THE BRIDGE

タグ Amazon Alexa

「Alexa、◎◎買ってきて」で数百万点の商品が注文可能に、AmazonのバーチャルアシスタントAlexaがアップデート

Amazon EchoやEcho Dot、Amazon Tap、もしくはAmazon Fire TVといったプロダクトを通じ、Amazonのバーチャル・アシスタント「Alexa」にて数百万点のAmazon商品のお買い物を頼むことができるようになった。 Alexaのオーナーは「Alexa、新しいCharminのトイレットペーパーを頼んでくれるかい」とか「Alexa、AAAの電池を注文して」と頼むこと…

Image Credit: Carlos Delgado’s Echo review on YouTube

Amazon EchoやEcho Dot、Amazon Tap、もしくはAmazon Fire TVといったプロダクトを通じ、Amazonのバーチャル・アシスタント「Alexa」にて数百万点のAmazon商品のお買い物を頼むことができるようになった。

Alexaのオーナーは「Alexa、新しいCharminのトイレットペーパーを頼んでくれるかい」とか「Alexa、AAAの電池を注文して」と頼むことができるのだ。購入は「はい」と答えるだけでいい。

今日まではAlexaは以前に注文したものの再注文、もしくはAmazonの選択した商品、そして小さなEcho Dotが注文できるだけだった。現時点でAlexaの商品注文はAmazonのプライム会員限定となっている。

このパーソナル・アシスタントは洋服や靴、宝石、時計、Amazon Fresh、Prime Pantry、Prime Now、もしくはAdd-Onアイテムの注文はまだできない。

「洋服とか靴のようにサイズを必要とするようなものについては制限があります。しかしこれはまだ初日であって、常により多くの商品を追加してまいります」。(Amazon社のVentureBeatに対するコメント)

ここ数週間、音声認識型のバーチャルアシスタントについては世界中で騒がしい時間が過ぎた。Googleはちょうど、Echoの競合製品であるGoogle Homeを1年後に発表したし、AppleはiOSのSiriKitを公開した。一方でVentureBeatが報じた通り、将来的にApple TVはEchoの競合製品としてアップデートされる見込みだ。Apple TVやGoogle Homeがモノを注文できるようになるのかは明確になっていない。

2年前に市場に登場して以来、その公開は漸次的ではあったのだが、Alexaはどうやら未来のオンライン小売における重要な位置づけを獲得したらしい。数週間前にAmazonのCEOのジェフ・ベゾス氏は、Amazon EchoがAmazon Prime、Amazon Web Services、そしてマーケットプレースと並んで、同社の4本目の事業の柱になりうると語っていた。

Alexaの新たな購入オプションは数日中にAmazon Echoで使えるようになり、そしてAmazon Tapのユーザーは「Alexa enable」と話すことで1400件以上のスキルを追加することができるようになっている。(Fortuneの報道によれば、シティ・バンクの口座を持っているユーザーはAlexaで請求の支払いができるようになるそうだ。CapitalOneは3月にAlexaへ追加されている)AmazonはAlexaのSkills Kit(ASK)を開発者向けに1年前に公開している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

感情検知で競合に差をつけるーAmazonの人工知能アシスタント「Alexa」が人の声のトーンから感情を読む

SHARE:

< Pick Up > Amazon working on Alexa recognizing your emotions 「Alexa、寝室の電気をつけて」「Alexa、Spotifyからジャズをかけて」といった具合に音声指示でさまざまなタスクをこなしてくれる、Amazonのスマートスピーカー「Amazon Echo」。 タップやボタンといった操作は不要で、その主なインタフェースは「人の声」です…

image via. Amazon
image via. Amazon

< Pick Up > Amazon working on Alexa recognizing your emotions

「Alexa、寝室の電気をつけて」「Alexa、Spotifyからジャズをかけて」といった具合に音声指示でさまざまなタスクをこなしてくれる、Amazonのスマートスピーカー「Amazon Echo」。

タップやボタンといった操作は不要で、その主なインタフェースは「人の声」です。そんなAmazon Echoに使われているバーチャル・アシスタント「Alexa」が大幅アップデートを開発中だそうです。

今後、バーチャルアシスタントの精度を上げて、それが人にとって本当に役立つものにするために注目されているのが「emotions」(感情)です。感情検知の技術に取り組むのはAmazonにとどまらず、例えば今年1月には人の表情から感情検知する「Emotient」をAppleが買収しています。

Alexaはというと、自然言語理解力の向上に加えて、人の声のトーンから感情を検知する技術に取り組んでいるとのこと。また確率解析を用いることで、より曖昧なリクエストにも応えることができるようになるはずだと言います。

例えば、シアトルの人が、“How are the Hawks doing?”(直訳すると、「タカの調子はどうだい?」)と質問を投げた場合。シアトルという場所から、指示者がプロフットボールチーム「シアトル・シーホークス」に言及しているのだと解釈する可能性が高まるそう。

最も認知されている音声アシスタントと言えばAppleの「Siri」ですが、目覚ましや電話をかけるなど、ごく限られたタスクでしか出番がないのが現状です。この点については、本媒体の「人々はなぜ音声アシスタント Siri を普段使いしないのか」という記事でも解説されています。

本来、「話す」(音声)という行為は人にとって最も自然なもの。ボタンを押したりキーボードに入力したりするのではなく、テクノロジーとのやり取りにも、今後は音声が主流になってくるはず。過去にその人が言ったことを記憶し、また相手のその時々の感情を読み取りながら、Alexaが人と会話のキャッチボールをするなんて未来が近づいています。

via. MIT Technology Review

----------[AD]----------

人工知能アシスタント「Alexa」はAmazon第四の収益の柱になりうるーーベゾス氏が語る

SHARE:

米Amazonは大きな三本柱を持っている。マーケットプレース、Amazon Prime、そしてAmazon Web Servicesだ。 しかし、ここには四つ目の柱の余地があったようだ。 第四の柱になりうる可能性があるのはPrime Videoのオリジナルビデオコンテンツを制作しているAmazon Studioだ。そしてここにもう一つ可能性があるとしたらAlexa 音声アシスタントになるかもしれな…

Jeff-Bezos-04-930x523
Above: Jeff Bezos speaks at Recode’s Code Conference on May 31, 2016. Image Credit: Screenshot

米Amazonは大きな三本柱を持っている。マーケットプレース、Amazon Prime、そしてAmazon Web Servicesだ。

しかし、ここには四つ目の柱の余地があったようだ。

第四の柱になりうる可能性があるのはPrime Videoのオリジナルビデオコンテンツを制作しているAmazon Studioだ。そしてここにもう一つ可能性があるとしたらAlexa 音声アシスタントになるかもしれない。これはEcho speakerの中に入っているもので、これもまた第四の柱になりうるとAmazonの最高経営責任者、ジェフ・ベゾス氏がウォルト・モスバーグ氏に語った。

彼は今日、カリフォルニアのRancho Palos Verdesで開催中のRecode Code カンファレンスに登壇している。

GoogleはそのEcho競合となるものを5月頭に公開しており、AppleもまたEchoに対する答えに取組んでいるとされている。しかし、ベゾス氏はそのことについては大して気にしている様子はなかった。

「世界は腐るほどの人工知能エージェントで溢れかえるようになると思うんです」。ベゾス氏はこう語り、次のように続けた。

「さらに得意分野が出てくるようになると思っています。あらゆることを同じ人工知能に依頼するわけにはいかないですからね。賭けてもいいですよ。平均的な世帯は3台使うようになるでしょう。私にとってこの植えてきた種は非常に興奮するものですし、こういったものに取り組むことも大好きで、チームは輝いてます」。

Amazonでは現在、1000人以上の人員が人工知能に取り組んでいるとベゾス氏は付け加えている。今朝早くのAmazonの株価はナスダック市場で724ドル23セントだった。

【原文】

【via VentureBeat】 @VentureBeat

----------[AD]----------

Amazonの音声認識サービス「Alexa」からGoogleカレンダーに予定の追加が可能に

SHARE:

Amazon’s Alexa can now add events to Google Calendar 昨年、Amazonが開発する音声認識サービス「Alexa」は、サードパーティーのデベロッパーがアプリに「Alexa」の機能を容易に組み込めるようにするAPI「Alexa Voice Service」が発表されたり、「Alexa」の音声認識機能を利用するデベロッパーを支援するための総…

maxresdefault

<ピックアップ>Amazon’s Alexa can now add events to Google Calendar

昨年、Amazonが開発する音声認識サービス「Alexa」は、サードパーティーのデベロッパーがアプリに「Alexa」の機能を容易に組み込めるようにするAPI「Alexa Voice Service」が発表されたり、「Alexa」の音声認識機能を利用するデベロッパーを支援するための総額1億ドルの「Alexa Fund」が立ち上がったことでも話題となりました。

「Alexa」も進化を続けており、「Alexa」を通じて予定の追加ができるようになったそうです。これまでは予定の読み上げだけでしたが、予定の追加まで可能になると、音声認識サービスの便利さが向上しますね。

「alexa」を利用するには、Amazon Echo、Echo Dot、Amazon Tap、Fire TVなど、対応したデバイスが必要になります。

via The Verge

----------[AD]----------

Alexaの上位10万サイトから見るマーケティングオートメーション市場のシェア【ピックアップ】

SHARE:

Image Credit: Datanyze 【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします Hubspot, Marketo, Eloqua: New data shows marketing automation market share in unprecedented detail 「インバウンドマーケティング」という言葉をよく聞くようになりま…

screen-shot-2014-04-04-at-10-07-00-am

Image Credit: Datanyze

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Hubspot, Marketo, Eloqua: New data shows marketing automation market share in unprecedented detail

「インバウンドマーケティング」という言葉をよく聞くようになりましたが、効率的なインバウンドマーケティングは「マーケティングオートメーション」と呼ばれるシステムで管理されています。HubSpotは代表例としてよく知られていますが、Alexaの上位100,000サイトに導入されているマーケティングオートメーションのシェアを調査してみると意外な結果が。

マーケティングやセールスの自動化が進むと、テレアポや飛び込みといった旧来型の営業スタイルが近い将来、なくなっているかもしれません。

Google翻訳でざっくり読む

via VentureBeat

----------[AD]----------