THE BRIDGE

タグ bank

航空会社をモバイル決済でデジタル武装する「CellPoint Mobile」、1400万ドル調達でグローバル展開へ

SHARE:

ピックアップ:CELLPOINT MOBILE ATTRACTS AN ADDITIONAL £11 MILLION IN FUNDING FOR GLOBAL EXPANSION AND PRODUCT INNOVATION ニュースサマリー:米フロリダを拠点とする「CellPoint Mobile」は4日、1400万ドルの資金調達を実施したと発表した。シリーズ自体は公開されていない。リード投資…

Capture.JPG

ピックアップ:CELLPOINT MOBILE ATTRACTS AN ADDITIONAL £11 MILLION IN FUNDING FOR GLOBAL EXPANSION AND PRODUCT INNOVATION

ニュースサマリー:米フロリダを拠点とする「CellPoint Mobile」は4日、1400万ドルの資金調達を実施したと発表した。シリーズ自体は公開されていない。リード投資家にはToscafandのPenta Capitalが参加した。

同社は2007年創業。主に、航空・海運会社やその他トラベルサービスプロバイダー向けにEコマースにおける電子決済ツールを提供。エアラインにおけるプロモーション、予約、チケット発行やモバイル決済への対応など包括的なサービス展開が特徴的だ。

既存クライアントにはエミレーツ航空、エチオピアン航空、サウスウエスト航空、ゴル航空(ブラジル航空)、Viva Air(ペルー航空)、ガルフエア等を抱えている。

話題のポイント:彼らのクライアントを見ると、主に南米と中東をターゲットにしていることが分かります。同社によれば、今回のファンディングを通してグローバル展開を進めていくとしています。

さて、では具体的にどういったサービスをエアライン企業向けに提供しているのか。同社HPに記載されている、ユースケース例を数社見ていこうと思います。

Capture.JPG

まずは、ペルーの航空会社Viva Airとの取り組みについて。CellPoint Mobileは、Apple PayとGoogle Payによるモバイル決済システムの導入を同社に向け開始しています。これは、ラテンアメリカ航空会社の中では初の実践的取り組みであるとしています。同航空会社によれば、既に40%以上はモバイル端末より航空券の購入や諸手続きをしており、モバイル決済への対応でより顧客満足度にポジティブな影響を与えるとしています。

Capture.JPG

続いては、同社とエチオピアン航空による取り組みについて。同社は、Alipayによるデジタル決済機能をプラットフォームに埋め込むことで、中国旅行者の利用を促進させるべく導入を実施。この背景には、中国におけるデジタル決済額が12.8兆ドルを超えた (2017年)ことが大きな要因であると同社は説明しています

プレスリリースでは、日本におけるAlipay受け入れ率の増加についても触れられており、それによると2016年から2017年にかけて2倍となる5万店舗を記録しており、インバウンド面におけるAlipay決済の受け入れ重要性を示唆しています。

Capture.JPG
JAL

ちなみに日本航空では、既に2016年の段階でAlipay決済は受け入れられている状況でした。
今後日本国内においても、航空券を「○○Pay」で購入できるようになるかもしれません。

そういえば、CASHが先日発表した「モノ払い」でも、航空券が購入可能になっていました。モバイルを通した航空券購入までの流動性を上げるという意味ではコンセプトとして近いのかな、と感じます。

----------[AD]----------

CASHのバンクがDMMから独立、光本氏個人が全株取得【速報/追記あり】

SHARE:

即時買取「CASH」や前払い旅行代理店「Travel Now」などを展開するバンクは11月7日、DMMグループからの独立を発表した。(リンク先はPDF)バンク創業者で代表取締役の光本勇介氏が個人で全株式を取得したMBO(マネジメントバイアウト)による。 DMMが公表したリリースによれば、光本氏個人が取得にあたって支払った金額は5億円。ただし、バンクはDMMから借り入れをしていた約20億円の債務をそ…

yusukemitsumoto.jpg

即時買取「CASH」や前払い旅行代理店「Travel Now」などを展開するバンクは11月7日、DMMグループからの独立を発表した。(リンク先はPDF)バンク創業者で代表取締役の光本勇介氏が個人で全株式を取得したMBO(マネジメントバイアウト)による。

DMMが公表したリリースによれば、光本氏個人が取得にあたって支払った金額は5億円。ただし、バンクはDMMから借り入れをしていた約20億円の債務をそのまま引き継ぐことも条件としている。なお、返済期限は5年間としている。

光本氏はソーシャルメディア上で今回の経緯について、新規事業への投資規模などに開きがあったと説明している。

「ちょうど年末に近づくにあたり、来年の各事業のチャレンジや新規事業などを考えていく過程で、私がイメージする投資規模やアクセルの踏み具合などを考えた際、DMMから卒業をさせていただいた方が、よりスピーディで柔軟な経営判断・動きが行えると判断をし、十分な話し合いを持たせていただいた結果、DMMからもご理解をいただき、このようなアクションに至ることとなりました」(光本氏のソーシャルメディア上でのコメント)。

<参考記事>

DMMがCASHを70億円で買収ーー亀山氏「おい、なんか買えるっぽいぞ!」からの舞台裏、光本氏と片桐氏が切り開く”即時買取の新市場

バンクがDMMの傘下入りしたのは昨年11月のちょうど1年前になる。創業して8カ月の企業を70億円という巨額でのスピード買収は当時大きな話題となった。6名だった従業員は60名に拡大している。本誌では光本氏に何が起こったのかコメントを求めているので届き次第追記する。

なお、光本氏は2016年10月にスタートトゥデイ(現ZOZO)からのMBOも経験しており、今回が通算2回目の独立となる。

<参考記事>

70万店舗の STORES.jp 運営がスタートトゥデイからMBOで独立、会長就任の光本氏曰く「決済にはロマンがある」

現在本誌では光本氏にコメントを求めており、コンタクト取れ次第追記する。(随時更新中)

10時30分追記:本人にショートインタビューを実施できたのでこれを追記する。(太字は全て筆者の質問、回答は光本氏)

70億円での売却も驚いたが、1年でMBO、しかも金額は5億円となっている。単純計算して65億円が手元に入ったことになるが、結果もまだ出てない中で買収サイドがすんなりOKを出してくれるとは考えづらい

年末に近づいてましたので、バンクとして来年の各事業の事業契約や投資契約をプランしはじめていました。ただ、そこで私が考えていた事業や投資プランと、DMMが予定していた投資規模との間に若干の差があったんです。

DMMは数多くの事業を展開しています。それら全体を俯瞰した結果、現時点でバンクに対してさらに大きく投資を続けるかどうか判断するタイミングでもありました。

バンクが背負っている20億円の債務は積極的な投資の結果だが、それ以上に踏み込む必要があると判断した

ただ、その結果としてバンクの展開する事業と会社が中途半端になってしまうということも避けたい。それが双方の理解です。またこういった機会(MBO)を光本に作ってあげる方が、会社と事業の将来にとってはベストなんだろうと。

補足ですが、DMMは投資を渋るような企業ではありません。実際、今回開示されましたが70億円で買収した上に年間で20億円の資金を提供してくれています。ただ、前述の通り対象事業が数十あるので、投資タイミングや支援できる規模、範囲に制約があったのも事実です。

光本さんやバンクとして聞いていた「新しい概念の銀行、金融事業を作る」というスケール、スピード感とDMMサイドのタイミングが合わなかった、という理解でよいか

そうですね、私がイメージする投資規模やアクセルの踏み具合などを考えた際、DMMから卒業(MBO)をさせていただいた方が、よりスピーディで柔軟な経営判断・動きができるという判断です。また、その考え方に対してDMMと話し合いをし、大いに応援してくださる意味合いも含め、今回のMBOを受け入れていただけた、という経緯です。

以前の取材時、さらに大きな資金が必要になった場合、DMMとしてバンクをIPOさせる考えがあるかと聞いた。結果的にそういう選択ではなく、光本氏がリスクを取って外に出た。現在、手元資金で十分に勝負ができるのか

今後の資本政策や事業ゴールは全くの白紙です。IPO前提のMBOのような既定路線があるわけではありません。可能性のひとつとして様々な選択肢をこれから考えていきたいと思ってます。

お時間ありがとうございました。

----------[AD]----------

質屋アプリCASHが査定停止、開始16時間で3.6億円以上のアイテムをキャッシュ化ーー集荷依頼アイテム数は7500個に

SHARE:

狂ったサービスに相応しい初日じゃないだろうか。質屋アプリ「CASH」を提供するバンクは今朝未明、同サービスの査定を一時停止した。 リリース文にはこの騒がしい1日の結果が数字として公表されている。公開開始した28日10時から16時間34分でキャッシュ化された回数は7万2000回、金額にして約3.6億円がユーザーの手元に届いたことになる。前回の取材で同社代表取締役の光本勇介氏と雑談混じりに話していた数…

19550903_10156339682418696_921950825_n

狂ったサービスに相応しい初日じゃないだろうか。質屋アプリ「CASH」を提供するバンクは今朝未明、同サービスの査定を一時停止した。

リリース文にはこの騒がしい1日の結果が数字として公表されている。公開開始した28日10時から16時間34分でキャッシュ化された回数は7万2000回、金額にして約3.6億円がユーザーの手元に届いたことになる。前回の取材で同社代表取締役の光本勇介氏と雑談混じりに話していた数字の数十倍だ。

19551146_10156339656843696_1349524924_n

興味深いのは「キャッシュを返さない」、つまり商品をもう送った(集荷依頼がかかった)というアイテム数が7500個以上になっていることだ。メルカリの1日の出品数が1万点を超えたと公表されたのが開始から約5カ月後のことであることを考えると相当激しいロンチであったことが伺える。

まだ4人しかいないバンクでこの数字を支えるのは無理だろう。今朝方、光本氏にコメントをもらったが「利用が止まるどころか勢いが出る一方」で、このままだと運用がままならず、ユーザーに影響が出ると判断したということだった。

なお、現在もアプリ自体は利用できるが、キャッシュにするボタンをタップするとCASHのイメージキャラクター「ユキチくん」が表示される。再開の目処は未定となっている。

 

----------[AD]----------

スマホで撮影「即入金」の質屋アプリCASH、STORES.jp創業の光本氏が公開ーーノールック少額融資を可能にしたその方法とは

SHARE:

いやあ、久しぶりに狂ったサービスと出会った。何を書いてるのかよくわからない人もいるかもしれないが、できるだけ正確にお伝えするのでまずご一読頂きたい。 CASHはアイテム買取のアプリだ。手元にある商品を撮影してアプリから送信する。カテゴリなどの指定があるのでゴミはさすがにダメだが、まあフリマアプリで取引できるような商品だったら大体OKだ。送信が終わるまで1分とかからないだろう。 送信したらその場で査…

cash_key_01

いやあ、久しぶりに狂ったサービスと出会った。何を書いてるのかよくわからない人もいるかもしれないが、できるだけ正確にお伝えするのでまずご一読頂きたい。

CASHはアイテム買取のアプリだ。手元にある商品を撮影してアプリから送信する。カテゴリなどの指定があるのでゴミはさすがにダメだが、まあフリマアプリで取引できるような商品だったら大体OKだ。送信が終わるまで1分とかからないだろう。

送信したらその場で査定額が出る。その額の下に「キャッシュにする」というボタンがあるのでそれをタップすればーーその金額が振り込まれる。以上だ。

ここまでの手順で飛ばしたのは個人認証だが、それもスマホの電話番号「のみ」だ。いわゆるSMS認証でそれだけ突破すれば男か女かすら分からなくても使える。

出金は銀行口座かコンビニ出金のいずれかを選べる。銀行口座を登録すれば午後3時までの取引であればもう入金されている。コンビニであれば、店頭にある端末で操作すれば所定の番号が発行されるので、それをレジに持っていけば現金を支払ってくれる。

もう少し詳しく説明しよう。

携帯番号で認証してアイテムを撮影したら査定が終わり入金される

古物商と金融という質屋モデルをスマホ時代に再現

STORES.jpを創業した光本勇介氏がスタートアップさせたバンクは6月28日、質屋アプリ「CASH」を公開した。CASHはユーザーの商品をスマホで撮影して送付するだけで査定金額を即刻で入金してくれる。

対象となるアイテムはスマホやタブレット端末などのガジェットからアパレル全般でスタートし、今後、2次流通市場で流通できるアイテムへ随時拡大する予定。査定金額は0円から2万円まででそれ以上の価値がある場合も2万円の上限金額にて査定される。買い取られた商品は2カ月以内にCASHに送るか「返金するか」を選べる。返金する場合は撮影した商品を送る必要はないが一律15%の手数料がかかる。(28日17時追記:現金を受け取る場合、手数料として一律250円が必要になる。また、コンビニでの現金受取は上限が1万円で、受取時間は7時から22時までとなる)

取引の上限金額は2万円で、これを超える場合は取引を完了させないと次の取引は実施できない。アプリはiOS版が今日から利用可能でAndroid版は近日中のリリースとなる。利用は無料だ。

ーーさて、ここで改めてCASHを説明する上で知っておきたいのが質屋だ。質屋のビジネスモデルは2つある。買取を通じた古物流通とそれを担保とする融資だ。ここまでの説明でも分かる通り、CASHがやっていることは実質的に質屋に「似た」行為なのだが、光本氏の説明では少しだけ違う。

「やっていることはあくまで古物の流通です。なので古物商の免許(古物商許可)は持っていますが、貸金業や質屋業(質屋営業許可)などの免許は取得していません。15%の手数料は本来古物流通で得られるはずだった買取による機会損失を補填するためのキャンセル料として頂いています」(光本氏)。

なるほど、このモデルは大変アグレッシブだ。しかしここは流石に連続起業家、この分野に精通している法務・弁護士チームを結成し、法律的に問題ないレベルを突いてきたという。インスタントコマース「STORES.jp」を創業し数十万店舗に拡大、スタートトゥデイに売却するなどスマホ時代のコマースを手がけてきた光本氏ならではのアプローチと言えるだろう。

ーーでは、ここまで読んでみて何が凄いのかよく分からない方は実際にこの質屋アプリを使ってみてほしい。簡単だ。手元の商品を撮影してCASHに送るだけでいい。近くにコンビニがあればその場で査定された金額をレジで受け取れる。

いやいや、商品を売るつもりはないよ、というのも別に問題ない。その金額をCASHに返せばいいだけだ。ただしここで15%の手数料がかかるのでテストする人はその点だけご注意頂きたい。

cash_key_03

分かるだろうか?

そう、査定をしていないのだ。しかも取られている個人情報は電話番号だけでこれでは与信もへったくれもない。最近ではみずほ銀行とソフトバンクが携帯番号等の個人情報で与信し、少額融資するサービスも発表されているが、光本氏曰く、それは現時点で実施していないという。

2万円までの「ノールック融資」を実現した方法

では冷静に考えて欲しい。何かが写った写真と電話番号だけで最大2万円をその場で振り込む行為を。もちろん何かカラクリがあるのだろうと思うかもしれないが、その内容はほぼ社会実験に近いものと言える。

これを実現したポイントは3つだ。1:2万円上限とブラックリスト、2:電話番号認証の意外な強さ、3:豊富な資金ーーこれに沿って光本氏に聞いた内容を整理してお伝えしよう。

2万円上限とブラックリスト

どうせ試す人がいるだろうから先に言おう。CASHは不正ができる。(但しこれは犯罪になる可能性がある)

送付した商品が写真撮影のものと違う場合や商品を送らずに返金もしない場合、またはそれに近いと判断される行為をした場合、CASH側はその電話番号に紐づくアカウントをブラックリストに追加する。つまり、その電話番号のユーザーはこのサービスを未来永劫使えない。そして上限金額は2万円だ。それ以降は取引を成立させない限り繰り返し使えない。

たった2万円で友人と会わなくなるタイプの人は、おそらく二度とこのサービスは使えなくなるだろう。

電話番号認証の意外な強さ

使えなくなる前提での不正行為(繰り返すが犯罪だ)はさておき、では電話番号を大量に用意したらどうだろうか?詳細は割愛するが、結論的には「2万円では割に合わない」が正解になる。

格安SIMなどであれば月額数百円で電話番号を発行してくれるが、それにはクレジットカードや身分証明書を用意する必要がある。光本氏の仮説では、最終的にそういった貧困ビジネスを手がける人たちは別の方法を狙うことになると予想していた。

豊富な資金

例えば1万円の資金をCASHがぽんぽん入金していったとしよう。古物流通させる買取商品が手元にやってくる、もしくは返金されるかは最大2カ月後だ。もちろん前述のような不正行為も一定数出てくるだろう。例えばそういう人が1000人いたら1000万円、1万人いたら1億円が必要になる。

光本氏は今回のプロジェクトでどれぐらいの資金を用意しているか、外部資金の投入などについて公にしていない。詳細な金額は非公開なものの、以前の事業売却で発生した資金が今回のプロジェクト投資に繋がっていることは当人も認めている。

今回のプロジェクトはおそらく数千万円の投資では効かないだろう。どれほどを用意しているか分からないが、おそらく数億円規模でこの新たな価値創造に突っ込む姿は素直に評価したい。

人生のショートカットを学ぶきっかけを大量に作りたい

yusukemitsumoto
BANK代表取締役の光本勇介氏

光本氏はなぜこのようなサービス、マイクロレンディングを攻めたのだろうか?

「新しい事業を考える上で今年はレンディング元年だと考えてます。しかし周囲のスタートアップの多くはB(企業)向けです。私はC(一般消費者)向けがやりたかった。日本での消費者金融というのは実はあまり変化がありません。一方で厳然としたニーズがある。これを現代のものに合わせたい」。

日本の消費者金融はおおよそ平均貸付単価が50万円なのだそうだ。一方で今回のような数万円程度のレンジの少額金融は大手が手がけない。理由は単純、細かい与信情報をとって審査していたんではコストが合わないからだ。「メルカリの爆発で顕在化したお小遣いを稼ぎたいという、数千円から数万円の少額資金需要」(光本氏)をスマホ買取、与信抜きというアプローチで攻めた。

「堀江(貴文)さんがある雑誌のコラムで、1年間アルバイトしてMacを買ってデザイナーになりたいという読者の質問に対して、借金して今日からやった方がいいとアドバイスしているのを目にしたことがあったんですね。すぐにMacを手にいれて勉強すれば、腕が上がってもしかしたら半年ほどで働けるようになるかもしれない、と。これって人生のショートカットだし、できた時間を別のチャレンジに使える」(光本氏)。

消費者金融は以前のグレーゾーン金利の問題などから、良いイメージを持ってる人は多くないかもしれない。しかしこのエピソードにあるような言わば人生への「投資」には大きな意味がある。光本氏自身、学生時代にファッションをオークションサイトで流通させる小さな商売を経験することがその後のSTORES.jp創業に繋がった。

長寿命化や複業など、単一企業への就職だけで人生を考えることができない今だからこそ、お金との向き合い方や知識、経験については今後益々重要性が高まることが考えられる。「ミクロな単位での小さなきっかけを大量に生み出したい」という連続起業家の強烈なチャレンジが今、始まった。

----------[AD]----------

フィリピンの銀行BPIがモバイルバンキングアプリをアップデート —— 近くのATMを探す機能を追加

SHARE:

先日、私たちはフィリピンのモバイルバンク業界が成長していることを記事で取り上げた。そして、Bank of the Philippine Islands(バンク・オブ・フィリピン・アイランド、以下BPI)が、同行の提供する「BPI Express」というモバイルアプリに大きなアップデートを行い、モバイルへの取り組みを継続して、モバイルカスタマーへの存在感を高めようとしている。 BPIのモバイルアプリ…

BPI Express

先日、私たちはフィリピンのモバイルバンク業界が成長していることを記事で取り上げた。そして、Bank of the Philippine Islands(バンク・オブ・フィリピン・アイランド、以下BPI)が、同行の提供する「BPI Express」というモバイルアプリに大きなアップデートを行い、モバイルへの取り組みを継続して、モバイルカスタマーへの存在感を高めようとしている。
bpi.320x480-75
BPIのモバイルアプリは、Apple App StoreGoogle Playで入手できるが、ローンチしてからはしばらくの期間が経っている。最初にローンチされたのは2009年で、フィリピンで最初のモバイルバンキングアプリだったと、BPIの副頭取Andy Navarrete Jr. 氏は語る。同氏はこのアップデートされたアプリの新たなモバイルバンキング機能について、次のように説明している。

「以前のバージョンにおいても、残高照会や料金の支払い、プリペイドへの入金、送金など、すでに数多くの機能を提供していました。ですが、今回のアップデートによって、今まで以上の機能が加わりました。

今やユーザは近場にあるATMや銀行の支店を探したり、為替の最新情報のチェック、当銀行のキャンペーン情報を閲覧することもできます。さらに、同アプリはBPIのFacebookやTwitterページにも素早くアクセスできるリンクも提供しています。」

BPIによると、同アプリは最初のローンチからすでに15万のダウンロードがされているという。

今回のアップデートとともに、同銀行はiPadとAndroidタブレット専用のアプリも開発している。BPIのシニアバイスプレジデント兼電子チャネルグループ責任者Noel Tagaza氏は、今回の取り組みはモバイルデバイスを通じて銀行を利用するモバイルカスタマーへのサービスを楽にするためのものだと語り、「顧客はモバイルサービスに移行しています」と話す。

同行での昨年のモバイルバンキングの利用は430万フィリピンペソ(99,000米ドル)に達した、とBPIは説明している。

Tagaza氏は、BPIがモバイルサービスの機能をさらに拡大していくことを強調している。現在計画中のその他のプロジェクトには、BPIから他銀行への送金を可能にしたり、NFC機能を加えること、Windows Phone 8とBlackberryデバイスへの対応などがある。

昨年には、Unionbankがモバイルバンキング分野に参入し、BPIと同じような機能(残高照会、送金、料金の支払い、プリペイドへの入金)を提供するモバイルアプリをローンチした。Banco de Oro(BDO)も後に続いて、BDO Deal Finderアプリをローンチしたが、BDOはクレジットカード所有者を対象に最後にカードを使用したときの情報を提供しているだけだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------