THE BRIDGE

タグ AWS

Amazon Translateがパワーアップ、合計54言語と2804の言語ペアに対応

SHARE:

12月に米ラスベガスにて開催予定のAWSイベント「re:Invent」に先駆け、AmazonはAWSの一機能であるAmazon Translateに関するアップデートを公開した。同サービスはAPIを通して言語翻訳をするというもの。今回のアップデートでは対応言語並びにサービス提供地域が大幅に追加された。 Amazon Translateは2017年11月に限定公開され、昨年4月に一般公開された。同機…

amazon-2
Image Credit: VentureBeat

12月に米ラスベガスにて開催予定のAWSイベント「re:Invent」に先駆け、AmazonはAWSの一機能であるAmazon Translateに関するアップデートを公開した。同サービスはAPIを通して言語翻訳をするというもの。今回のアップデートでは対応言語並びにサービス提供地域が大幅に追加された。

Amazon Translateは2017年11月に限定公開され、昨年4月に一般公開された。同機能では、的確かつ自然な翻訳をAIを利用して提供している。ブランド名、キャラクター名、モデル名など特定個人を指すユニーク性を持つ用語も翻訳することが可能だ。また、自然言語処理と組み合わせることで、感情分析に応用することもできる。

今回のアップデートで新たに追加されたのは22言語で、計54の言語と方言に対応した。また、組み合わせ可能な言語ペア数は2,804にも上る。昨年11月の段階で417、今年10月で987の組み合わせであったため、対応言語数は格段に範囲が広がった。

ちなみにライバル企業のBaidu Translateは16言語、Google Cloud Translationは100を超える言語に対応、またMicrosoft Translatorは60以上の言語に対応する。

今回アマゾンが新規に追加した言語は以下の通り。

アフリカーンス語、アルバニア語、アムハラ語、アゼルバイジャン語、ベンガル語、ボスニア語、ブルガリア語、クロアチア語、ダリー語、エストニア語、カナディアンフランス語、グルジア語、ハウサ語、ラトビア語、パシュート語、セルビア語、スロバキア語、スロベニア語、ソマリ後、スワヒリ語、タガログ語、タミル語。

AWSのテクニカルエバンジェリストJulien Simon氏はブログにて以下のように語っている。

小売事業拡大や顧客問い合わせに対応するための多言語化など、今回対応言語数とペア数が増えたことであらゆる事業拡大に快適さとスムーズさをもたらすことが出来るようになりました。

Amazon Translateは新たに6つの地域におけるAWSサーバーへの対応を発表し、合計17か所で利用できるようになった。(2年前までは3か所のみ)加えて、同サービスは昨年11月より、HIPAAに準拠認定された。さらに、開発者が自動で音声認識システムをアプリケーションに導入できるサービス「Amazon Transcribe」には日本語を含む新たに7言語が追加された。

また、最近では新サービス「Textract」をローンチ。Textractは機械学習を利用したデータテーブル、フォーム、ページ全体の解析をクラウドホスト型で提供する。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

脱コーヒーの狼煙上がるーースタバが目論むレストラン版AWS「ゴーストレストラン2.0」戦略を考察する

SHARE:

ピックアップ記事 : Starbucks wants to create the AWS for restaurants ニュースサマリ:7月22日、米Starbucksが外食事業者向けのクラウドベースのソフトウェアを開発するBrightloomとの提携を発表した。同社は注文から受け取り、顧客データ分析に基づくオペレーション最適化までの一貫したソリューションを提供する。 今回の提携を通じて、Sta…

ピックアップ記事 : Starbucks wants to create the AWS for restaurants

ニュースサマリ:7月22日、米Starbucksが外食事業者向けのクラウドベースのソフトウェアを開発するBrightloomとの提携を発表した。同社は注文から受け取り、顧客データ分析に基づくオペレーション最適化までの一貫したソリューションを提供する。

今回の提携を通じて、Starbucksは自社技術ノウハウをライセンス供与という形でBrightloomへ提供する。また、StarbucksはBrightloomの株式を取得し、取締役を置くことが決まっている。Brightloomの前身は、サンフランシスコを拠点とした自動サラダバー「Eatsa」。

Eatsaではモバイルアプリでの事前注文、もしくは店頭に置かれたタブレット端末を使いオリジナルのサラダを注文。

最初の注文の際に顧客はオンライン・アカウントを作るステップがあり、通うたびに過去の注文履歴からオススメのサラダの組み合わせを提案してくれる仕組みを確立した。注文した商品はロッカー型の受け取り口でピックアップする。

顧客とのタッチポイントに店頭スタッフとの接点がないことや、調理プロセスの半自動化が行われていた点からロボット・レストランや自動サラダバーと称され反響を呼んだ。

しかし自社チェーン展開にスケール限界を迎え、Brightloomに企業名を変更し、システム外注企業として再出発をした。Brightloomを導入するレストレンはEatsaのようなオペレーションの自動化を図ることができる。

現在、Starbucksが展開する約80カ国の市場のうち、50%でモバイルアプリを展開しているという。一方、モバイル注文/ピックアップシステムを実装しているのは唯一8カ国。まずはこの展開国数の拡大をBrightloomとの提携によって目指すことが当面の目標となる。

話題のポイント:本記事のポイントとなるのは、Starbucksが「次世代ファーストフード店」を作る可能性です。

Starbucksは実店舗ビジネスで大成功を収めていますが、Brightloomのように自社商品を提供し続けるコンテンツ提供側からプラットフォーム企業の市場ポジションへ移行したい意図を感じます

背景にはレストランの“仮想店舗化”のトレンドが挙げられます。最近ではゴースト・レストランと呼ばれるようになった領域です。

ゴースト・レストランとは調理場だけを持ち、メニューをUberEatsに代表されるフード配達サービスに載せて販売するレストラン事業モデルを指します。ウェイトレスの人件費を無くし、店舗縮小により不動産コスト削減に繋げるオンデマンド配達時代の新たな飲食ビジネスの形と言えます。

StarbucksとBrightloomが見据える仮想店舗は「ゴースト・レストラン2.0」です。

どんなブランドや個人経営の料理人であってもメニューと調整プロセスさえクラウドにアップロードすれば世界中に店舗を持てる業態をここでは指します。

従来、シェフの技量によって提供メニューに制限がありました。

しかしEatsaで実現されたような調理プロセスが半自動化された店舗では、メニューと調理手順、素材さえ現地で揃えば顧客の欲する商品をどんな店舗でも提供することが可能になるでしょう。たとえば東京に店舗を構える日本料理屋のメニューが米国の地方店舗でも楽しめる具合です。

顧客がいつでも自分の好きな料理を、どの店舗へ行っても楽しむことができる飲食チェーンが各都市に誕生する可能性です。

海外で飲食店ライセンスを取らずともメニューさえクラウドサービスに提供すれば、世界中に出店できるモデルをゴースト・レストラン2.0と本記事では呼びます。Brightloomの現在のクラウドサービスにメニュー提供機能が追加されれば夢ではないでしょう。

現在のゴースト・レストランの考えでは、未だ自社で調理場やシェフ、配達サービスとの連携を手配する必要があります。

しかし2.0の概念が普及した世界ではメニューさえ提供すれば世界中の店舗に自動展開されます。店舗側は調理メニュー工程をシステムに読み込ませて味を再現するだけ。

あらゆるブランドや料理人がクラウドを通じて手軽に店舗展開できるような世界。この未来では世界中の飲食ブランドを集めた複合型フードコンテンツを扱う新たなファーストフードチェーン業態が展開されているはずです。

従来のファーストフードチェーンとは違い、商品メニューは自社開発せず世界中からクラウド経由で調達。メニュー提供者と売上を分配するモデルが考えられます。店頭担当者は問題なくシステムが動くかを確認、顧客に問題があった場合に対応するスタッフのみを置いておくだけです。

話を一度整理します。

どんな事業者でもクラウドにメニューをアップロードするだけで店舗展開できる仮想店舗の概念が「ゴースト・レストラン2.0」。この考えに基づいて顧客に最適なメニューをその場で提案・調理する未来のファーストフードチェーン業態が登場する流れです。

そしてこうした未来の飲食業界を支えるクラウドベースのソフトウェアが必須となります。この市場ポジションをStarbucksとBrightloomは狙っていると考えられるのです。このソフトウェアを指して“レストラン版AWS”と呼びます。

レストラン版AWSの考えが普及するには実店舗を運営する事業者が必要となります。

先述した次世代ファーストフードチェーンの運営母体が必要となるのです。そこでStarbucksが店舗を所有・運営することが考えられます。

Eatsaの失敗の最大の原因が高額な出店コストでした。不動産の賃貸費用をまかなうと膨大な投資が必要となります。しかしStarbucksの巨大資本であれば逃げ切れる勝算が出てきます。

クラウドと店舗の両方を抑えられば、Starbucksは次世代飲食業界の川上から川下までの全てを提供する一大プラットフォームへと進化を遂げられるでしょう。

加えてロボットを用いた調理の完全自動化や自動運転車の普及による配達自動化も進めば、完全クラウドベースで運営される無人店舗の展開が可能になります。完全自動化された店舗は圧倒的にオペレーションコスト削減に成功し、十分な利益率を確保できる想定です。

こうした自動オペレーション化された店舗時代を見据えつつ、StarbucksはBrightloomの構想に乗っかる形で統合クラウドプラットフォームの市場立ち位置を勝ち取りたい算段なはずです。

世界中で店舗オペレーションの自動化が進んでいる現状を見据えた次世代のレストラン業態。その中枢を担うのがクラウドであるレストラン版AWS。クラウドをフル活用した店舗が次世代ファーストフードチェーンの姿なのです。

飛躍した遠い未来の話という印象をお持ちかもしれませんが、無人店舗とAIクラウド技術、商品のパーソナライズ化のトレンドを見越せば5-10年以内に登場するコンセプトだと感じています。

事実、競合は多く誕生しています。同じくシアトル拠点のMicrosoftは同社クラウドサービスであるAzureベースの店舗技術開発をしていると噂されています。

Amazonは無人店舗Amazon Goの展開を強めています。市場検証が済めば、Brightloomの戦略同様に他社向けに無人店舗技術の外販を狙ってくるでしょう。Amazonが店舗向けAWSを立ち上げることができれば、世界のクラウド市場を寡占することに繋がります。

さて、こうしたGAFMAの参入するソフトウェアが主導する次世代店舗市場にStarbucksも参戦することが本ニュースで決定的となりました。どの企業が市場リーダーになってもおかしくないでしょう。

今後5-10年以内に、Starbucksがオーナーの新ブランド、ロボット・レストレンチェーンが誕生していても不思議ではありません。

日本の大手小売・飲食企業がこうした”黒船”がもたらす無人店舗化や次世代レストラン業態の流れにどう順応していくのかにも注目が集まります。

Image Credit : Howard LakeRicky Aponteshinji_wBrightloom

----------[AD]----------

AWSが法人向けのビデオ・コールサービス「Amazon Chime」をローンチ

SHARE:

Amazon Web Service(AWS)は本日、Amazon Chimeという組織向けのボイス・ビデオコール、インスタントメッセージングのサービスを新たにローンチすることを発表した(編集部注:原文掲載2月13日)。 Cisco WebExやLogMeIn の GoToMeeting のような、法人向けのサービスへの対抗のようにも見えるかもしれないが、むしろ MicrosoftのSkype f…

Image Credit: Screenshot

Amazon Web Service(AWS)は本日、Amazon Chimeという組織向けのボイス・ビデオコール、インスタントメッセージングのサービスを新たにローンチすることを発表した(編集部注:原文掲載2月13日)。

Cisco WebExやLogMeIn の GoToMeeting のような、法人向けのサービスへの対抗のようにも見えるかもしれないが、むしろ MicrosoftのSkype for Businessの直接的な競合であるように思われる。Microsoftは、AWSの直接的な競合であるパブリッククラウドのAzureを出している。GooglegがG Suiteを通じて組織向けに打ち出しているHangouts もAmazon Chimeのローンチによって脅威にさらされるかもしれない。Googleもまたパブリッククラウドをもっている。

発表内容によれば、Amazon Chimeは、Windows、Mac、Android、iOSアプリで利用可能であるとのこと。コールに参加する際にはPINを入力する必要はないとAmazonはいう。

これはまさに、AWSが、自らのルーツであるIaaS(Infrastructure as a Service:サービスとしてのインフラ)ではなく、SaaS(Software as a Service:ソフトウェアとしてのインフラ)により進んでいく一例だ。今回のローンチは、ビジネスインテリジェンスサービスのQuickSightsの導入、メール・カレンダーサービスのWorkMailに続くものである。

Amazon Chimeは無料版を提供している。ユーザー管理機能、Active Directoryのサポート、1GBのメッセージ保管サービスのあるPlusはユーザー1人につき月2.50ドル。より多くの機能が付いたProは1人あたり15ユーロとなっている。

(本記事は抄訳です。)

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

Netflixが明らかにする、クラウドが台頭するエンタープライズテクノロジーの未来

SHARE:

長らくクラウドによって提唱されていた世代交代がようやく不可逆的に進行したと私が実感したのは、エンタープライズインフラストラクチャの会議に出席していた今週のことだった。 この世代交代とは、x86サーバ、VMWareによるハイパーバイザ、OracleのSQLデータベース、EMCから提供されたハードウェアストレージ、これらによって構築されたデータセンタという「遺物」からの脱却である。すべてをウェブスケー…

 via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.
via Flickr by “ChrisDag“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

長らくクラウドによって提唱されていた世代交代がようやく不可逆的に進行したと私が実感したのは、エンタープライズインフラストラクチャの会議に出席していた今週のことだった。

この世代交代とは、x86サーバ、VMWareによるハイパーバイザ、OracleのSQLデータベース、EMCから提供されたハードウェアストレージ、これらによって構築されたデータセンタという「遺物」からの脱却である。すべてをウェブスケール(あるいは少なくとも、ウェブスケールを目指した)技術にリプレースするが、これはコンテナ、コモディティ化されたハードウェア、何種類かのNoSQLデータベース、フラッシュストレージをベースにしている。新たなインフラストラクチャは、より安く、大容量なデータとそれを扱う演算に対応する拡張がより簡単で、より柔軟性・機敏性がある。

しかし、市場における評価において大きな打撃に見舞われようとしている十億ドル規模のインフラ企業以外のだれがそのアーキテクチャを気にするというのか?その企業とは、Dell、HP、IBM、Cisco、Oracleそして、もちろん、EMC(Dellは買収のプロセスを進めている)のことだ。今週Wiredはこうした企業を歩く屍と呼んだが、まだそこまでにはなっていないとしても、確かに苦痛の世界に向って進んでいる。だからこそDellはEMCを買収しようとしている。つまり、Dellはレガシー事業を強化する必要があるのだ。

株主以外に誰が彼らのことを気にかけるだろうか? なぜなら、今やデータセンタに足を踏み入れることなく、十億ドル規模の企業を作ることができるようになったからである。データセンタがHPやDELLのハードウェアなのか、それとも最低価格で製造可能なメーカの安いコモディティCPUをいくつか組み合わせて設計したものかは気にする必要がない。即座にスピンアップできる仮想サーバだけあれば、コンテナ化されたアプリケーションを環境に展開し、大量に流入するビットを扱うのに必要な非構造化データベースをサポートしてくれるので、あっという間にデータ収集を開始し、分析に着手することになるだろう。

Netflixはそれがどのようなものなのか、そして今のところ、なぜAmazonがその大きな将来の展望を保有しているのかを示している。

NetflixのCPO(最高プロダクト責任者)でありエンジニアリング部門VPのNeil Hunt氏は、小企業に焦点を当てたVC基金であるEngineering Capitalが主催したインフラに関するEnineering Summitにて語っている。Hunt氏は、Netflixの長期にわたるAmazon Web Servicesの利用について、クラウドサービスにおける市場および技術リーダーについて語った。しかしそれはNetflixだけに留まらず、Hunt氏曰く、誰しもAWSに移行しているという。

AWSは今やコンピュートサービスの基本的なレイヤーです。(Hunt氏)

Netflixは単に大きくAWSに依存しているのではない。完全に依存しかかっているのだ。Hunt氏は、同社の最後のデータセンタを今年で閉める計画でいる。その時点でNetflixは、ほとんど全てをアウトソースのクラウドインフラストラクチャで稼動することになる。そしてそのほとんどはAmazonによって運営されている。(同社は今後も同社のコンテンツデリバリネットワークCDNを稼動させるだろう)

このタイムラインは新しいということに留意して頂きたい。Netflixは当初、最後のデータセンタを2014年に閉めると言い、その後再びこの夏になると言っていたが、先行きは時に思ったほど早くは来ない。それが、おそらく決して変わることがないだろう、企業のインフラストラクチャの一面だ。

とはいえ、1つのベンダーへの依存が少ない方が、Hunt氏も嬉しいだろう。「それはいささか居心地の悪い場所になっています。競合のビジネスパートナーに依存しているのですから」とHunt氏は述べ、Amazonもまたストリーミングビデオサービスの販売をしている事実に言及した。

しかしこれまでのところ、Hunt氏は、機能とサービス提供範囲においてAmazonに匹敵するプロバイダを1社も見つけていない。

Amazonが提供する機能や抽象化のレベルにおいて、AWSはAzureの数年先を行き、Googleの1~2年先を行っています。その差は小さくなってきていますが、AmazonもまたAWS機能に関してレベルを上げ続けているのです。(Hunt氏)

AWSと競合するストレージサービスの提供を最近始めたBlackblazeのCEO、Gleb Budman氏は、断片的にでも他のクラウドプロバイダを使うことを見当するかどうかHunt氏に尋ねた。だいたいにおいて、Hunt氏はその答えはノーですと答えた。いくつかのテストをあちらこちらで行っているのを別とすれば(例えば、NetflixはGoogleへデータをバックアップしている)、同社はほとんど完全にAWSをベースとしている。

それでは、次世代の戦いは終わっただろうか?そんなことはない。AWSは非常に有利なスタートを切ったが、クラウドサービスの標準化がまだなされていない。それはHunt氏が必要であると信じているものだ。

Hunt氏は、コンピューティングコンポネントがさらに標準化される日を待ち望んでいる。そして、延長線上で考えると、AWSをめぐるさらなる競争を待ち望んでいる。

きちんとやっていきましょう。ソフトウェアを構築する時にソフトウェアのエンジニアが使える標準ツールキットを作りましょう。それはブリッジを構築する時にハードウェアのエンジニアが使う標準ツールキットのようなものです。そうすれば、信じられないほどの生産性の向上が見られるでしょう。(Hunt氏)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Amazon AWSのサポートセンターを兼ねた無料のコワーキングスペース「AWS Pop-up Loft」に行って来た

SHARE:

「素晴らしいソフトウェアを作りたいと願うすべての人のためのカンファレンスと題された」GitHub主催の「GitHub Universe」に参加するために3日間ばかりサンフランシスコに来ています。 カンファレンスの前日入りをして街中を記者仲間と共にフラフラ歩いていると、「AWS Pop-up Lofts」とやらを発見。AWS(amazon web services)に関するサポートを対面で受けられる…

AWS-pop-up
サンフランシスコのAmazon AWSのリアル店舗「Pop-up Loft」

「素晴らしいソフトウェアを作りたいと願うすべての人のためのカンファレンスと題された」GitHub主催の「GitHub Universe」に参加するために3日間ばかりサンフランシスコに来ています。

カンファレンスの前日入りをして街中を記者仲間と共にフラフラ歩いていると、「AWS Pop-up Lofts」とやらを発見。AWS(amazon web services)に関するサポートを対面で受けられることが売りのこのスペース。AWSを使ってサービスを作っている人、スタートアップ、はたまた私たちのような一見にもその門戸を開いてくれています。

AWSについて学んだり、わからないことを質問したり、またネットワーキングをしたり、ただコワーキングスペース的に場所を使ったりとスペースはさまざまな用途で使われている模様。サンフランシスコの他に、ニューヨーク、ベルリン、ロンドンにも店舗があるとのこと。

サンフランシスコのスペースは、ポップアップ(仮店舗)とあるものの、オープンしてから既に1年。受付のお姉さんによると、今のところ特に引っ越したりする予定はなく、この場に居続ける予定とのことでした。

受付でユーザー登録をすれば自由に出入りすることができるそう。登録が終わると渡される首掛けのネームプレートを持っていれば、何度でも再訪できます。以降は、写真レポートでお届けします。

AWS-blackboard
受付で出迎えてくれる黒板
AWS-stickers
入り口にはステッカーも
AWS-when-you-walk-in
ブリックウォールが上手く使われていておしゃれなスペース
AWS-1st-floor
1階はカウンターやソファ席、奥にはチームで囲めるテーブルも
AWS-code-happy
Yes, code happy!
AWS-2nd-floor
2階には自由に楽しめるコーヒーやスナックも
AWS-3rd-floor
3階のスペース、AWS Loft Talksなどがここで開催されると思われる
AWS-self-service-beer
セルフサービスのビールまで
AWS-looking-downstairs
2階から見下ろしてみた
AWS-sign
AWS Pop-up Loftはこのサインが目印です

このスペースでは、月に1度AWS Loft Talksと呼ばれるイベント開催も。毎度3〜6人のテクノロジーリーダーが、10〜15分のライトニングトークでベストプラクティスやリーダーシップなどをピッチするもの。Q&Aセッション、ドリンクやスナックも提供されるとのこと。頻繁にイベントが開催されているようで、先日また別のピッチイベントについてはレポート記事をご覧ください。

AWS Pop-up Loftの様子は、以下の動画をご覧ください。952 Market Stにあるので、近くに立ち寄った際はぜひ訪問してみてください。

----------[AD]----------