BRIDGE

タグ Adskom

シンガポール/インドネシアのアドテク・スタートアップAdskomが、DG、East Ventures、BEENOSなどから約8,700万円を調達

SHARE:

シンガポールで設立された、広告スタートアップの Adskom は今日(14日)、デジタルガレージ、East Ventures、Beenos Plaza(日本の Beenos のインドネシア法人)、Skystar Capital から100万シンガポールドル(約8,200万円)106万シンガポールドル(約8,700万円)を資金調達したと発表した。 ※8月14日午前11時更新  Adskom 広報から…

adskom-team

シンガポールで設立された、広告スタートアップの Adskom は今日(14日)、デジタルガレージEast Ventures、Beenos Plaza(日本の Beenos のインドネシア法人)、Skystar Capital から100万シンガポールドル(約8,200万円)106万シンガポールドル(約8,700万円)を資金調達したと発表した。

※8月14日午前11時更新  Adskom 広報から調達金額が106万シンガポールドルとの指摘があり修正。

同社は今回の資金調達により、Adskom は次版のデータ管理プラットフォームを開発し、ビジネス拡大を加速させる。公式発表にょれば、同社はシンガポール、インドネシア、タイ、マレーシアに進出するとのことだ。

Adskom の CEO Italo Gani によれば、同社はシンガポール登記で、シンガポール法人として資金調達しているが、スタッフのほとんどがインドネシアにいるとのことだ。

来年から海外展開を始める計画で、東南アジアで20人を追加で雇用する予定だ。現在はインドネシアとアメリカに40人のスタッフが居る。(Italo Gani 氏)

adskom-advertising

Adskom が提供する、リアルタイムの広告エクスチェンジ・プラットフォームは、パブリッシャや(広告代理店が管理しているものも含め)ブランド向けに提供されている。パブリッシャは広告枠を常に探し、ブランドは最高の広告効果を求めている。

<関連記事>

Adskom を採用しているブランドや広告代理店には WPP、OmnicomGroup、Smaato、Starcom、Criteo などが、またパブリッシャには、Detik、Tempo.co、Kontan.co.iid、Bisnis.com などがいる。

あらゆるサイトにおいて、Adscom は広告取引が成立する毎に、一定の手数料をパブリッシャに請求する。具体的な手数料のパーセンテージについては公開されていない。

Italo Gani は e27 との話の中で、Adskom はまだ黒字化できていないと語った。これは創業初期の会社にはよくあることで、まだ創業一年目の Adskom はそのリソースの多くを売上を伸ばすことではなく、技術開発に使ってきたからだ。Adskom のチームはこの動きをさらに進め、前出したデータ管理プラットフォームの開発/ローンチに注力する。

現在は、我々の力をこのデータ管理プラットフォームを世に出すことに集中したい。(Italo Gani 氏)

Adskom のソリューションを使えば、ブランドやパブリッシャは、コホート分析などを通じて、どんなユーザがサイトを訪問しているか、ユーザがどのように情報を閲覧しているかを分析し、コンバージョン・レートを上げるために訪問ユーザを理解することができる。

同社は2015年の第1四半期には、月間10億インプレッションを達成することを目標にしている。現時点では月間5億インプレッションだが、それでも既に実用的な数字の域に達している。

Adskom はこれまでにリブライトパートナーズから資金調達しており、公式リリースによれば、2015年初めにシリーズAラウンドのクローズを目指しているとのことだ。

【via e27】 @E27sg

【原文】

プログラマティック広告を実現する、インドネシアのアドテク・スタートアップAdskom

SHARE:

Adskom は、リアルタイム入札によって、インドネシアや東南アジアのデジタル広告市場を改善しようとしている。 デジタル広告の環境において、パブリッシャー、広告主、消費者に問題を解決しようと、Koprol の創業者兼前CTO の Daniel Armanto 氏と、デジタル起業家の Italo Gani 氏は、インドネシアで Adskom(アズコム)を立ち上げた。Adskom とは、綿密に考えられ…

Adskom-logoAdskom は、リアルタイム入札によって、インドネシアや東南アジアのデジタル広告市場を改善しようとしている。

デジタル広告の環境において、パブリッシャー、広告主、消費者に問題を解決しようと、Koprol の創業者兼前CTO の Daniel Armanto 氏と、デジタル起業家の Italo Gani 氏は、インドネシアで Adskom(アズコム)を立ち上げた。Adskom とは、綿密に考えられたサービスを提供できる,プログラマティック広告システムだ。

広告業界は、〝今〟という時間をいかにお金にするか、という方向に進んでいる。したがって、マーケッターは、リアルタイム入札(RTB)を導入しているディスプレイ広告、ビデオ広告、FBX広告(Facebook Exchange)、モバイル広告について、自動売買システムを必要とするようになるだろう。用語に詳しくない読者のために説明すると、「プログラマティック」とは、プラットフォーム・インタフェースやアルゴリズムにより、オンライン広告を予約、分析、最適化する方法を述べたものだ。

Adskom によれば、東南アジアの市場では、パブリッシャーが広告のインプレッション在庫を管理する上で問題を抱えており、彼らは概ね、より多くの売上を上げるためのデータ分析だけに依存している。一方、メディアを買う側は、予算管理や投資対効果の改善を図る上で、問題を抱えている。他方、消費者は、自分に無関係な広告によって常々気分を阻害されている。

Adskom-Co-Founders-Daniel-and-Italo
左から:Adskom 共同創業者の Daniel Armanto 氏と、Italo Gani 氏

解決すべき問題や市場に可能性を見出して(2012年の広告市場は71億ドルだった)、Adskom のプラットフォームは「広告売買の自動化技術の実用化」を目標に開発された。Adskom の共同創業者の2人は、それぞれ、インドネシアのアドネットワーク Adstars の前CEOと m-Stars の前CEO で、彼らは、広告主の関心は「メディアを通じて、効果的かつ的確にオーディエンスにリーチできることだ」と述べた。一方、パブリッシャーは「売上を増やす」ことを考えている。

Forbes 誌によれば、デジタル広告は現在、岐路に立たされている。ChoiceStream の CEO Eric Bosco 氏 は次のように述べている。

メディアの買付はよりプログラマティックになり、 宣伝キャンペーンはより効果的なものになり、広告はより的確に提示されるようになるだろう。

e27 との独占インタビューの中で、Italo Gani 氏は、彼らが把握しているもう一つの潜在的な問題について指摘した。第三者からもたらされるデータの欠如だ。第三者とは、モバイル広告の業界では、マーケティング・リサーチ会社のことを意味する。そのような状況下、とりあえず、何かやってみようと思う広告主、とりわけブランドマネージャーは、予算枠の中で安全に広告を使おうとする傾向にある。

しかし、逆に、デジタルの良くも悪くもある部分が透明性であり、分析データがそこに存在するだけで、広告モデルの新しい波に着いてこれていない人々には、新しい広告モデルへの精神的なハードルを高いものにしてしまう。

Italo Gani 氏は次のように説明してくれた。

昨年、インドネシアのデジタル広告予算は約7万ドルだった。経済の見通しが明るいことが、広告予算のみならず広告業界にもよい影響を与えた。もちろん、我々が手がける、メディアへの広告出稿や買い付けの新しい手法においても。

加えて、Adtech オーストラリアは、アジア太平洋地域のRTB市場が2015年までに5億ドルに達するだろうと予想している。BusinessWire の報道によれば、IDC は最近、2016年まで年間59%のペースでRTB市場が成長するだろうと報告している。これは他のデジタル広告の分野を上回る数字で、これから数年間は、RTB市場がデジタル広告で最も成長が著しい分野になるだろう。

Adskom のプラットフォームで、パブリッシャーにとってのメリットは、広告在庫の販売パフォーマンスをレビューしたり、記録したり、判断を助けてくれるダッシュボード機能だろう。在庫はより管理しやすくなり、パブリッシャーはより効果的なプロセスにより、売上を最大化することができる。

Adskom は今年の第2四半期の初め、蛯原健氏が率いる日本のインキュベータで投資会社の Rebright Partners からシード資金を調達した。この資金調達を受けて、Adskom は第一段階のフォーカスをパブリッシャーに定め、Supply-side Platform(SSP)の開発に着手する。

アドネットワークとパブリッシャーの間の仲買人として機能し、アドネットワークとパブリッシャーの双方に料金をチャージすることでマネタイズする。Adskom は現在8人のスタッフによって運営され、Italo Gani 氏が過去十年間に渡って築き上げてきた人間関係も手伝って、Adskom のアイデアは、インドネシアのアドネットワークから肯定的な反応をもって受け入れられている。

本稿執筆段階で、Daniel Armanto 氏はCTOのポストに就いており、彼は開発チームを成長させるさなかにある。彼によれば、Adskom のプラットフォームはその基礎に Ruby on Rails と PostgreSQL を採用し、シンガポール、インドネシア、アメリカの技術ビジネスチームの手で開発するとのことだ。

デジタル広告は東南アジアで成長を見せている。主要なプレーヤーは、そのニーズを満たすため、より洗練された技術を欲している。Daniel Armanto 氏は最近、自らの前職だった Ice House を離れ、この新しいベンチャーにフルタイムで関わることを決意した。彼は次のように指摘した。

包括的なトラッキング機能や直感的な機能だけでなく、よりよいターゲッティングやエンゲージメントを実現したい。我々は、デジタルメディア広告に注力する。

Adskom は、シンガポールに会社登記を済ませ、マーケティング・オフィスを開設した。Koprol のバックエンド・デザインをまとめ上げた Daniel Armanto 氏は最後にこう語った。

プロダクトを開発し、パッションを追い求めるところに戻って来れて、本当にうれしい。

【via e27】 @E27sg

【原文】