BRIDGE

タグ AI受診相談ユビー

AI問診サービスのUbie、医薬品卸大手のスズケンが20億円出資

SHARE:

AI問診サービス「AI問診Ubie」と事前問診サービス「AI受診相談ユビー」を開発・提供するUbieは6月4日、医薬品卸を主要事業とするスズケン(東証1部:9987)を引受先とする第三者割当増資の実施を公表している。調達した資金は20億円で、スズケンが公表している情報によると、出資比率は発行済み株式のおよそ10%程度となる。 スズケンとは合わせて業務提携も実施し、同社が持つ全国・240支店とも連携…

E53CE155-CB8C-4453-8702-AF3FF0585EB4

AI問診サービス「AI問診Ubie」と事前問診サービス「AI受診相談ユビー」を開発・提供するUbieは6月4日、医薬品卸を主要事業とするスズケン(東証1部:9987)を引受先とする第三者割当増資の実施を公表している。調達した資金は20億円で、スズケンが公表している情報によると、出資比率は発行済み株式のおよそ10%程度となる。

スズケンとは合わせて業務提携も実施し、同社が持つ全国・240支店とも連携し、「AI問診Ubie」を共同展開していくとしている。調達した資金は、人材の採用に充て、特にカスタマーサクセスとマーケティングの強化を図る。

同社が提供する「AI問診Ubie」は、医療機関の紙の問診票のかわりにタブレットを活用した問診サービス。医療機関にて患者様はタブレットを使って症状を入力することで、診察前の待ち時間を活用し、事前に詳しい症状の内容を伝えることができる。

また、医師は文章に翻訳された問診内容と病名辞書の結果を活用することにより、電子カルテに記載を行う事務作業が大幅に削減できる。「AI問診Ubie」にCOVID-19トリアージ機能が加わったほか、今年4月末には生活者向けサービス「AI受診相談ユビー」をリリースした。「AI受診相談ユビー」は、症状から適切な医療への案内をサポートするサービス。生活者は自宅等で症状等を入力することで、適切な受診先・タイミングを調べることができるという。

via PR TIMES