BRIDGE

タグ bitflyer

ビットコイン価格高騰に「4つの理由」、国内取引所のbitFlyerの月間取引額は18億円を突破

SHARE:

11月4日前後に今年最高値の400ドル超えをマークするなど、年末にきて値動きの熱いビットコインだが、これに併せて国内取引所を展開するスタートアップの成長も激しくなってきている。 国内でビットコイン取引所サービスを展開するbitFlyerは10月の月間取引額が18億円を突破していたそうだ。 同社代表取締役の加納裕三氏の話によれば、これまでの月次取引額が倍増のペースで伸びてきており「数カ月内に100億…

coindesk-bpi-chart
ビットコインの今年の値動き・Image Credit : coindesk

11月4日前後に今年最高値の400ドル超えをマークするなど、年末にきて値動きの熱いビットコインだが、これに併せて国内取引所を展開するスタートアップの成長も激しくなってきている。

国内でビットコイン取引所サービスを展開するbitFlyerは10月の月間取引額が18億円を突破していたそうだ。

同社代表取締役の加納裕三氏の話によれば、これまでの月次取引額が倍増のペースで伸びてきており「数カ月内に100億円の取引額も達成の見通し」ということだった。

同様に国内で取引所を展開するcoincheck(レジュプレスが運営)も10月の当初4億円と見込んでいた取引額を8億円に倍増させるなど、ジェットコースターのような成長を示している。

値動き要因について加納氏に尋ねたところ、4つほどポイントを教えてくれた。

まず最初に、ビットコインへの大手金融機関の支持表明だ。国内外主要銀行のビットコイン支持表明が10月冒頭にあり、その後の価格上昇に繋がった、ということらしい。取り持ったのが次世代の金融システムを推進するスタートアップのR3CEVで、ビットバンク提供のこの記事に詳細が掲載されている。

また前回記事でも触れたEU最高裁判決も影響のひとつと加納氏は指摘していた。ビットコインに対する付加価値税(消費税)の非課税判決は、EU全体でのビットコイン利用推進に大きな前進をもたらすことになりそうだ。

加納氏はその他の影響要因として中国の銀聯カードの引き出し制限によるビットコインへの流入、中国のMMMという詐欺会社が煽った事件も今回の値動きに関係あると教えてくれた。

また今後の値動きについて加納氏は、乱高下を続けながらこれまでの最高値だった1000ドルに近い、1ビットコイン10万円という価格帯到達も不思議ではないと見解を示してくれている。

スタートアップがチャレンジすべき市場に「変化の激しい市場」がよく挙げられるが、ビットコイン関連(特に取引所サービス)はまさにその部類なのだろう。

なお、このビットコイン関連で何度も注意しているが、取引にはかなりのリスクが伴う。加納氏も使った「乱高下」という言葉が本当にぴったりな相場なので、ここに足を踏み入れる人はくれぐれも注意されたい。

----------[AD]----------

bitFlyerが国内で初となるビットコイン販売所を開始

SHARE:

bitFlyerは5月26日、ビットコインの販売所サービスを開始する。 ビットコインには買い手の希望する価格で売り手が現れるのを待つ「取引所」と固定した価格で常に取引をしてくれる「販売所」の二つの購入方法がある。bitFlyerの提供するのは後者で、同社代表取締役の加納裕三氏によると、国内で初の事例となる。 なお、世界的に展開しているプレーヤーにはBITSTAMP、Bitfinex、Coinbas…

10409852_10152459215573566_1848295503_n

bitFlyerは5月26日、ビットコインの販売所サービスを開始する。

ビットコインには買い手の希望する価格で売り手が現れるのを待つ「取引所」と固定した価格で常に取引をしてくれる「販売所」の二つの購入方法がある。bitFlyerの提供するのは後者で、同社代表取締役の加納裕三氏によると、国内で初の事例となる。

なお、世界的に展開しているプレーヤーにはBITSTAMPBitfinexCoinbase、最近、リチャードブランソン氏らから3000万ドルを調達したことで話題になっているBitPayなどがある。

<参考記事> ビットコイン換金サービスのBitPay、リチャード・ブランソン氏らから3000万ドルを調達

bitFlyerの利用にはまずアカウント作成が必要になる(登録費用は2800円だが、現在は無料期間となっている)。住所などの個人情報を入力した後、取引に必要な銀行を指定し、bitFlyer側の指定する口座にデポジットとして取引に必要な資金を入金すれば完了となる。

加納氏によれば、安全性を確保するためシステム的なセキュリティに加え、入出金については手動でのチェックを実施しているため、取引に関して数日の営業日がかかることもあるという。取引ができる営業時間は平日の午前9時から午後3時までで、ユーザーのビットコインはネットに接続されていない環境(コールドウォレット)に保管されることになる。

10362392_10152459215578566_1356295816_n

加納氏は投資銀行でトレーダーとしてのキャリアを積み、このbitFlyerを2014年1月に創業した人物。なお、同社のサイトには株主として創業者の他に木村新司氏の名前があるが、これは個人投資家で、現在Gunosyの共同代表を務める木村氏のことになる。加納氏によれば前職時からの長い付き合いなのだそうだ。

国内でビットコインと言えばどうしてもマウントゴックス社破綻の話題が先行してしまい、また、コマースサイトや実店舗でコインを実経済として使えるところも少なく、やや掴みどころが難しいのが実情だと思う。加納氏も「日本では貨幣価値は安定しているので、ビットコインに対する需要が低いことも要因のひとつ」と説明する。

ビットコインの特徴は個人間取引にあり、国家が管理する通貨と違って、国境を跨いだ経済圏を簡単に作ってしまうところにある。しかし、実態経済として使える場所がなければ、どうしても実感としての貨幣よりも下がった時に買って、上がったら売る、という投機的な側面ばかり強調される。実際、加納氏も立ち上がり当初はその側面が強くなるだろうという予想をしていた。

ここ数日、またビットコイン値動きの話題が出てきている。国内にも有力なプレーヤーが誕生したことで、この界隈がどう盛り上がるのか。注目したいリリースだ。

----------[AD]----------