タグ Ascend Money

デジタル決済提供Ascend Moneyが15億米ドルを調達、タイ初のフィンテック・ユニコーンに

SHARE:

バンコクに本社を置き、東南アジアで決済・金融サービスを提供するフィンテック企業 Ascend Money は、時価総額15億米ドルで1億5,000万米ドルを資金調達した。これにより、Ascend Money はタイ初のフィンテック・ユニコーンとなった。今回のラウンドでは、アメリカの Bow Wave Capital Management と既存株主であるタイのコングロマリット Charoen Po…

Ascend Money 共同社長の Monsinee Nakapanant 氏
Image credit: Ascend Money

バンコクに本社を置き、東南アジアで決済・金融サービスを提供するフィンテック企業 Ascend Money は、時価総額15億米ドルで1億5,000万米ドルを資金調達した。これにより、Ascend Money はタイ初のフィンテック・ユニコーンとなった。今回のラウンドでは、アメリカの Bow Wave Capital Management と既存株主であるタイのコングロマリット Charoen Pokphand Group(CP Group)と Ant Group(螞蟻集団)が出資した。

今回調達した資金は、TrueMoney Wallet のユーザ基盤の拡大と、デジタルレンディング、デジタル投資、クロスボーダー送金などのデジタル金融サービスを東南アジアで展開するために使用される。Ascend Money はこれまでに、タイ、ミャンマー、カンボジア、インドネシア、フィリピン、ベトナムの東南アジア6カ国に進出している。

2013年に設立された Ascend Money は、デジタル決済・金融サービスプラットフォーム「TrueMoney」を運営しており、経済的に疎外されている人々や地域の中小企業のために、地域の金融アクセスとインクルージョンを促進することを目指している。プレスリリースによると、TrueMoney は、電子ウォレットアプリケーションを通じて5,000万人以上のユーザにサービスを提供しており、88,000の TrueMoney エージェントが存在する。

2021年に行われた Visa の調査によると、東南アジアの消費者の85%が何らかのキャッシュレス決済ソリューションを導入していた。シンガポール、マレーシア、インドネシアが先行している一方で、ベトナム、フィリピン、タイなどの国々もキャッシュレス決済導入率の平均値が88%と近づいてきている。

このような好意的なシグナルに後押しされ、タイの決済分野は飛躍的な成長を遂げている。総取引額は、2021年から2025年の間に年率10.94%で増加し、2025年には241億2700万米ドルになると予測されている。Ant Group は2016年、Ascend Money への最初の投資で東南アジアに参入した

Ascend Money は、タイのテック企業でユニコーンクラブに入る2番目の企業だ。1番目は、タイの速達サービス大手「Flash Express」を運営する Flash Group で、今年6月に1億5,000万米ドルを調達したラウンドでユニコーンクラブ入りを果たしている。

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Alibaba(阿里巴巴)系のAnt Financial(螞蟻金融)、タイの決済会社Ascend Moneyの株式20%を取得へ

SHARE:

中国商務部が先週月曜日に発表したところによると、中国のEコマース巨人 Alibaba(阿里巴巴)の金融部門である Ant Financial(螞蟻金融)は、タイのサードパーティー決済会社 Ascend Money の株式20%を取得する計画をしている。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up …

ant-financial_featuredimage

中国商務部が先週月曜日に発表したところによると、中国のEコマース巨人 Alibaba(阿里巴巴)の金融部門である Ant Financial(螞蟻金融)は、タイのサードパーティー決済会社 Ascend Money の株式20%を取得する計画をしている。

この出資は Ant Financial 傘下で香港に上場する決済部門 Alipay (Hong Kong) によって実施される予定。加えて Ant Financial は、この取引が完了する21ヶ月以内に、Ascend Money の株式のさらに10%を追加で取得するオプションを求めている。

Ascend Group の新規部門である Ascend Money は、オンライン決済サービスの True Money や営業免許取得済の金融サービスプロバイダ Ascend Nano の親会社にあたる。Ascend Group は、タイの三大通信会社 True Corporation からスピンオフした企業だ。

中国で支配的な決済プラットフォームを持つ Alipay(支付宝)は、中国国内市場から、次第に速い成長を見せる海外市場に視点を向けているが、そのような海外市場においては、Tencent(騰訊)のライバルである WeChat Payment(微信支付)との熾烈な競争に直面している。

昨年、Ant Financial は、インドでのオンラインバンキング免許を持つ、インド最大のオンラインウォレットプロバイダ PayTM に5億ドル超を出資した。韓国では、通信大手 KT が主導するオンライン銀行 K Bank の立ち上げにも関与したが、政府の規制により、Ant Financial はこのジョイントベンチャーの 2% しか株式を保有していない。

Ant Financial は今年4月、600億ドル以上の市場評価額のもと、シリーズBラウンドで45億ドルを調達している。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

 

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録