BRIDGE

タグ Amazon Web Services

Amazon、AIによるコードレビュー「CodeGuru」を一般公開、東京も利用可能

SHARE:

Amazonは6月29日、コードのクオリティを高めるための助言をAI駆動で提供する開発者向けツール「CodeGuru」を一般ユーザにも公開することを発表した。2019年にラスベガスで開催されたAmazon Web Services(AWS)のカンファレンス「re:Invent」で最初に発表された同サービスの従量課金制での提供が始まった形だ。 ソフトウェア開発では、プログラムコードをアプリケーション…

AWS – Amazon Web Services Office in Houston, Texas by Tony Webster via Flickr

Amazonは6月29日、コードのクオリティを高めるための助言をAI駆動で提供する開発者向けツール「CodeGuru」を一般ユーザにも公開することを発表した。2019年にラスベガスで開催されたAmazon Web Services(AWS)のカンファレンス「re:Invent」で最初に発表された同サービスの従量課金制での提供が始まった形だ。

ソフトウェア開発では、プログラムコードをアプリケーションに追加する前にコードレビューを実行し、ロジック、構文、スタイルをチェックするのが通例となっている。だが適任者を見つけるのが難しいことも多い。加えて、彼らがバグやパフォーマンスの低下を引き起こすようなコードの問題点を見逃さないという保証はない。

CodeGuruは1万以上のオープンソースプロジェクトでコード評価のトレーニングを受けたAIアルゴリズムを利用している。問題を発見すると人間が読める形のコメントを提供し、何が問題なのかを説明し、可能な修正案を提案してくれる。また、最も非効率的で非生産的なコード行も特定してくれる。

CodeGuruには「CodeGuru Reviewer」と「CodeGuru Profiler」の2つの機能がある。

「CodeGuru Reviewer」はAWS APIおよびSDKを使用する際のベストプラクティスからの逸脱を検出し、本番環境で問題につながりそうな箇所、スレッドセーフではないクラスの使用などにフラグを立てる。リポジトリ(GitHub、GitHub Enterprise、Bitbucket Cloud、AWS CodeCommitなど)内のコードを分析し、プルリクエストを開いてコードレビューを作成してくれる。

「CodeGuru Profiler」は無駄なオブジェクトの作成や非効率的なライブラリの使用、過剰なロギングといった問題への助言を提供する。アプリの実行時にプロファイリングした情報からコードのクオリティに関する問題(レイテンシやCPU使用率に関わるもの)を検出する。開発者が問題点を修正してパフォーマンスを上げるための方法も提案してくれる。また、非効率なコードのまま実行した場合のコストの推定値も表示する。

Amazonは、CodeGuruによってこれまでに8万以上のアプリが最適化され、数千万米ドルものコスト削減につながったとしている。あるチームではプロセッサの使用率を1年で325%削減し、コストを39%カットできたという。

現在、CodeGuruが利用できるリージョンはアメリカ大陸(北バージニア、オハイオ、オレゴン)、欧州(アイルランド、ロンドン、フランクフルト、ストックホルム)、アジアパシフィック(シンガポール、シドニー、東京)となっているが、今後数カ月以内に他リージョンにも拡大される見込み。

アーリーアダプターには、Atlassian、クラウドテクノロジーコンサルタント会社のEagleDream Technologies、エンタープライズソフトウェア開発のDevFactory、コンドミニアムレビューのウェブサイトオペレーターRenga、スケジューリングプログラムのスタートアップYouCanBook.meなどがある。

※本稿は提携するVentureBeat記事の抄訳になります

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Amazonが目黒駅前に新オフィスを開設、世界3番目となるデベロッパ向けコミュニティスペース「AWS Loft Tokyo」は10月1日にオープン

SHARE:

E コマース大手 Amazon Japan と、クラウド大手 Amazon Web Services Japan(AWS Japan)は、目黒駅前に新オフィスを開設し、19日メディアに公開した。同じく目黒にあるアルコタワー、アルコタワーアネックスにある Amazon Japan / AWS のオフィスに加え、3番目の拠点となる。 新オフィスは仕事環境の快適性と機能性を追求し、従来の固定席に代えフリ…

amazon-new-hq-1

E コマース大手 Amazon Japan と、クラウド大手 Amazon Web Services Japan(AWS Japan)は、目黒駅前に新オフィスを開設し、19日メディアに公開した。同じく目黒にあるアルコタワー、アルコタワーアネックスにある Amazon Japan / AWS のオフィスに加え、3番目の拠点となる。

amazon-new-hq-2

新オフィスは仕事環境の快適性と機能性を追求し、従来の固定席に代えフリーアドレスが採用されており、室内スペースには緑がふんだんに取り入れられているのが特徴。国籍・宗教・性別などを問わない多様性に富んだオフィス環境を実現するため、オフィス内には礼拝室、搾乳室、ジェンダーフリーのトイレやシャワールームなども整備されている。

AWS Japan 代表取締役社長の長崎忠雄氏によれば、新オフィスでは Amazon Music や Amazon Device などの同社における新興系サービスを多数取り扱うほか、クラウドアーキテクチャー 、機械学習、ディープラーニング分野の人材育成も加速させるという。イノベーションの創出のために最適なオフィスのあり方を社員から募り、それらが流線型のインテリア造作や座席の配列などにも反映されている。


  

世界3番目となるデベロッパコミュニティスペース「AWS Loft Tokyo」の誕生

amazon-loft-tokyo-1

新オフィス内にはデベロッパ向けのコミュニティスペース「AWS Permanent Loft」がサンフランシスコやニューヨークに続き、世界で3番目に開設された。コーワキングスペースは、平日10時〜18時の間 AWS のアカウントを持ってさえいれば無料で利用可能。最大150名あまりが収容可能な空間を利用して、夕方以降は週に2回程度のペースで、デベロッパコミュニティやスタートアップ向けのイベントが開催される予定だ。

10月1日にオープンする AWS Loft Tokyo により、今後期待される AWS Japan とスタートアップとの関わりについて、AWS Japan スタートアップ事業開発部プリシンパルマネージャーの畑浩史氏に話を聞いた(可読性向上の意図から、一部内容を編集しています)。

Q. AWS Loft Tokyo が開設されることで、どのようなことができるようになるか?

AWS Loft Tokyo には、AWS のソリューションアーキテクトや AWS のエンジニアが常駐するので(Ask An Expert のコーナー)、技術的な質問なども気軽にしてもらうことができる。コワーキングがあることで、そこにいる人たち同士でセレンディピティ的に何かが生まれたり、開発が促進されたりすることも増えるだろう。 これまで AWS がイベントをやるときは外部のスペースを使っていたが、AWS Loft Tokyo は専用スペースなので制約が無い。いろいろイベントをやっていこうと思っている。(編注:イベントの詳細情報はここにある)

Q. AWS に限らず、GAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)はガバナンスやセキュリティが厳しいと言われる。オープンなスペースを作って外部の人を中に招き入れるという点で、ここは幾分、トレードオフが必要にある部分があるかもしれないが。

ニューヨークやサンフランシスコの Permanent Loft をはじめ、世界中の Pop-up Loft などで4年間にわたりオープンスペースをやってきたノウハウがあるので、大きな問題が生じるとは考えていない。もちろん、注意しなければならないことはあるが、お客様に提供できるメリットの方が大きいだろう。AWS アカウントを持っていて、ビル入口で身分証明さえ提示してもらえば、営業時間中であれば予約無しで使ってもらえる。

amazon-loft-tokyo-2

Q. アカウントは持っていても、上がっている EC2 や S3 のインスタンスが無くても(つまり、料金が発生しているユーザではない)大丈夫か?

今のところ、大丈夫です(笑)。

Q. スタートアップコミュニティとの交わりや、共同でのイベント開催なども可能なのか?

AWS Loft Tokyo は目黒にあり、スタートアップが集積する渋谷、五反田、六本木などからのアクセスも非常にいい。ビットバレー、五反田バレーに続き、目黒バレーが醸成される中心になる可能性はあるかもしれない。坂の上にあるので、(バレーではなく)ヒルになるかもしれないが(笑)。

時には、スタートアップのために、例えば VC を招いての資本政策についてのイベントのようなものも開くかもしれないが、AWS など技術面での支援をするものが中心になると思う。どのようなテーマがどの程度の割合になるかは、やりながら考えていきたい。

Q. スタートアップが頼りにできるスペースという文脈では、例えば、Alexa ファンドを紹介してください、みたいな相談もできるのか?

直接の担当ではないが、担当のチームに紹介してほしいとかいう要望には応えられる。

amazon-loft-tokyo-3

Q. 将来「AWS Loft Tokyo ができて、本当によかったね」と評価できるマイルストーンがあるとすれば?

まずは、多くの人に来てもらって、ここの存在を知ってもらうこと。そこから、また新たなニーズが出てくると思う。一番美しいストーリーがあるとすれば、まだ起業していない人が AWS Loft Tokyo にやってきて、ここで出会った人同士で起業し、アプリをリリースし、ここきっかけで VC から資金調達し、ユニコーンに成長する、なんていうチームが出てくれば最高。

トレジャーデータとか、ソラコムとかのような、エンジニアが起業するスタートアップはまだまだ少ない。そういうスタートアップが生まれるきっかけも作っていきたい。(技術系のスタートアップがしばしば不得意な)ユーザインターフェイスを改善するためのデザイン系のセミナーとか、マーケティングのやり方のセミナーとか、そういう支援もやっていきたい。

今回のインタビューまで知らなかったのだが、畑氏は AWS Japan に入社する前、自身も診療所向けの予約システムを開発するスタートアップの立ち上げに関わっていたのだとか。残念ながら、このスタートアップは成功イグジットとはいかなかったそうだが、スタートアップする側からスタートアップを支援する側へと立場は変わっても、スタートアップ好きの気持ちはそのまま、より多くの起業に携わっていきたいと語ってくれた。

View post on imgur.com

AWSのクラウド機能をローカルデバイスに拡張する「AWS Greengrass」、IoT向けサービスを正式ローンチへ

Amazon Web Services(AWS)は本日(6月7日)、Greengrass の公式ローンチにより IoT サービスの取り組みを強めた。新たなサービスによってエッジデバイス上でのデータ処理と、デバイスからクラウドへの通信が容易に行えるようになる。 Greengrass では、カスタマーは必要な機能を記述し、それを互換性のあるデバイスにデプロイすることができる。デプロイした機能はローカル…

AWS-Thomas-Cloer-Flickr
(上)Amazon Web Services (AWS)
IMG_2135 via Flickr by Thomas Cloer

Amazon Web Services(AWS)は本日(6月7日)、Greengrass の公式ローンチにより IoT サービスの取り組みを強めた。新たなサービスによってエッジデバイス上でのデータ処理と、デバイスからクラウドへの通信が容易に行えるようになる。

Greengrass では、カスタマーは必要な機能を記述し、それを互換性のあるデバイスにデプロイすることができる。デプロイした機能はローカルハードウェアまたは AWS クラウドからのトリガーに対応して動作する。この機能を用いると、IoT デバイスの鍵であるネットワーク接続なしでのデータ処理が可能だ。また、Greengrass が組み込まれたハードウェアと Amazon クラウド間で安全な通信を行い、カスタマーはクラウドとデバイス間でデータをやり取りできる。

このサービスは AWS が昨年ラスベガスで開催した re:Invent カンファレンスで発表したものであり、クラウドプロバイダが市場で他社と競合する上で力強い戦力となる。大手クラウドプロバイダは通常何らかの IoT サービスのセットを有し、企業がコネクテッドデバイスを活用できるようにしているが、AWS が今回のローンチで最初にファーストパーティとしてエッジデバイスでのデータ処理(エッジプロセッシング)を一般向けに提供することになり、これはカスタマーやハードウェア設計製造パートナーにとっては大きな魅力となるだろう。

MachNation の共同設立者で CTO の Dima Tokar 氏によると、とりわけ Greengrass は Microsoft の Azure IoT Edge サービスに比べると手に入りやすく、Amazon にとっては有利に働くという。

彼は e メールで次のように述べている。

クラウドプラットフォームを評価している将来の顧客に対して、Greengrass が一般に入手可能なことにより AWS は一時的に優位に立つでしょう。同製品は量産導入が可能なエッジデバイスの機能セットを備えていますから。クラウドプラットフォームを評価するハードウェアベンダーにとって、Greengrass を提供する Amazon の存在は、クラウドベンダーのトップ企業が一般利用可能なクラウド製品を提供し、ハードウェアベンダーはそれを購入して自社ハードに組み込めることを意味しています。

Greengrass のもう一つの鍵となる利点は、ユーザがエッジデバイスで実行する機能は同社の「サーバーレス」プロセシングサービス AWS Lambda を使ってビルドできることだ。理論的には、開発者は Amazon のクラウドでもエッジデバイスでも動作する Lambda 機能を記述することができる。

同社の IoT 担当 VP である Dirk Didascalou氏によれば、AWS のエッジコンピューティング機能の構築には3つの「法則」があるという。

まず、データを物理の法則よりも早く転送することはできず、また、データをネットワーク越しに送るのは一部のアプリケーションでは速度が足りていない。現行法ではあるレベルのセキュリティとプライバシー保護が必要で、これがクラウドや IoT をうまく使いこなすのを難しくしてしまっている。また、経済の法則から見るとエッジデバイスからクラウドまで大量のデータを低価格で送ることはできない。AWS Greengrass が狙うのは、これらの問題の解決だ。

ローンチにあたり Intel は、ハードウェア製造会社や企業がこの新サービスを導入しやすくできるよう新たな IoT 開発キットと Greengrass 対応のゲートウェイを発表した。Qualcomm もまた、同社の DragonBoard 410C 開発キットが Greengrass をサポートするとし、この新サービスが組み込まれたカスタマのハードウェアを公開した。

火曜日(6月13日)以降、Greengrass クラウドサービスは AWS の北バージニアとオレゴンのデータセンターで一般利用可能になる予定。そして今後数週間のうちにフランクフルトとシドニー地域でも利用可能になると Didascalou 氏は述べている。Greengrass 対応デバイスは世界中でデプロイ可能だ。

太平洋時間12時35分、Dima Tokar 氏のコメントを更新。

2017年6月7日訂正:記事には当初 DragonBoard 410C は新規と記載していたが、実際は異なる。DragonBoard 410C は2015年3月にリリースされている。記事はすでに訂正済み。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

AWS、Alexaを強化するボットフレームワーク「Amazon Lex」をローンチ

SHARE:

ついにこの時がきた。ディープラーニングとよばれるある種の人工知能(AI)に対する関心がここ数年高まっていたところ、世界最大のパブリッククラウドインフラプロバイダーの Amazon Web Services(AWS)は本日(11月30日)、ディープラーニングを活用する初の Amazon AI サービスを発表した。 ディープラーニングとは一般的に、写真など大量のデータで人工の神経ネットワークをトレーニ…

(上)Amazon Lexで可能になることのデモンストレーション Image Credit: Screenshot
(上)Amazon Lex で可能になることのデモンストレーション

Image Credit: Screenshot

ついにこの時がきた。ディープラーニングとよばれるある種の人工知能(AI)に対する関心がここ数年高まっていたところ、世界最大のパブリッククラウドインフラプロバイダーの Amazon Web Services(AWS)は本日(11月30日)、ディープラーニングを活用する初の Amazon AI サービスを発表した。

ディープラーニングとは一般的に、写真など大量のデータで人工の神経ネットワークをトレーニングし、新たなデータの類推をさせるものである。AWS にとって最大の競合である Google Cloud Platform は今年初め、ディープラーニングを行う Cloud Machine Learning サービスを導入した。中国では Alibaba のパブリッククラウドが、AI ワークロードで利用できる DT PAI サービスを提供している。また、Clarifai などのスタートアップもクラウドベースのディープラーニングサービスを提供している。

しかし AWS は今のところベーシックな汎用 AI サービスを提供しているわけではない。

Rekognition という新たな画像認識サービスは、おそらくAmazon が昨年に買収した Orbeus というディープラーニングのスタートアップが持つ人材とテクノロジーから生まれたものだ。

他にも、Polly というテキスト読み上げ(text-to-speech: TTS)サービスがあり、これは47ボイス、24言語をサポートしている。利用料は月500万文字までは無料、それ以降は文字当たり0.000004米ドルであると、AWS のチーフエバンジェリストである Jeff Barr 氏はブログで述べている。

しかし今日(11月30日)の発表で最も際立っていたのは Amazon Lex のローンチだ。これは Amazon の音声バーチャルアシスタント Alexa の基礎となっているテクノロジーである。Alexa は、Amazon Echo というスマートスピーカーのラインナップの基礎となるもので、最近のレポートによると、Amazon はこれを500万台以上販売し、売上好調だという。Lex にはディープラーニングで動作する自動スピーチ認識と自然言語の理解機能が備わっている。

AWS のチーフエグゼクティブ Andy Jassy 氏はラスベガスで開かれた AWS の re:Invent ユーザカンファレンスの本日(11月30日)の基調講演で次のように述べた。

これを使えばあらゆる種類の会話アプリが作れます。文字か音声の一部を提供し、(その入力に対する)反応を指定すると、反応を返してくれるのです。

Facebook Messenger のようなアプリ上にあるチャットボットや、いずれはチャットツールの Slack にも使うことができるだろう。しかし同時に、デベロッパーが既存のデータレポジトリを利用することにもなる。データレポジトリには Salesforce、Microsoft Dynamics、Marketo、Zendesk、Quickbooks、Twilio、HubSpot とのコネクターがあると Jassy 氏は述べた。AWS の Lambda というイベントドリブンのコンピューティングサービスで構築されたトリガーをサポートすることも可能だ。

チャットボットは2016年で最も人気のテクノロジーとなっている。Facebook と Microsoft は今年、チャットボット構築のためのプラットフォームを明らかにしているが、最大のクラウドプロバイダーである Amazon も両社に追いつこうとしている。

このサービスは、AWS データセンターリージョンのうち米国東部(バージニア北部)リージョンでのみプレビュー利用が可能となっている。使用料については、月あたり10,000文字のテキストリクエストと5,000スピーチのリクエストまでは無料で、 それ以降は千単位のスピーチリクエストで4米ドル、千文字単位のリクエストで75米セントが課金されると Barr 氏はブログに投稿している。

AWS はある程度自社情報をこれまで明らかにしていた。6月にワシントン DC で開かれた AWS の Public Sector Summit の壇上インタビューで Jassy 氏は、「数ヶ月以内」に AWS がディープラーニングサービスを発表すると話していた。今月(11月17日)には Information 誌が AWS によるディープラーニングサービスのローンチを、Fortune 誌も先週(11月22日)AWS がデベロッパー向けにさらに強力な AI ツールを発表すると報じていた。

AWS はこのサービスのための地ならしをしてきた。Amazon は5月に DSSTNE のディープラーニングフレームワークをオープンソース化し、今月(11月)初めには AWS が選択するディープラーニングのフレームワークは MXNet であって DSSTNE ではないと発表していた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】