THE BRIDGE

タグ Apple Pay

航空会社をモバイル決済でデジタル武装する「CellPoint Mobile」、1400万ドル調達でグローバル展開へ

SHARE:

ピックアップ:CELLPOINT MOBILE ATTRACTS AN ADDITIONAL £11 MILLION IN FUNDING FOR GLOBAL EXPANSION AND PRODUCT INNOVATION ニュースサマリー:米フロリダを拠点とする「CellPoint Mobile」は4日、1400万ドルの資金調達を実施したと発表した。シリーズ自体は公開されていない。リード投資…

Capture.JPG

ピックアップ:CELLPOINT MOBILE ATTRACTS AN ADDITIONAL £11 MILLION IN FUNDING FOR GLOBAL EXPANSION AND PRODUCT INNOVATION

ニュースサマリー:米フロリダを拠点とする「CellPoint Mobile」は4日、1400万ドルの資金調達を実施したと発表した。シリーズ自体は公開されていない。リード投資家にはToscafandのPenta Capitalが参加した。

同社は2007年創業。主に、航空・海運会社やその他トラベルサービスプロバイダー向けにEコマースにおける電子決済ツールを提供。エアラインにおけるプロモーション、予約、チケット発行やモバイル決済への対応など包括的なサービス展開が特徴的だ。

既存クライアントにはエミレーツ航空、エチオピアン航空、サウスウエスト航空、ゴル航空(ブラジル航空)、Viva Air(ペルー航空)、ガルフエア等を抱えている。

話題のポイント:彼らのクライアントを見ると、主に南米と中東をターゲットにしていることが分かります。同社によれば、今回のファンディングを通してグローバル展開を進めていくとしています。

さて、では具体的にどういったサービスをエアライン企業向けに提供しているのか。同社HPに記載されている、ユースケース例を数社見ていこうと思います。

Capture.JPG

まずは、ペルーの航空会社Viva Airとの取り組みについて。CellPoint Mobileは、Apple PayとGoogle Payによるモバイル決済システムの導入を同社に向け開始しています。これは、ラテンアメリカ航空会社の中では初の実践的取り組みであるとしています。同航空会社によれば、既に40%以上はモバイル端末より航空券の購入や諸手続きをしており、モバイル決済への対応でより顧客満足度にポジティブな影響を与えるとしています。

Capture.JPG

続いては、同社とエチオピアン航空による取り組みについて。同社は、Alipayによるデジタル決済機能をプラットフォームに埋め込むことで、中国旅行者の利用を促進させるべく導入を実施。この背景には、中国におけるデジタル決済額が12.8兆ドルを超えた (2017年)ことが大きな要因であると同社は説明しています

プレスリリースでは、日本におけるAlipay受け入れ率の増加についても触れられており、それによると2016年から2017年にかけて2倍となる5万店舗を記録しており、インバウンド面におけるAlipay決済の受け入れ重要性を示唆しています。

Capture.JPG
JAL

ちなみに日本航空では、既に2016年の段階でAlipay決済は受け入れられている状況でした。
今後日本国内においても、航空券を「○○Pay」で購入できるようになるかもしれません。

そういえば、CASHが先日発表した「モノ払い」でも、航空券が購入可能になっていました。モバイルを通した航空券購入までの流動性を上げるという意味ではコンセプトとして近いのかな、と感じます。

----------[AD]----------

Appleの特許、P2P型決済がApple Payで実現する可能性を示唆

SHARE:

Googleが従来のGoogle WalletアプリをP2P(ピアツーピア)型決済ツールとして生かすつもりだと発言した数週間後、Appleも独自のピアツーピア型決済技術に関する特許が認可された。 この特許には、あるデバイスのユーザが別のユーザのデバイスに安全かつノーコストで支払いを送信することを可能にするシステムについて述べられている。 「特に、スマートフォン、タブレット、ラップトップPCなどの電…

apple-pay
Googleが従来のGoogle WalletアプリをP2P(ピアツーピア)型決済ツールとして生かすつもりだと発言した数週間後、Appleも独自のピアツーピア型決済技術に関する特許が認可された。

この特許には、あるデバイスのユーザが別のユーザのデバイスに安全かつノーコストで支払いを送信することを可能にするシステムについて述べられている。

「特に、スマートフォン、タブレット、ラップトップPCなどの電子機器を使用する個人が、金銭の取引で相手方の別の電子機器を直接特定したり、暗号化された支払い情報を他の電子機器へ提供できる」と特許には記されている。

デバイスAはデバイスBのeメールアカウントにトークンを送ることができ、ユーザはそのトークンをアクティベートすることによって支払いの受け取りを選択できる。

受取人が自分のデバイスで支払いを受ける場合、そのデバイスはその後、元の情報パケットに加えもう1つの暗号化された情報パケットをそのトランザクションを完了する「第三者」に送る。その第三者とは支払人、受取人の銀行、第三者金融機関のいずれかとなるだろう。

この特許では、2つのデバイスで用いられる通信方式は近距離無線通信(NFC)かBluetooth技術になる可能性があるとしている。

さらに、トランザクションの両端のデバイスが生体認証センサー(おそらくは指紋リーダー)をユーザの認証に使用する可能性がある。また、ユーザは暗証番号の入力も求められるかもしれない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

SquareがApple Payに対応したワイヤレスリーダーを発表

SHARE:

Square announces wireless reader for Apple Pay and Android devices 「Swift」のオープンソース化に続いて、もうひとつ「WWDC」関連のネタをピックアップ。モバイル決済のSquare CEOのJack Dorsey氏が新しいデバイスを開発していると自身のTwitterアカウントで投稿していました。 I want to leave …

apple pay square

<ピックアップ>Square announces wireless reader for Apple Pay and Android devices

「Swift」のオープンソース化に続いて、もうひとつ「WWDC」関連のネタをピックアップ。モバイル決済のSquare CEOのJack Dorsey氏が新しいデバイスを開発していると自身のTwitterアカウントで投稿していました。

新しいSquareのデバイスは、Apple Payのワイヤレスでの決済にも対応。発売は今年の秋を予定しているそうです。



via Mashable

----------[AD]----------

調査結果:Apple Pay、2015年末までに北米の主要小売店の38%が採用見込み

SHARE:

モバイルの成長が気になるなら、2月23、24日に、モバイル事業の成長に役立つ技術や戦略に関するイベントに参加してほしい。カリフォルニア州サウサリートの眺めの良いCavallo Point Resortで開催予定の第5回年次Mobile Summitだ。参加資格についてはこちら。 Apple Payは便利だ。しかし、新たなPOSシステムの導入、従業員の教育、クレジットカード会社への取引手数料の支払い…

apple-pay-780x364

モバイルの成長が気になるなら、2月23、24日に、モバイル事業の成長に役立つ技術や戦略に関するイベントに参加してほしい。カリフォルニア州サウサリートの眺めの良いCavallo Point Resortで開催予定の第5回年次Mobile Summitだ。参加資格についてはこちら

Apple Payは便利だ。しかし、新たなPOSシステムの導入、従業員の教育、クレジットカード会社への取引手数料の支払いがあるというのにどうして小売店がそこまでして使いたがるのか疑問を持つ人もいるだろう。

Boston Retail Partners(BRP)の調査によると、現在アメリカにある大手小売店の約8%はApple Payをサポートしているという。しかし、アメリカにある約600万の小売店のほとんどは小規模であり、BRPは直接彼らと話をして調査したわけではない。

ただ、BRPでは北米の大手小売店の38%が今年末までにApple Payをサポートし、Apple Payは大手小売店の間で最も広く利用されるモバイル決算プラットフォームになるだろうと考えている。

この調査によると、大手小売店の56%は2017年末までにApple Payをサポートする見込みだ。

調査の実施時期は2014年11月と12月で、BRPは1月中旬に調査結果を発表したと同社広報がVentureBeatに語ってくれた。

現在同市場をリードしているのはPayPalで、サポートする小売店が13%に及ぶ。Appleの勢いを食い止めるためにPayPalは今年何をするだろうか? まず第一に、PayPalは実店舗で利用できるより良い支払い方法を開発する必要がある。

applepay

先週のAppleの収支報告で、CEOのTim Cook氏はPOSシステムサプライヤーからの話として、小売店がApple Payをサポートするシステムに強い興味を示していると述べた。

「登録する小売店はどんどん増えており、積極的に採用されています」とCook氏は語った。

「10月にローンチしましたが、ホリデーシーズンの間にいかに多くの店舗がApple Payのサポートを開始してくれたかを考えると、信じられないほどの、良い意味での衝撃を受けています」と彼は続けた。

また、本日の発表にてApple Payのサポート企業としてUSA Technologiesが加わり、20万ヶ所のコーヒーショップ、自動販売機、キオスク、コインランドリー、駐車場その他セルフサービスの場所でワイヤレス決済ターミナルをサポートする予定であることも明らかにした。

「2015年はApple Payの年になるでしょう」と彼は宣言した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------