BRIDGE

タグ Amazon China

「オンラインショッピングは短距離走ではなくマラソンだ」Amazon China CEOが語る中国のEC市場

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国のオンラインショッピングという巨大ビジネスを現在のところ独占しているのはAlibabaのTmallだ。中国でTmall以外のオンライン ショッピングサイトを運営する人は下図を見て怖気づくかもしれないが、Amazon China CEOのWang Hanhua氏は全く動じない。Sourthern Metropolisとのインタビューの中で、彼はオンラインシ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国のオンラインショッピングという巨大ビジネスを現在のところ独占しているのはAlibabaのTmallだ。中国でTmall以外のオンライン ショッピングサイトを運営する人は下図を見て怖気づくかもしれないが、Amazon China CEOのWang Hanhua氏は全く動じない。Sourthern Metropolisとのインタビューの中で、彼はオンラインショッピングは短距離走ではなくマラソンだと語っている。

私がもっとも気がかりなのは、マラソンへ向けての準備をしているかどうか、最後の勝者となれるかどうかである。最終的に市場に3社から5社が生き残った時、その中の1社になれるだろうか?

Wang が恐れ知らずなのはあながち見当違いではない。確かに、Amazon Chinaが市場で占めるのは現在わずか2.2%である(数字は総収益ベース)。だが、「その他」という巨大なかたまり、数百にのぼる市場の1パーセント以下の規模でしかない弱小サイトの集まりが示しているのは、今後数年のうちに市場の統合と大きな変動が起こりそうだということだ。

Wang は、Amazon Chinaがまだ「ピークに達していない」と語る。もちろん優秀なCEOなら誰でも言うことではあるが、私個人としてはWangが正しいことを願っている。Amazon Chinaには、その他のオンラインショッピングモールが手掛けるような品揃えはないが、同社には分かりやすいカスタマーサービスがあるし、すべての商品で代金引換払いができるので(他のサイトでもできるのだが)私はお気に入りだ。Amazon Chinaには是非がんばってほしい。

StartupBase Profile

amazon中国(卓越)

Company: amazon中国(卓越)

中国のB2C eコマースサイト。

About StartupBase

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

iPadの商標問題を巡ってAmazon ChinaとSuningが販売差し止め

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国のB2C eコマースサイトである Amazon China と Suning.com (SHE:002024)の2社は、中国本土でのiPadの名称使用問題に関し、AppleとProviewの法廷闘争の影響を避けようとiPadの販売を停止する動きをとっている。”iPad”や”iPad 2″の検索や商品の並び替…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国のB2C eコマースサイトである Amazon China と Suning.com (SHE:002024)の2社は、中国本土でのiPadの名称使用問題に関し、AppleとProviewの法廷闘争の影響を避けようとiPadの販売を停止する動きをとっている。”iPad”や”iPad 2″の検索や商品の並び替えをしてみても、Apple(NASDAQ:AAPL)の象徴となっているタブレット(あるいは競合製品)のアクセサリーしか検索結果に出てはこない。これはどちらのサイトでも同じだ(写真上)。

先日、中国中部地方の街のApple販売代理店が当局に検挙され、Proview(HKG:0334)の提訴に関する現状調査の一環としてiPad 2が45台押収された。中国のサイト QQTechでは、Amazon (NASDAQ:AMZN) ChinaとSuningの両社が掲載しているiPad 2のスクリーンショットが2枚あったが、ユーザーはiPad 2を買うことができない。Amazonでは価格と「購入」ボタンが消されてあり、Suningではチェックアウトのアイコンをグレーにして価格も削除している。

QQ Tech からのスクリーンショット

何度も検索したが、iPad 2の掲載は見当たらなかった(スクリーンショットが本物であることは確認した)。この2つのサイトのどこにもiPadモデルが販売されているのをまったく見つけられなかったのだ。

SuningもAmazon Chinaも、中国のB2C のEコマースの中では弱小プレーヤーだ。Alibaba(阿里巴巴)のTmall.comや360Buy(京東商城)などの大手企業は今でもiPadを販売しており(こちらこちらを参照)、中国で早くから家電商品をオンラインで販売し始めたDangdang(当当網、ニューヨーク市場登録名:DANG)も販売を続けている。

AppleとProviewの訴訟は中国国内におけるiPad販売を全面禁止するものではないが、中央政府の工商行政管理局(AIC)が決断しうる1つの措置として、販売全面禁止の可能性は残る。本土の深圳に本社を置く台湾企業であるProviewは、中国で組み立てられたiPadの輸出を阻止するための申請を行なうかもしれない。Proviewがどのような出方をするか予測し、AICへの対応に時間をとるのはApple次第だ。

今後、その他のeコマースサイトが更にiPadを販売停止にすることがあればまた情報をアップする予定だ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------