THE BRIDGE

タグ Any.Do

タスクアプリの Any.do が人間の作業を手助けするパーソナルアシスタントサービスを公開

SHARE:

1500万人が利用しているタスクアプリ「Any.do」が AI によるアシスタントサービスを本日(編集部注:原文掲載日は11月17日)開始したと同社が VentureBeat に教えてくれた。このアシスタントサービスは、iOS ユーザーのみ限定でβ版の利用が可能だ。なお Android 版は近い将来にリリースされる予定ということだった。 アシスタントはアプリ内で動作し、タスクを自動化したりより簡素…

blueback-930x310

1500万人が利用しているタスクアプリ「Any.do」が AI によるアシスタントサービスを本日(編集部注:原文掲載日は11月17日)開始したと同社が VentureBeat に教えてくれた。このアシスタントサービスは、iOS ユーザーのみ限定でβ版の利用が可能だ。なお Android 版は近い将来にリリースされる予定ということだった。

アシスタントはアプリ内で動作し、タスクを自動化したりより簡素化してくれる。ギフトや食料品の購入、家の清掃や洗濯サービスの手配といった商取引をサポートしてくれる。取引には5〜15%の Any.do オプション料金が加算されることになる。

Any.do は取得した10億件以上の匿名タスクを分析した結果として、実際にタスクを完了させることのできる新しいタイプのアシスタントを構築しました。Siri や Google Assistant のような完全に自動化されたソリューションとは異なり、Any.do アシスタントは自動的にタスクリストをスキャンし、現実世界でできる仕事を選択して実行する方法を提供します。自分から行ってやるのではなく、やってきてくれるようになる、そういう完全なパラダイムシフトなのです」。

Any.do バージョン4.0には新カレンダーが追加され、ミーティングの調整とスケジューリング機能が加わることになる。

any-do-assistant-fast

Any.do の創設者兼 CEO の Omer Perchik氏は「私たちは何年もこのプロダクトに取り組んできました。Any.do のようなワールドクラスのセルフサービスツールを構築することはまだ方程式の半分にすぎません。 他の半分、つまり人々が重要なことのために時間を持つことができるようになる部分が必要でした」と声明の中で語っている。

アシスタントは完全にコンピュータドリブンなものではなく、むしろ AI と「スマートに管理された人間」によって強化されているものだという。Any.do は2011年に設立され、テルアビブとサンフランシスコにオフィスを構えている。

【原文】
【via VentureBeat】 @VentureBeat

----------[AD]----------

個人やチームで1,500万人が使うタスク管理アプリ「Any.do」がiPadで登場、CEOに聞く生産性向上の秘訣

SHARE:

タスク管理アプリ「Any.do」が、本日そのiPadアプリをリリースしました。Any.doは、2013年5月にサンフランシスコ在住で連続起業家の小林清剛さんが取材してくれたスタートアップ。イスラエルのテルアビブを拠点とする同社のファウンダーでCEOのOmer さんにお話を伺いました。 1,500万人が愛用、中国ではNo.1タスク管理アプリ 前回の取材時点のユーザー数は、iOSとAndroidを合わ…

Any.do-website

タスク管理アプリ「Any.do」が、本日そのiPadアプリをリリースしました。Any.doは、2013年5月にサンフランシスコ在住で連続起業家の小林清剛さんが取材してくれたスタートアップ。イスラエルのテルアビブを拠点とする同社のファウンダーでCEOのOmer さんにお話を伺いました。

1,500万人が愛用、中国ではNo.1タスク管理アプリ

タスク管理アプリ「Any.do」がiPadアプリをリリース
タスク管理アプリ「Any.do」がiPadアプリをリリース

前回の取材時点のユーザー数は、iOSとAndroidを合わせて500万人以上でした。2年強が過ぎた今、その数は3倍の1,500万人に。中でも、アメリカと中国にユーザーが多く、中国ではタスク管理アプリとして1位の座を獲得しているとか。中国のローカルな競合アプリの2倍、またAny.doにとってグローバルな競合であるWunderlistの8倍のユーザーを獲得しています。

2015年1月にはデスクトップ版が登場。また4月には、コラボレーション機能が豊富なAny.do 3.0でフリーミアムモデルに踏み切りました。それ以前に主なターゲットだった個人ユーザーに加えて、企業やチームなどのグループ間でもタスクやドキュメント共有ができるように。家族、ビジネス、学校に至るまで様々なグループで使われています。

深いモバイルへの理解とシンプルさ

タスク管理アプリは、前述のWunderlistを始めとして多数存在します。Any.doの差別化要因は、主に3つあるとOmerさんは話します。まずは、モバイルを誰より理解していること。これは、ユーザーの使い方や利用シーンなどはもちろんのこと、iOSやAndroidなど各プラットフォームならではのモバイル機能を最大限に取り込んでいることがあります。

2つ目に、UIやデザインでシンプルであることを徹底していること。タスク管理アプリの中で、最もシンプルなアプリであると自負しています。多機能ながら、アプリを操作していてそれを感じさせない。これは、機能を階層に分けて提供することで実現しています。超シンプルに使うこともできれば、より深い階層に入って行くことで高度な使い方もできるように設計されています。

Any.doをまずAndroid版からリリースしたことも功を奏しました。当時は、iOSがかなり先行しており、Androidにはシンプルでイケているアプリがまだ少なかった。Any.doは、タスク管理アプリとしてAndroid上で1,000万ダウンロードを初めて突破しました。成長率が高く、伸びしろが大きいAndroidを最初に選んだことがユーザー獲得に繫がったと考えています

日本はというと、ユーザー数で見てもトップ10に入る国だそう。日本人は生産性を高めることへの関心が非常に高いと、Omerさんは観察します。実際、年間27ドル(または月額3ドル)のAny.do有料版へのコンバージョン率が最も高いのは日本のユーザーです。

1日の始まりと終わりに「振り返る」時間を設けること

最後に、Any.doを開発するOmerさんならではの生産性工場のためのコツについて聞いてみました。

「最大のコツは、ちょっと立ち止まって、その日1日を振り返る時間を持つことです。できれば、1日の始めと終わりにそれを行う。自分が何を目指していて、そのために明日は何をするべきなのか。振り返る時間を設けることで、ブレなくなります。私たちは、どうしても目の前のことに追われてしまうので」

やることが次々に降って来る中で、とにかくまずTO DOをリストにして書き出すことで精神的なプレッシャーが軽減されると言います。Any.doなら、そのリストをPCやスマホからいつでも確認することができる。リストに書き出す際のポイントは、リストをなるべく短くキープすること。

「今日やりたいことを、5つくらいだけに留めておくんです。Any.doのユーザーを見ていても、多くの人がToday(今日やること)の下に全てのTO DOを入れてしまう。そうすると、まずその量に圧倒されるし、1日の終わりにあれもこれもできなかった…と達成感を感じることができません。優先順位をしっかりつければ、その日にどうしてもやるべきことは5つ以内に収まるはずです」

一つのタスクが終わったら、Any.doの機能でそれをクロスアウトする。これが達成感をもたらし、生産性を高めて前進する鍵になります。多機能なはずなのにそれを感じさせず、シンプルにも高度にも使えるAny.do。皆さんも一度試してみてはいかがでしょう。

----------[AD]----------

「日本が大好きなんです」500万人以上が使うTodoアプリ、次に狙うは日本市場ーーキヨのシリコンバレー探訪記・Any.Doインタビュー

キヨのシリコンバレー探訪記は連続起業家の小林清剛氏がシリコンバレーでみつけた「気になる」スタートアップをインタビューする不定期連載です。毎回おひとりずつ、小林氏がみつけたスタートアップのサービス紹介とファウンダーの素顔に迫ります。 2回目となる本稿では、イスラエル出身のTodoアプリ「Any.Do」の創業者兼CEO、Omer Perchik氏にキヨが話を聞いてきました。 2010年にスタートしたA…

G0020611

キヨのシリコンバレー探訪記は連続起業家の小林清剛氏がシリコンバレーでみつけた「気になる」スタートアップをインタビューする不定期連載です。毎回おひとりずつ、小林氏がみつけたスタートアップのサービス紹介とファウンダーの素顔に迫ります。

2回目となる本稿では、イスラエル出身のTodoアプリ「Any.Do」の創業者兼CEO、Omer Perchik氏にキヨが話を聞いてきました。

2010年にスタートしたAny.Doは、イスラエルとサンフランシスコ両方にオフィスがあり、これまでに2回の資金調達でGenesis Partners、Innovation Endeavors、Blumberg Capital、その他などから合わせて450万ドル(100円換算で4億5000万円)を調達。

2013年5月時点のユーザー数はiOSとAndroid合わせて500万人以上で、ローンチ直後の30日間で50万ユーザーを集めたという注目のモバイルアプリです。

G0020613

小林:はじめまして。まず、Any.Doのサービスについて教えて頂けますか?

Omer:Any.Doはユーザーの生産性をあげることを目的としたシンプルなタスク管理アプリから始まりました。ユーザーが全ての物事をタスク化していくことで、物事を系統立てて整理し創造的におこなえるように設計されています。これがフラッグシップアプリの「Any.Do」です。

小林:なるほど、公開直後にすごいスピードでユーザーを獲得したそうですね。

Omer:最近になって新しいカレンダー製品である「Cal」をiOSとAndroidでリリースしまして、ものすごい速さで普及してきています。この製品では、ユーザーが毎日の生活できちんとした予定表を作れるようにすることに焦点を置いたんです。

To-doリスト作成の製品と結びつきをも意識していて、ユーザーが活動できる時間と、本当にしなければならないことに割ける時間を理解できるように作られています。

G0020627

さらに2月にはミーティングのアポと進行をより簡単に、かつシンプルに管理することができるHeadsUpという機能を追加しました。

小林:なんだか機能いっぱいですごいですね(笑。

Omer:すごいでしょう(笑。ミーティング時はホワイトボードを写真で撮影、そして動画や音声を記録してそれらをスピーディーにEメールで送ることができ、ToDoもすぐにAny.Doに追加できて便利なんですよ。

小林:使ってみます。ところで今日の本題というか、私が一番興味を持っていることなのですが、イスラエル出身のスタートアップであるAny.doが、San Franciscoから世界で使われるアプリを、どのように創り出したのでしょうか?一番のポイントは?

G0020624

Omer:やはりチームではないでしょうか。

もし、強いチームを作りたいなら、エンジニアやデザイナーそしてチーム全ての人がミッションを共有しうまく協働する必要があります。チーム全員が同じミッションを共有して楽しんで仕事に取り組めるような文化を作れば、問題にも一致団結して取り組める接着剤のようなチームになるでしょう。

小林:ほうほう。チームワークを上手く機能させる秘訣って何でしょうね。

Omer:その人が持つ最高の才能を引き出して製品を作り上げるために会社に参画させることができれば、その人はチーム内に自分の領域があると感じるので、積極的に働くことができるようになります。

チームの一人一人が自分のやることに関しては世界レベルだという文化を作り上げることができれば、彼らは世界を実際に変えようとしていると感じるでしょう。だから、文化というものは、適所適材の人材が協力して同じ問題に取り組むチームとして働く上で、一人ひとりに責任があると感じてもらうために重要なんだと私は思っています。

G0020629

小林:イスラエルからシリコンバレーにやってきました。さて、私たちの故郷でもある日本はどのようにみられてますか?

Omer:日本は色々側面で世界中でも最も進んでいて、しかし攻め入るには最も難しい文化を持つ国の1つだと思っています。

小林:やはりそうなんですね。ジャパンエントリーはよく難しいという話を聞きます。

Omer:そこに私が魅力を感じているのです。日本は本当に興味深い国です。日本の人は西洋とはまるで考え方が違います、入り込むためには私たちが日本人の心の在り方や、生産性への考え方をもっと明確に十分に理解しないといけないでしょう。

G0020620

小林:もし、ジャパンエントリーのチャンスがあれば進出したいですか?

Omer:今すぐにでも訪問したいと思っていますよ(笑。私は日本語にも、日本にも、日本人にも、とても魅力を感じています。あなたたち日本人の考え方が我々と全然違うということがとても気に入っています。日本に行きたい大きな理由の1つには、あなたたちの文化や考え方に刺激を受けられると思っているからです。

小林:このインタビューを読んでいる日本の読者にはAny.Doのジャパンエントリーに興味を持っている人もいるかもしれません。いい機会になればいいですね。

Omer:私は日本に行って日本人と会って色々なことを学ぶのを楽しみにしています。本当に日本が好きで、ナンバー1の場所だと思っています。ぜひ私の妻にも聞いてください(笑。

小林:今日はお時間ありがとうございました。

インタビュワー紹介

10000083_802222279791133_703358457_n

小林 清剛

1981年生まれ。2004年、大学在学中に会社を設立。食料品の輸入事業で大手通販会社・メディア等の販路開拓に成功。2005年、株式会社イン・ザ・カップを設立して代表取締役就任。珈琲豆や器具を販売するコーヒー通販サイトを運営。2009年、株式会社ノボットを設立して代表取締役社長就任。2011年8月ノボットをKDDI子会社の株式会社medibaに売却。2013年12月よりChanoma Inc.を設立し、米国でスタートアップ中。数社のVCやスタートアップのアドバイザーをしている。

----------[AD]----------