BRIDGE

タグ amobee

Singtelのデジタル広告関連子会社Amobee、米アドテク企業Turnを3.1億米ドルで買収

SHARE:

Singtel の子会社でデジタルマーケティングを扱う Amobee が、アメリカを拠点とするマーケティングアナリティクス企業の Turn を3億1,000万米ドルで買収すると発表した。 同社を買収することで Amobee はあらゆるフォーマットでのプログラマティック広告やメディア購買、またデータマネジメント機能を有することになる。 Amobee の CEO、Kim Perell 氏は公式のプレス…

Singtel-640x360

Singtel の子会社でデジタルマーケティングを扱う Amobee が、アメリカを拠点とするマーケティングアナリティクス企業の Turn を3億1,000万米ドルで買収すると発表した。

同社を買収することで Amobee はあらゆるフォーマットでのプログラマティック広告やメディア購買、またデータマネジメント機能を有することになる。

Amobee の CEO、Kim Perell 氏は公式のプレスリリースで次のように語った。

今回、買収を行ったことによって Amobee は世界でも有数の独立系バイサイドマーケティングテクノロジーブロバイダーとなります。また、当社のデータ分析や顧客理解能力が強化され、当社の将来的な成長に向けた強力な基盤となります。

Turn のデータマネジメントプラットフォームの高度なアナリティクスを利用することで、マーケターは様々な広告フォーマットやプラットフォームにおける顧客とのやり取りへの理解を深めることが可能になる。さらに、同プラットフォームはあらゆるメディアのデジタル広告をリアルタイムで購入できるプログラマティックバイイング機能も提供する。

Singtel が2012年に3億2,100万米ドルで買収した Amobee は、顧客行動に関するインサイトを提供し、マーケターがより良いターゲティング広告キャンペーンを打てるようにしている。同社の広告 API は Facebook や Instagram、Snap、Twitter、Pinterest といった人気ソーシャルメディアプラットフォームに統合されている。

Singtel のデジタル部門 Group Digital Life の CEO、Samba Natarajan 氏は次のように話している。

Turn の戦略的買収は、急速に台頭するデジタル広告市場における Amobee の技術的な優位性を強化し、また世界のデジタルマーケティングの主要プレイヤーへの成長を推し進めてくれます。さらに、Amobee が今後アメリカを超えてアジア太平洋へと拡大していくための基盤となります。アジア太平洋で Singtel グループが抱える顧客数は22か国で約6億4,000万人です。

今回の買収は、あとは規制機関の承認と完了条件満了を待つばかりで、2017年上半期には完結する見通しだ。

Amobee は過去数年にわたって次々と買収を行ってきた。2012年には3D 広告テック企業の Adjitsu(買収額非公開)を、翌年の2013年にはリアルタイム入札(RTB)プラットフォームの Gradient X(詳細な取引条件は非公開)、そして2014年には Adconion と Kontera というアドテク関連スタートアップ2社をそれぞれ2億3,500万米ドルと1億5,000万米ドルで買収している。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

モバイル広告のAmobee、天気予報のAccuWeatherと提携し新しい広告の展開へ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 モバイル広告プラットフォーム企業であるAmobeeによって、モバイル広告は新たなレベルへと突入した。Amobeeは、世界でも最先端のマルチメディアの天気予報情報を扱うAccuWetherと専属的パートナーシップを締結したと発表した。 SingTelのDigital Life Groupで新たなデジタルの成長エンジン制作に特化する部門であるAmobeeは、包括…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

モバイル広告プラットフォーム企業であるAmobeeによって、モバイル広告は新たなレベルへと突入した。Amobeeは、世界でも最先端のマルチメディアの天気予報情報を扱うAccuWetherと専属的パートナーシップを締結したと発表した。

SingTelのDigital Life Groupで新たなデジタルの成長エンジン制作に特化する部門であるAmobeeは、包括的かつエンドツーエンドなモバイル広告ソリューション及びサービスを世界中の広告主やメディア、オペレーターに提供する。一方のAccuWeatherは、100以上の天気やライフスタイル、位置情報といった選択肢を広告主が選べるようにすることで、モバイル広告やモバイルアプリ、モバイル向けサイトを高度に文脈化し携帯広告の革新的存在となっている。

3月のAmobeeの3億2100万米ドルでの買収で、SingTelは携帯マーケティングの分野、特にブランドと消費者間の1対1の領域における拡張に照準を合わせた。

各領域で大手2社による専属的パートナーシップは、よりアジアに注目する世界中の広告主に対して最適なモバイル広告を提供することで、世界規模で携帯広告に革命を起こすことがと期待されている。今回の合意により、AccuWeather AmobeeのPulse for Publishersのソリューションを活用して、iOS、Android等のモバイルOS向けのスマホアプリやタブレットアプリだけでなく、携帯向けウェブサイトの広告をも強化することができるようになる。

数字を見る限りでは、この天気予報企業のモバイルアプリユーザ規模は世界で5億台だ。世界中の携帯端末からの22億回にも上るデータリクエストに応えており、これは2011年の3倍にもなる。AccuWeather出身でデジタルメディア担当の副社長兼CBO(チーフ・ビジネス・オフィサー)のJim Candor氏は、今回の巨大な合併によって「大きなブランドや広告代理店は最も高品質な読者に世界規模で狙いを定めることができるようになる」と確信している。

【via SGEntrepreneurs】 @sgentrepreneurs

----------[AD]----------

SingTelに買収された「Amobee」が、3Dモバイル広告事業「Adjitsu」の買収を発表

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 カリフォルニアを本拠地とする広告会社Amobeeが、3億21,00万ドルでSingTelに買収されたのはほんの数ヶ月前のことである。そして今回、Amobee自身がDモバイル広告事業であるAdjitsuを買収することが発表された。Adjitsuは写真共有アプリLiveShareの生みの親であるCoolirisによって開発された。買収額などの詳細は公表されていな…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

カリフォルニアを本拠地とする広告会社Amobeeが、3億21,00万ドルでSingTelに買収されたのはほんの数ヶ月前のことである。そして今回、Amobee自身がDモバイル広告事業であるAdjitsuを買収することが発表された。Adjitsuは写真共有アプリLiveShareの生みの親であるCoolirisによって開発された。買収額などの詳細は公表されていない。

Coolirisは長い間キラキラと輝く3Dのフォトギャラリーディスプレイで知られていた。Adjitsuの3D広告グラフィックもまたとてもクールだ。下記のデモ動画を見ればわかるように、商品を3Dで表示することによってより多くのユーザの注目を浴びることができる。動画では、回転するスマートフォンNokia Lumia 800を様々なアングルから見ることができ、側面のコントロール部でカラー変換が行われている。

AmobeeのCEOであるTrevor Healy氏は、この買収と、なぜAdjitsuの3D広告ディスプレイが群を抜いているのかについて次のように語った。

「リアルな3D体験によるモバイル広告を創り出すことは、人々の広告の捉え方を根本的に変えることを意味します。受け身な経験とは異なり、広告を利用してインタラクティブに遊ぶことが、消費者とブランド企業間の関係の起点となります。[中略] AdJitsuの最先端3DテクノロジーによるAmobeeのモバイル広告キャンペーンは、モバイルユーザが手に入れたいと考えるミニアプリのようなものだと思います。」

個人的に、Coolirisがこのようなビジネスを展開していることを全く知らなかった。実際、小規模で他に類を見ないこのビジネスユニットは、Coolirisが2011年に開始したばかりなのだ。失敗に終わってしまった他の3D体験とは対照的に、この3Dテクノロジーの利用法は実践的な応用だと思う。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

StartupBase Profile

----------[AD]----------

SingTel がモバイル広告会社の「Amobee」を3億2100万米ドルで買収

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 昨年、我々はカリフォルニアに拠点を持つAmobeeという広告会社を紹介した。同社は昨年6月にシンガポールに新本社をオープンし、インドネシアのMCM社、ベトナムのAmbient Digital社などとパートナー提携し積極的にアジア進出している。そんなSingTelから先日ビッグニュースが舞い込んだ。SingTelがAmobieを約3億2,100万米ドルで買収す…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

昨年、我々はカリフォルニアに拠点を持つAmobeeという広告会社を紹介した。同社は昨年6月にシンガポールに新本社をオープンし、インドネシアのMCM社、ベトナムのAmbient Digital社などとパートナー提携し積極的にアジア進出している。そんなSingTelから先日ビッグニュースが舞い込んだ。SingTelがAmobieを約3億2,100万米ドルで買収することで合意し、契約にサインしたという。[1]

発表によると、Amobeeの経営チームは引き続き「会社の経営に積極的に参加する」とのことだ。これについて、AmobeeのCEOのTrevor Healeyは次のようにコメントしている:

「我々はSingTelとパートナーになり、モバイル広告界でリーダーシップをとることを嬉しく思う。SingTelとAmobeeはモバイルマーケティングにおける将来ビジョンを共有している。お互いの強みを活用することで、より早いペースでこの業界をグローバルに成長させることができるだろう。」

モバイル広告を強化しているSingTelにとって、Amobeeは確実に大きな助けとなるだろう。SingTelもまた消費者セグメントを反映させた新組織構成を発表した。3つの新ユニットは「グループ消費者」「グループデジタルライフ」「グループICT」となる。これは4月1日から発足する。

SingTelは25以上の国で4億3,400万人のモバイル顧客を持っている。

[1]. 取引はまだ一部の条件と要件について検討中のため完了していないが、SingTelの発表によれば、今年の6月前には完了する見込みとのことだ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------