THE BRIDGE

タグ Automattic

WordPress.comの親会社Automattic、シリーズDラウンドでSalesforceから3億米ドルを調達——バリュエーションは30億米ドルに

SHARE:

Automattic は WordPress.com の親会社としての存在、そしてオープンソースの非ホスト型 WordPress への貢献がよく知られている。同社はシリーズ D ラウンドで Salesforce のベンチャーキャピタル部門 Salesforce Ventures から3億米ドルを調達した。 Automattic は2014年のシリーズ C ラウンドで1億6,000万米ドルを調達して…

WordPress for iOS
Image Credit: Paul Sawers/VentureBeat

Automattic は WordPress.com の親会社としての存在、そしてオープンソースの非ホスト型 WordPress への貢献がよく知られている。同社はシリーズ D ラウンドで Salesforce のベンチャーキャピタル部門 Salesforce Ventures から3億米ドルを調達した。

Automattic は2014年のシリーズ C ラウンドで1億6,000万米ドルを調達して企業価値が11億6,000万米ドルになったが、同社が海外から投資を受けるのはそれ以来初めてだ。今回の投資によって、Automattic の企業価値は30億米ドルになるという。

2005年に設立された Automattic は、基幹サービスである WordPress.com 以外にも様々なツールやサービスを提供している。例えば、同社が数ヶ月前に買収した Tumblr や、長文式コンテンツプラットフォーム Longreads、メモ取りアプリ Simplenote などがある。他にも、ドラッグアンドドロップ型のファイル共有プラットフォーム CloudUp、コラボレーション型翻訳ツール GlotPress、アンケート作成プラットフォーム Crowdsignal(元 PollDaddy)がある。

Salesforce、Automattic ともに互いのサービスの統合や製品の整理に関する計画を明らかにしていない。しかし、Automattic によると今回のニュースは資金調達以上のことを物語っているという。広報担当者は VentureBeat に次のように語った。

私たちは互いに協力して金銭以外のメリットを探っていきます。

行間を読み解けば、Salesforce がブログで有名な企業に多額の資金を投資した理由を知るのはそう難しくない。WordPress の現在のブログのシェアはウェブ全体の3分の1を占めている。すき間時間を使ってブログを書いている人から出版社、オンライン小売業者までもが WordPress を利用している。Automattic の製品ラインナップを見れば、Salesforce が投資した理由が見えてくる。

<関連記事>

顧客管理

数ヶ月前、Automattic は WordPress 用顧客関係管理(CRM)プラグインを開発する ZBS CRM を買収した。両社は以前、ZBS CRM を WordPress により緊密に連携させる計画を発表していた。Automattic は WooCommerce という e コマースプラグインも運営しているが、こちらも4年前に買収したものだ。WordPress と WooCommerce を使っているオンライン小売業者は CRM システムを使って顧客の管理をする可能性が高い。WooCommerce ユーザが自分たちのオンラインストアを CRM に接続できる拡張機能を ZBS CRM が提供しているのもそこが狙いだ。

さらに、複数のサードパーティ製プラグインが、WordPress ソフトウェアで構築されたウェブサイトと Salesforce をつないでくれる。

CRM システムを WordPress のウェブサイトに統合するメリットは明らかに大きい。そして CRM 市場で最大のプレーヤーこそが Salesforce なのだ。Salesforce はオープンソース分野でも実績がある直近では自社の Lightning Web Components の JavaScript フレームワークをオープンソース化している。ウェブにおける WordPress の立場はもともとオープンで拡張性が高いため、両社の相性も悪くなさそうだ。

Salesforce の社長兼 CPO(最高製品責任者)Bret Taylor 氏はプレスリリースで次のように語った。

当社から Automattic への投資と両社の提携によって、WordPress とオープンなウェブの世界に貢献できることを楽しみにしています。

Automattic の側からしてみると、今回新たに調達した資金で「ビジネスを拡大」することができる。また、WordPress.com や WooCommerce、Jetpack、Tumblr、プレミアムサービスの WordPress VIP といった WordPress の製品ラインナップへの投資を増やすこともできる。

今年 Marc Benioff 氏(Salesforce の CEO 兼共同設立者)に会いました。そこで、Salesforce と Automattic には共通する指針や哲学がたくさんあることがわかったのです。

Automattic の CEO で WordPress の共同制作者 Matt Mullenweg 氏は自身のブログで語っている。

Marc 氏は気配りのできるリーダーです。そして彼の感覚と目的意識は、ウェブをより良い空間にするという私たちのミッションと非常に近いものがあります。また、エンタープライズ市場における WordPress と WP VIP の大きなトラクションと今後の可能性にも気づかせてくれました。

9月19日の発表の数ヶ月前には、Automattic が Happy Tools と呼ばれる新たな製品スイートを導入している。Happy Tools は Automattic のように社員たちがリモートまたは世界中に散らばっている企業のために開発されたツールだ。Automattic には社員が出社するオフィスがなく、71か国で900人以上の従業員が働いているという。

Salesforce の投資は将来への自信の表れだと言えます。(中略

社員が各地に散らばって働くやり方は、働くチャンスが世界中に公平に広がることを意味します。

直近の投資ラウンドで Automattic は6億米ドル以上を調達している。以前から参加している投資家には True Ventures、Tiger Global Management、Insight Partners、Iconiq Capital などが名を連ねる。(Mullenweg 氏)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

直接話すことなく採用することも——「WordPress」を開発するAutomatticの型破りな採用方法

SHARE:

<Pick Up> Billion-dollar startup Automattic hires employees without ever meeting them or talking to them on the phone 本媒体もお世話になっているブログシステム「WordPress」。月間で15.8億ページ以上をサポートする巨大サービスの運営会社のAutomatticにつ…

世界に分布するAutomatticの社員
世界に分布するAutomatticの社員

<Pick Up> Billion-dollar startup Automattic hires employees without ever meeting them or talking to them on the phone

本媒体もお世話になっているブログシステム「WordPress」。月間で15.8億ページ以上をサポートする巨大サービスの運営会社のAutomatticについては、思いの外、耳にする機会が少ないように思います。

そんなAutomatticのユニークな採用方法。現在、同社の従業員数は315人。サンフランシスコにオフィスがあるものの、その大半が自宅などで作業するリモートワーカーです。また、彼らには、自宅オフィスを快適に改良するために2,500ドル(2016年1月6日時点の為替レートで約30万円)の予算が与えられます。

普段から会議は実施せず、Eメールも使わない。チームは、SkypeやGoogle Hangoutsを使ってチャットでコミュニケーションをとります。オフィスを設けないことで浮いた予算は、世界中で行うミートアップの開催に使われるとのこと。

環境もユニークなら、その採用プロセスもまたユニーク。ただの一度の電話会議もないまま、採用することもあるのだとか。これがうまくいく要因は複数あるようですが、一つは、採用者を最初にスクリーニングする時点でそれをCEOが行うこと。CEOのMullenweg氏は、自分のリソースの1/4〜1/3を費やして、全ての応募に目を通します。このやり方なら、採用責任者が目を通す人は全てCEOがすでにGOを出した人材となり、無駄なコストが発生しません。

その後、Skypeチャットで採用責任者が過去の仕事やスキルチェックなどの基本事項の確認を行う。これを通過すると、今度はコーディングのトライアルプロジェクトを実施。プロジェクトにかける時間について、Automatticは時給25ドルを支払い、期日は設けません。だいたいのエンジニアは、現職の仕事をこなしながら、1ヶ月以内にプロジェクトを終わらせるそう。これを通過すると、最後にCEOとのチャットが実施されオファーが出される流れ。

Automatticのデザインチーム責任者のDave Martin氏が、過去1年半のあいだに目を通したレジュメの数は251通。チャットインタビューを実施した人数は63人で、41人がトライアルプロジェクトに挑戦。最終的に14人を採用したとのこと。かなり独特な同社の採用プロセスについては、Martin氏がブログに綴っています。

via. Business Insider

----------[AD]----------

WordPressを運営する Automattic社、コマースサービスを開発するWooCommerceを買収

SHARE:

<ピックアップ>WordPress Parent Automattic Buys WooCommerce | Re/code ブログやウェブページの制作などに使われるWordPressを運営する Automattic社が、eコマースツールのソフトウェアを開発しているWooCommerceを買収した、と報道されています。 つい先日にはAutomattic社は1.6億ドルの資金調達を行い、…

Image by Mykl Roventine on Flickr
Image by Mykl Roventine on Flickr

<ピックアップ>WordPress Parent Automattic Buys WooCommerce | Re/code

ブログやウェブページの制作などに使われるWordPressを運営する Automattic社が、eコマースツールのソフトウェアを開発しているWooCommerceを買収した、と報道されています。

つい先日にはAutomattic社は1.6億ドルの資金調達を行い、11.6億ドルのバリエーションと評価されたばかり。資金調達した資金をもとに、今回の買収を行ったようです。

では、今回の買収をどう見据えているのか。Re/Codeの取材内容などから察するに、ショッピングサイト向けのさまざまな開発を展開していく、とされています。いわば、WordPressを簡単にオンラインストアにできる、というものだ。記事を投稿するように商品を追加し、支払いはPayPal、StripeやAmazon Paymentもできる。配送から在庫管理、などさまざまななツールが揃っている。

WooCommerce 2.0 from WooThemes on Vimeo.

筆者の推測だが、昨今話題な「購入ボタン」などのコマースへ直結するサービスを展開するのではないでしょうか。

プラットフォーム側であるWordPressが流通やコマースを展開するために必要なシステムを導入することによって、ウェブサイトとコマースサイト、発注から配送までを行うことができれば、かなり大きな存在になれると筆者は考えます。

コマースのインターフェイスの充実と購入したいと思ったその場で購入できるためのユーザ体験をどうデザインするか。このあたりは議論になってきそうです。

via Re/Code

----------[AD]----------

「調達した1.6億ドルで、これからの10年に備えます」~WordPressの父、Automattic CEO Matt Mullenwegにインタビュー

SHARE:

先週、WordPress コミュニティの長にして、WordPress.com の運営元 Automattic の CEO Matt Mullenweg が来日した。 彼はアジア太平洋地域の WordPress コミュニティを巡るツアーの途中で、韓国、インドネシア、シンガポールを訪れた後、ここ東京に立ち寄った。インタビューを受けてくれたこの日(6月6日)は、彼は東京で WordPress のユーザの…

先週、WordPress コミュニティの長にして、WordPress.com の運営元 Automattic の CEO Matt Mullenweg が来日した。

彼はアジア太平洋地域の WordPress コミュニティを巡るツアーの途中で、韓国、インドネシア、シンガポールを訪れた後、ここ東京に立ち寄った。インタビューを受けてくれたこの日(6月6日)は、彼は東京で WordPress のユーザのコミュニティとのミートアップに参加し、以降、大阪、フィリピン、ニュージーランド、オーストラリアと巡る計画だ。

本社オフィスはサンフランシスコの SoMA (South of Market St.) にあるけれど、最後に出社したのは4ヶ月前。サンフランシスコに来たときは、ぜひ立ち寄ってもらうといいけど、そのとき僕がいるかどうかは分からない(笑)。世界中どこにいても仕事はできるからね。言わば、僕が居る場所が〝本社〟という感じ。

この前に来日したのは5年前だという。当時の日本はスマホ全盛とまではいかず、ガラケーで i-mode を使っているユーザも少なくなかった。現在の日本の WordPress のコミュニティの状況について聞いてみると、WordPress はまだアーリーアダプターのものでしかなく、2005~2006年位のアメリカの WordPress コミュニティの状況に似ていると語る。

現在の日本の WordPress コミュニティの状況は、野球で言うなら、まだ1イニング。だから、もっとWordPress を日本で広めたい。そのためにも、日本から優秀な人を雇用したい。それが今回の来日の大きな目的の一つだ。

250人いる Automattic の社員は、約3分の1がユーザサポート要員で、残りがエンジニア/デザイナー/経営管理部門という構成なのだそうだ。世界中のどこで仕事をしてもいいことは Automattic の雇用体系の特徴の一つで、250人の社員のうちサンフランシスコのオフィスに常駐する社員は15名。残念ながら日本人社員は現在のところ、東京に常駐する高野直子氏の他には居ない。[1]

英語という一つの障壁はあるにせよ、(社内の情報共有はウェブベースであるため)「英語を喋らなくても、読み書きできればいいんだけどね」と笑いながら語る Matt は、少なからぬユーザがいる日本の WordPress コミュニティにより良い環境を提供するためにも、日本人の Automattic への入社を切望しているようだ。

約1ヶ月前、Automattic がVCから1.6億ドルを資金調達したことは記憶に新しい。「IPOするとか、どこかに買収されたりするとか、そういう計画は無いの?」と尋ねてみると、Matt は次のように答えた。

典型的なIPOより、大きな金額をVCからの資金調達で賄えたんだ。会社は自分達でコントロールしたいし、今のところIPOの必要は無い。WordPress は2ヶ月前に11歳になった。今回調達した資金は、WordPress のこれからの10年に備えるためのものだ。

今回調達した資金を使って、同社は当面、iPhone や Android 向けのモバイル最適化に開発体制を集中する。それを考えれば、モバイルで欧米の先を行く日本から、多くのエンジニアに WordPress の開発に加わってほしいと考えるのはごく当然の発想だ。

WordPress を採用しているウェブサイトは世界の2割以上に上ると言われ、たった250名しかいない社員で、それだけのトラフィックシェアを獲得しているという点で、Automattic は Facebook や Google などよりマーケット・ディスラプティブな存在として評価されてきた。日本を含む世界で雇用される新たな人材が、WordPress を単なるブログ環境や CMS という概念に留めず、新たなプラットフォームに成長させてくれることを楽しみにしたい。


  1. 高野氏は「グローバライザー」と紹介されている。WordPress の利用促進と Automattic の信念を世界中に広めることが、彼女のミッションのようだ。 
----------[AD]----------

WordPress.com親会社のAutomattic、11億6000万ドル評価で1億6000万ドルを調達【ピックアップ】

SHARE:

<ピックアップ記事> WordPress.com Parent Automattic Raises $160 Million, Valued at $1.16 Billion 多くのブログがプラットフォームとして活用しているCMSといえばWordPress、私たちTHE BRIDGEも愛用しております。こちらの運営会社(というか親会社)の Automatticが1億6000万ドルの大型…

Automattic

<ピックアップ記事> WordPress.com Parent Automattic Raises $160 Million, Valued at $1.16 Billion

多くのブログがプラットフォームとして活用しているCMSといえばWordPress、私たちTHE BRIDGEも愛用しております。こちらの運営会社(というか親会社)の Automatticが1億6000万ドルの大型調達を実施したそうで、CEOのMatt Mullenweg氏が認めたとRe/codeが報じています。

Automatticの創業は2005年、これまでにも1億5700万ドルを調達しており、合計で3億1700万ドル(100円換算で317億円)を調達したことになります。記事によると今回の評価額は11億6000万ドル、前回ラウンドが2008年ですからここにきて大きく動きをみせたことになります。

WordPressは世界のトップ1000万サイトの約22%で利用されているCMSで、Re/codeのインタビューに対してMatt氏は今回の調達で人員の拡大やマーケティングなどの積極投資を実施するとのこと。現時点で事業自体はブレイクイーブンということですので、大型調達でさらに天井を伸ばすということなのでしょう。さらに詳しくはぜひ元記事で。

Google翻訳でざっくり読む

via Re/code

----------[AD]----------