BRIDGE

タグ App Ape

ナイルとフラーが提携、アプリ発見サービス「Appliv」とアプリ分析プラットフォーム「App Ape」でデータ連携を開始

SHARE:

4月13日14時更新:フラーの累積合計調達金額を11.7億円を7.5億円に修正 (2016年7月調達の4.2億円は合計7.5億円に包含されていたため) アプリ発見サービス「Appliv(アプリヴ)」を提供するナイルと、アプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」を提供するフラー(旧社名 Fuller)は10日、両社のサービスをデータ連携することを明らかにした。具体的には、App …

4月13日14時更新:フラーの累積合計調達金額を11.7億円を7.5億円に修正
(2016年7月調達の4.2億円は合計7.5億円に包含されていたため)

アプリ発見サービス「Appliv(アプリヴ)」を提供するナイルと、アプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」を提供するフラー(旧社名 Fuller)は10日、両社のサービスをデータ連携することを明らかにした。具体的には、App Ape の持つユーザデータを Appliv のデータに連携することで、Appliv 内アプリランキングに利用者数順ランキング機能などが追加される。

Appliv は2012年8月、ナイル(当時の社名はヴォラーレ)がローンチしたアプリ発見サービスだ。社内ライターによるアプリレビュー記事が7万件以上投稿されており、スマートフォンユーザが新しいアプリに出会うことを促している。現在の月間アクティブユーザ数は600万人。日本のほか、アメリカ、カナダ、オーストラリア、フィリピン、ケニア、アイルランド、インド、シンガポールの各市場のアプリマーケットに対応している。

一方、フラーが運営するモバイルアプリの市場・競合調査プラットフォーム「App Ape」は2013年にサービスを開始し、アプリマーケットのマクロデータやユーザの利用動向データを提供。これまでに3,000社以上に導入されており、昨年には韓国のモバイル専門マーケティング会社 Mobidays(모비데이즈)との提携により、韓国市場に進出した。

ナイルは2013年、日本ベンチャーキャピタルと、クックパッドの元 CFO でエンジェル投資家の成松淳氏から1億7,500万円を調達。2014年には、ユナイテッドと資本業務提携を締結している(調達額非開示)。フラーはこれまでに、複数の投資家から公開されているものだけで総額7.5億円を調達している。

App Ape
Appliv
----------[AD]----------

アプリ視聴率調査サービス「App Ape」のFULLERが、韓国Mobidaysと提携——韓国・東南アジアに進出へ

SHARE:

韓国の Mobidays(모비데이즈)と日本の FULLER が提携し、韓国国内のモバイル広告市場を攻略する。 韓国のモバイル専門マーケティング会社 Mobidays と、日本のモバイルサービスプロバイダ FULLER は、モバイルアプリ解析サービス「App Ape」の韓国における供給に関して、戦略的パートナーシップを締結したと9日、明らかにした。 App Ape は FULLER が開発・運営す…

fuller-620x390

韓国の Mobidays(모비데이즈)と日本の FULLER が提携し、韓国国内のモバイル広告市場を攻略する。

韓国のモバイル専門マーケティング会社 Mobidays と、日本のモバイルサービスプロバイダ FULLER は、モバイルアプリ解析サービス「App Ape」の韓国における供給に関して、戦略的パートナーシップを締結したと9日、明らかにした。

App Ape は FULLER が開発・運営するモバイルアプリ解析ソリューションで、10万人のスマートフォン利用動向に基づいてアプリ市場データを提供する。 App Ape は、日本で技術力と専門性を認められ、LINE、ソフトバンク、NTTドコモ、バンダイ、ミクシィ、無印良品など、さまざまな顧客を獲得している。

今回の提携により、Mobidays は App Ape を韓国国内で供給する。クライアントは、App Ape を通じ、サービスの運営およびマーケティング活動に必要な自社と競合他社の月・日・時間毎のアクティブユーザ数、年齢別利用率、同じ端末に所持しているアプリなど、さまざまな情報を確認することができる。

Mobidays の代表を務めるユ・ボムリョン(유범령)氏は、次のようにコメントしている。

日本で技術力を認められた App Ape の分析サービスを通じて、より効果的かつ効率的なマーケティングキャンペーンを提供していきたい。

FULLER は Mobidays との戦略的パートナーシップを通じ、アジア市場への進出のためのステップを準備し、東南アジア市場進出の準備とさまざまな事業を行う予定である。

FULLER 韓国支社長のキム・ヨンビン(김영빈)氏は、次のようにコメントしている。

モバイル市場でアプリのデータとトレンドの把握は重要だ。正確なモバイルアプリデータを提供するビジネスパートナーとして、データを元にしたアプリ市場の先行獲得と、日本に進出しようとする企業の成功を積極的に支援したい。

<関連記事>

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

スマホアプリ視聴率調査サービス「App Ape」を開発するFULLERの顧問に元スクウェア代表取締役の武市智行氏が就任

SHARE:

FULLERはが顧問として武市智行氏を迎えたことを発表した。同氏はスクウェア(現スクウェア・エニックス・ホールディングス)の代表取締役社長、及び代表取締役会長を勤めた人物。 FULLER はスマホアプリ視聴率調査サービス「App Ape」を展開するスタートアップ。今年の2月にはコロプラ、オプトなどから総額2.3 億円の資金調達を実施している。同社が次に考えているのが、モバイルゲーム会社への支援だ。…

FULLER 武市氏 渋谷
左:FULLER 代表取締役社長 渋谷修太氏 右:武市智行氏

FULLERはが顧問として武市智行氏を迎えたことを発表した。同氏はスクウェア(現スクウェア・エニックス・ホールディングス)の代表取締役社長、及び代表取締役会長を勤めた人物。

FULLER はスマホアプリ視聴率調査サービス「App Ape」を展開するスタートアップ。今年の2月にはコロプラ、オプトなどから総額2.3 億円の資金調達を実施している。同社が次に考えているのが、モバイルゲーム会社への支援だ。

モバイルゲームは以前から注目の市場ではあったが、今年に入って「キングダムハーツ」や「実況パワフルプロ野球」など、有名コンソールゲームタイトルがスマートフォンでリリースされるなど、モバイルシフトが見られている。

FULLERは、新顧問の武市智行氏の支援を受けながら、「App Ape」のサービス拡充とともに、大手コンソールゲーム会社のモバイルシフトへの支援に特に注力していく。

----------[AD]----------

FULLERがスマホアプリの利用動向調査ツール「App Ape Analytics」のプレミアム版をリリース

SHARE:

FULLERが、同社が提供するスマホアプリの利用動向調査ツール「App Ape Analytics」のプレミアム版をリリースした。FULLERは今年の2月にコロプラ、オプトらから総額2.3億円の資金調達を実施している。 「App Ape Analytics」はアプリの利用情報、アプリの詳細情報、性別年齢を含めたユーザのデモグラフィック情報などをまとめ、ウェブ・モバイルからスマホアプリ市場とアプリの…

d5362-9-827002-5

FULLERが、同社が提供するスマホアプリの利用動向調査ツール「App Ape Analytics」のプレミアム版をリリースした。FULLERは今年の2月にコロプラ、オプトらから総額2.3億円の資金調達を実施している

「App Ape Analytics」はアプリの利用情報、アプリの詳細情報、性別年齢を含めたユーザのデモグラフィック情報などをまとめ、ウェブ・モバイルからスマホアプリ市場とアプリの競合分析を可能にするサービス。

「App Ape Analytics」は、2014年11月から提供を開始していた。以前、本誌で取材を行った際にも、同サービスが顧客から高い満足度を得られていることを語っていた。その取材時にもプレミアム版の提供を予定していると語っていたが、ついに提供を開始するに至った。

プレミアム版では新たに分析データ項目や機能が追加され、CMやアプリ内イベント等の効果検証に対応しているという。その他、時間帯別アクティブ率分析やどのアプリと併用でインストールされやすいのかを示す同時所持率分析等の機能も提供する。

データも2013年11月以降であればいつでも閲覧することが可能だ。「App Ape Analytics」のプレミアム版は月額498,000円で利用可能となっている

----------[AD]----------