BRIDGE

タグ astamuse

アスタミューゼ、生活者リサーチのSEEDATAと共同してオープンイノベーションを促進する情報ライブラリ「innovation360°」をリリース

SHARE:

オープンイノベーションプラットフォーム「astamuse」を運営するアスタミューゼは、博報堂DYグループのSEEDATAとともに、企業のオープン・イノベーションを加速するための分析情報ライブラリ「innovation360°」を共同で開始したと本日発表した。 アスタミューゼは、技術者や研究者など発明者向けサイト「astamuse」を軸に、発明者が所持する特許の注目度・影響力のスコアリング機能など、…

main

オープンイノベーションプラットフォーム「astamuse」を運営するアスタミューゼは、博報堂DYグループのSEEDATAとともに、企業のオープン・イノベーションを加速するための分析情報ライブラリ「innovation360°」を共同で開始したと本日発表した。

アスタミューゼは、技術者や研究者など発明者向けサイト「astamuse」を軸に、発明者が所持する特許の注目度・影響力のスコアリング機能など、特許技術や技術を応用したイノベーションの促進を生み出すためのビジネスを展開している。科学者や発明者のネットワークをもとに、企業の課題を掲載し参画者を募る「クラウドイノベーション」では企業と科学者らとのマッチングも図っている。

今回リリースした「innovation360°」は、 その研究・技術・特許の分析データベースから抽出した情報をもとに、SEEDATAによる生活者リサーチを通じて構築した「消費者トライブ」データベースをスクリーニングし、 企業のイノベーション創発に必要な技術的なシーズと生活者ニーズの情報を整理・分析し、レポート形式で提供するという。

近年、さまざま企業が自社のみならず外部の協力者などと連携していきながら新規事業や新商品の開発などを図る「オープン・イノベーション」が叫ばれている。自社の技術を活かすだけではなく、現場レベルでの世の中や生活者の動向を踏まえた開発が問われており、そのために他社といかにして協働していくかが求められている。

しかし、そこには課題もある。闇雲に外部協力者を募るのではなく、自社との最適なマッチングや開発される新商品に向けたアイデアや知見、ネットワークをもつ提携候補先の探索や、自社技術を十分に活用できる新規市場への参入を図るためにはさまざまな情報や分析が必要となる。オープンイノベーションと叫ばれていると同時に、そこからの成功事例があまり多くは生まれていない背景もここにはある。

アスタミューゼは、今回の「innovation360°」を通じて「技術」と「生活者」に関する精度の高い分析データに基づく情報提供サービスが可能とし、これによりオープンイノベーション促進を図っていくという。

----------[AD]----------

技術者・研究者のプラットフォーム、アスタミューゼが企業の課題を掲載し参画者を募る「クラウドイノベーション」を開始

SHARE:

アスタミューゼが提供する技術者・研究者・事業開発担当などを中心に月間 100 万人以上に利用されているastamuse.com内の新コンテンツとして、企業が取り組む課題を掲載し組織外からの参画者を募る「クラウドイノベーション(Crowd innovation)」の提供を開始した。 「クラウドイノベーション」では、世界の課題、重大な社会問題、最新技術の活用など、テーマごとに解決したい課題とその現状を…

crowd innovation

アスタミューゼが提供する技術者・研究者・事業開発担当などを中心に月間 100 万人以上に利用されているastamuse.com内の新コンテンツとして、企業が取り組む課題を掲載し組織外からの参画者を募る「クラウドイノベーション(Crowd innovation)」の提供を開始した。

「クラウドイノベーション」では、世界の課題、重大な社会問題、最新技術の活用など、テーマごとに解決したい課題とその現状を掲載。同テーマに取り組む企業の構想・研究・技術および協力者募集の情報等を公開する。

技術者や研究者など、月間 100 万人以上が訪れる発明者のプラットフォームであるastamuse.comに、情報が掲載されることで、社会課題に取り組む企業と研究者・技術者が繋がりやすくし、課題の解決を早める狙い。

すでに、公益財団法人 日立環境財団による「再生可能エネルギーの実用化・改良で環境負荷低下に貢献する」、リバーフィールドによる「内視鏡外科手術の安全性・操作性を高め、医師の負担を軽減したい」といったテーマで取り組みがスタートしている。

ユーザはこうした取り組みを行っている企業に対して、正社員、業務委託、契約社員として関わりたいという人は応募することができ、出資したいという人向けの窓口も用意されている。人材募集を行うと同時に、アイデアの募集も行っている。

アイデアと人材の流動性が高まれば、この領域から新しいものが生まれる可能性は高まるはずだ。アスタミューゼが新しく始めた「クラウドイノベーション」がどのような結果をもたらすのか、ウォッチしたい。

----------[AD]----------

特許のあり方を変えるために、技術者や研究者など発明者向けサイト「astamuse」が国際知的財産取引所IPXIと協業強化

SHARE:

アスタミューゼが運営するオープンイノベーションプラットフォーム「astamuse」は国内外で100万人以上が利用している技術者や研究者など発明者向けのサイトだ。 同サイトでは国内外の膨大な公的データを元に、様々な市場、分野、技術、企業、発明者の情報を提供している。有望市場、分野別の動向、注目されているキーワードなどを閲覧できる。 今年の5月には、発明家、研究者が自ら出願した特許の注目度や影響力を、…

astamuse

アスタミューゼが運営するオープンイノベーションプラットフォーム「astamuse」は国内外で100万人以上が利用している技術者や研究者など発明者向けのサイトだ。

同サイトでは国内外の膨大な公的データを元に、様々な市場、分野、技術、企業、発明者の情報を提供している。有望市場、分野別の動向、注目されているキーワードなどを閲覧できる。

今年の5月には、発明家、研究者が自ら出願した特許の注目度や影響力を、無料で調べることができるサービスを新たに開始していたアスタミューゼが、このたび米国シカゴにある世界初の国際知的財産取引所IPXIと協業強化で合意したことを発表した

国際知的財産取引所IPXIでは、特許の使用権購入や売買への参加、自社の保有する特許の上場が可能となっている。特許の売買が可能になれば、使用されなくなっている特許が、必要としている企業へと移りやすくなる。

IT業界は医療、都市計画、エネルギー、生産工程のイノベーションなど多岐に渡って影響を及ぼしている。今後、様々な場面で特許に関わる課題に直面することも増えるはずだ。そうなった場合、特許の売買が可能になっていることで、イノベーションが阻害されにくくなると考えられる。

アスタミューゼは世界中の研究者が未来の課題を解決するための取り組みをサポートするうえで、今後もIPXI社との共同取り組みを強化。知的財産のあり方、活用のされ方を少しずつでも変えていくと共にIT業界における特許や知的財産が単なる権利主張と裁判のネタに終始しないような仕組みづくりを進めていく。

----------[AD]----------

技術者や研究者など発明者向けのサイト「astamuse」の英語版がリリース、世界でのイノベーション促進を目指し

SHARE:

アスタミューゼ株式会社のプレスリリース アスタミューゼは、100万人以上が利用している技術者や研究者など発明者向けのサイト「astamuse.com」を運営している企業です。本日、アスタミューゼが日本のもつあらゆる分野の技術20年分、1,050万件の日本国内出願データと分析コンテンツを英語圏に向けて公開しました。 日本語で提供していた情報を英語でも提供することで、日本国内の優れた技術と先進国との技…

d7141-5-986861-0

アスタミューゼは、100万人以上が利用している技術者や研究者など発明者向けのサイト「astamuse.com」を運営している企業です。本日、アスタミューゼが日本のもつあらゆる分野の技術20年分、1,050万件の日本国内出願データと分析コンテンツを英語圏に向けて公開しました。

日本語で提供していた情報を英語でも提供することで、日本国内の優れた技術と先進国との技術の間でのオープンイノベーションを促進させることや、途上国におけるリバースイノベーションの活性化を目指すとのこと。

「astamuse.com」は、世界中の研究者を支援する全てのステークホルダーのために、欧米の知的財産情報を日本語に翻訳して提供し、先進国を中心とした知的財産情報の統合と分析などを通じて、世界中の知的情報を統合しイノベーター同士が繋がれるサービスの強化を行っていくそうです。

最近では取材をしていても専門知識が必要な場面が増えてきたように思います。海外で開発されたプロダクトには医療の現場で活用されていた技術だったり、数年間研究していた技術をひっさげてスタートアップを始める人も登場してきています。

こうした知のプラットフォームとでも呼ぶべきものが、世界に広まることは、研究者や技術者はもちろん、ビジネスパーソンやメディアの人間などより多くの人にとって価値あることなのではないでしょうか。

----------[AD]----------

「astamuse(アスタミューゼ)」が発明者が所持する特許の注目度・影響力のスコアリング機能の提供を開始

SHARE:

オープンイノベーションプラットフォーム「astamuse」を運営するアスタミューゼは、発明家、研究者が自ら出願した特許の注目度や影響力を、無料で調べることができるサービスを新たに開始する。 出願し登録されている発明者の特許が、他の技術者にどのくらい参考にされたか、他の特許成立をどれくらい阻止したのかといったことをスコア化。サイト内で確認できるようになる。 「astamuse」は国内外で100万人以…

astamuse

オープンイノベーションプラットフォーム「astamuse」を運営するアスタミューゼは、発明家、研究者が自ら出願した特許の注目度や影響力を、無料で調べることができるサービスを新たに開始する。

出願し登録されている発明者の特許が、他の技術者にどのくらい参考にされたか、他の特許成立をどれくらい阻止したのかといったことをスコア化。サイト内で確認できるようになる。

「astamuse」は国内外で100万人以上が登録している技術者や研究者など発明者向けのサイトだ。国内外の膨大な公的データを元に、様々な市場、分野、技術、企業、発明者の情報を提供している。有望市場、分野別の動向、注目されているキーワードなどを閲覧できる。

astamuse electronic parts

同サイトは、技術者を中心に、事業家や投資家などを対象とし、新規事業や投資判断などの参考に用いられている。

特許の「影響力」を可視化

「astamuse」には日本国内での20年分、1050万件に及ぶ特許データが記録されている。今回追加される新機能では、この膨大な量のデータを活用し、発明者が過去に出願した特許が誰にどのような技術に引用されているのかを「影響力」として可視化する。

これまで特許は一度出願して登録された後、会社の事業で活用されない場合、その特許がどのような価値を持っているのかが見えにくくなっていた。だが、他の特許が申請される場合、先行技術として参照されたり、似た特許である場合は出願の拒絶査定される際に引用されることがあり、特許は事業に活用される以外にも効果を発揮している。

事業に活用される以外に特許が持っている「影響力」という価値を、2つの視点から可視化するのが「astamuse」の新たな機能だ。

影響力・注目度_ver2

  • ビジネス影響力
  • 技術影響力

ビジネス影響力は、日本国内においてどれだけ他社の技術を押さえ込んだかを数値化したもの。過去に発明者が出願した特許が、他の出願者による出願が拒絶査定される際に、引用された回数を閲覧できる。

技術影響力は、日本国内においてどれだけ他の技術に引用されているかを数値化したものだ。出願した特許が他の出願者に先行技術として参照された回数とその審査の過程において専攻文献として引用された回数の合計を出願別に閲覧できる。ビジネス影響力も技術影響力も、どのような出願に対して影響力を発揮したのかも知ることが可能だ。

これらの可視化に加え、約100万人の登録者がいる「astamuse」内での特許の注目度を可視化し、3つの数値で特許の価値を可視化する。

スタートアップも無視できない研究領域

これまで「astamuse」は会員登録することのメリットはあまり大きくなかった。だが、今回の機能が追加されたことで、技術者や研究者の会員登録のペースが向上することを見込んでいる。今後は、海外で出願された特許情報など、英語圏の技術データへの対応も視野に入れているという。

アスタミューゼが目指すのは、研究者をエンパワーメントすること。研究者や技術者が持っている特許の価値を本人たちが自覚し、かつ外部からもその評価がわかりやすくなれば、発明者にとって最適な場所で働きやすくなる。

海外では数年大学院で研究した成果を元にプロダクトを開発し、スタートアップする人々も出てきている。スタートアップや新たに事業をやりたいと考えている人間にとって、こうした情報は無視できないもののはずだ。

----------[AD]----------