THE BRIDGE

タグ B Dash Ventures

B Dash Venturesが設立した新ICOファンド「B Cryptos」、QUOINEやICON財団と提携

SHARE:

日本の VC ファームである B Dash Ventures は、同社の ICO ファンド「B Cryptos」のローンチを発表した。同種のものとしては日本市場初となる。 ファンドの金額は開示されていないが、TechCrunch Japan の以前の報道によれば100億円規模と考えられる。 2017年10月に設立された B Cryptos は、QUOINE の共同創業者兼 CEO の栢森加里矢氏、…

左から:B Dash Ventures の渡辺洋行氏、B Cryptos の本吉浩之氏、ICON 財団の JH Kim 氏

日本の VC ファームである B Dash Ventures は、同社の ICO ファンド「B Cryptos」のローンチを発表した。同種のものとしては日本市場初となる。

ファンドの金額は開示されていないが、TechCrunch Japan の以前の報道によれば100億円規模と考えられる。

2017年10月に設立された B Cryptos は、QUOINE の共同創業者兼 CEO の栢森加里矢氏、ICON 財団創立メンバーの JH Kim(キム・ジョヒョ、김조협)氏、B Dash Ventures の創業者で CEO の渡辺洋行氏をファンドパートナーに指名した。

B Cryotos を率いる創業者兼 CEO の本吉浩之氏は以前、日本の TMT(テクノロジー・メディア・通信)分野、特にインターネットや通信会社を顧客に抱え、複数の金融取引や M&A 案件に10年以上従事してきたインベストメントバンカーだった。

e27 のインタビューで B Cryptos の北原氏は、新しいファンドが業界特化でないだけでなく、グローバルリーチを持つだろうと説明した。

B Cryptos は、パートナーのネットワークを通じて潜在的な出資案件を探し、今年6月にも出資を開始する見込みだ。北原氏は、出資案件にファンドが求める質について説明した。

我々が求めているのは、イノベイティブな方法でブロックチェーン技術を使う企業だ。スタートアップだけでにとどまらない。大企業による ICO にもオープンだ。

B Cryptos は出資を計画している企業の数についても明らかにし、より多くの組織と提携関係を結ぶことを期待しているとした。

ケースバイケースで、見るようにしている(北原氏)。

日本における ICO

ICO に対する姿勢について考えると、韓国や中国に比べ、日本政府は合法化する可能性をふまえた、オープンマインドな態度をとっている。日本政府が支援する研究グループが、ICO のさらなる採用に向けた基本ガイドラインを発表した、と Bloomberg が4月に伝えている

このガイドラインには、投資家を特定するためのルール、マネーロンダリングの防止、プロジェクトの進行状況の追跡などのトピックが含まれる。この提案は4月末まで金融庁によって審議され、数年後には法制化される可能性がある。

ICO の規制は、どこか一つの国で確立できるものではない。この活動を促進し、ブロックチェーン環境を育成するには、国際的な枠組みが必要だ。それが、我々が(業界プレーヤーとして)期待しているものだ。(北原氏)

彼はまた、ブロックチェーン業界のプレーヤーは、投資家の保護と新産業の健全な成長促進の間で、バランスの維持にも取り組む必要があると述べた。

言うまでもなく投資家を守ることが重要になるだろうが、新しい産業の成長を促進する上でのバランスも重要だ。それこそが、我々が働きかけたり、取り組んだりしなければならないものになるだろう。(北原氏)

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

招待制カンファレンス「B Dash Camp」4月8日から開催、スタートアップの挑戦者求む #bdash

SHARE:

また招待制カンファレンスの季節がやってきた。 ネット業界の主要プレーヤーたちがオフサイトに集まり、数日の日程で昼夜問わずネットワーキングを繰り返す。ここ最近の大型買収(どれとは言えないけど)もここでの話がきっかけだった、なんて話も聞こえてくる。 そんな招待制カンファレンスのうちのひとつ「B Dash Camp」が福岡で開催される。4月8日(初日はスピーカーと協賛者のみ)から3日間の日程で、前回開催…

B_Dash_Camp_2015_Spring_in_Fukuoka

また招待制カンファレンスの季節がやってきた。

ネット業界の主要プレーヤーたちがオフサイトに集まり、数日の日程で昼夜問わずネットワーキングを繰り返す。ここ最近の大型買収(どれとは言えないけど)もここでの話がきっかけだった、なんて話も聞こえてくる。

そんな招待制カンファレンスのうちのひとつ「B Dash Camp」が福岡で開催される。4月8日(初日はスピーカーと協賛者のみ)から3日間の日程で、前回開催時には海外からの参加者を含め、総勢550名以上のリーダーたちが集まった。

前回開催時の福岡では、福岡市市長の高島宗一郎氏が登壇、KAIZENと連携してクリエイティブ人材育成ネットワークの開始を伝えるなどの話題もあるなど、大きな発表の場所にもなりつつある。

IMGP9635
福岡市市長の高島宗一郎氏

参考記事:元ノボットの小林清剛氏が新プロジェクト「Remotus」を公開ーー米国から開発者不足の問題に挑む #bdash

参考記事:KAIZENが創業特区福岡市でクリエイティブ人材育成ネットワークを開始 #bdash

参考記事:インテリアまとめサービス「iemo」共同代表に元Ameba事業部長の鈴木氏、編集長に元オールアバウトの徳島氏が就任 #bdash

参考記事:グリーが非ゲーム事業へ100億円規模の投資を計画、12カ月で #bdash

もちろんスタートアップにも参加のチャンスが提供される。通常は招待制だが、応募することで一定の基準を満たせば参加できるかもしれない、ということだ。また、THE BRIDGEのスタートアップ会員のみなさんにもB Dash Ventures側の審査をクリアした方には招待状が届くことになっている。

参考記事:B Dash Camp「Pitch Arena」予選突破の10社をご紹介 #bdash

プロダクトに自信があるのなら、あとはいい出会いを見つけることだ。私も過去、取材で多くのスタートアップと出会ったが、成長株には間違いなくよい出会い、ストーリーが隠れている。

私も会場に行くので、ぜひそこでお会いしたいと思う。

応募方法:下記宛先に「THE BRIDGEを読んで応募しました」というタイトルで下記内容をお送りください。実際に招待される場合は連絡が届くそうです。なお、当然ですが招待といってもプレゼントではないので、所定の参加費がかかりますのであしからず。

スタートアップ参加費(1名様):32,400円(税込)
スタートアップ・ブース設置プラン参加費(2名様+ブース設置):64,800円(税込)

宛先:event[at]bdashventures.com

送付内容
◎氏名/役職
◎会社名(URL等の情報)
ーー
◎ピッチコンテスト、デモブースに参加の場合はその旨
◎サービスの概要

情報開示:B Dash VenturesはTHE BRIDGEのスポンサー会員で、THE BRIDGEはB Dash Campのメディアスポンサーとして協力関係にあります

----------[AD]----------

B Dash Venturesが60億円の新ファンドを設立 #bdash

SHARE:

本稿は、B Dash Camp 2014 Summer in Fukuokaの取材の一部。 7月17日から福岡市で開催されている招待制イベント「B Dash Camp 2014 Summer in Fukuoka」の前夜祭で、主催となるB Dash Ventures(以下、BDV)代表取締役の渡辺洋行氏に、準備中と噂のあった2号ファンドの計画について教えてもらうことができた。 同氏によると、計画中…

watanabe

本稿は、B Dash Camp 2014 Summer in Fukuokaの取材の一部。

7月17日から福岡市で開催されている招待制イベント「B Dash Camp 2014 Summer in Fukuoka」の前夜祭で、主催となるB Dash Ventures(以下、BDV)代表取締役の渡辺洋行氏に、準備中と噂のあった2号ファンドの計画について教えてもらうことができた。

同氏によると、計画中のファンドサイズは60億円で、年内クローズに向けて半分程度まで調達が完了しているとのこと。

なお、2011年9月に発表された1号ファンド「B Dash Fund1号投資事業有限責任組合」の規模は20億円。主要LP(リミテッドパートナー)としてNTT インベストメント・パートナーズ(現社名はドコモ・イノベーションベンチャーズ)、グリー、セプテーニ、BIGLOBE、三菱UFJキャピタルなどが並ぶ。

投資先としてはモバイルゲームのgumiやニュースキュレーション技術のGunosy、眼鏡ECのOh My Glassesなどがあり、昨年8月には投資先のスケールアウトがKDDI系列のmedibaに子会社化された話題をお伝えしている。

以下、渡辺氏に聞いた新設ファンドの概要。(質問はすべて筆者、敬称略)

前回ファンドに比べて3倍近くの規模になります。LPもやはり同様の方々なのでしょうか

渡辺:特定の名前はまだ公開できませんが、ファーストクローズではインターネット系事業会社や経営者にご参加頂いています。これから年末にかけては機関投資家等を中心にご参加頂くことになっております。

BDVの投資先は非公開のものから数億円規模で出資していると言われるgumiやGunosyといった成長過程の企業まで幅広い印象があります。まずステージについて、どのようなフォーカスをお持ちですか

渡辺:1号ファンドではシード、アーリー、レイターが中心でしたが、2号ファンドではミドルも対象としています。特に最近はミドルからレイターの資金調達ニーズが高いのでそれらについては数億円規模での出資をおこないます。もちろん、シード、アーリーでの数百万円から数千万円前半の出資も1号ファンド以上に力を入れる予定です。

イグジットした投資先のスケールアウトや、先日iPOしたフリークアウトのようなアドテク、それにやはり今年IPOを予定しているgumiのようなゲーム関連など、何か狙いを定めているテーマはあるのでしょうか

渡辺:アドテク、ゲーム、ECに加え、Gunosyやiemoに代表されるスマホのメディアに注目していますね。また、今後はスマホを使った既存ビジネスのディスラプトが加速するのは確実で、その観点でのサービスにはあらゆる領域で出資をおこなう予定です。

ありがとうございました

----------[AD]----------