BRIDGE

タグ Aliyun(阿里雲)

Alibaba(阿里巴巴)、新型コロナ流行を受けクラウドサービスに今後3年間で2,000億人民元(約3兆円)投資へ

SHARE:

中国の EC 大手 Alibaba(阿里巴巴)の子会社である Alibaba Cloud(阿里雲)は、中国国内の新型コロナウイルス流行による余波でデジタルサービスの需要が急増していることを受け、今後3年間にわたりクラウドインフラに2,000億人民元(282.7億米ドル)を充てる予定。 重要視すべき理由:Alibaba が2月に発表したところによると、同社のクラウド収入は、2019年12月までの四半…

2019年8月30日、上海で開催された World AI Conference のAlibabaブース
Image credit: TechNode/Shi Jiayi

中国の EC 大手 Alibaba(阿里巴巴)の子会社である Alibaba Cloud(阿里雲)は、中国国内の新型コロナウイルス流行による余波でデジタルサービスの需要が急増していることを受け、今後3年間にわたりクラウドインフラに2,000億人民元(282.7億米ドル)を充てる予定。

重要視すべき理由:Alibaba が2月に発表したところによると、同社のクラウド収入は、2019年12月までの四半期で前年比62%増加した。

  • 新型コロナウイルス大流行により、デジタルサービスの需要が高まっている。デジタルサービスが機能するには通常、クラウドコンピューティングサービスとデータセンターが不可欠である。
  • Alibaba Cloud は中国では最大のクラウドコンピューティングプロバイダだが、世界的に見ると Amazon や Microsoft に遅れを取っている。

詳細情報:Alibaba はオペレーティングシステム(OS)とチップ開発のみならず、データセンターのネットワークにも投資し技術配備を行う予定。

  • 今年の初め以降、Alibaba のテクノロジー利用が顕著になってきている。新型コロナウイルス感染防止のため中国全土の企業の多くが在宅勤務に切り替え、同社の企業向けコミュニケーションアプリ「Dingtalk(釘釘)」などのツールにますます依存するようになった。
  • 新型コロナウイルス大流行による休校を受け、Dingtalk はオンライン学習のためのプラットフォームも提供している。
  • 同社は中国政府がヘルスパスポートシステムを展開するのを支援した。これは健康状態と移動履歴に基づいてユーザに赤、黄、緑の評価を割り当てるデジタル検疫基準だ。
  • Alibaba Cloud Intelligence(阿里雲智能)の社長 Jeff Zhang(張建鋒)氏は、4月20日の声明で次のように語った。

COVID-19の流行により、多くのセクターで経済が圧迫されていますが、同時にデジタル経済が注目を集めるようにもなりました。

背景:Alibaba はここ2年間、クラウドコンピューティングが成長の主要な推進力になると見なして注力してきた。

  • Alibaba の CEO Daniel Zhang(張勇)氏はかつて CNBC のインタビューで、クラウドコンピューティングは EC 大手である同社にとって「メインビジネス」になりうると語っている。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Alibaba(阿里巴巴)、中国でのビデオ会議ツール戦争に参戦

SHARE:

新型コロナウイルスの流行により、ビデオ会議ツールの導入が加速していることから、Alibaba(阿里巴巴)がこの利益の上がりそうな市場の一角を狙って競争に加わるようだ。TechPlanet(Tech 星球)によると、Alibaba は「Alibaba Cloud Conference(阿里雲会議)」を立ち上げ、「Voov / Tencent Meeting(騰訊会議)」や「Zoom」との直接の競争に…

Alibaba Cloud Conference(阿里雲会議)
Image credit: Alibaba(阿里巴巴)

新型コロナウイルスの流行により、ビデオ会議ツールの導入が加速していることから、Alibaba(阿里巴巴)がこの利益の上がりそうな市場の一角を狙って競争に加わるようだ。TechPlanet(Tech 星球)によると、Alibaba は「Alibaba Cloud Conference(阿里雲会議)」を立ち上げ、「Voov / Tencent Meeting(騰訊会議)」や「Zoom」との直接の競争に乗り出すという。

重要視すべき理由:Alibaba はすでに生産性向上アプリ「Dingtalk(釘釘)」内でビデオ会議機能を提供していたが、今回のステップにより、ビデオ会議製品のみの強みで純粋に競争できるようになる。

  • 2019年12月、Tencent(騰訊)は Tencent Meeting というビデオ会議ツールを発売したが、その直後に新型コロナウイルスの流行が発生し、先見の明があったことが証明された。2020年3月以降、Tencent Meeting は(Voov として)世界的に利用できるようになった
  • この Tencent の動きが起きたのは、2019年9月にZoomの国際版が一時的にブロックされ、中国で Zoom が拡大を妨げられた直後のことだ。
  • Tencent も Alibaba もさらなる成長の源泉として B2B サービスにすでに進出していたが、新型コロナウイルスの流行は、両社が新たな潜在顧客を獲得するための取り組みを急がせたかもしれない。

詳細情報:Alibaba Cloud(阿里雲)が管理する新しいビデオ会議製品には、Tencent Meeting や Zoom に見られる多くの機能が含まれている。Tencent Meeting のような簡単なサインアップではないが、高品質の音声と映像を保証する。

  • Alibaba Cloud Conference は、1080pの映像に対応しているほか、会議のモデレーションや画面共有などの標準機能も備えている。
  • Tencent Meeting と同様に、映りを気にするユーザのための「美化機能」も搭載している。
  • 1つの会議に最大500人まで参加可能。
  • Tencent Meeting では、ユーザは既存の WeChat(微信)アカウントで会議に参加できるが、Alibaba Cloud Conference のユーザはログインに電話番号が必要で、Alibaba アカウントや他のサードパーティのアカウントは使用できない。
  • Alibaba は、CDN とエッジコンピューティングノードのネットワークが優れた体験を保証すると述べている。
  • CDN 2,800ノードのうち、2,300ノードが中国にあることは注目に値する。

背景:市場の成長はさておき、スタンドアロンのビデオ会議ツール市場への参入は、Alibaba の Dingtalk に対するユーザの批判を受けてのことである。

  • Dingtalk のダウンロード数は新型コロナウイルスの流行により急増したが、いくつかの過剰な機能に憤ったユーザからの強い反発に直面している。
  • Dingtalk は今月初め、これらの機能を一部省いた国際版「Dingtalk Lite」として世界に公開され、同時に最大300人までのビデオ会議と、1,000人以上が参加できるライブ配信機能を提供している。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Alibaba Cloud(阿里雲)、サイバーセキュリティスタートアップのChaitin Tech(長亭科技)を買収へ

SHARE:

中国の e コマース大手 Alibaba(阿里巴巴)の子会社である Alibaba Cloud(阿里雲)は11日、北京に拠点を置くサイバーセキュリティスタートアップ Chaitin Tech(長亭科技)を完全買収する計画があると発表した。 重要視すべき理由:クラウドコンピューティングは Alibaba のエコシステムにおいて核となる分野であり、重要な収入源になる可能性がある。クラウド製品のセキュリ…

Image crewdit: Chaitin Tech(長亭科技)

中国の e コマース大手 Alibaba(阿里巴巴)の子会社である Alibaba Cloud(阿里雲)は11日、北京に拠点を置くサイバーセキュリティスタートアップ Chaitin Tech(長亭科技)を完全買収する計画があると発表した

重要視すべき理由:クラウドコンピューティングは Alibaba のエコシステムにおいて核となる分野であり、重要な収入源になる可能性がある。クラウド製品のセキュリティ向上は Alibaba の最優先事項となっている。

Alibaba Cloud によって、政府や企業といった大手顧客用にカスタマイズされたセキュリティサービスをさらに向上させることができます。Chaitin Tech は Alibaba Cloud の強力なクラウドリソースとデータ機能を活用して、ますます複雑になる IT 環境で企業が重要なセキュリティの関係性を把握するお手伝いをし、セキュリティを構築する上で当社の製品の価値を効率よく引き出せるようにします。(Chaitin Techの声明より)

詳細情報:買収後も、Chaitin Techのブランドと従業員は引き続き独立性を維持するが、Alibaba Cloud のテクノロジーや資本、ビジネスを活用して市場を拡大していくことになると、ソーシャルメディアプラットフォーム WeChat(微信)上の声明で語っている。

  • Alibaba Cloud は買収の意思をすでに固めているが、取引の詳細については明らかにしていない。
  • Chaitin Tech によると、テクノロジーに関してクラウドコンピューティングの大手である Alibaba Cloud と緊密に連携しているという。
  • Chaitin Tech のウェブサイトによると、同社は他にも Tencent Cloud(騰訊雲)、Huawei(華為)、Qincloud(青雲)など中国系クラウドサービスプロバイダーと提携している。

背景:中国系クラウドプロバイダーのトップ企業は、中国のベンダーが大きな懸念を寄せているセキュリティとデータ保護の強化に乗り出している。

  • Alibaba Cloud は9月のクラウドカンファレンスで企業クライアントのセキュリティを強化するための製品を多数ローンチしている。
  • 2014年に設立された Chaitin はクラウドプロバイダーや金融サービスプロバイダー、トラフィックの多いウェブサイトの運営者にインターネットセキュリティソリューションを提供している。同社は2016年6月にシリーズ A ラウンドを完了し ZhenFund(真格基金)や Qiming Venture Partners(啟明創投)、Junsan Capital(君盛投資)から合計2,700万人民元(約4億1,600万円)を調達している。
  • Chaitin のセキュリティソリューションはハッカーの行動を検知して侵入をブロックすることで、最大99.99%の精度で攻撃を防ぐことができる。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Alibaba Cloud(阿里雲)、国際市場にブロックチェーンプラットフォームを投入へ——東南アジアと欧米からサービスを開始

SHARE:

Alibaba(阿里巴巴)のクラウドコンピューティング部門 Alibaba Cloud(阿里雲)は、BaaS(Blockchain as a Service)プラットフォームの国際展開を開始した。 同社はこれまで中国のユーザにサービスを提供してきたが、今回、東南アジア、アメリカ、ヨーロッパ市場に参入した。 Alibaba Cloud では、Linux Foundation のハイパーレッジャープロ…

Alibaba(阿里巴巴)のクラウドコンピューティング部門 Alibaba Cloud(阿里雲)は、BaaS(Blockchain as a Service)プラットフォームの国際展開を開始した。

同社はこれまで中国のユーザにサービスを提供してきたが、今回、東南アジア、アメリカ、ヨーロッパ市場に参入した。

Alibaba Cloud では、Linux Foundation のハイパーレッジャープロジェクト「Hyperledger Fabric」、Alibaba 関連会社の Ant Financial(螞蟻金服)が開発した「Ant Blockchain(螞蟻区塊鏈)」上で、エンタープライズレベルのブロックチェーンアプリを動作させることができる。

企業は BaaS プラットフォームを使って、ブロックチェーン環境を構築したり、その開発、ディプロイ、運用、セキュリティを管理したりしている。Alibaba の BaaS プラットフォームは、Web ホスティングサービスが供給する、そのような機能と連携することができ、インフラやメンテナンスの問題を取り扱うことができる。

BaaS は、コンソーシアム型のブロックチェーンを使っており、パブリックブロックチェーンと違って、すべての人がアクセス権を持っているわけではない。いくつかのノードは、コンセンサス生成の任務を負う。

Alibaba Cloud Blockchain Service のシニアスタッフエンジニアで責任者の Yi Li 氏は、BaaS の狙いは、企業が自らのデジタルフォーメーションにブロックチェーンを活用できるようにすることだ、と述べている。

Alibaba は、BaaS を提供する最初の主要な中国プレーヤーではない。今年8月、JD.com(京東)はエンタープライズ顧客がブロックチェーンアプリを開発できる JD Blockchain Open Platform を開始した。Tencent(騰訊)Baidu(百度)も、同様のプラットフォームをすでにローンチしている。

しかし、Alibaba は現在、中国でブロックチェーン特許を独占している。2017年だけでも特許申請は43件に及び、これは世界合計の10%を占める数だ。Alibaba 関連会社の Ant Financial は、ブロックチェーンを5大主要技術の一つと捉えている。5大主要技術とは、Blockchain、AI、Security、IoT、Computing で、頭文字を取って「BASIC」とも呼ばれる。近い将来、全ての産業を BASIC が支配すると考えられている。

Ant Financial は6月にブロックチェーンベースの越境送金サービスをローンチしており、ユーザはこれを使って香港〜フィリピン間で送金が可能。Ant Financial は、このサービスをグローバル展開するため、ローカルパートナーと協業していると述べている。

Ant Financial のお膝元である中国は、ブロックチェーン技術の開発を後押ししている。政府や民間セクターは、電子インボイスシステム「fapiao(発票)」から薬の処方箋まで、あらゆるものにブロックチェーン技術を採用し始めた。しかし、それは中国の特性を目立ったものにしつつもある。

最近発行された規制の草案は、ブロックチェーンサービスプロバイダに政府への登録を求め、ユーザにはブロックチェーンプラットフォーム利用時に実名登録を求める、全体として中国のブロックチェーン業界を震撼させる内容だった。

【原文】

【via Technode】

----------[AD]----------

中国のAlibaba(阿里巴巴)がAliyun(阿里雲)モバイルOS事業をスピンオフ、2億米ドルの出資で援助

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国eコマース最大手のAlibaba(阿里巴巴)が、Aliyun(阿里雲)モバイルOS部門をスピンオフする。2億米ドルに値する出資をするという。これは予想外の動きだ。Googleと互換性のないAndroid版としてAliyunが非難されたことが世界的なニュースになり、Aliyunが大打撃を受けたわずか1週間後のことだからだ。Alibabaはその評価に異議を唱…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国eコマース最大手のAlibaba(阿里巴巴)が、Aliyun(阿里雲)モバイルOS部門をスピンオフする。2億米ドルに値する出資をするという。これは予想外の動きだ。Googleと互換性のないAndroid版としてAliyunが非難されたことが世界的なニュースになり、Aliyunが大打撃を受けたわずか1週間後のことだからだ。Alibabaはその評価に異議を唱えているが、結局GoogleによってAcer製の新しいAliyunのフラッグシップ携帯のリリースが妨げられる形となった。

このスピンオフがその大打撃によるものかは分からないが、これは中国の最も野心的な国産スマートフォンプラットフォームの大きな進展である。メディアにリークしたAlibabaの設立者兼CEOのJack Ma(馬雲)氏によるメモで、Ma氏は次のように説明している。

2年もの間ずっと試作と苦労を重ねた結果、私たちはAliyun OS事業で大きく進展しました。強力なチームを作り上げ、事業提携者たちにも認められました。Aliyun OS事業の健全な成長をさらに継続するため、そして(Alibaba)グループのAliyunワイヤレス戦略の一層の遂行のため、才能ある人々と組織構造とグループの資源配分を調整する必要があります。

経営陣は以下のことを行うことに決定しました。

1. Aliyun OS事業は、単独事業としてAlibaba cloud Computing (Alicloud/Aliyun)から分離独立する。

2. Jonathan Lu(Lu Zhaoxi)氏がAliyun OS事業の最高データ責任者兼社長に任命される。Wang Jian氏がAliyun OS事業の会長兼CTOに任命され、引き続きAlibaba GroupのCTOも兼任する。

3. 同社はAliyun OS事業の能力、技術、インフラの強化のため2億米ドルを投資する。

Alirenの皆さん(Alibabaの従業員)、会社には努力すべきことがたくさんあり、長い道のりが待っています。Aliyun OSの開発に貢献してくれた皆さんには感謝します。Aliyun OS事業は皆さんの支援により、これまで以上に発展すると信じています。

Androidに関するAcer社のGoogleへのコミットメントによって、Aliyunのフラッグシップモデルの話がなくなりつつある中、クラウド志向LinuxベースのOSが今年どんな売上を見せるのかは未だ不明だ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------