BRIDGE

タグ Autodesk

Autodeskによる建設SaaS企業の連続買収に見るVertical SaaSの現在地

ピックアップ:Why Autodesk Just Spent $1.15 Billion On Two Construction Tech Startups ニュースサマリー:図面作成ソフトウェアを提供するAutodeskは2018年にPlanGridを8億7,500万ドル、同時期にBuildingConnectedを2億7,500万ドルで買収している。買収した両社は共に建設系のテックスタートアッ…

Image Credit : Autodesk

ピックアップ:Why Autodesk Just Spent $1.15 Billion On Two Construction Tech Startups

ニュースサマリー:図面作成ソフトウェアを提供するAutodeskは2018年にPlanGridを8億7,500万ドル、同時期にBuildingConnectedを2億7,500万ドルで買収している。買収した両社は共に建設系のテックスタートアップだ。

重要なポイント:建設ソフトウェアは、ソフトウェアの中で急成長しているカテゴリーの一つ。Autodeskとしては、BuildingConnectedを買収し、請負業者とサプライヤーや下請け業者のマッチングプラットフォームを手に入れ、設計から建設までのプロセスを一気通貫で扱うことを目指す。また、PlanGridはデジタル設計図と現場レポートを提供するのに最も人気のあるアプリの一つで、同領域の機能充足を目指す目的があるようだ。

詳細情報:急成長を続けるBuildingConnectedがAutodeskの傘下に入ったのは、北米以外の地域に進出する際のネットワークの有効活用が見込めるとの算段だろう。SaaSは大きく二分され、ひとつ目は業界横断で利用される人事・マーケティング・セールスなどのソフトウェアである水平分業的なSaaSがある。ふたつ目は、建設・物流・製造・小売りといったインダストリー特化のドメイン知識を盛り込まれた垂直統合型のSaaSがあり、今回の動きはまさにこの動きの中での成長戦略であると言えるだろう。

  • SaaS全体の市場規模は、グローバルでは16%で成長し2022年には15兆円規模に至り、日本国内では年平均成長率12%で2023年には8,200億円に到達すると予測されている。また、水平分業なSaaSもまだまだ成長の余地はあるものの、今後は垂直統合型のSaaSが成長のドライバーになっていくという考察もある。
  • その潮流にまつわる日本国内のマクロな動向として、国土交通省が7月末に「インフラ分野のDX推進本部」を立ち上げた。ここでは「非接触・リモートを前提とした公共事業への転換」「インフラのデジタル化を推進し2023年までに小規模なものを除く全ての公共工事についてBIM/CIM活用に転換」、「熟練技能労働者の技能のAI活用による継承」、を軸にインフラ領域のデジタル変革が推進される。
  • この推進本部は、スタートアップや大学との連携や、革新的技術によるオープンイノベーションの推進も表明し、PoCや技術開発に必要な実費を計上するなどより多くのスタートアップエコシステムからの参入を目指す。
  • 近年動向が活発な日本の建設関連のSaaSスタートアップとしては、アンドパッド・助太刀・Photoructionといった会社が挙げられる。
  • アンドパッドは、ANDPADという現場の効率化から経営改善までの一元管理を実現する施工管理アプリを2,000社以上の企業に導入している。今年7月には、40億円の資金調達、10月には追加で20億円の調達に成功している。クラウドサインやSalesforceを始めとした水平分業なSaaSソリューションを提供する企業を始めとしたパートナーリングを促進し、建築企業の業務全体のDXを目指す。
  • 建設業の受発注者のマッチングアプリ「助太刀」は建設現場の人手不足問題の解決を目指す。今年7月からは、求人情報を掲載できるサービス「助太刀社員」の提供を開始し、建設業の人材採用を支援する。2018年に5.3億円、2019年に7億円の資金調達を実施し、設立した2017年のその翌年からの2年間で累計13億円の資金調達をしている。
  • 建設現場を見える化して生産性と品質を向上させる建築・土木の生産支援クラウドが「Photoruction」だ。今年5月には、5.7億円の資金調達を実施し、開発強化と共に、建設業特化AIを活用した建設BPO事業の立ち上げを公表している。

背景:McKinseyによると、建設業界は生産性が最も低い業種の一つでデジタル化の遅れがその要因として指摘されている。しかし、それと同時に建設系のソフトウェアは急成長しているカテゴリーの一つで、当記事で挙がったようなスタートアップの台頭による生産性向上のポテンシャルは大きい。

執筆:國生啓佑/編集:岩切絹代

CADソフト最大手のAutodesk、建設工事の入札・調達管理プラットフォーム「BuildingConnected」を2億7,500万米ドルで買収

SHARE:

デザイン特化ソフトウェア会社 Autodesk は、一ヶ月の間に2つ目の工事関連スタートアップを買収した。同社は、不動産オーナーや契約事業者が、調達入札を実施したり優れたベンダーを調達したりできるプラットフォーム「BuildingConnected」を買収することで合意したと発表した。現金取得控除後の買収金額は、2億7,500万米ドルとなる。 このニュースが届く1ヶ月前、Autodesk は工事業…

デザイン特化ソフトウェア会社 Autodesk は、一ヶ月の間に2つ目の工事関連スタートアップを買収した。同社は、不動産オーナーや契約事業者が、調達入札を実施したり優れたベンダーを調達したりできるプラットフォーム「BuildingConnected」を買収することで合意したと発表した。現金取得控除後の買収金額は、2億7,500万米ドルとなる。

このニュースが届く1ヶ月前、Autodesk は工事業界の生産性ソフトウェア企業 PlanGrid を8億7,500万米ドルで買収することに合意し発表したばかりだ。また、Audodesk は PlanGrid の買収を12月20日に完了している。Autodesk はまた、工事ソフトウェア会社の Assemble Systems を2018年7月に買収している。

<関連記事>

Autodesk は CAD ソフトウェア製品群を販売しているが、その顧客は建築家からエンジニアリング、製造業、建設業界へと及ぶ。前述した一連の買収を通じて、同社が設計分野だけでなく、より広範にプロジェクトの着手から完成までを一環して扱うサイクルへと進出しつつあることが明らかになった。

Autodesk CEO の Andrew Anagnost 氏は、プレスリリースの中で次のように述べている。

我々は、工事のワークフローのデジタル化や自動化に投資を進めている。Autodesk の目標は、設計、建設、運用までの一連の工事プロセスをつなぎ合わせることだ。

BuildingConnected は、名刺ホルダー、ホワイトボード、メール、スプレッドシートから、簡単に使えるデジタル入札プラットフォームへと変化する中で、その多大な価値を顧客に証明してみせた。

建設業界の生産性の低さ

建設業界は、その効率性で有名というわけではない2016年に発表されたマッキンゼーの報告書では、建設業は生産性が最も低い業種の一つにランクされており、これはデジタル化が十分ではないことに起因していると報告書は伝えている。10兆米ドル規模の建設業界に多くのプレーヤーが参入しているのは、そういう理由からでもある。

2012年にサンフランシスコで設立された BuildingConnected は、関係者の全てが調達入札を実施したり、ベンダーを確認したりできるソフトウェアを通じて、工事業務の下準備の効率化を目指している。BuildingConnected には入札をまとめて管理できる CRM
機能が備わっているほか、サードパーティのカレンダーアプリと連携して、アポやスケジュールの管理も支援する。

BuildingConnected

BuildingConnected は創業以来、昨年実施した2,200万米ドルの調達をはじめ、総額でおよそ5,300万米ドルを調達している。多くのスタートアップが建設業界をディスラプトすべく奮闘を続けているが、その中でも、工事会社のプロセス管理や情報集約を支援すべく、さまざまなソフトウェアや分析プロダクトを提供しているパリ拠点のスタートアップ Finalcad は2018年12月中旬、4,000万米ドルを調達したばかりだ。また、OpenSpace という別のスタートアップは、ヘルメット搭載のカメラを使って工事現場やチャートから進捗状況を記録できる Street View 風の技術を開発した

Autodesk は BuildingConnected を買収したことで、工事の下準備ソフトウェアのラインアップを強化し、リスク分析、調達入札の実施をカバーできるようになる。

BuildingConnected の共同創業者で CEO の Dustin Devan 氏は、次のように付け加えた。

入札が建設プロジェクトの最初のステップとなるため、入札管理は工事の下準備において重要だ。我々が提供する、これまでになかった下準備ツールは、顧客の時間とお金を節約する。

Autodesk は上場してから30年以上経つが、前 CEO の Carl Bass 氏が2017年2月に退任以来、同社の株価は急上昇している。それ以来の数ヶ月間で、株価は60%以上上昇し130米ドルをつけた。

Autodesk は、BuildingConnected の買収が2019年1月末に完了する見込みであると述べている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

スマートフォンで撮影した対象物を3Dデータ化するアプリ「123D Catch」にAndroid版も登場

SHARE:

スマートフォン端末で撮影した写真から3Dモデルデータを生成できるアプリ「Autodesk 123D Catch」が、既存のiOS版に加えてAndroid版もリリースされた。 「Autodesk 123D Catch」でアプリの指示にしたがって3Dデータしたい対象物を数枚から数十枚撮影すると、アプリで自動的に3Dモデル化してくれる。使いこなすことができれば、3Dスキャナ並みのきれいな3Dデータを作成…


20141013_123d

スマートフォン端末で撮影した写真から3Dモデルデータを生成できるアプリ「Autodesk 123D Catch」が、既存のiOS版に加えてAndroid版もリリースされた。

「Autodesk 123D Catch」でアプリの指示にしたがって3Dデータしたい対象物を数枚から数十枚撮影すると、アプリで自動的に3Dモデル化してくれる。使いこなすことができれば、3Dスキャナ並みのきれいな3Dデータを作成することもできる。

Autodeskのアカウントを作成すれば、作成した3Dデータをコミュニティサイトに共有することも可能だ。Android版/iOS版のアプリでは3Dデータの編集まではできないが、データをアップロードすればデスクトップ版やWebアプリ版の123D Catchを使って編集したり、3Dプリンターの形式に変換しスマートフォンで撮影した対象物を3Dプリンターで出力することもできる。

この動画はiOS7版だが、機能はほぼ同等。「Autodesk 123D Catch」はGoogle Playから無料で入手可能となっている。

目指すは3Dプリンター界のAndroid、Autodeskがオープンソースの3Dプリンティング規格「Spark」を発表

SHARE:

大手CADベンダーのAutodeskは、オープンソースで提供する3Dプリンティングのソフトウェアプラットフォーム「Spark」を発表、さらにSparkをベースにした独自開発の3Dプリンターも2014年中に提供すると発表した。 目指すのは「3Dプリンター界のAndroid」だそうだ。Sparkは、デジタルデータの3Dプリンターへの送信、3Dプリンティングの過程をコントロールしたり、3Dモデルのビジュ…


20140525_autodesk
大手CADベンダーのAutodeskは、オープンソースで提供する3Dプリンティングのソフトウェアプラットフォーム「Spark」を発表、さらにSparkをベースにした独自開発の3Dプリンターも2014年中に提供すると発表した。

目指すのは「3Dプリンター界のAndroid」だそうだ。Sparkは、デジタルデータの3Dプリンターへの送信、3Dプリンティングの過程をコントロールしたり、3Dモデルのビジュアル化や最適化を容易にするプラットフォーム。

Autodeskのブログ記事によれば、

Sparkは3Dプリンティングのプラットフォームで、特にハードウェアの製造業者、ソフトウェアのデベロッパー、素材の研究者、プロダクトデザイナーの仕事を容易にする。

Sparkは新しく効率的な方法でデジタルデータを3Dプリンターに接続し、無駄なトライアンアンドエラーを避けながら、モデルのビジュアル化や3Dプリンティングを合理化する。Sparkプラットフォームはオープンであり、誰でもそのテクノロジーを無償で利用でき、そしてイノベーションを促進させることができるだろう。

とある。

Sparkには、3Dモデルの検査や修理のためのツール、モバイルやデスクトップのOSと互換性のあるプリントプレビューのためのユーティリティも含まれている。またクラウドにも対応、3Dモデルの共有機能もあり、デベロッパーのためにSDKやAPIも提供されるという。

また、AutodeskはSparkを実装したリファレンス的なハードウェアとして、Sparkベースの3Dプリンターを2014年中に開発し、価格は5000ドル程度で販売する。

実際、現在の3Dプリンティング技術や仕様はメーカーによってバラバラで、標準というものが無かった。Autodeskが新しく構築するオープンな3Dプリンティング技術のエコシステムがうまく機能すれば、これからの3Dプリンティング分野の互換性や安定性をもたらす事ができるだろう。