タグ Airwallex(空中雲匯)

香港拠点の国際送金スタートアップAirwallex(空中雲匯)、シリーズEで2億米ドルを調達——時価総額は40億米ドルに

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 グローバル決済サービスを提供する Airwallex(空中雲匯) は、シリーズ E ラウンドで2億米ドルを調達し、同社の時価総額は40億米ドルに達した。 今回の資金調達ラウンドは、L…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


グローバル決済サービスを提供する Airwallex(空中雲匯) は、シリーズ E ラウンドで2億米ドルを調達し、同社の時価総額は40億米ドルに達した。

Airwallex の共同設立者兼 CEO Jack Zhang 氏
Photo credit: Airwallex

今回の資金調達ラウンドは、Lone Pine Capital(孤松資本)がリードし、G Squared、Vetamer Capital Management などの新規投資家も参加し、さらに既存投資家である 1835i Ventures、DST Global、Salesforce Ventures、Sequoia Capital China(紅杉資本)も参加した。

今回の投資は、Airlallex の拡大計画を加速させ、エンジニアリング拠点での製品開発イニシアチブを導入するために使用される。また、営業・販売チームの雇用も拡大する。

Airwallex の共同創業者兼 CEO Jack Zhang 氏は次のように語った。

今回の追加資金により、北米、イギリス、ヨーロッパのほか、西アジア、南米、東南アジアなどの新規市場でのプレゼンスを拡大し、グローバルな決済における圧倒的なリーダーになることができる。

同社は金融プラットフォームを提供しており、企業がオンライン決済、財務、支払いをグローバルに管理できるよう支援している。

Airwallex によると、2021年上半期の収益は1年前に比べて約150%増加したという。また、2021年の従業員数は約2倍となり、世界20拠点で約1,000人のスタッフを雇用している。

同社は現在までに、7億米ドル以上の資金を調達した。同社は最近、マレーシア中央銀行(Bank Negara Malaysia)からマネーサービス事業免許を取得し、マレーシア国内の企業向けに国際的な決済ソリューションを提供できるようになった。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


香港拠点の国際送金スタートアップAirwallex(空中雲匯)、シリーズCラウンドで1億米ドルを調達——ユニコーンクラブに仲間入り

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 香港を拠点とする Airwallex(空中雲匯) はシリーズ C ラウンドで1億米ドルの資金を調達した。これにより企業評価額が10億米ドル以上となり、ユニコーンクラブの仲間入りを果た…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


香港を拠点とする Airwallex(空中雲匯) はシリーズ C ラウンドで1億米ドルの資金を調達した。これにより企業評価額が10億米ドル以上となり、ユニコーンクラブの仲間入りを果たした。

同ラウンドは DST Global がリードし、Gobi Partners(戈壁創投)、Hillhouse Capital(高瓴資本) 、Horizons Ventures(維港投資)、Sequoia China(紅杉資本)、メルボルンの Square Peg Capital、Tencent(騰訊)といった Airwallex への既存投資家が参加した。

Jack-Zhang-co-founder-and-CEO-Airwallex.png
Airwallex の共同設立者兼 CEO Jack Zhang 氏
Photo credit: Airwallex

フィンテックスタートアップである Airwallex は、オーストラリアのメルボルンで設立。かつての活動拠点であったが、昨年本社を香港に移転させた。現在、銀行や企業がクロスボーダー送金を従来のオプションより低価格・高速で行えるよう支援している。その他、外貨両替サービス、オンラインショッピング業者向けに総合決済パッケージも併せて提供している。

顧客は現地の銀行口座情報を使い「グローバルバンクアカウント」を開設することで、他社には負けないインターバンクレートで取引を行うことが可能だ。

顧客として中国の大手テック企業 Ctrip(携程)や JD(京東)、そして同社に出資している Mastercard や Tencent(騰訊)などがいる。

Airwallex は声明で、シリーズ C ラウンドで調達した資金はマーケットプレイスやオンライン販売業者、中小企業にさらなる価値を提供することに重点を置きつつ、市場拡大と製品開発に使うと述べた。

また、「Airwallex はグローバルバンキングのオペレーションシステムになることを切望している」と声明で述べている。

昨年12月、イギリスの金融行動監視機構(FCA)から 電子マネー事業者(Electronic Money Institution)のライセンスを取得し、ヨーロッパ全域でサービスを提供できるようになった。また、オーストラリアの金融サービスライセンスも保有しており、カナダではマネーサービス事業として登録されている。

さらに、香港の金融サービス大手 Bank of East Asia(東亜銀行)と Sequoia Capital と提携し、香港のバーチャルバンキングライセンスを申請している。

同社によると今回の投資ラウンドで、調達した額は合計で2億200万米ドルとなった。2017年5月に行われたシリーズ A ラウンドと初期の資金調達を合わせて、Mastercard、Sequoia、Tencent から2,200万米ドルを獲得。Tencent と Sequoia がリードした2018年7月のシリーズ B ラウンドでは、8,000万米ドルを確保した。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録