や写真)をマネジメントする総合サービスになっていたようです。コンテンツ・マーケティングとかキュレーションとかそういう文脈ですね。プレイステーションやシスコなどの事例がここにあるので参照すると理解しやすいかもしれません。

image

そういえば、Livefyreは以前、キュレーションサービスのStorifyというものをリリースしており、コンテンツマーケティングへの移行は計画通りだったのかも。

コメントシステムもいわばユーザーが作成したコンテンツ。それを拡大してTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアなどで作成したコンテンツをブランドとの関係性に活用する、というのはもう今や当たり前になりました。

こうなってくるとDisqusの今後が気になります。ということで今日の気になった調達・買収ニュースでした。

 

DMM.make が Adobe Photoshop CC に対応する3Dプリントプロファイルを開発

SHARE:

DMM.comが運営する「DMM.make」が「Adobe Photoshop CC」に対応する3Dプリントプロファイルを開発した。この3DプリントプロファイルはDMM.makeが開発し、アドビ米国本社で検証されたものだ。 DMM.makeはPhotoshop CC専用の3Dプリントプロファイルを作成し、Photoshopユーザーへ提供することで、Photoshop CCから直接DMM.makeで…


dmm photoshop

DMM.comが運営する「DMM.make」が「Adobe Photoshop CC」に対応する3Dプリントプロファイルを開発した。この3DプリントプロファイルはDMM.makeが開発し、アドビ米国本社で検証されたものだ。

DMM.makeはPhotoshop CC専用の3Dプリントプロファイルを作成し、Photoshopユーザーへ提供することで、Photoshop CCから直接DMM.makeで利用可能な素材や色を選択し、3Dプリントデータをプリント前にプレビューすることが可能になる。

DMM.makeではPhotoshop CCを使用した3Dデータのつくり方、DMM.make 3Dプリント方法などを紹介している



Photoshop CCに3Dプリント用プロファイルを実装することは国内初の取り組み。

アドビ曰く「フォトショの美修正は汚いやり方じゃない」【ピックアップ】

SHARE:

image by Mashable 【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします Adobe Doesn’t Think ‘Photoshop’ Is a Dirty Word フォトショップで撮影素材の修正をするのはもう当たり前のような時代になりました。私ですら、取材対象の顔写真(たとえそれが男性であっても)には…

Photoshop_BeforeAfter
image by Mashable

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Adobe Doesn’t Think ‘Photoshop’ Is a Dirty Word

フォトショップで撮影素材の修正をするのはもう当たり前のような時代になりました。私ですら、取材対象の顔写真(たとえそれが男性であっても)には汚れ取りなどの修正を実施することがあるぐらいです。でもやり過ぎ「美」修正はどうでしょうか、最近ちらほらとフォトショ修正のビフォーアフターがネット上でも出回るようになり、目にする機会も多くなりました。

この記事では(どうやらこのやり過ぎ美修正に疑問を持ってる)女性誌のJEZEBELが実施した「Vogueモデルの修正前写真素材を1万ドルで買取る」という、やられた側にしたらおぞましい限りの賞金イベントをきっかけに、フォトショ修正は悪いのか否かについてあれやこれや語っています。当然ながらAdobeの担当者は「フォトショが悪いわけないじゃない」的なコメントをくれてます。

さておき、プリクラにはじまり、たまに履歴書の証明写真とかまでこう、明らかに本人と違う場面に遭遇すると「それ、逆効果なんじゃね?」と思ってしまうのは私だけでしょうか。みなさまにおかれましてもやり過ぎにはご注意ください。

Google日本語訳でざっくり読む

via Mashable

3Dプリントはより身近になるかーーアドビのPhotoshop CCで3Dプリントデータのデザインが可能に

SHARE:

Adobe(Nasdaq:ADBE)は先週、Adobe Photoshop CCに新しく搭載された3Dプリント機能を発表した。これにより、Creative Cloudを利用しているユーザは3Dデザインの開発、改良、プレビュー、作成、プリントを行えるようになり、注目が集まっている3Dプリントの領域に触れやすくなる。 この新しい3Dプリント機能を利用することで、Adobeのソフトを利用していたクリエイ…


Adobe_Photoshop_CS4_iconAdobe(Nasdaq:ADBE)は先週、Adobe Photoshop CCに新しく搭載された3Dプリント機能を発表した。これにより、Creative Cloudを利用しているユーザは3Dデザインの開発、改良、プレビュー、作成、プリントを行えるようになり、注目が集まっている3Dプリントの領域に触れやすくなる。

この新しい3Dプリント機能を利用することで、Adobeのソフトを利用していたクリエイターは、使い慣れたPhotoshopツールを使って、初めから3Dでデザインするか、既存の3Dコンテンツを改良し、美しいプリント可能な3Dモデルに仕上げることが可能になる。

これまで3Dプリンターで出力するデータを作成するには3D CGソフトや、3D CADソフトなどが必要だったが、Photoshopからも3Dのデータをデザインすることが可能になる。出力するテクノロジーがどれだけ進歩しても、出力するデータの作り手が増えなくては3Dプリンティングは盛り上がらない。Photoshopという多くのデザイナーが使い慣れたアプリケーションで、3Dデータに触れられるようになるのは、注目すべき変化だ。

今回、リリースされたPhotoshop CCによって、ローカルで接続された3Dプリンタでデータをプリントできるだけでなく、オンラインの3Dプリントサービスを利用してプリントすることも可能になるという。

Photoshop CCは、MakerBot Replicatorなど人気の高いデスクトップ3Dプリンタをサポートしており、また3Dプリントコミュニティ/マーケットプレイスの「Shapeways」で入手可能なセラミック系や金属系の材料、フルカラーのサンドストーンなど幅広い高品質な材料にも対応している。

先日、こうした変化の激しいモノづくりの世界において、アーティストはいかに生きていくべきかを考える連載も、本誌ではスタートしている。こうした動きに関心がある人は、ぜひチェックしてみてほしい。