BRIDGE

タグ B Dash Camp Osaka 2013

日本のソーシャルゲーム業界の課題と将来 #bdash

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 本稿は、B Dash Camp 2013 in 大阪の取材の一部だ。 B Dash Camp 大阪の1日目、ソーシャルゲーム業界の素晴らしいパネルから話を聞く機会を得た。モデレータは、株式会社ディー・エヌ・エー取締役の小林賢治が務めた。パネリストは次の通りだ。 國光宏尚氏 株式会社gumi 代表取締役社長 大冨智弘氏…

bdash-camp-osaka-gaming
(左から)モブキャスト 佐藤崇氏、インブルー 大冨智弘氏、gumi 國光宏尚氏

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

本稿は、B Dash Camp 2013 in 大阪の取材の一部だ。

B Dash Camp 大阪の1日目、ソーシャルゲーム業界の素晴らしいパネルから話を聞く機会を得た。モデレータは、株式会社ディー・エヌ・エー取締役の小林賢治が務めた。パネリストは次の通りだ。

  • 國光宏尚氏 株式会社gumi 代表取締役社長
  • 大冨智弘氏 株式会社インブルー 代表取締役社長
  • 佐藤崇氏  株式会社モブキャスト 取締役 CSO

gumi の陽気なCEO國光氏の居るパネルは、いつも堅苦しくない。軽快な声調とは裏腹に、日本のゲーム・デベロッパが今日直面する多くの課題へと話は進んでいった。

gumi-kunimitsu-280x186
gumi 國光宏尚氏

モデレータの小林氏は、アプリの中でもゲームは明らかに高成長を見せており[1]、中でもパズル&ドラゴンズや、キャンディクラッシュ、クラッシュオブクランズは極めてよい状態だ。小林氏によれば、コンソールゲームメーカーでさえ、これらのアプリゲームの成功をマネしようとしている。しかし、これら多くのゲームはアプリストアで見られなくなっており、大ヒットを出していない限り、環境は非常に厳しいと述べた。

國光氏は、ゲーム業界をゴールドラッシュに例え、金を執拗に掘り続けるなら死んでしまうだろう、ゲーム業界でそれをやるのは、非常に大変な作業だ、と述べた。

金を執拗に掘り続けたら、おそらく死んでしまだろう。それをゲームでうまくやるとしたら大変な作業だ。だから、自分の子供には、ゲーム業界を勧めないつもりだ。

グローバル化するのは、さらに困難を伴う。

多くのデベロッパはアプリを作り、それを英語にして「ローンチ」のボタンを押したら、うまく行くと思っている。しかし、ローカライズしなければならない。競争が激しくなく、市場が成熟していないうちは、それでも悪い状態にはならない。しかし現在は、ローカライズ化/リージョナル化が極めて重要だ。

國光氏は自らの会社 gumi を立ち上げ、グローバルに成長させてきた。最初は大変だったが、シンガポールで開発したゲームが現在は非常にうまく行っている。(関連記事

モブキャストの佐藤氏は、今日のゲーム・クリエイターが直面している問題は、注意を怠ると、彼ら自身を自らの本分から遠ざけてしまうと指摘する。

多くの問題と対峙しなければならないゲームクリエイターにとって、さまざまな問題の解決が彼らの本分ではない。彼らは自分達のやるべきことに集中してほしい。

佐藤氏は、新しいゲームクリエイターを見つける活動についても言及した。

クリエイターをやる気にさせるのは難しいが、CEO の薮はこれについて、よい手応えを得ている。我々はよいクリエイターを求め続けるが、新しい誰かを探し出すというよりも、そういう人を育てなければならない。

インブルーの大冨氏は、ゲーム・デベロッパが直面している挑戦は、大きな問題であるという意見に同意した。しかし、これは問題解決を支援するサービスにとっては、むしろチャンスになるのではないかと述べた。

私は一人で会社を作ったが、Github や GMO、ミクシィの DeployGate(大変便利)などの外部サービスを使って来た。このようなサービスが参入する余地は大きいと思う。

國光氏は甲高い声で、「来年ここでまた会えたら、いい話をもっとできるといいですね。」と述べ、誰も必ず勝てるアイデアなんて思いつかない、とパネルを締めくくった。

in-blue-ootomi-620x413
インブルー 大冨智弘氏

  1. 日本で比較的安定しているブラウザゲームと比べて、それほどの成長はまだ見せていない。
----------[AD]----------

Gunosy共同代表取締役に元アトランティスの木村新司氏が近く就任へ

SHARE:

本稿は、現在大阪で開催中の招待制カンファレンス「B Dash Camp 2013 in 大阪」の取材の一部だ。 9月末で退社し、その動向が気になっていた個人投資家、連続起業家の次の注力事業がニューステクノロジーであることが分かった B Dash Campのセッションで登壇した元アトランティス創業者の木村新司氏の肩書きが「Gunosy」となっていたので本人にインタビューしたところ、「お互いの得意分野…

IMGP8674

本稿は、現在大阪で開催中の招待制カンファレンス「B Dash Camp 2013 in 大阪」の取材の一部だ。

9月末で退社し、その動向が気になっていた個人投資家、連続起業家の次の注力事業がニューステクノロジーであることが分かった

B Dash Campのセッションで登壇した元アトランティス創業者の木村新司氏の肩書きが「Gunosy」となっていたので本人にインタビューしたところ、「お互いの得意分野を高め合って支え合っていきます」(木村氏)と、現在代表取締役の福島良典氏と共に共同代表へ就任することを教えてくれた。

木村氏といえば2011年1月のGREE子会社化のニュースが思い出される。この時のスタートアップ買収金額はここ数年でも上位に入る。

GREE傘下にてアドネットワーク事業の推進に尽力する傍ら、FX Cameraを運営するビットセラーやWantedlyにモバイルペイメントのCoiney、そしてこのGunosyなどに個人投資家として経営に参加するなど、起業家育成、新しい事業への意欲もみせていた。

ニューステクノロジーは最近動きが激しく競争も激化している。本件については近く詳しく木村氏、福島氏に取材するつもりだ。

----------[AD]----------

経営を持続させる三つのアドバイスーードリコム内藤氏、CROOZ小渕氏、セプテーニ・ホールディングス佐藤氏が語る #bdash

SHARE:

本稿は、現在大阪で開催中の招待制カンファレンス「B Dash Camp 2013 in 大阪」の取材の一部だ。 近年の日本のスタートアップ環境は支援プレーヤーの増加や、有力プレーヤーの出現によってインフラが構築されつつあり、資本金が1000万円必要だった過去の「脱サラ起業」とは全く違うステージに辿り着きつつある。最近、私が出会ったスタートアップも10代から60代と幅が広い。 一方で数年で消えていっ…

IMGP8635

本稿は、現在大阪で開催中の招待制カンファレンス「B Dash Camp 2013 in 大阪」の取材の一部だ。

近年の日本のスタートアップ環境は支援プレーヤーの増加や、有力プレーヤーの出現によってインフラが構築されつつあり、資本金が1000万円必要だった過去の「脱サラ起業」とは全く違うステージに辿り着きつつある。最近、私が出会ったスタートアップも10代から60代と幅が広い。

一方で数年で消えていってしまうプレーヤーも多い。中小企業白書(2011年版)には10年後には3割、20年後には5割の企業が退出するというデータもある。スタートアップの敷居が低くなっても、それを継続することは当然難しい。

IMGP8633

そういう意味で「事業を継続する」という実体験は後続の経営者にとって参考になるだろう。ドリコム代表取締役社長の内藤裕紀氏とCROOZ代表取締役の小渕宏二氏、セプテーニ・ホールディングス代表取締役社長の佐藤光紀氏がセッションで語った内容をポイントにまとめた。

事業継続の気持ちが売却に「揺れる時」

佐藤氏は「日本のイグジットも増えてきた。M&Aが増える一方で会社を存続発展させてIPOさせる例は減っている」と登壇者二人に最近増えている事業売却の話題について意見を求めた。

小渕氏は会社を売却するということがスタートアップのエコシステムに必要であるとしつつ、「社員の顔をみて僕が裏切ることはできないなと。和製の自分にとってはバイアウトができない」と”カネに目がくらんだ”安易な売却に否定的だ。

IMGP8641

一方、内藤氏は事業意欲にポイントがあるという。「会社を売ってしまってやることなくなったら暇ですよね。何をして過ごしたらいいかわからない」。

また、最近話題になるスタートアップの売却金額が低いことにも触れて「売却の金額が5億円や10億円が多いじゃないですか。買いやすい金額ですよね。例えば創業者のシェアが半分で5億円とか手にするとして、使ったらなくなっちゃう金額じゃないですか。やりたくて始めた会社がなくなって、やることもなくなる。しかもそんなに使えるわけじゃない」と静かに語る。また「どうして売っちゃうのかな」とも。

辛いけど「継続しなければならない時」

続いて話題は経営で一番辛かった時期に及ぶ。

「上場して1年後は赤字。13億円ぐらいで買収した会社があって、市場がライブドアショックの影響を受けてデットで借りた。決算みると短期の借入が20億円ぐらいあって、銀行から借入した人はわかるんだけど、2期連続赤字だと担保とられて個人に取り立てがくる」(内藤氏)。

20代の内藤氏は会社の黒字化も迫られる中、個人的に会社に貸付をする事態を経験し精神的にも追いつめられたと話す。当時、楽天からの出資を受け入れるのだが、100%買収という話題もあったそうだ。しかし、それでは事業意欲がなくなるとその話を断る。

小渕氏は7つの事業転換を経て現在のソーシャルゲーム事業を成長させている。この転換期に社内のざわつきがあったかという質問に対し、「変化に対応できる文化があった」と振り返る。

事業転換というコーポレートカルチャーが社内に根付いたことに関して「生き残るために変わるのは当たり前だ」という言葉は重い。

IMGP8631

また、内藤氏は何事も早めに決断することも重要と語る。「例えばガラケー(関連事業)が厳しくなるのが分かって手をつけられない。赤字になって初めて着手する。そういう意味では余力がある時に手を打つ」。

人員の配置のA/Bテスト

セッションで一番印象的だったのは、両社とも人員配置が重要であることを理解しながら、小渕氏が「これはヘタこたいな、と思ったのは事業を決断したのにそこに優秀な人を異動させなかったとき」とその難しさを語っていたことだ。

会社がもっとも大切と考える「要所」にエースを投入しなければならない。一方で、その人材が配置されている箇所は既に事業の中枢であることも多い。佐藤氏はこのジレンマとも言える場面に「人員配置のA/Bテスト」というアドバイスを送っていた。

「小さな成果の積み重ねでA事業からB事業に異動したらこういう結果がでた。そういうA/Bテストのようなことを小さくやって、最初は反対派が多い現場から同意形成をつくり、トップ判断を下す」(佐藤氏)。

この助言には登壇の両者もなるほどとうなずいていた。

----------[AD]----------

スマホアプリ業界の雄4人が語る、人気コンテンツの作り方 #bdash

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 本稿は、B Dash Camp 2013 in 大阪の取材の一部だ。 B Dash Camp 2013 in Osaka の2日目、日本のモバイルコンテンツ業界にまつわる多くの問題について、オールスターのパネルの話を聞くことができた。スピーカーは次の通りだ。モデレータは、株式会社メタップス 代表取締役 佐藤航陽氏が務…

bdash-smartphone-content-620x253

(左から)ユナイテッド 手島浩己氏、ヤフー 村上臣氏、エイリム 高橋英士氏、Gunosy 木村新司氏

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

本稿は、B Dash Camp 2013 in 大阪の取材の一部だ。

B Dash Camp 2013 in Osaka の2日目、日本のモバイルコンテンツ業界にまつわる多くの問題について、オールスターのパネルの話を聞くことができた。スピーカーは次の通りだ。モデレータは、株式会社メタップス 代表取締役 佐藤航陽氏が務めた。

  • 株式会社Gunosy 代表取締役 木村新司氏
  • ヤフー株式会社 CMO(チーフ・モバイル・オフィサー) 村上臣氏
  • ユナイテッド株式会社 取締役 兼 執行役員スマートフォンメディアカンパニー長 手島浩己氏
  • 株式会社エイリム 代表取締役 高橋英士氏

成功への導くファクター

Gunosy の木村氏は、彼らのニュース・リーダー・アプリについて説明した。このアプリには一般ニュースのセクションもあるが、今日、コンテンツ・パートナー・チャネルという新機能をリリースした。モバイルコンテンツで成功する方法について、彼は次のように説明した。

タイミングが大事だと思う。SmartNews Gunosy を出したとき、人々が Twitter や Facebook に疲れ始めていた。我々はこの問題の解決方法を描いていて、この問題に立ち向かっていた。人々の要望に応えるべく、ニュースをメールで提供し始めた。それがちょうどよいタイミングだったのだ。

マネタイズに関しては、

ユーザを数千万人獲得するには、まずは彼らを満足させなければならない。ビジネスモデルはそれからでもよい。

alim-280x186
株式会社エイリム 高橋英士氏

エイリムの高橋氏は、同社が最近リリースしたゲーム Brave Frontier の紹介で口火を切った。彼らは、パズル&ドラゴンズを〝リスペクト〟し、日本人ユーザが親しみやすいコンテンツを組み入れようとしている。彼は Brave Frontier について、いくつか興味深い数字を教えてくれた。RPGとしては極めて高い数字だ。

  • アカウントユーザ数 520,000人
  • 月間アクティブユーザ数 340,000人
  • デイリーアクティブユーザ数 120,000人
  • Monthly PU rate 10%、月間ARPU 5,000円

高橋氏は、モバイルゲームを宣伝する上で、広告と口コミの使い分けについても話をした。

iOS アプリを出したときにはファミ通Appと提携したが、それまでは口コミに頼っていた。プリローンチの登録も受け付けた。最初の10万人までは、広告は全くやっていなかった。しかし、それで頭打ちになったら、広告にもお金を使うべきだろう。(モデレータが「テレビとか?」と尋ねると…)詳しくは言えないが。(笑)

モバイルビジネスの成否は、特に最近では、自分の制御できないものになっていると、彼は感じている。

まったく想定はしておらず、私は完全に運がよかったのだと思っている。アクセスをさばけず、ローンチ後数日間はサービスを中断したくらいだ。多くのユーザを魅了できるとは思っていたが、それが何人くらいかはわからなかった。遥かに我々の期待を超えるものだった。

united-yahoo-620x413
(左から)ユナイテッド株式会社 手島浩己氏、ヤフー株式会社 村上臣氏

Yahoo Japan の村上氏は、同社が iOS と Android アプリで、ダウンロード数9,500万件を超えたと述べた。同社が買収したコミュニティ・ファクトリーは、そのアプリでダウンロード数2,500万件を超えた。カカオトークも日本ではダウンロード数1,000万件と堅調だが、依然メッセージアプリでは LINE が先頭を走っている。

村上氏は、Yahoo Japan よりも機敏に動けるという点で、新進気鋭のスタートアップをうらやましく思っているようだった。

タイミングよくモノを出すために、ベンチャー企業にいるのなら、自社がいるセクターの市場規模を見るべきだ。ニッチな分野ならナンバーワンになれるだろう。ためらわねければ、波をつかめるだろう。

ユナイテッドの手島氏は、世界で1,500万ユーザを超えた CocoPPa について説明した。彼はメルカリのシャツを着て、300万人のユーザを獲得した同アプリについてサポートする思いを見せた。

物事は思った通りに行かないが、ユーザを魅了する方法がたくさんあるなら、大丈夫だろう。プランAだけでなく、プランBやプランCを試せばいいのだから。

CocoPPa をローンチした当初から、中国語版と韓国語版を提供した。Conyac を使って、非常に簡単な翻訳だったが、グローバル展開をする上では十分だった。アプリをグローバルにしたいなら、翻訳コストはケチるべきではない。

手島氏によれば、ユナイテッドは、CocoPPa のサービスをウェブでも提供しようとしているとのことだ。人々から価値ある情報を集められれば、ビジネスでリスクを回避する上でいい方法になる、と説明した。

----------[AD]----------

「実はCyta.jpに出資したかったんです」ーーミクシィ朝倉氏、リブセンス村上氏が語る「次の一手」 #bdash

SHARE:

本稿は、現在大阪で開催中の招待制カンファレンス「B Dash Camp 2013 in 大阪」の取材の一部だ。 ダイエットとベンチャー経営は一緒 春に引き続き、B Dash Camp 2013が大阪で開催された。 B Dash Ventures代表取締役の渡辺洋行氏は冒頭の挨拶で、前回のイベントから10kgの減量に成功したことを引き合いに「継続は力なり。スケジュールを決めてコツコツやっても最初は全…

本稿は、現在大阪で開催中の招待制カンファレンス「B Dash Camp 2013 in 大阪」の取材の一部だ。

ダイエットとベンチャー経営は一緒

春に引き続き、B Dash Camp 2013が大阪で開催された。

IMGP8549

B Dash Ventures代表取締役の渡辺洋行氏は冒頭の挨拶で、前回のイベントから10kgの減量に成功したことを引き合いに「継続は力なり。スケジュールを決めてコツコツやっても最初は全然結果でない。けど突然パラダイムシフトが起こって痩せ始める。ベンチャー経営もそれと同じではないか」と会場の笑いを誘ってオープニングの挨拶としていた。

話題のミクシィ朝倉氏、リブセンス村上氏ーー「次の経営の一手」とは

IMGP8550

引き続きオープニングを飾るのは、注目の経営者として最近の買収攻勢が話題(リンク先はCNET JAPAN)のミクシィ代表取締役の朝倉祐介氏、およびリブセンス代表取締役の村上太一のセッションだ。若手上場企業の経営者が考える「次の一手」について語られた。モデレートは引き続き渡辺氏が担当した。

「実はCyta.jpに出資したかったんです」ーー2社の新規事業方針

ミクシィでは2014年3月期の通期売上高予想を135億円規模から80億円に下方修正するなど、新経営陣の元に挑戦が続いている。

一方のリブセンス村上氏は会場の海外ゲストにはあまり認知度がなかったようだったが、「営業利益には15億円規模を見込んでいる。最近では口コミサイトなど新たな収益モデルの立ち上げに注力している」など好調ぶりを明かす。

IMGP8571

両社は共にそれぞれの環境で次の新規展開を進めなければならない状況だ。まず、ミクシィの朝倉氏は今日発表となった新たな事業買収に関連して新規事業の方向性を「社内開発とM&A」に求めている。

社内で使っていたツールを外に展開したデプロイゲートや、現在26万ユーザーを獲得しているフォトブックサービスのノハナなどの社内プロジェクトに加えて、リサーチ事業(mixi リサーチ)や先日発表になった結婚支援事業、今日発表になった婚活支援事業の買収などによる新規事業を展開している。

このM&Aの方向性について、渡辺氏からミクシィユーザーとの連携、M&Aの路線について聞かれると「既存のmixi.jpに過度にとらわれない。構築してきたノウハウを活かして、シナジーが活かせるものを内側からも作るし、外からも買っていく。ユーザーファーストをキーワードに、婚活関連の事業は完全に切り離して運用する」とした。

IMGP8555

一方でリブセンスの村上氏は「新規の作り方として社内と出資、M&Aと提携。この四つ」とした。また注目分野についての質問に関連して、先日クックパッドが買収を発表したコーチユナイテッドの「Cyta.jp」に出資を希望しいていたと明かして会場を湧かせた。(会場にはコーチユナイテッド代表取締役の有安伸宏氏も来ていた)

「サービスECというコンセプトは自分にヒットしていたんですね。出資させてくれと言ったのに、突然あのリリースですよ!愛を伝えきれてませんでした(笑」(村上氏)。

リブセンスではデータベース事業をゼロから立ち上げ、社内にノウハウが溜まってきていると実感しているそうで、全く違う領域で新たな新規事業でも戦えると自信を覗かせた。

----------[AD]----------