THE BRIDGE

タグ AutoNavi

Alibaba(阿里巴巴)のAutoNavi(高徳)がロケーションベースのTaobao(淘宝)からビジネスソリューションへ方向転換

SHARE:

Alibaba(阿里巴巴)が完全子会社化した中国のマッピングカンパニーAutoNavi(高徳)は、地図ベースでTaobao(淘宝)マーケットプレイスを構築する考えを一端保留し、ビジネス向けソリューションに方向転換する決断を下した。新たにAlibabaのロケーションベースサービス(LBS)部門を率いるYu Yongfu(俞永福)氏は、先日行われたイベントで、AutoNaviはユーザ向けアプリケーショ…

Alibaba(阿里巴巴)が完全子会社化した中国のマッピングカンパニーAutoNavi(高徳)は、地図ベースでTaobao(淘宝)マーケットプレイスを構築する考えを一端保留し、ビジネス向けソリューションに方向転換する決断を下した。新たにAlibabaのロケーションベースサービス(LBS)部門を率いるYu Yongfu(俞永福)氏は、先日行われたイベントで、AutoNaviはユーザ向けアプリケーションからテクニカルソリューション開発にシフトしたと語った。

AutoNaviは先月、Alibabaの年次デベロッパー会議でモバイルアプリケーションがAmap(高徳地図)やその他のロケーションベース機能に組み込めるようになる構想「スマートLBS」を発表した(AmapはAutoNaviのデジタルマップ製品)。

HTML5ジオロケーションAPIは、サードパーティのアプリケーションが、マーカーや行き方、あるいはロケーションベースの検索を追加するなど(下記画像参照)組み込まれたマップをカスタマイズできるようにするためにリリースされた。これは、WeChat(微信)公式アカウントシステムやAlipay(支付宝)のService Windowプラットフォーム上に構築されるウェブベースのアプリケーション向けだ。

autonavismartlbs1

AutoNaviは、スマートハードウェアのトレンドにおけるチャンスを逃したくないと考えている。同社はハードウェア製品がポジショニング、マップ、ナビゲーション、ロケーションをベースとする検索サービスを提供できるようSDKをリリースした。Qihoo(奇虎)360の子供トラッキング用ブレスレットGhostドローンは、このソリューションを採用している。

全てのサービスは無料だ。Yu氏は前述のイベントにて、3年以内にこのソリューションをマネタイズすることはないと述べた。

Tencent(騰訊)はNavInfo(四維図新)の株式を取得している。

【via Technode】 @technodechina
【原文】

----------[AD]----------

Alibaba(阿里巴巴)傘下の地図情報会社AutoNavi(高徳)が、ナビアプリと併用するガジェットを発表

SHARE:

Alibaba(阿里巴巴)傘下の地図情報会社 AutoNavi(高徳)は今日(原文掲載日:7月4日)、Xiaomi(小秘、若い秘書の意)という、コインサイズのガジェットを発表した。 主機能として、AutoNavi ナビアプリをスマートフォンでワンクリックするだけで起動することができる。 このガジェットにはトラッカー機能も付いており、スマートフォンがガジェットから遠ざかったり、逆にがガジェットからス…

download-2

Alibaba(阿里巴巴)傘下の地図情報会社 AutoNavi(高徳)は今日(原文掲載日:7月4日)、Xiaomi(小秘、若い秘書の意)という、コインサイズのガジェットを発表した。

主機能として、AutoNavi ナビアプリをスマートフォンでワンクリックするだけで起動することができる。

このガジェットにはトラッカー機能も付いており、スマートフォンがガジェットから遠ざかったり、逆にがガジェットからスマートフォンから遠ざかったとき、アラームを送ってくれる。

3つ目の機能として、スマートフォンのカメラを起動させることができる。価格についてはまだ明らかになっていない。

QQ20140704-1

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Alibaba(阿里巴巴)がAutonavi(高徳)を15億米ドルで買収し、地図事業に進出

SHARE:

eコマース大手 Alibaba(阿里巴巴)は1年ほど前、Autonavi(高徳、NASDAQ:AMAP)の持分株式の28%を取得した。そして今年2月、同社は1株あたり21ドルの上値で Autonavi の全株を取得する提案をした(7月16日時点の最新情報:Autonavi の株主は本日(原文掲載日:7月16日)、買収提案を承認した。この取引は今月末に完了し、Autonavi の NASDAQでの上…

Heres-why-Alibaba-wants-to-acquire-all-of-Autonavi

eコマース大手 Alibaba(阿里巴巴)は1年ほど前、Autonavi(高徳、NASDAQ:AMAP)の持分株式の28%を取得した。そして今年2月、同社は1株あたり21ドルの上値で Autonavi の全株を取得する提案をした(7月16日時点の最新情報:Autonavi の株主は本日(原文掲載日:7月16日)、買収提案を承認した。この取引は今月末に完了し、Autonavi の NASDAQでの上場は廃止となる)。

Autonavi は本日(原文掲載日:7月16日)、買収価格での提案を受け入れたが株主の承認待ちとなっていることを明らかにした。Autonavi の 昨日の終値は1株20ドルであった。2月に最初の提案のあった時の16.54ドルからすると、株主にとってはかなりのプレミアムがついたと言える。

この取引を通じて Autonavi には15億米ドルの資金がもたらされ、同社は非公開企業となる。これが今後予定されている Alibaba のアメリカでのIPOにどのように組み込まれるかは不明だ。調査会社 Enfodesk の最新データによると、Autonaviは中国で4番目に人気の地図サービス企業である(データを最新の数字に更新した)。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

AutoNavi(高徳)、Alibaba(阿里巴巴)とともに位置情報サービスのクラウドプラットフォームをローンチ

SHARE:

AutoNavi(高徳)は先日、今年初めに同社の28%の株式に2億9,400万米ドルを出資したAlibabaとともに、LBSクラウド戦略を発表した。AutoNaviのLBSクラウドプラットフォームとAlibabaのクラウドプラットフォームが互いに統合された。 このプラットフォームでは開発コストを下げるために、地図、検索、位置情報、経路といった基本サービスをデベロッパーに開放している、と話すのはAu…

AutoNavi

AutoNavi(高徳)は先日、今年初めに同社の28%の株式に2億9,400万米ドルを出資したAlibabaとともに、LBSクラウド戦略を発表した。AutoNaviのLBSクラウドプラットフォームとAlibabaのクラウドプラットフォームが互いに統合された。

このプラットフォームでは開発コストを下げるために、地図、検索、位置情報、経路といった基本サービスをデベロッパーに開放している、と話すのはAutoNaviのLBSプラットフォームの開発マネージャーPiao Chunzhi氏だ。先日開催されたQCon International Software Development Conferenceの場でのことだ。

AutoNaviの収集したマッピングデータに加え、AutoNaviと共同しているCtrip(携程)Dianping(大衆点評)、Sina Weibo(新浪微博)、Umeng(友盟)によって共有されるデータもクラウドプラットフォーム上で利用できるようになる。

AutoNaviのLBSクラウドプラットフォームは現在、1日あたり30万人以上のデベロッパーとオペレーター、1万以上のアプリがこのデータを利用しているという。こうしたアプリは、旅行、ケータリング、ホテル、ソーシャルネットワーキング、タクシーやゲームといったカテゴリーを網羅し、Ctrip、Dianping、Tuan800(団800)Ele.me(餓了麼)Kumi(酷米)、そしてチャリティアプリのChinaeagle(鷹眼益雲)も含まれている。

AutoNaviの狙いは、POI検索・精密な位置決め・ビッグデータ、というモバイルインターネット時代の3つのキーワードに焦点を当てつつ、デベロッパーがアクセスしやすいものになることであるとPiao氏は言う。この協力が双方の利益になると考えているのだ。AutoNaviはAlibabaのクラウドストレージリソースを活用することができるし、地図提供のプロであるAutoNaviのマッピングデータは、O2Oビジネスチェーンを完成させたいAlibabaにとって強力な補完材料だ。

AutoNaviと彼らの競合であるBaidu Map(百度地図)は、ナビゲーションの市場シェアの獲得を目指し、8月から無料サービスを提供している。Piao氏がAutoNaviの自家製データが自社の強みであるとしている。Baiduの地理データはNavInfo(四維図新)から購入したものだからだ。

【原文】

----------[AD]----------

Autonavi(高徳)が提供する地図アプリがユーザ数1億を突破、中国ナンバーワンのシェアを獲得

SHARE:

【原文】 読者の方々はAutonavi (高徳、NASDAQ:AMAP)が、マーケットシェアが下がり気味のGoogle Mapsを大きく引き離して、中国で最も人気のあるモバイル地図アプリになったということを思い出すだろう。先日、Autonaviは同社の地図アプリユーザ数が1億を超えたと発表した。これは中国国内でのみの数だ。地図はAndroid、iOS、Windows Phoneの3種類のスマートフ…

【原文】

Autonavi-apps-100-million-users

読者の方々はAutonavi (高徳、NASDAQ:AMAP)が、マーケットシェアが下がり気味のGoogle Mapsを大きく引き離して、中国で最も人気のあるモバイル地図アプリになったということを思い出すだろう。先日、Autonaviは同社の地図アプリユーザ数が1億を超えたと発表した。これは中国国内でのみの数だ。地図はAndroid、iOS、Windows Phoneの3種類のスマートフォンプラットフォームで利用可能である。

AutonaviのCEO、Congwu Cheng(成从武)氏は今日のユーザ1億人達成について次のように語った。

「同社の地図アプリの人気は、位置情報ベースのソリューションが中国のモバイルインターネットユーザの生活の一部になるという目覚ましいレベルにまで成長したということを反映しています。」

Autonaviのモバイルアプリは、リアルタイムの道路状況データ、3D画像、Sina Weiboと連動するソーシャルサービス、ナビゲーション、到着予測時間も提供している。

Autonaviモバイルアプリはこの分野で25.9%のマーケットシェアを占めており(下記グラフ参照)、検索エンジンBaiduのBaidu Mapsの19.1%を上回っている。Googleは2012年第3四半期には6位にランクを落とした。

Apple (NASDAQ:AAPL)が中国本土地図のパートナーにAutonaviを選んだのは、Autonaviデータがあれば役立たずのApple Mapsが受けた世界的なバッシングを中国で回避できると踏んだからである。Qihoo(奇虎)もAutonaviの地理的ノウハウを自身の地図サイトに採り入れ、利用料を支払っている

1億人のユーザを誇るモバイルアプリを提供する中国企業はこれまでたった5社であったが、今回のマイルストーン達成により、Autonaviがこの仲間入りを果たした。Autonavi以外の5社はTencent(騰訊)、Alibaba(阿里巴巴)、Qihoo(奇虎)、Sina(新浪)、そしてUCWebである。この中には、複数のアプリでこの大きな記録を突破した企業もある。

China-Mobile-map-app-market-share-2012-Q3

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

オンライン地図サービスを提供する中国のBaidu(百度)とAutoNavi(高徳)がO2O領域で対決?

SHARE:

【原文】 ここ数年、オンライン地図サービス競争が過熱している。地図自体が新しいモバイルゲートウェイとなったからだ。Baidu(百度)とAutonavi(高徳)は、検索大手にして地図サービスのベテランで、「偶然」、同じ位置情報生活サービスプラットフォームの構築プランを用意しており、両社は争うことになりそうだ。地元ポータルサイトのTencent(騰訊)はこの戦いを詳しく記述している。 戦いの時 Bai…

【原文】

ここ数年、オンライン地図サービス競争が過熱している。地図自体が新しいモバイルゲートウェイとなったからだ。Baidu(百度)とAutonavi(高徳)は、検索大手にして地図サービスのベテランで、「偶然」、同じ位置情報生活サービスプラットフォームの構築プランを用意しており、両社は争うことになりそうだ。地元ポータルサイトのTencent(騰訊)はこの戦いを詳しく記述している。

戦いの時

Baidu BUのゼネラルマネージャーShen Li氏は、同社が10月に位置情報サービス(LBS)部門を設立した際、この事業については現在収益化はさほど気にしていないと語っていた。同社はO2Oに最適なソリューションの模索とサービスシステムの構築がより重要だと考えていた。

一方、Autonaviは近年、地図データプロバイダからLBSライフポータルへの変化を図ってきた。同社の副社長Qie Jianjun(邪建軍)氏によると、同社は今までどおり販売業者へのより良いサービスと顧客獲得の手助け、全般的な満足度への貢献に重点を置いているという。これらの任務とは別に、同社は整備の行き届いた地図サービスの商業化に着手する予定だ。

同じ方向性

優れた者は同じことを考える。両社はO2Oアプローチにおいて全く同じ戦略に行き着いた。それが消費型ガイドと呼ばれるものである。やり方は違ったが、方向性は同じだ。

中国のインターネットシンクタンクeguan(易観)の最新データによると、2012年第3四半期までにAutonaviはモバイル地図市場シェア1位(25.9%)、Baidu Mapは次いで19.1%であった。Baidu Mapのシェアはこの半年で2%増加した。

市場で10年の経験を持つAutoNaviは、Baiduが蓄積に数年かかるであろう程の豊富なロケーションデータを備えている。過去10年、AutonaviはマッピングAPIを多くのサードパーティーの開発者たちとAlibaba(阿里巴巴)、Tencent(騰訊)やQihoo360(奇虎)など12万件のウェブサイトに提供してきた。

2012年12月11日に同社はSina Weibo(新浪微博)と商品、データとクラウドプラットフォームにおいて戦略的提携をすると発表した。「LBSは新しいソーシャルサービスの核となるでしょう。私たちはその先駆者となりたいのです。」と副社長は語った。Qie氏はまた、同社はより多くのO2O関係企業とデータ統合に取り組んでいることを明らかにした。

Baiduの例をとると、Baidu Mapは、地図データ、交通情報、そしてストリートビューをサードパーティーデベロッパーに開示することでオープンポリシーの姿勢を保っている。現在BaiduのO2Oビジネスは、レストラン、映画館、そしてカラオケ事業だけにとどまらず、共同購入、クーポン、そしてテイクアウトサービス事業にも参入している。Baiduは、7700万人のユーザと40もの共同販売業者を獲得したとしており、また現地販売業者向けのマーケティングプラットフォームを4000ほど立ち上げたと述べている。

オフラインへのさらなるステップ

バランスのとれたO2Oビジネスはオンラインとオフラインビジネスの両方に均等に重視すべきである。しかしながら、BaiduとAutoNaviはこの点でしっかりしているわけではない。躊躇しているのだ。Autonaviは提携先のオフラインリソース提供に期待している。

Baiduは不思議なことにオフラインO2Oにはあまり関心を示しておらず、Shen氏がかつて語ったように、Baiduは大規模なオフラインチームなしで自社のO2Oをパワーアップする方法を考えている。彼女によると、Baiduは既に直接影響力のある地元販売業者にサービスを提供しているオフラインチームを持っているが、必ずしもそれがO2Oビジネスの成功への道だとは限らないという。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

Google Maps、中国の市場シェア首位を初めてAutonavi(高徳)に奪われる

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国で使用されるモバイル・マッピング・クライアントに関する新たな統計によると、Google Mapsはこの度初めて、わずかな差ではあるが首位の座をAutonavi(高徳、NASDAQ:AMAP)に奪われた。 北京を拠点とするリサーチ企業のAnalysis International(易観国際)は、Google(NASDAQ:GOOG)Mapsのアプリは現在2…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国で使用されるモバイル・マッピング・クライアントに関する新たな統計によると、Google Mapsはこの度初めて、わずかな差ではあるが首位の座をAutonavi(高徳、NASDAQ:AMAP)に奪われた。

北京を拠点とするリサーチ企業のAnalysis International(易観国際)は、Google(NASDAQ:GOOG)Mapsのアプリは現在25.3%のモバイルクライアントにより利用されており、Autonaviの25.5%に抜かれたことを明らかにした。業界全体では、マップ利用のアカウント総数は2011年末には1億3,500万、前四半期と比較すると34.6%も伸びている。

我々が前回、同じ情報源から2011年第1四半期の統計を確認した際は、Google Mapsは市場シェアの46.3%を占めていた。しかしそれが年末には半分近くにまで減少した。

2011年の第4四半期と第1四半期を並べて比較してみると(以下チャートを参照)、Baidu(百度、NASDAQ:BIDU)のマップアプリが大きく成長していることが見受けられ、市場シェアを4倍にまで押し上げている。その一方でNokiaのOviマップはシェアをいくらか失ったようだ。とはいえども、携帯電話の販売の不振を示すような落ち具合ではない。

(私が手作業で入力した数字をGoogle Docsが台無しにしてくれた:25.5%と25.3%が実際に確認された数字である。)

これらの統計は同リサーチグループから発信されていることから、ある一定の原則があると考えられる。中国の消費者がオンラインマップを利用するのに、どのアプリを使用しているのかをフェアに表している。ただし、これらの数字は、数あるソーシャルメディアアプリの中の使用を含まない。例えば、Jiepang(街旁)などのLBS位置情報サービスアプリが含まれるとしたら、GoogleとBaiduがAutonaviよりも強い立場へと変わる可能性もある。

Googleは中国でしばらく苦戦しており、同国のウェブ検閲に対抗する意志を表明してからと言うもの、その業績は著しく悪化している。以前に同国の検索エンジン市場のシェアを確認した際、GoogleはSohu(捜狐、NASDAQ:SOHU)のSogou.com(搜狗)より下位の3番手に下落していた。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------