THE BRIDGE

タグ Ambi Climate

#RISEconf: ピッチ・コンペティション優勝は、エアコンを操る人工知能デバイス「Ambi Climate」が獲得

SHARE:

本稿は、スタートアップ・カンファレンス「RISE 2015」の取材の一部である。 香港会議展覧中心では、7月31日と8月1日の2日間にわたって、第1回目となる RISE が開催されている。RISE の中で行われるピッチ・コンペティションには、香港内外の300チーム以上のスタートアップから応募があり40チームがピッチ、うち3チームがファイナリストに選ばれた。 優勝者には、ピッチ・コンペティションをス…

rise-2015-pitch-competion-finals-winner-ambi

本稿は、スタートアップ・カンファレンス「RISE 2015」の取材の一部である。

香港会議展覧中心では、7月31日と8月1日の2日間にわたって、第1回目となる RISE が開催されている。RISE の中で行われるピッチ・コンペティションには、香港内外の300チーム以上のスタートアップから応募があり40チームがピッチ、うち3チームがファイナリストに選ばれた。

優勝者には、ピッチ・コンペティションをスポンサードする Google for Work から10万ドル分のクラウド利用権とメンターシップが提供される。

このピッチ・コンペティションの審査員は、

  • Sunny Vu, CEO, Misfit Wearables
  • Ricky Kapur, Managing Director, Asia Pacific and Japan, Google Cloud Platform at Google
  • Kevin Prior, Product Marketing Manager, Facebook
  • Jing Ulrich, Managing Director & Vice Chairman of Asia Pacific, JP Morgan Chase

rise-2015-pitch-competion-finals-judges

司会は、StartupsHK の共同設立者である Casey Lau が務めた。

Ambi Climate (Pitch by Julian Lee)

rise-2015-pitch-competion-finals-ambi-1

Ambi Climate は WiFi 接続可能、赤外線によるリモコン機能を持ったデバイスで、部屋の温度や湿度、当地の気候、ユーザの好みを学習してエアコンを制御する。昨年11月にクラウドファンディング・キャンペーンを実施し1,000台の予約注文を獲得、10日後の出荷開始を控えている。

<関連記事>

Soundbrenner (Pitch by Florian Simmendinger)

rise-2015-pitch-competion-finals-soundbrenner

ミュージシャン、音楽を楽しむ人が一人で練習する際リズムを刻むことができるウエアラブルなメトロノーム・デバイス。「Soundbrenner Pulse」を開発。振動と光でリズムを教えてくれるので、周囲に迷惑をかける心配もない。現在、20以上の小売業者と流通開始にあたり交渉中。

<関連記事>

Prenetics (Pitch by Danny Yeung)

rise-2015-pitch-competion-finals-prenetics

薬は汎用的に使われることを想定して作られており、個人差により薬が合わないことで、年間10万人以上の人が副作用により亡くなっている。この問題を解決するのは、Pharmacogenomics(ゲノム創薬、または、ゲノム薬理)だ。

Prenetics はDNAテストを行い、胎児の16種類の健康情報をテスト結果として報告。将来的には、より個人にあった薬の処方や創薬ビジネスを支援する。Prenetics は設立から5年で、創業者の Danny Yeung は以前、Groupon の東アジアの長を務めた人物だ。昨年12月には、500 Startups、SXE Ventures、Joel Neoh(Groupon のアジア太平洋担当)、シンガポールの Coent Venture Partners から265万ドルを調達している。

<関連記事>

----------[AD]----------

古いエアコンをインテリジェントにするIoT「Ambi Climate」が、2.5万ドルの調達を目指してKickstarterキャンペーンを開始

SHARE:

今年6月にシンガポールで開催された ECHELON 2014 を取り上げたとき、香港のIoTスタートアップ Ambi Labs (登記は、アメリカ・カリフォルニア州サクラメント)のことについて触れた。彼らは Ambi Climate というデバイスを開発し、ECHELON 2014 では晴れて聴衆賞(People’s Choice)を獲得している。 Ambi Climate は WiF…

ambi-climate

今年6月にシンガポールで開催された ECHELON 2014 を取り上げたとき、香港のIoTスタートアップ Ambi Labs (登記は、アメリカ・カリフォルニア州サクラメント)のことについて触れた。彼らは Ambi Climate というデバイスを開発し、ECHELON 2014 では晴れて聴衆賞(People’s Choice)を獲得している。

Ambi Climate は WiFi 接続可能、赤外線によるリモコン機能を持ったデバイスで、部屋の温度や湿度、当地の気候、ユーザの好みを学習してエアコンを制御する。その Ambi Climate が今日から Kickstarter で資金調達を開始した。価格は Super Earlybird Discount(超早割)で1台49ドル、Ambi Labs は総額2.5万ドルを資金調達したい考えだ。

日本では、かなりインテリジェントなエアコンが出回り始めている状況を考えると、筆者も Ambi Climate を初めて見たときには、その市場可能性について懐疑的だった。中国や東南アジアに行くと、GREE(日本のゲーム・プラットフォーマーのことではなく、中国最大のエアコンメーカー「格力」のこと)の旧型エアコンが随所で轟音を唸らせて動いているのをよく見かけるが、そこにはインテリジェントさのカケラも見当たらない。おそらく電気代が安いから、エネルギー効率のよい新しいモデルにリニューアルするモチベーションにもつながりにくいのだろう。そういう市場において、Ambi Climate はエアコンを買い替えずにエネルギー効率を上げられるので、消費者に受け入れられやすいデバイスと言えるだろう。

実のところ、筆者は以前、Ambi Labs の CEO Julian Lee から日本での資金調達について相談を受けたのだが、日本の消費者だけのことを考えた場合、Kickstarter と並行して CAMPFIRE でキャンペーンを張ってみてはどうかと提案してみた。ただ、彼らからすれば、日本の CAMPFIRE に加えて、シンガポールの Crowdtivate や中国の Demohour(点名時間)など、アジアの市場別にローカルのクラウドファンディング・プラットフォームにキャンペーンを張ることはかなり非効率な運用になるので、今回はそのような戦略は選ばなかったようだ。

日本では、分譲マンションの建物埋込型のエアコンで容易にリプレイスできないケースや、賃貸住宅に住んでいて、エアコンが大家による備え付けなどの場合、簡単に省エネ効果を体験するのに49ドルはかなりお得と言えるだろう。日本の電気料金の水準を考えれば、1ヶ月で元を取ることもできるはずである。

広義においては、今後、PlutoIRKitairfy Beacontado°なども競合になり得るだろう。おそらく、ハードウェアが持ち合わせる機能は、どのデバイスも遠からずなので、今後、ソフトウェアでどれだけユーザを魅了させられるビジョンを見せていけるかが、Ambi Climate の資金調達のカギになるように思う。

----------[AD]----------

#ECHELON2014: Launchpadの最優秀賞は、タイの子供向け学習プラットフォーム「Taamkru」が獲得

SHARE:

6月10日〜11日の2日間にわたって、シンガポールのテックメディア e27 の開催するスタートアップ・カンファレンス ECHELON 2014 が開催されている。Launchpad のセッションでは、アジアや太平洋地域から集まったスタートアップ10チームが凌ぎを削った。 最優秀賞(Most promising startup): Taamkru(タイ) Taamkru はタイ語で「先生に尋ねる」の…

echelon-launchpad-all-winners-onstage

6月10日〜11日の2日間にわたって、シンガポールのテックメディア e27 の開催するスタートアップ・カンファレンス ECHELON 2014 が開催されている。Launchpad のセッションでは、アジアや太平洋地域から集まったスタートアップ10チームが凌ぎを削った。

最優秀賞(Most promising startup): Taamkru(タイ)

taamkru_onstage

Taamkru はタイ語で「先生に尋ねる」の意。タイのアプリストア子供向けアプリカテゴリ、教育アプリカテゴリで1位の座を獲得した iOS アプリ。最近、シンガポールのアプリストア子供向けアプリカテゴリでも1位の座を獲得した。

子供や教師向けのアプリだが、チームの中に、タイと中国に幼稚園を経営する人物や、幼稚園向けの経営本を書いている著者らがいて、子供を巻き込んで容易にユーザ・バリデーションが実施できるのが強みとのこと。

聴衆賞(People’s choice):Ambi Climate(香港)

ambi-climate

エアコンの温度調整は難しい。時代と共にエアコンの温度調節機能はかなり進化しているが、それでも結局、ユーザは冷えすぎてスイッチを切ったり、暑くなってスイッチを入れたりしつづけている。

Ambi Climate は WiFi 接続可能、赤外線によるリモコン機能を持ったデバイスで、部屋の温度や湿度、当地の気候、ユーザの好みを学習してエアコンを制御する。現在、7つのメーカーのエアコンに対応しており、対応メーカーは拡大していく予定。

Global Brain 賞:iChef(台湾)

ichef-onstage

iChef については、以前 ECHELON 2014 の東京サテライトのときに、彼らに独占インタビューを行っているので、記憶にある読者もいるだろう。混雑するレストランにおいては、動作の遅いPOSシステムがボトルネックになるため、彼らはレストラン業務に特化したクラウド型のPOSシステムを開発した。

現在、香港と台湾の200以上のレストランに導入されており、これまでに1,000万件以上の注文取引がこのプラットフォームを通じて処理された。日本への進出も計画している。数ヶ月前に比べ、サービスのインタフェースもさることながら、彼らのピッチのレベルが格段にグレードアップしていたのは賞賛に値する。

これら入賞したスタートアップ以外にも、素晴らしいチームがステージを飾った。時間の制約で登壇スタートアップ全チームのラウンドアップは後日紹介するが、それが待てない読者は、例によって、全てのピッチをビデオ収録しておいたのでチェックしてほしい。

----------[AD]----------