THE BRIDGE

タグ Aviary

Photo Hack Day Japan: 時間軸でウォークスルーができる写真閲覧アプリ「Back to the Future」が優勝

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 京都のスタートアップ Qooq について、我々がこれまでに何度も書いているのを覚えている読者もいるだろう。同社のアプリ Yesterscape は、過去の写真を閲覧するのに、新しく面白い方法を提供している。しかし、撮影場所を元に昔の写真を見るのは、一つの方法に過ぎない。Aviary と Mixi による共催で、先週末…

photo-hack-day-japan-13-620x296

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

京都のスタートアップ Qooq について、我々がこれまでに何度も書いているのを覚えている読者もいるだろう。同社のアプリ Yesterscape は、過去の写真を閲覧するのに、新しく面白い方法を提供している。しかし、撮影場所を元に昔の写真を見るのは、一つの方法に過ぎない。Aviary と Mixi による共催で、先週末開かれた Photo Hack Day Japan [1] では、2日間のハッカソンの結果、同じような過去の写真を見るためのソリューションが優勝に輝いた。しかし、この「Back to the Future」と名付けられたウェブアプリは、撮影場所で絞りこむのではなく、キーワード検索に基づき、トピック毎に写真を整理する方法を取っている。

このアプリは日本で働く開発者の Theeraphol Wattanavekin が作成し、他の3人のメンバー(Rapee Suveeranont、Yoonjo Shin、Thiti Luang)は遠隔で参加した。[2] Getty Images の API と、インタフェースに Leap Motion を使い、時間軸によるウォークスルーが体験できる。

上の写真は、開発者の Theeraphol が「コンピュータ」という言葉で検索し、その結果を1972年〜2012年で絞り込んだものだ。Leap Motion を使って、彼は両手でコマ送りするように時間軸でウォークスルーしてみせた。確かに、このような見せ方ができるアプリを考えるのに、大きな労力は必要としない。Aviary の CEO Tobias Peggs は、このようなアプリは、例えば、美術館で子供に使わせたら面白いのではないかと語った。

backtothefuture-screenshot-620x277

個人的には、この時間軸のデザインに感心させられた(上記スクリーンショットを参照)。美術館、歴史アーカイブ、ニュース企業など、多くの写真を持つソースと連携できれば、より面白いものになるだろう。ある意味で、ニュース企業で人気を得つつある Timeline.js の改良版という見方もできる(Timeline.js は、THE BRIDGE でもこの記事中で利用している)。このチームが開発を続けるか、もしくは、他の方法で人々が使いやすいものにしてくれることを期待している。[3]

「Back to the Future」は、プレゼンテーションした23のプロジェクトの中から選ばれ、最優秀賞として賞金30万円、Leap Motion API 賞として Leap Motion Controller が全メンバーに、さらに Unity3D のライセンス、Getty Images の API 賞として5万円のギフトカードが贈呈された。週末を通して、他にも面白いアイデアが披露されたので、近いうちに、それらについても記事にしたいと思う。

このイベントでの写真を見たければ、我々のFacebook ページのアルバムをチェックしてほしい。

photo-hack-day-japan-16-620x467
Theeraphol と彼のチームは、Leap Motion API の最優秀活用賞も獲得。

  1. 全面的に開示するなら、私はこのコンテストを支援すべく、審査員の一人として参加したことを記述しておくべきだろう。 
  2. Theeraphol 以外の3人は Boonmee Lab の共同創業者であり、Rapee と Yoonjo は Theeraphol のように、以前日本で働いていたことがある。 
  3. Theeraphol は、彼の書いたコードを Github で公開している(リンクを張っておくが、彼が特に問題だと思わないことを望む)。彼は自身で開発を続けようと考えているが、Chrome ブラウザのセキュリティ問題のため、機能が完全に動かないのだそうだ。(現時点では、Chrome でしか動作しないことに注意されたい。)
----------[AD]----------

NY発のフォトエディタ・スタートアップAviaryが、ハッカソン・イベント「Photo Hack Day」を東京で開催

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 数ヶ月前、ニューヨークに本拠を置く Aviary が日本でのサービス展開を本格化しつつあると書いた。そして今月、その努力の一つとして、Aviary はハッカソン・イベント「Photo Hack Day」を2月22〜23日の週末に開催すると発表した。 以前にも書いた通り、日本はおそらく世界で最もモバイルを使った写真撮影…

aviary-photo-hack-day-620x308

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

数ヶ月前、ニューヨークに本拠を置く Aviary が日本でのサービス展開を本格化しつつあると書いた。そして今月、その努力の一つとして、Aviary はハッカソン・イベント「Photo Hack Day」を2月22〜23日の週末に開催すると発表した

以前にも書いた通り、日本はおそらく世界で最もモバイルを使った写真撮影に熱狂的な国であり、この国で作られた信じられないほど多くの素晴らしいフォトアプリを紹介してきた。より多くの面白いアプリが今回の Photo Hack Day で作られることを期待したいので、このイベントに参加を希望する開発者は、Photo Hack Day のサイトをチェックして情報を得てほしい。

Aviary の前回の Photo Hack Day は Facebook のサンフランシスコ本社で開催され、300人を超える開発者やデザイナーが63個のアプリを制作した。今回ミクシィで開催される日本イベントでは、一位入賞者に30万円が贈られる。(賞金総額150万円相当)

API の提供スポンサーには多数の企業が名乗りを上げており、ハッカソンが22日朝11:30に開始されるのに先立ち、午前中の冒頭、各社が API のデモを披露する予定だ。[1] 面白そうなことや集中ハッカソンに携わりたい開発者やデザイナーは、ぜひウェブサイトを訪れるか、Peatix で登録してほしい

Aviary が11月に、日本でフォトエディタの初の国際版をローンチしたのは記憶に新しい。その際、CEO の Tobais Peggs にしたインタビューで、彼は Aviary に関する紹介をしてくれた(以下、ビデオ)。


  1. ボランティアでこのイベントに審査員として関わることを記しておきたい。参加者は、ぜひ私に声をかけてほしい。 ↩
----------[AD]----------

フォトエディタのAviary、初の国際版を日本市場向けにローンチ

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 THE BRIDGE の YouTube チャンネルをフォローしている読者なら、東京で同社のCEO Tobias Peggs にインタビューしたビデオを見ているかもしれない。同社は、フォトエディタ Aviary の初の国際版をここ日本でローンチすべく邁進してきた。そして今朝、iOS7 用にデザインされたこのアプリがス…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

THE BRIDGE の YouTube チャンネルをフォローしている読者なら、東京で同社のCEO Tobias Peggs にインタビューしたビデオを見ているかもしれない。同社は、フォトエディタ Aviary の初の国際版をここ日本でローンチすべく邁進してきた。そして今朝、iOS7 用にデザインされたこのアプリがストア上に公開された。無料でダウンロードできる

Aviary によれば、今回のバージョンでは、フィルタ、フレーム、スタンプなど、日本向けのみのコンテンツが追加される。これらの機能を使うには、モバイルの地域・言語設定を「日本語」にする必要がある。我々はまだ試していないが、LINE へのシェア機能もサポートされたとのことだ。

Tobias に話を聞いたとき、近い将来、日本は Aviary にとって主要な市場となり、彼自身も日本で時間を過ごすことが増えるだろうと語っていた。日本は世界の他の国に例を見ないほど、写真アプリのあふれる国であり、Avaiary のフォトエディタ技術と連携できるサービスを持つ、多くの日本のローカルパートナーを見つけることができるだろう。[1]

詳しくは、Aviary の日本のウェブサイト Aviary.jp をチェックしてほしい。ローンチについては、Aviary のブログにも詳細な記述がある。

aviary-pic-280x479 aviary-content-280x479


  1. 今年初め公開した、日本のコムニコの記事を参照されたい。コム二コの Facebook ページ管理ツールは、その機能を実現させる上で、Aviary のフォトエディタを一部で使っている。
----------[AD]----------

月間5000万のアクティブユーザ数を持つ画像編集ツール「Aviary」が日本に上陸予定

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 先週、画像編集プラットフォーのプロバイダーであるAviaryが海外展開を計画中で、日本を最初の展開先としていることを聞いた。この会社は直近数ヶ月の間にかなりの成功を収めていて、5月には月間5000万のアクティブユーザ数を達成している[1]。 既に4600以上の企業がAbiaryのシステムを組み込んでいて、その中でも(…

Aviary’s Japan rep Archie Archibong
Aviaryの日本代表、Archie Archibong氏

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

先週、画像編集プラットフォーのプロバイダーであるAviaryが海外展開を計画中で、日本を最初の展開先としていることを聞いた。この会社は直近数ヶ月の間にかなりの成功を収めていて、5月には月間5000万のアクティブユーザ数を達成している[1]。

既に4600以上の企業がAbiaryのシステムを組み込んでいて、その中でも(我々が知っている中では)ミクシィが最も著名な会社で、Aviaryはカスタムステッカー機能を開発し彼らのアプリの中に組み込んでいる(写真右)。

mixiscreens-280x287

私は今週、日本に滞在しているAviaryの事業開発担当者であるアーチー・アーチボン氏に同社の話を伺う機会を得られた。彼はこう説明した:

日本からの需要は多く、これまでも日本の多くの人がどのようにしたらAviaryのプロダクトをうまく活用できるかについて我々にリーチしてきました。それは我々が日本に拠点を置くべきとなる明確な理由でした。

アーチー氏は、フェイス・トゥ・フェイスでのパートナーとのミーティングの大切さと、彼らが実際に何を必要としているかを理解することの重要さを語った。この方法をとることは、同社のロードマップをつくりだすことの助けになると彼は言う。これまでの東京での結果はというと、多くの紹介とミーティングの機会を手にしており、これはemailやSkypeのみのアプローチの仕方ではできないことだと彼は付け加えた。

同社は同社の5回目のイベントとなるPhoto Hack Dayを今秋東京で企画しており、これはコミュニティ、特に多くの写真アプリを開発している日本のスタートアップにとって良い機会となるだろう [2]。この種のイベントはローカルの開発者をサポートするだけでなく、同社のサービスを広めるという点においても、同社のプレゼンスをあげるだろう。

日本でプレゼンスを確立することは、クオリティーの高い日本の写真アプリの豊富さを考えると、賢い動きだと言える。フラリー・アナリティクスからの最近のレポートでは、日本はiOSとAndroidの両方で、他のどの国よりも写真アプリを使う率が高いことが示された(下図参照)。もしこれが正しいのであれば、Aviaryが多くの機会をここ日本で得ることができると言えるだろう。

flurry-japan-photography-620x385


[1]これは5月28日に”直近30日”として発表されたものなので、5月の数字としては大体のものである。 ↩

[2]Photo hack Dayの以前のイベントは4月にメンロパークにあるフェイスブックの本拠地で行われた。このイベントでコンピューターサイエンスをバックグラウンドに持つアーチー氏は自分自身でアプリを開発している。 ↩

【原文】

----------[AD]----------