THE BRIDGE

タグ BearTail

Dr. WalletのBearTailが経費精算アプリに参入、領収書やレシートの自動読取などで入力手間を最小化

SHARE:

レシート撮影で家計簿がつけられるアプリ「Dr. Wallet(ドクターウォレット)」を展開する BearTail(ベアテイル)は24日、スマートフォンのカメラを使ったレシートの読込と、クレジットカード明細の自動読込で経費入力ができるアプリ「Dr. 経費精算」をリリースした。今回リリースされるのは、個人事業主を対象としたパーソナルプランで Android 版のみ。iOS 版や、複数名の経費精算を管理…

dr-keihi-seisan_featuredimage

レシート撮影で家計簿がつけられるアプリ「Dr. Wallet(ドクターウォレット)」を展開する BearTail(ベアテイル)は24日、スマートフォンのカメラを使ったレシートの読込と、クレジットカード明細の自動読込で経費入力ができるアプリ「Dr. 経費精算」をリリースした。今回リリースされるのは、個人事業主を対象としたパーソナルプランで Android 版のみ。iOS 版や、複数名の経費精算を管理できる中小規模事業者向けのコーポレートプランは、2016年1月のリリースを予定している。料金は月額980円でクレジットカードによる支払が可能、利用から最初の30日間はフリートライアル期間として無料となる。

Dr. Wallet はレシートをスマートフォンのカメラで読み込み、セキュリティを考慮し、情報が分解された形でクラウドソーシングにより入力されるため、OCR 入力などに比べ誤入力が少なくユーザに定評がある。今回リリースとなる「Dr. 経費精算」は、「Dr. Wallet」のユーザビリティを経費精算に応用するものだ。会計システム向けのデータ・エクスポートに加え、来年早期にリリースとなる正式版では、クレジットカード明細の自動読込(アカウントアグリゲーション)、NFC による Suica や Pasmo など交通系ICカードの履歴自動読込、機械学習により勘定項目の自動仕訳が可能になる予定だ。

dr-keihi-seisan_screenshots

この分野では、アメリカの経費精算ソリューション大手 Concur が2014年、ドイツのエンタープライズ向けパッケージ・ソフトウェア大手 SAP に買収されている。経費精算アプリとしては、クラビスが提供する「ストリームド(Streamed)」やクラウドキャストの「Staple(ステイプル)」などが激しくしのぎを削るほか、資産管理アプリの Moneytree(マネーツリー)も経費精算用途の機能強化を表明している。これは、2016年1月1日から施行される電子帳簿保存法の改正に伴い、一定条件下でレシートや領収書を残しておく必要がなくなることが大いに影響している。今後は、経費精算アプリ各社と、スキャンマンShoeboxed のようなスキャン代行サービスとの提携も増えるだろう。

<関連記事>

BearTail 代表の黒崎賢一氏は、家計簿アプリ、経費精算アプリと事業分野を広めつつある同社の今後の展望として、会計・経理まわりのソリューションを包括的に提供できるようにしていきたたい、と抱負を語ってくれた。BearTail は2013年12月、インキュベイトファンド、ニッセイ・キャピタル、SMBCベンチャーキャピタルから約1億円を資金調達している。

----------[AD]----------

YouTuber向け広告主マッチングサービス「iCON CAST」が、Dr. Wallet向け動画マーケティングを展開

SHARE:

Google Japan 出身者の多くで運営されるマーケティング専業スタートアップであるルビーマーケティングは、今年1月から YouTuber と広告主をマッチングするサービス「iCON CAST」を展開している。このサービスは、YouTube 上への動画投稿により広告収入で稼ぐ人々 YouTuber に対し、動画マーケティングを求める広告主を紹介するしくみだ。 今日、iCON CAST は特定の…

iconcast-dr-wallet-uzumax999
YouTuber の一人、UZUMAX999 氏による Dr. Wallet のマーケティング動画。

Google Japan 出身者の多くで運営されるマーケティング専業スタートアップであるルビーマーケティングは、今年1月から YouTuber と広告主をマッチングするサービス「iCON CAST」を展開している。このサービスは、YouTube 上への動画投稿により広告収入で稼ぐ人々 YouTuber に対し、動画マーケティングを求める広告主を紹介するしくみだ。

今日、iCON CAST は特定の広告キャンペーンに対して、大勢複数の YouTuber を起用するプロジェクト第一弾として、THE BRIDGE でも頻繁に取り上げている家計簿アプリ「Dr. Wallet」向けの動画マーケティングを開始したと発表した。YouTuber 36人が、さまざまなユーザペルソナにあわせて Dr. Wallet のユースケースを YouTube 動画で紹介する(以下の埋め込みから36人分の動画が再生できる)。

広告主である BearTailDr. Wallet の開発元)は、iCON CAST の利用によって自らユースケースを紹介する動画を作成する手間が省け、より多様なシナリオを安価に手に入れ、効果的なマーケティングを期待できる。副次的には、YouTuber のコミュニティにおけるバイラル効果も期待できるだろう。同時に複数の YouTuber を起用することで、YouTube 上の検索におけるヒット率も格段に高まるという。

従来のスポンサー動画はスポンサーとなる企業側から訴求対象商品・サービスと親和性の高い YouTuber に対してオファーを行うケースが大半だった。ルビーマーケティングでは、iCON CAST により YouTuber 側から案件を選び応募出来る点で差別化を図っている。

将来、このような YouTuber の中からマーフィー岡田にまさる実演販売のスターが生まれてくることだろう。動画関連サービスは2015年のホットなスタートアップ分野のひとつであり、今後の動向に注目したい。

icon-cast-service-image

----------[AD]----------

Dr. WalletのBearTailが凸版印刷と提携、撮影したレシート写真からマーケティングデータの分析が可能に

SHARE:

レシート撮影によるクラウド家計簿アプリ「Dr. Wallet(ドクターウォレット)」で知られる  BearTail は19日、凸版印刷と提携し、レシートを使ったマーケティング活動を支援するサービスを提供を開始した。このサービスは、凸版印刷のウェブキャンペーンシステム「Cam!labo(キャンラボ)」と一機能として位置付けされ、「Cam!labo レシート分析」のサービス名で提供される。 マーケティ…

camlabo_featuredimage

レシート撮影によるクラウド家計簿アプリ「Dr. Wallet(ドクターウォレット)」で知られる  BearTail は19日、凸版印刷と提携し、レシートを使ったマーケティング活動を支援するサービスを提供を開始した。このサービスは、凸版印刷のウェブキャンペーンシステム「Cam!labo(キャンラボ)」と一機能として位置付けされ、「Cam!labo レシート分析」のサービス名で提供される。

マーケティングデータの集積や分析を意図して、消費者向けの商品を販売する企業はさまざまな広告・賞品提供のキャンペーンを展開している。商品を購入したことの証明として、一昔前であれば、商品パッケージの一部をハガキなどに貼付して送る方法が主流だったが、最近では、商品購入時のレシートをスマホのカメラで撮影、そのままモバイルでキャンペーンに応募できるケースが増えてきた。

このような方法では、消費者はハガキを購入したり、宛先を書いたりする手間が無くなるのに加え、企業はレシートの情報により従来より詳しいマーケティングデータが集積できるようになる。しかし、消費者から送られてくるレシートの写真は画像情報であるため、企業はそのままでは統計データとして有効活用することができない。レシートの画像情報を統計データに変換する作業は OCR などでは難しい一方、企業が人を使って処理するにはコストがかかり過ぎてしまう。

BearTail ではかねてより、自社開発エンジンとクラウドソーシングにより、撮影された写真から 99.98% の正確性でレシートを入力処理するしくみをクラウド家計簿アプリ「Dr. Wallet」で確立しており、この機能の一部を凸版印刷に開放し「Cam!labo」と連携させることで、企業はレシートを活用した安価で効果的なキャンペーンを展開できるようになる。

凸版印刷は、「Cam!labo レシート分析」により2015年度で3億円の売上を見込んでいる。

camlabo-beartail_diagram

----------[AD]----------

レシート撮影によるクラウド家計簿「Dr. Wallet」が約1億円を資金調達

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 クラウド家計簿「Dr. Wallet」を提供するスタートアップ BearTail は今日、インキュベイトファンド、ニッセイ・キャピタル、SMBCベンチャーキャピタルから約1億円を資金調達した、と発表した。 Dr. Wallet はレシートをスキャンするだけで、家計簿がつけられるサービスだ。8月に正式リリースされ、現在…

drwallet-featuredimage

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

クラウド家計簿「Dr. Wallet」を提供するスタートアップ BearTail は今日、インキュベイトファンドニッセイ・キャピタルSMBCベンチャーキャピタルから約1億円を資金調達した、と発表した。

Dr. Wallet はレシートをスキャンするだけで、家計簿がつけられるサービスだ。8月に正式リリースされ、現在 Android 版iOS版デスクトップ版で利用が可能だ。入力の正確性を担保するために、OCRを使わず人が入力することで、類似サービスと差別化している。購入履歴は自動的に項目別に整理される。人力入力により入力の正確性は 99.98% まで高められ、ユーザは誤入力を心配せずに済む。

今回調達した資金を使って、同社は、ユーザがこれまでにどこで何を買ったかの履歴に基づいて、提携先のスーパーや食料品店から、お買得品情報をユーザに伝える機能を追加したいと考えている。この機能は Zaim が7月に開始したサービスに似ており、BearTail は同機能を通して売上を上げたいと考えている。この分野では、凸版印刷の Shufoo も、スーパーマーケットの安売情報を提供するサービスを行っている。

BearTail は KDDI のインキュベーションプログラムの第5回バッチに選ばれた。BearTail を含むスタートアップ5社は、1月24日に開催される同プログラムのデモデイイベントで紹介される予定だ。

----------[AD]----------

筑波大学発スタートアップのBearTailが、レシート撮影によるクラウド家計簿「Dr. Wallet」を正式リリース

SHARE:

筑波大学発のスタートアップ BearTail が、レシート撮影によるクラウド家計簿サービス「Dr. Wallet」を正式リリースした。ここ数ヶ月、一部ユーザの参加によるクローズドベータ版として運用していたが、サービスの運用状態が実用ベースに載ったことから、正式リリースに踏み切った。現在は、Android アプリで利用可能だ。 この分野には非常に多くの競合スタートアップが存在する。特に昨年以降、個人…

dr-wallet_logo筑波大学発のスタートアップ BearTail が、レシート撮影によるクラウド家計簿サービス「Dr. Wallet」を正式リリースした。ここ数ヶ月、一部ユーザの参加によるクローズドベータ版として運用していたが、サービスの運用状態が実用ベースに載ったことから、正式リリースに踏み切った。現在は、Android アプリで利用可能だ。

dr-wallet_mobileapp_screenshot

この分野には非常に多くの競合スタートアップが存在する。特に昨年以降、個人や中小企業の会計を助けてくれるクラウド型の会計支援サービスは、日本だけでも20を超えており、非常にホットな分野だということができるだろう。(英語版関連記事

従来のサービスと比べて、Dr. Wallet の特徴は、敢えてOCRを使わず、レシート内容の人力入力にこだわっているということと、会計分類を自動的に独自エンジンで行ってくれる点だ。人力入力にすることで、レシート内容の入力の正確さを99.98%まで上げられたという。筆者は、日常的にこの種類のサービスを使うことがないため、OCRの場合にレシート内容の正読性がどの程度確保されるかはわからないが、誤入力の心配がほぼ払拭できるという点で、ユーザに安心が与えられることは間違いない。

せっかくの機会なので、BearTail の代表取締役・黒崎賢一氏に頼んで同業他社サービスとの比較表を作ってもらった。予めおことわりしておくが、SD Japan が作成したものではないため、当事者の主観が反映されていることは否定しない。

comparsion-chart

ただ、こうしてみるとわかるのは、Dr. Wallet が人力入力という一番コストのかかる運用形態を、ユーザの管理コストがかかる個人ユーザに対して無料で提供する点だ。この運用形態を見ると、SanSan の名刺管理サービス「Eight」を彷彿させる。Eight の場合は、同社の法人向け有償サービス Link Knowledge へのユーザ誘導や、会社やサービスの認知度アップの投資として「Eight」を無料提供している。”Grow first, monetize later” ということだ。

Dr. Wallet がマネタイズする仕掛けは、ビッグデータによるB2B2Cモデルのようだ。ユーザの会計情報を収集することで、ユーザを購買パターンによって分類できる。例えば、あるホテルや美容院などを定期的に利用するユーザに対して、「○○カードで支払うと○○%安くなります」というようなクーポンが提供できる。購買履歴に基づいてユーザをセグメント化して、そのニッチ層に対して、ピンポイントでプロモーションをかけられるという点では、先頃リリースされた Kanmu CLO とも似ている。大半の購買がカードで決済されるアメリカであれば、個人の購買情報のビッグデータはカード会社が手にするのだろうが、現金社会の日本においてはそうではない。ここに Dr. Wallet のようなサービスがサバイブできる余地が残されていると言えるのだろう。

BearTail は今年2月に買い物代行サービス「Amazonガチャ」をリリースしたが、商標権侵害の可能性などを考慮して、5日間でサービス終了を余儀なくされる憂き目にあった。Dr. Wallet では、ユーザ獲得にあたってのネットワーク効果とマネタイズの仕掛けが熟慮されているように思うので、この分野で大きな成功を見せてくれることに期待している。

----------[AD]----------