BRIDGE

タグ Any+Times

日本のシェアリングエコノミーの動向を、エニタイムズ角田千佳氏に聞く【ゲスト寄稿】

本稿は、Disrupting Japan に投稿された内容を、Disrupting Japan と著者である Tim Romero 氏の許可を得て転載するものです。 Tim Romero 氏は、東京を拠点とする起業家・ポッドキャスター・執筆者です。これまでに4つの企業を設立し、20年以上前に来日以降、他の企業の日本市場参入をリードしました。 彼はポッドキャスト「Disrupting Japan」を…

本稿は、Disrupting Japan に投稿された内容を、Disrupting Japan と著者である Tim Romero 氏の許可を得て転載するものです。

Tim Romero 氏は、東京を拠点とする起業家・ポッドキャスター・執筆者です。これまでに4つの企業を設立し、20年以上前に来日以降、他の企業の日本市場参入をリードしました。

彼はポッドキャスト「Disrupting Japan」を主宰し、日本のスタートアップ・コミュニティに投資家・起業家・メンターとして深く関与しています。


これまでに、プロダクトやサービスをシェアリングエコノミープラットフォームで購入したことのある日本の消費者は1%未満だ。

これは、きわめて不可解なことだ。社会や経済のファクターはすべて、日本の都市がシェアリングエコノミービジネスに理想的であることを示しているのに、多くの理由からメインストリームとなっているシェアリングエコノミーのスタートアップは、ほとんど例が無い。

今日はエニタイムズの創業者で、シェアリングエコノミー協会の理事も務める角田千佳氏とともに、この謎を解き明かしたい。

今回も興味深い話なので、お楽しみいただけると思う。

エニタイムズ創業者 兼 代表取締役 角田千佳氏
Image credit: Anytimes

Tim:

エニタイムズとは、どのような事業ですか?

角田氏:

エニタイムズは、助けを必要とする人と、家事、ペットの世話、家具の組み立て、外国語レッスンなどで、近所で仕事したい人とをつなぐスキルシェアリングプラットフォームです。

Tim:

サービスの分野は多岐にわたりますね。何が最も人気がありますか?

角田氏:

最も人気のあるカテゴリはハウスクリーニングで、それに次いで料理です。料金は1時間2,000円ほどで、そのうち15%を手数料としていただきます。しかし、提供されるサービスは実に多岐にわたります。お客様には、消費者であるとともに、サービスの提供者にもなってもらおうとしているからです。

Tim:

たいていのマーケットプレイスでは、売り手よりも買い手の方が多いですね。全員を売り手にするのは、難しかったのではないですか?

角田氏:

それは難しいことかもしれませんが、我々が追いかけている最重要指標の一つです。人々はしばしば、サービスを購入するためにサインアップするでしょう。例えば、ペットの面倒を誰かに見てもらい時など。それもいいのですが、時をおいて、我々はお客様と話をし、プラットフォーム上でサービスを提供するようにお願いします。すると、多くの人はサービスを提供してくれ、それがコミュニティの形成につながっています。

Tim:

角田さんは、プログラマでもデザイナーでもありませんが、どうやってエニタイムズを立ち上げたのですか?

角田氏:

最初の年は、完全にクラウドファンディングに頼りました。会社を作るのは大変なのでお勧めはしません。私にとってもデベロッパにとっても大変でしたが、当時は他に方法がありませんでした。一年後、プログラマとデザイナーを雇うことができ、物事がかなりスムーズに動き始めました。

エニタイムズの仕組み
Image credit: Anytimes

Tim:

マーケットプレイスの構築には、基本的に2つの戦略がありますね。ペットの世話のような対象を絞ったやり方と、エニタイムズのような対象を広げたやり方です。大半のマーケットプレイスは、絞り込んだやり方をとろうとしていますが、どうしてそうではない判断をされたのですか?

角田氏:

コミュニティプラットフォームであることに特化しているからです。我々は単に、ハウスクリーイングサービスやペットの世話のためのプラットフォームになりたいわけではありません。我々の目標はコミュニティにつながることなので、多くの種類のサービスを提供する必要があるのです。

Tim:

たいていのクラウドソーシングプラットフォームは、一部の地域に限られたものになりがちです。国際的に成功しているところも少ない。それは、言語の問題から来るのでしょうか?

角田氏:

言語も一因ですが、日本の労働市場は独特で、日本のあらゆる会社がそれを説明する必要があります。

Tim:

どのあたりが独特なのでしょう?

角田氏:

日本人は今でも、一生を通じて一つの会社で働く理想を持っています。この十年間でフリーランスは人気を得ましたが、それはまだ小さな市場であり、東京などの大都市に限られています。

Tim:

なぜでしょうか? クラウドソーシングプラットフォームで、フリーランスになって、どこでも働けることがアピールされていたと思うのですが。

角田氏:

それは理想ですね。給料の高い都市部の企業からお金を得て、生活費の安い田舎に住むこともできますが、実際には難しい。まず、プログラミングやデザインの仕事でさえ、フェイス・トゥ・フェイスの方が効率が良い。また、クラウドソーシングだけに頼っているフリーランサーはあまりいません。フリーランサーは、直接仕事を得られる機会の多い大都市にいたがるケースが多いです。特に、フリーランスのプログラマやデザイナーは若い人が多く、都市部に住むことを好む傾向にあります。そこには文化的なギャップがあるわけです。

Tim:

企業同士の間でのギャップですか?

角田氏:

人々の間でのギャップです。都市部に住む人は新しいことに手をつけるのが早く、クラウドソーシングプラットフォームに参加するのも早い。田舎の人や会社は保守的で、参加するのは遅くなりがち。クラウドソーシングが大都市で利用が多いのは当然のことで、今後時間をかけて、他の地域でも受け入れられるようになっていくのでしょう。

Tim:

日本でシェアリングエコノミーが立ち上がるのに時間がかかっているのはなぜでしょう? 文化的な理由からでしょうか?

角田氏:

いい質問ですね。アメリカでは30%の人がシェアリングエコノミーのサービスを使ったことがあると報告していますが、日本ではわずか1%です。そこには文化的な理由があるとは思いません。日本で浸透するには、まだ少し時間がかかるのです。

Tim:

政府による規制は、シェアリングエコノミーに遅れをもたらしていますか?

角田氏:

間接的には、そうかもしれません。民泊法などの多くの規制がある上、レンタル、観光、高齢者介護、チャイルドケアなどの関連サービスを提供する場合、事前に特別な免許が必要になります。個人がサービスを提供できるようになるためには、このような免許を取りやすくすべきです。政府は目下、多くの規制や法律を見直しているので、(改善までには)もう少し時間がかかるだけだと思います。

<関連記事>


多くの点で、日本の都市はシェアリングエコノミーのスタートアップにとって完璧だと言える。人口密度が高く、住まいは狭いので必要なモノを借りることができるなら買いたくはないし、高いレベルで相互の信頼もある。日本に存在する他人や他人の所有物に対する敬意は、世界のどこにも引けを取らない。

しかし、これまでのところ、シェアリングエコノミーは本格的には根付いていない。非常に多くのことが有利に働く中で、シェアリングエコノミーのサービスを使ったことがある人がわずか1%で、多くの人がそのコンセプトに不案内であることに驚かされた。

シェアリングエコノミーにサポーティブな環境と、新しいサービスを提供する多くのイノベーティブな起業家の尽力を考えれば、すべては単に時間の問題だとする角田氏の考えに賛成せざるを得ないだろう。

----------[AD]----------

家事シェアの「エニタイムズ」と一週間分の献立自動作成サービス「me:new(ミーニュー)」が連携

SHARE:

先日、総額2.3億円の資金調達を公表したエニタイムズ。これまで、「シュフティ」や「PROsheet」といったクラウドソーシングとの連携、またスマホを時間限定の鍵に変える「Akerun」との連携など、サービス利用者に対してさまざまな利便性を提供してきました。 今回、新たにタッグを組むのは、岡山県を拠点に運営される献立サイト「me:new(ミーニュー)」です。ミーニューは、栄養に配慮した一週間分の献立…

anytimes-menew

先日、総額2.3億円の資金調達を公表したエニタイムズ。これまで、「シュフティ」や「PROsheet」といったクラウドソーシングとの連携、またスマホを時間限定の鍵に変える「Akerun」との連携など、サービス利用者に対してさまざまな利便性を提供してきました。

今回、新たにタッグを組むのは、岡山県を拠点に運営される献立サイト「me:new(ミーニュー)」です。ミーニューは、栄養に配慮した一週間分の献立を自動作成してくれるサービス。料理をする行為以上に主婦の頭を悩ませ、1日20分を費やすと言われる「献立作り」をサポートするために誕生しました。ミーニューは、作成された献立をもとに、家族の人数に合わせた買い物リストも自動作成してくれます。

エニタイムズとミーニューが連携することで、料理が得意なエニタイムズのサポーター(仕事人)にミーニューで見た献立を依頼することができるとのこと。料理代行に必要な材料は、エニタイムズのサイト上でも確認することができるため、食べたい献立に合わせて材料をあらかじめ買いそろえておくことができます。

独身の人、共働き家庭などで、ミーニューで作成された一週間分の献立をもとに、来週一週間分の料理をエニタイムズサポーターに作り置きしておいてもらう。ランダムに作ってもらうよりも、栄養面やバランスのとれた料理を楽しむことができそうです。

今後も、今回のようなスタートアップ同士のシナジーの高い連携の登場に期待したいと思います。エニタイムズとミーニューのコラボは特設ページをご覧ください。

----------[AD]----------

ご近所同士が暮らしを支え合う家事シェアの「エニタイムズ」が、グリーなどから総額2.3億円を資金調達

SHARE:

「ご近所さん」の間で家事代行などのマッチングを行う「ANYTIMES(エニタイムズ)」が、総額2.3億円の第三者割当増資を実施したことを発表しました。 引受先は、グリー、ディー・エヌ・エー、元ピムコジャパンリミテッド社長の高野真氏、そのほか個人投資家です。さらなる経営基盤やシステム開発の強化、またより積極的なマーケティングや人材採用に取り組むとのこと。また今回の資金調達に併せて、社外取締役に高野真…

ANYTIMES

「ご近所さん」の間で家事代行などのマッチングを行う「ANYTIMES(エニタイムズ)」が、総額2.3億円の第三者割当増資を実施したことを発表しました。

引受先は、グリー、ディー・エヌ・エー、元ピムコジャパンリミテッド社長の高野真氏、そのほか個人投資家です。さらなる経営基盤やシステム開発の強化、またより積極的なマーケティングや人材採用に取り組むとのこと。また今回の資金調達に併せて、社外取締役に高野真氏、和田圭祐氏、メディア顧問に佐々木俊尚氏が就任しています。

掃除や料理などを含む日常的な家事、旅行のあいだのペットの世話、家具の組み立て、さらには語学レッスンまで、エニタイムズではさまざまな特技をスキルとして登録できる仕組み。誰かに手伝ってほしいことに対して、それを得意とするご近所さんにサポートを得ることができます。今年3月末にリリースしたiOSとAndroidアプリも、13万以上と順調にダウンロード数を伸ばしています。

専門スタッフが家事代行などに訪れる従来のサービスと異なり、サポーターズがご近所さんであることが安心感を生むエニタイムズですが、とはいえ、ユーザーの初回利用時の精神的ハードルは決して低いものではありません。そんなユーザーの気持ちを考慮し、昨年5月に導入したのが「認定サポーター制度」です。

認定サポーター制度は、エニタイムズ事務局が一度面談を実施した上で、認定するに値すると判断されたサポーターのみが登録される一種のサポーターズの評価制度。運営側が公式に認定することで信頼感が高まり、依頼者によるサポーター選別基準の一つになっています。この信頼性は仕事の受注率にも表れているため、今後はまだ認定を受けていないサポーターズに向けた認定制度促進に取り組んでいく予定です。

最近では、テクノロジーの進化や普及に恩恵を受ける一方で、「人」というリソースに原点回帰する傾向があります。ただ人と人とをマッチングするだけでなく、そこに「ご近所」という昔ながらの繋がりを持ち込みことで、エニタイムズが今の時代ならではの価値提供をしてくれることに期待したいと思います。

----------[AD]----------

ご近所サポートの「Any+Times」と「PROsheet」が提携、フリーランスとその家族の生活を支援

SHARE:

フリーランスのITエンジニア向けに週2日からの仕事を紹介するサービス「PROsheet(プロシート)」は、2015年4月1日より生活密着型クラウドソーシングサービス「AnyTimes(エニタイムズ)」を運営するエニタイムズと提携すると発表した。 「PROsheet」はこれまでにもフリーランスのITエンジニアの福利厚生として、クラウド会計ソフト「freee」、クラウド型バックオフィス「Bizer」、…

anytimes

フリーランスのITエンジニア向けに週2日からの仕事を紹介するサービス「PROsheet(プロシート)」は、2015年4月1日より生活密着型クラウドソーシングサービス「AnyTimes(エニタイムズ)」を運営するエニタイムズと提携すると発表した。

「PROsheet」はこれまでにもフリーランスのITエンジニアの福利厚生として、クラウド会計ソフト「freee」、クラウド型バックオフィス「Bizer」、コミュニケーションツール「チャットワーク」、ネットでの部屋探しサイト「ヘヤジンプライム」など、様々なサービスと提携してきた。

「AnyTimes」は、掃除・料理・洗濯などの日常の家事や、ベッドやソファの組立てなどの格安で依頼できるサービス。「AnyTimes」は、最近スマホアプリをリリースしたことに加え、福利厚生サービスの提供を開始しており、DeNAが導入している

今回の提携では、4月から6月の新規稼働会員に5千円の「AnyTimes」利用クーポン、会員(新規・既存会員)に2千円の利用クーポンが進呈される。「PROsheet」の会員は20代後半の独身から30代の小さい子どものいる人が多く、生活を少しでも支援できればという両社の思いから今回の提携に至ったという。

----------[AD]----------

「家事シェア」の普及に努める「Any+Times(エニタイムズ)」がスマホアプリをリリース

SHARE:

生活密着型 ご近所サポーターズネットワーク「Any+Times(エニタイムズ)」が、AndroidとiOSアプリの提供を開始しました。これまでウェブサイトとして提供されてきましたが、今後は依頼からメッセージの交換、報酬の支払いまでをアプリで完結することができます。 究極のゴールはサービスそのものが不要になること 地域の活性化や新しい雇用機会の創出を目指して展開するエニタイムズ。現在、依頼される仕事…

AnyTimesedited
広報の松沢実穂さん(左)と代表の角田千佳さん(右)

生活密着型 ご近所サポーターズネットワーク「Any+Times(エニタイムズ)」が、AndroidiOSアプリの提供を開始しました。これまでウェブサイトとして提供されてきましたが、今後は依頼からメッセージの交換、報酬の支払いまでをアプリで完結することができます。

究極のゴールはサービスそのものが不要になること

Any+Times TOWN
Any+Times TOWN

地域の活性化や新しい雇用機会の創出を目指して展開するエニタイムズ。現在、依頼される仕事の7割を掃除などの家事代行が占めており、主なユーザーは30代の男女。これまでウェブを中心に広まっているからか、どちらかというと男性の方が多いのだと言います。

「自分が子どもだった頃を思い返してみると、近所の回覧板が回っていたり、ちょっとご近所さんに物を借りるようなことが珍しくありませんでした。でも、今はご近所繋がりがどんどん希薄しています。それをインターネットを使って取り戻したいんです。ですから、サービスとしての究極的なゴールは、サービスそのものが必要なくなるくらいの繋がりができることです」

と、代表の角田千佳さんが話す地域に根付いたサービスを心掛ける同社では、既に地方自治帯などと組んだ取り組みを試験的に展開しています。2014年10月に開始したのが、行政向けの地域活性化サービス「エニタイムズTOWN」。慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科のプロジェクトチームや、多摩で子育てと仕事の両立を応援する企業「たまらば」と協同で、多摩エリアの地域人材活性化を目指しています。また、オンラインだけでなく、「タマラボ」というコミュニケーションカフェを通じて、地域への認知や利用拡大に繋げています。

家事代行ではなく「家事シェア」

こうした個別地域における取り組みを横展開することで、「スキルシェア」や「家事シェア」のシェアエコノミーの輪を広げていく。これからのキーワードは、家事代行ではなく家事シェアだと角田さんは話します。

「家事代行という言葉そのものをなくしたいんです。代行という言葉には、自分でできるのに頼む、やるべきことをやっていないといったどうしてもネガティブな印象がつきまといます。家庭教師を頼むことが教育熱心であると思われるのと同じように、家事に関しても少しずつ印象を変えて行きたいです」

今後は、企業の福利厚生としての導入や地域との連携に注力し、また春を目処にいくつかの機能追加も予定しています。例えば、より幅広いスキルを活かすためのチケット制度では、英語を教える、ヨガを教えるといった様々なスキルを登録できるようにします。また、「サポーターズレベル制度」の導入も検討しています。

現在、エニタイムズのシステム手数料は一律15%ですが、評価、メッセージへの返信率といった様々な要素からサポーターのレベルを算出。レベルに応じて、手数料を5%から30%までの5段階にすることで、サポーターのモチベーション向上に貢献し、より良いサービスの提供にも繋げていきます。

「エニタイムズでサポーターをしている高校生のお母さんが話してくださったことがすごく印象的でした。家でどんなに家事をしても、誰もほめてくれない。でも、家でやっているのと同じことをエニタイムズで仕事としてやると、報酬がもらえるだけじゃなく、ありがとうと感謝してもらえる。それがすごく嬉しいって。もっと、そんなことを実現するサービスにしていきたいです」

アプリリリースを記念して1,000円のクーポンを贈呈

AnyTimes-iOS-1  AnyTimes-iOS-2
スマホアプリのリリースを記念して、エニタイムズでは4月30日までクーポンプレゼントキャンペーンを実施しています。対象期間にアプリをダウンロードして、新規無料登録またはログインしたユーザー全員を対象に、エニタイムズで使える1,000円のクーポンが配布されます。

最近では、従来のサービスより手頃な家事代行サービスがいくつも登場していますが、どれも使って便利だし、助かるのは同じ。でも、見知らぬ他人を家に招き入れるというハードルにおいては、エニタイムズの地域を巻き込んだ「ご近所」という軸はすごく有効な気がします。エニタイムズのネットワークの輪が、一昔前は当たり前だった「お隣さん」の感覚をどこまで取り戻せるのか。見守りたいと思います。

----------[AD]----------

ご近所サポートの「Any+Times」が企業に対して福利厚生サービスの提供を開始、DeNAが導入

SHARE:

生活密着型クラウドソーシングサービス「Any+Times(エニタイムズ)」が、企業がその福利厚生の一環としてエニタイムズを導入できる「エニタイムズ for Office」を開始しました。 「エニタイムズ for Office」は、企業の従業員またその家族を対象とした家庭生活の支援サービス。最近忙しくて掃除をする時間がない。急な会議が入って子どものお迎えに間に合わない。そんな日常的な「お困りごと」を…

AnyTimes

生活密着型クラウドソーシングサービス「Any+Times(エニタイムズ)」が、企業がその福利厚生の一環としてエニタイムズを導入できる「エニタイムズ for Office」を開始しました。

「エニタイムズ for Office」は、企業の従業員またその家族を対象とした家庭生活の支援サービス。最近忙しくて掃除をする時間がない。急な会議が入って子どものお迎えに間に合わない。そんな日常的な「お困りごと」を依頼することで解決することができます。

家事代行サービスとしてのエニタイムズの特徴は、地域間の助け合いのニュアンスが強いこと。住んでいる地域のご近所サポーターズがサービスを提供してくれるのです。

既にディー・エヌ・エーの導入が決まっているというエニタイムズ for Office。“家庭における仕事”を少しでも支援し充実させることで、仕事に集中することはもちろん、プライベートの時間も充実したワークライフバランスの実現を後押しします。

エニタイムズ for Officeの開始にあたって、実施するのが導入トライアルキャンペーン。導入企業の入会費と月会費は無料、また全サービスを10%オフで利用できます。初回利用は常に50%OFFで利用可能。キャンペーン期間は9月1日から2015年2月28日まで。

オフィス内で家事代行サービスの活用事例が増えれば、それはより多くの人にとって現実的な選択肢になるはず。今後の普及が楽しみです。

----------[AD]----------

「シュフティ」の在宅ワーカーに500円分の「Any+Times」クーポンを提供するコラボキャンペーンが開始

SHARE:

最近増えている大手や老舗×スタートアップによるコラボレーション。本日発表されたのが、生活密着型クラウドソーシングサービス「Any+Times(エニイタイムズ)」と主婦向けクラウドソーシング「シュフティ」のコラボ企画です。エニタイムズがそのサービスを通して目指すのは、住民間の交流や地域の活性化。一方のシュフティは在宅ワークを通じた主婦の仕事と家庭の両立支援を目指しています。ターゲット層など共通点も多…

Any-Times

最近増えている大手や老舗×スタートアップによるコラボレーション。本日発表されたのが、生活密着型クラウドソーシングサービス「Any+Times(エニイタイムズ)」と主婦向けクラウドソーシング「シュフティのコラボ企画です。

エニタイムズがそのサービスを通して目指すのは、住民間の交流や地域の活性化。一方のシュフティは在宅ワークを通じた主婦の仕事と家庭の両立支援を目指しています。ターゲット層など共通点も多い2社がタッグを組み、シュフティが福利厚生の一貫としてエニタイムズを採用するもの

近所に頼れる家族などがおらず、周囲から子育てに対する十分なサポートが受けられないために仕事との両立をあきらめてしまう主婦に対して、「シュフティ」の在宅ワーカーの福利厚生としてエニタイムズの家事代行などの500円クーポンが発行されます。キャンペーン期間は、8月1日から8月30日まで。

2007年に始まり、これまでに5万6,000人を超えるユーザーが登録するシュフティ。まずはできることから再就職を目指したり、育児中でも社会とのつながりを求める女性が増える中、その実現の際にハードルとなる部分をアウトソースするという選択肢を後押ししてくれそうです。

 

----------[AD]----------

生活密着型クラウドソーシング「Any+Times」が、スマホを時間限定の鍵に変える「Akerun」と連携

SHARE:

植木の水やりからIKEAの家具組み立てまで、幅広い家事代行サービスを提供する生活密着型クラウドソーシングサービス「Any+Times (エニタイムズ)」。同社は、スマートロックシステム「Akerun(アケルン)」によるスマートフォンによる鍵開閉/入室管理システムの導入を発表しました。 スマートフォンが鍵代わりになるAkerunを活用することで、鍵の受け渡しが不要になる画期的な取り組み。実際のサービ…

Any+times-Akerun

植木の水やりからIKEAの家具組み立てまで、幅広い家事代行サービスを提供する生活密着型クラウドソーシングサービス「Any+Times (エニタイムズ)」。同社は、スマートロックシステム「Akerun(アケルン)」によるスマートフォンによる鍵開閉/入室管理システムの導入を発表しました。

スマートフォンが鍵代わりになるAkerunを活用することで、鍵の受け渡しが不要になる画期的な取り組み。実際のサービス提供は、2014年9月にリリース予定のiPhoneアプリ「Any+Times β版」で利用可能となります。

スマートロックシステムの仕組みは簡単。スマートフォンが入室管理・時間を限定した鍵になるため、家事代行のサポーターズ(家事サービス提供者)は時間限定で作業を行うことができ、依頼主はWebサイトやスマートフォンアプリから入室状況をリアルタイムで確認することができます。

「将来 約6,000億円市場に成長する」とも推計される(野村総合研究所 発表)日本の家事代行市場。最近、「タスカジ」や「Casy」など新種の家事代行サービスが登場していますが、その多くは依頼主の在宅中に家事代行をしてもらうもの。

Any+Timesに関しては既に依頼主不在時においてもサポーターズによるサービス提供を実施しているとのこと。また、Airbnbなどを活用したゲストハウスなどの利用者増加に伴って、不在時に依頼したいという需要が増えています。今回の入室管理システムの導入で、家事代行サービスの普及に伴うセキュリティや鍵共有の効率化のニーズに応える形です。

スマートフォンを用いた時間限定の入室管理・鍵の後付型スマートロックシステムは世界初で、現在特許申請中の新技術を採用しているそう。家事代行というリアルビジネスと最先端技術が実現する利便性や安全性。今回の連携が、家事代行市場の拡大にどこまでつながるのか見届けたいと思います。

----------[AD]----------