タグ BionicM

BionicM:SXSWでも表彰されたパワード義足開発【BRIDGE Tokyoノミネート企業紹介】

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。 1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、…

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。

1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、BRIDGE では次世代のスタートアップを讃えるリスト「INTRO Showcase」のノミネート企業106社を発表させていただきました。

これら106社は、BRIDGE Tokyo 2022 に協力いただいているベンチャーキャピタル(VC)、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)から、次世代の企業成長を支援する「若手キャピタリスト」に選考委員としてご参加いただき、彼らの視点で候補をリストアップいただいたものです。

掲載する106社は選出された候補からノミネートを受諾いただいた各社となります。なお、ノミネートの基準は2015年以降の創業で、概ね5年以内に上場を視野に入れられる可能性のある急成長企業としています。

BRIDGE では BRIDGE Tokyo 2022 の最終日である1月28日に発表される最終選考に向けて、106社の顔ぶれを紹介していきます(順不同)。最終選考で注目を集めた企業については、インタビュー記事の掲載も予定しています。

BionicM

Image credit: BionicM

<事業内容>

BionicM は革新的なロボット技術を応用した高機能パワード義足を開発しています。自身が義足ユーザーでありエンジニアでもある代表:孫小軍が、東京大学でロボット技術を応用した義足の研究を行い、その研究成果をもとに事業化しました。市場に流通する主流の義足は、義足自体が力を出して動作をアシストすることができません。そのためユーザーは日々、日常動作の根源的なところで多くの不自由を抱えています。

BionicM のパワード義足は、失われた足の筋肉を代替することで、可能な日常動作の幅を広げ、技術的進歩が遅れている義足業界の新たな技術として、世界中の下肢切断者の QOL 向上に貢献することを目指します。

義足の開発を得られた知見・技術を活かし、下肢切断者に限らず全ての人々が「自身の足で自由に動く」ことを実現する“Powering Mobility for All”を Mission に掲げ、Human Augmentation(身体拡張)の領域において社会課題を解決するリーディングカンパニーとなることを目指す。

<推薦者>  古川圭祐さん(東京大学協創プラットフォーム開発)

<推薦者コメント>

市場に流通する既存義足の99%は動力を持たない受動式義足です。身体的負荷が高く動作性も低いのが課題でした。更に、世界的に糖尿病などの病気が原因による下肢切断が増加しており、下肢切断者のモビリティ・QOL の観点から高機能義足が求められています。

BionicM は、東京大学が世界をリードするヒューマノイドロボティクス技術を活用し、膝の屈伸、足首の動きを能動的に行える動力アシスト機能をもったロボット義足を開発。身体負荷や転倒リスクを下げ、下肢切断者のモビリティを大きく向上させます。設立以前の研究段階より、SXSW Interactive Innovation Award を日本チームとして史上初めて受賞するなどその技術の革新性・将来性は高く評価されています。

<関連記事>

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


パワード義足開発のBionicM、シリーズAでUTECや東大IPCらから5.5億円を調達——社外取締役にpopIn創業者の程涛氏が就任

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから パワード義足を開発する BionicM はシリーズ A ラウンドで5.5億円を調達したことを発表した。このラウンドに参加したのは、東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)、東京大学協創プラットフォーム開発(東大 IPC)、科学技術振興機構(JST)。UTEC は昨年のシードラウンドに続く出資。また、Bionic…

Image credit: BionicM

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

パワード義足を開発する BionicM はシリーズ A ラウンドで5.5億円を調達したことを発表した。このラウンドに参加したのは、東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)、東京大学協創プラットフォーム開発(東大 IPC)、科学技術振興機構(JST)。UTEC は昨年のシードラウンドに続く出資。また、BionicM は2018年、東大 IPC の「1st Round」の前身となる「起業支援プログラム」の3回目の公募に採択され、資金支援を受けたことを明らかにしていた。

BionicM が開発するパワード義足は、従来の動力を持たない受動式義足が抱える課題を解決する義足。設立以前の研究段階より、「SXSW Interactive Innovation Award」を日本チームとして初めて受賞ジェームズダイソンアワードにおいて国内最優秀賞を受賞するなど、高い第三者評価を受けている。今月には、中国のスタートアップ支援組織 Leaguer Group(力合集団)が深圳で開催するコンテスト「Advanced Technology and Engineering Challenge(A-TEC、智創杯)」に日本代表として出場予定。

BionicM は、自身も骨肉腫のために9歳のときに右足の切断を余儀なくされた Xiaojun Sun(孫小軍)氏らが設立したスタートアップ。2015年に、東京大学大学院情報理工学系研究科情報システム工学研究室で研究開発がスタートした。世界に1,000万人いる義足の潜在ユーザのうち、高価であったり機能が限定的であったりすることが理由で、実際に義足を利用できているのは40%程度の人々。義足を必要とするすべての人々に高性能な義足を低価格で届けるべく、製品化に向け2018年に会社法人を設立した。

BionicM の説明によると、世界の義足市場の99%以上は受動式義足であり、ロボットテクノロジーが普及する昨今において、その技術進化の恩恵が及んでいない市場だという。受動式義足は義足利用者への身体的負担が大きいだけでなく、自然な歩行動作を取れない、階段を両足交互に昇降することができないなどの制約から周囲の目が気になるという精神的負担も生んでいる。この課題を解決できる可能性があるのがパワード義足だ。

BionicM では2021年の商品化・販売開始に向け、パワード義足の量産化に向けた体制作りを準備中で、今回の資金調達はそのための体制強化を目的としたものだ。BionicM では、膝・足首などのパワード義足の標準モジュールを全国の義肢製作所に供給、義肢製作所がモジュールをソケットに組み込み、下肢切断者などに販売する形の B2B2C のビジネスモデルを成立させたい考えだ。

BionicM は開発中のパワード義足について、来年にも補装具の完成用部品認定を受けることを目指している。この認定を受ければ、一般的には障害者自立支援法に定められた補装具費支給制度の対象となるが、パワード義足はハイエンド製品で高価であるため、ユーザ購入時に助成金の対象とならない可能性もある。同社では分割払やリースなどを導入すべく事業会社との協業も模索する。

高い義足には補助金が出にくい。補助が出ても自分で一括で支払わなければいけない。BionicM では技術のイノベーションだけでなく、レンタルやリースなどサービスの提供形態についても、事業会社と組むことで新しいビジネスの形を取り入れていきたい。(Sun 氏)

BionicM は6月に中国法人を設立し、4名の社員が営業展開を始めている。中国は人口が多いため、義足市場も日本のそれより大きい。売上の観点で見れば、事業立ち上がり後の成長は、日本よりも中国の方が大きくなる可能性は十分にある、と Sun 氏と語った。

BionicM は今回の資金調達とあわせ、popIn の創業者で CEO の Tao Cheng(程涛)氏を社外取締役に迎えたことも発表した。Cheng 氏と Sun 氏は共に中国出身で、東大発のスタートアップで当初 UTEC から支援を受けたという点で境遇も似ている。Sung 氏は Cheng 氏のことを、日本でイグジット(popIn は2015年 Baidu が買収)を果たした中国出身の先輩起業家として尊敬しており、ハードウェア企業である BionicM にとって、Cheng 氏が持つソフトウェア企業経営の経験が大きく役立つだろうと述べた。

<参考文献>

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


ロボティック義足を開発するBionicMが東京大学エッジキャピタルからシード資金獲得

SHARE:

ロボティック義足を開発するBionicMは3月18日、東京大学エッジキャピタルを引受先とする資金調達を実施したことを公表している。出資額などの詳細は非公開。 同社が開発するロボティック義足は、従来の動力を持たない受動式義足が抱える課題を解決する義足。設立以前の研究段階より、「SXSW Interactive Innovation Award」を日本チームとして初めて受賞、ジェームズダイソンアワード…

BionicM.png

ロボティック義足を開発するBionicMは3月18日、東京大学エッジキャピタルを引受先とする資金調達を実施したことを公表している。出資額などの詳細は非公開。

同社が開発するロボティック義足は、従来の動力を持たない受動式義足が抱える課題を解決する義足。設立以前の研究段階より、「SXSW Interactive Innovation Award」を日本チームとして初めて受賞ジェームズダイソンアワードにおいて国内最優秀賞を受賞するなど、高い第三者評価を受けている。

同社の説明によると、世界の義足市場の99%以上は受動式義足であり、ロボットテクノロジーが普及する昨今において、その技術進化の恩恵が及んでいない市場だという。受動式義足は義足利用者への身体的負担が大きいだけでなく、自然な歩行動作を取れない、階段を両足交互に昇降することができないなどの制約から周囲の目が気になるという精神的負担も生んでいる。

同社は、今回の資金調達により、ロボティック義足の開発を加速させ、将来的な量産・市場導入に向けた事業基盤を強化していく。

via PR TIMES

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


SXSW Interactive Innovation Awards表彰式が開催——東大情報システム工学研究室発の次世代義足「BionicM」が学生部門賞を受賞

SHARE:

本稿は、SXSW 2017(サウスバイサウスウエスト 2017)の取材の一部である。 14日(アメリカ現地時間)、テキサス州オースティン市内で SXSW Interactive Innovation Awards の表彰式が開催された。学生部門「Student Innovation」には、東京大学情報システム工学研究室から生まれた義足「BionicM」のチームが選ばれ、チームリーダーでメカニカルリ…

表彰を受ける BionicM のチーム

本稿は、SXSW 2017(サウスバイサウスウエスト 2017)の取材の一部である。

14日(アメリカ現地時間)、テキサス州オースティン市内で SXSW Interactive Innovation Awards の表彰式が開催された。学生部門「Student Innovation」には、東京大学情報システム工学研究室から生まれた義足「BionicM」のチームが選ばれ、チームリーダーでメカニカルリーダーの Xiaojun Sun(孫小軍)氏は、「技術の力を使って、身体障害者を含む人々のモビリティの問題を改善したい」と抱負を語り、会場からスタンディングオベーションを浴びた。

BionicM は、ロボットと人体を人の移動に融合させることを狙っている。Xiaojun 氏は骨肉腫のために9歳のときに右足を切断することになったが、義足は非常に高価であるため、彼が最初の義足を手に入れたのは、それから15年後になったとのこと。世界に1,000万人いる義足の潜在ユーザのうち、高価であったり機能が限定的であったりすることが理由で、実際に義足を利用できているのは40%程度の人々。チームでは、義足を必要とするすべての人々に高性能な義足を低価格で届けたいとしている。

SXSW Interactive Innovation Awards は今回で20回目を迎え、毎年、前年の1年間にわたり応募が受け付けられ、クリエイティビティ、フォルム、機能、エクスペリエンス全般の4つの条件に基づいて審査される。13のカテゴリのファイナリストには4大陸・13カ国から65チームが選ばれた。

各部門別の他の受賞チームはこちら。ファイナリストはこちら

また、SXSW の Hall of Fame & Special Honors(殿堂入り)は、テックニュースサイト「Recode」の共同設立者でエグゼクティブ・エディターの Kara Swisher 氏に贈られた。

Recode 共同設立者/エグゼクティブ・エディターの Kara Swisher 氏

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録