BRIDGE

タグ Amplified

AIで特許検索を大幅短縮する「Amplified」、正式公開

SHARE:

AI特許調査プラットフォーム「Amplified」を提供するamplified ai(アンプリファイドエーアイ)は6月22日、国内におけるサービスの正式提供開始を伝えている。 Amplifiedは自社の発明を文章化し、記述することで類似の特許を調べることができるクラウドサービス。キーワードや分類コード、日付などの絞り込みや掛け合わせも可能で、対応するブラウザはGoogle Chrome、Micro…

D97CAD35-684D-4576-B7E8-9B1B8A76CD71
Image Credit:Amplified

AI特許調査プラットフォーム「Amplified」を提供するamplified ai(アンプリファイドエーアイ)は6月22日、国内におけるサービスの正式提供開始を伝えている。

Amplifiedは自社の発明を文章化し、記述することで類似の特許を調べることができるクラウドサービス。キーワードや分類コード、日付などの絞り込みや掛け合わせも可能で、対応するブラウザはGoogle Chrome、Microsoft Edge、Mozilla Firefox、Safariで利用可能。対応言語は日本語・英語で、調査一件あたり2万円の都度払いか、毎月三十件までを5万円で調査できる月額払いの2コースが選べる。

同社によると、特許はグローバルで毎年300万件が出願されており、特許文献の数が加速度的に増大する中、先行技術の検索には膨大な時間がかかるなどの課題を抱えるようになっていた。そこでAmplifiedでは機械学習によって1.2億件の特許文献を学習し、従来、4〜40時間を要した検索作業を1時間程度に短縮することに成功したとしている。2019年11月から有償版としてプライベート提供してきたサービスには、世界28カ国・600ユーザーが参加し、2200件の特許調査を実施している。

今後、同社は中国語を含むより多くの言語対応を進め、一般技術論文等の特許以外のデータ搭載も進めていく予定。

via PR TIMES

----------[AD]----------