BRIDGE

タグ BitStar

新規事業が倍成長で月商1億円に、6年目のBitStarがブランディングを一新

SHARE:

YouTubeなどを中心に、個人が活躍するインフルエンサー事業が活況だ。業界で先行するUUUMなどに続く形で、形式も実際の人間から仮想化したバーチャルYouTuberなどを展開するスタートアップも大きく調達を重ねている。 この激戦区にあって躍進している企業がある。都内を拠点に展開するBitStarは創業6年目のスタートアップで社員数は120名。インフルエンサーを起用した広告事業で創業し、影響力のあ…

bitstar.png

YouTubeなどを中心に、個人が活躍するインフルエンサー事業が活況だ。業界で先行するUUUMなどに続く形で、形式も実際の人間から仮想化したバーチャルYouTuberなどを展開するスタートアップも大きく調達を重ねている。

この激戦区にあって躍進している企業がある。都内を拠点に展開するBitStarは創業6年目のスタートアップで社員数は120名。インフルエンサーを起用した広告事業で創業し、影響力のある個人をマネジメントするプロダクション事業、さらにここから生まれるコンテンツを制作・販売する事業を新たな事業領域として展開している。

同社は本誌取材に対し、近年伸びているプロダクションなどの新規事業領域のみで昨年比倍増、月商で1億円をマークするようになったと明かしてくれた。

「プロダクション事業の『E-DGE』は所属クリエイターのマネジメントで、コンテンツは2つありまして、1つは企業様と共同運営したり自社IPでのYouTubeにおける実写番組やアニメ、マンガチャンネルの制作や運営です。2つ目はVTuberの制作・運営や『わくわく!VTuberひろば』というイベントのIPを運営しておりまして、そこでVR空間上で会話できる権利を販売したり、ARでキャラクターとツーショットの仕組みを販売したりしています」(同社代表取締役社長の渡邉拓氏)。

また同社は4月24日の今日、事業拡大に合わせてコーポレートブランドの一新を伝えた。サービスの名称についても、プロダクション事業として展開していた「E-DGE」の名称を社名である「BitStar」にするなど、成長領域にフォーカスする意図を示している。

----------[AD]----------

インフルエンサーマーケティングのBitStar、YouTube番組制作に特化したクリエイティブユニット「BitStar Studio」をローンチ

SHARE:

インフルエンサーマーケティングに関わる各種サービスを提供する BitStar は9日、YouTube番組制作に特化したクリエイティブユニット「BitStar Studio」をローンチしたと発表した。また、その第一弾として、バンダイナムコエンターテインメントの新作ゲーム「ニンジャボックス」を題材にした「ニンジャボックスTV」の YouTube チャンネルの番組配信を開始した。 BitStar では、…

インフルエンサーマーケティングに関わる各種サービスを提供する BitStar は9日、YouTube番組制作に特化したクリエイティブユニット「BitStar Studio」をローンチしたと発表した。また、その第一弾として、バンダイナムコエンターテインメントの新作ゲーム「ニンジャボックス」を題材にした「ニンジャボックスTV」の YouTube チャンネルの番組配信を開始した。

BitStar では、次のデジタルマーケティングのトレンドとして、企業がテレビ番組にスポンサードするように、YouTube 上のデジタルコンテンツにもスポンサードする動きが生まれていると説明。同社のこれまで約2年間の実績を通じて、ブランド企業の要望に合わせた YouTube 番組制作が可能としている。

同社では、1. YouTube に適した企画立案、2. BitStar が運営するインフルエンサープロダクション「E-DGE」と連携したチャンネル成長支援、3. 経験豊富な動画制作及びチャンネル運用・分析体制に強みを持っており、企業チャンネルの企画立案、撮影編集、運用、分析までを一気通貫で行うことができるとしている。

via PR TIMES

----------[AD]----------

インフルエンサーマーケティングのBitStar、CFO・執行役員・社外監査役に4名が就任——IPOに向け経営体制を強化か

SHARE:

インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar(ビットスター)」、 YouTuber プロダクション「E-DGE」などを展開する BitStar は7月1日、CFO・執行役員・社外取締役など新たに4名を招聘、就任したことを明らかにした。 新たに就任したのは、執行役員 CFO の寺谷祐樹氏、執行役員の泊大輔氏(メディア制作担当)、執行役員の矢澤孝明氏(広告・プロダクション担当)、社外監査役の掛…

左から:矢澤孝明氏、泊大輔氏、代表取締役の渡邉拓氏、掛川紗矢香氏、寺谷祐樹氏
Image credit: BitStar

インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar(ビットスター)」、 YouTuber プロダクション「E-DGE」などを展開する BitStar は7月1日、CFO・執行役員・社外取締役など新たに4名を招聘、就任したことを明らかにした。

新たに就任したのは、執行役員 CFO の寺谷祐樹氏、執行役員の泊大輔氏(メディア制作担当)、執行役員の矢澤孝明氏(広告・プロダクション担当)、社外監査役の掛川紗矢香氏の4名。

寺谷氏は公認会計士で、EY 新日本有限責任監査法人で会計監査・アドバイザリー業務に従事し、のちにミクシィで M&A や子会社取締役を歴任。PE ファンドの雄渾キャピタル・パートナーズを経て、2019年3月から BitStar に参画している。

泊氏は毎日放送で番組の営業業務などに従事し、のちに C Channel で国内メディア統括執行役員として各種事業を担当した。2019年5月から BitStar に参画している。

左から:寺谷祐樹氏、泊大輔氏、矢澤孝明氏、掛川紗矢香氏
Image credit: BitStar

矢澤氏はフルスピードで広告運用を担当、のちにダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチで web サイトのマネタイズに携わった。2016年に創業まもない BitStar に入社し、その後、インフルエンサー広告事業の責任者、プロダクション事業の責任者を歴任した。

掛川氏は、GDH(現ゴンゾ)、グリーを経て、創業期のメルカリに参画。のちに、メルカリの執行役員、メルカリ子会社のソウゾウの取締役を歴任した(なお、メルカリは子会社ソウゾウの会社解散・清算を発表している)。

BitStar はこれまでに明らかになっているものだけで4回の調達ラウンドを経て、合計で20億円前後を投資家から調達している。直近は昨年実施したシリーズ C ラウンドで13億円を調達。今回の役員らの就任について、BitStar は経営体制およびガバナンス強化を目的にしていると発表しているが、事実上、IPO に向けたカウントダウンに入ったと見てよいだろう。

2014年7月に会社設立された BitStar(設立時の社名は Bizcast)は、2015年9月に YouTuber と YouTuber へのプロモーションを依頼したい企業とのマッチングプラットフォーム BitStar をローンチ。特定の MCN(マルチチャンネルネットワーク)などに所属していない YouTuber を約3,000名擁しており、500社以上の企業の PR を支援してきた。また、ファンクラブサービス「costar(コースター)」、インフルエンサー影響力定量分析の「Influencer Power Ranking(IPR)」、バーチャル YouTuber、ライバー事業「メゾワン」(2019年3月に買収)、ファッションフェスティバル「SAPPORO COLLECTION」などの事業を手がける。

----------[AD]----------

インフルエンサーマーケティングのBitStar、クラウドモデルエージェンシー「REMEMBER」に戦略的出資

SHARE:

インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar(ビットスター)」、 YouTuber プロダクション「E-DGE」、ファンコミュニティ「costar(コースター)」などを展開する BitStar は1日、クラウドモデルエージェンシー「REMEMBER」を運営する Remember に出資し、戦略的協業を目的とした資本業務提携を締結したと発表した。出資金額や比率は明らかになっていない。 Rem…

remember-crowd-model-agency_featuredimage

インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar(ビットスター)」、 YouTuber プロダクション「E-DGE」、ファンコミュニティ「costar(コースター)」などを展開する BitStar は1日、クラウドモデルエージェンシー「REMEMBER」を運営する Remember に出資し、戦略的協業を目的とした資本業務提携を締結したと発表した。出資金額や比率は明らかになっていない。

Remember は2017年2月に設立。モデルとカメラマンに特化した C2C キャスティングサービス「REMEMBER」を2017年にαリリース、今年5月に正式リリースした。これまでに、モデル約2,000名、カメラマン約3,000名が登録しているという。カメラマンは SNS 等で活躍しているモデルに直接オファーが可能で、モデルは業界で活躍するカメラマンと出会え、仕事やオーディションの情報を収集できるメリットがある。

今般の出資を受けて、BitStar は E-DGE や costar を通じてREMEMBER のモデルインフルエンサーの活動を支援する。

Via PR TIMES

 

----------[AD]----------

インフルエンサーマーケティングのBitStar、ファンコミュニティサービス「costar(コースター)」のモバイルアプリをローンチ

SHARE:

インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar(ビットスター)」、 YouTuber プロダクション「E-DGE」などを展開する BitStar は3日、クリエイターとコアなファンがつながるファンコミュニティサービス「costar(コースター)」のモバイルアプリを、iOS と Android 向けに公開した。 costar は、クリエイターとファン、ファン同士の双方向コミュニケーションが可能…

インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar(ビットスター)」、 YouTuber プロダクション「E-DGE」などを展開する BitStar は3日、クリエイターとコアなファンがつながるファンコミュニティサービス「costar(コースター)」のモバイルアプリを、iOSAndroid 向けに公開した。

costar は、クリエイターとファン、ファン同士の双方向コミュニケーションが可能なファンコミュニティ醸成プラットフォーム。E-DGE に所属しているクリエイターから寄せられた「オフ会に参加したいけど、参加できなかった…」「より身近に感じていたあのクリエイターとの距離を最近遠く感じる…」といった声をもとに、今年3月にリリースされた。

クリエイターは無料でファンコミュニティを開設できるほか、ファンに対しては柔軟に月額利用料を設定できる有料課金制を採用。クローズドな有料会員制のため、コアなファンのみによる共感を生みやすいコミュニティ形成ができる。また、クリエイターは専用アプリにより自分が開設したコミュニティを管理できる。

今回のモバイルアプリ公開にあわせて、BitStar はジェンダーレス系男子の先駆け的存在の原宿系カリスマ読者モデル、こんどうようぢ氏が costar に参加したことを明らかにした。こんどうようぢ氏のコミュニティ「YOHDI WORLD」が開設され、月額300円(1ヶ月無料トライアル付き)で参加することができる。

costar に開設されたファンコミュニティは YOHDI WORLD をはじめ、E-DGE で活躍するインフルエンサーのコミュニティを中心に13件。参加するファンの数は正式には公開されていないものの、合計で数千名程度に上ると見られる。

2014年7月に会社設立された BitStar(設立時の社名は Bizcast)は、2015年9月に YouTuber と YouTuber へのプロモーションを依頼したい企業とのマッチングプラットフォーム BitStar をローンチ。特定の MCN(マルチチャンネルネットワーク)などに所属していない YouTuber を1,500人以上擁しており、彼らのフォロワー数の合計は8,000万人を超える(2016年9月現在)。最近では、インフルエンサー影響力定量分析の「Influencer Power Ranking(IPR)」、バーチャル YouTuber などの新事業を開始している。

BitStar は2018年8月にシリーズ C ラウンドで13億円を調達しており、これまでの外部からの合計資金調達額は20億円前後に上ると見られる。

Via PR TIMES

----------[AD]----------

インフルエンサーマーケティングのBitStar、シリーズCで13億円を調達——GB、メディアCVC、グリーのVTuber事業子会社、香港VCが参加

SHARE:

インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar(ビットスター)」、 YouTuber プロダクション「E-DGE」などを展開する BitStar は20日、シリーズ C ラウンドで13億円を調達したことを明らかにした。 このラウンドはグローバル・ブレインがリードインベスターを務め、ABC ドリームベンチャーズ(朝日放送の CVC)、コロプラネクスト、Wright Flyer Live Ent…

BitStar とグローバル・ブレインの皆さん
Image credit: Global Brain / BitStar

インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar(ビットスター)」、 YouTuber プロダクション「E-DGE」などを展開する BitStar は20日、シリーズ C ラウンドで13億円を調達したことを明らかにした。

このラウンドはグローバル・ブレインがリードインベスターを務め、ABC ドリームベンチャーズ(朝日放送の CVC)、コロプラネクストWright Flyer Live Entertainment(以下、WFLE と略す。グリーの100%子会社で VTuber ライブ配信アプリを提供)、INTAGE Open Innovation Fund(インテージホールディングスと SBI インベストメントが共同運営)、Makers Fund(香港拠点のエンターテイメント系特化ファンド)、朝日新聞社名古屋テレビ・ベンチャーズ(名古屋テレビの CVC)。

今回のラウンドに参加した投資家のうち、コロプラネクストは2016年8月に実施したシリーズ A ラウンド(調達金額非開示、推定数億円程度)、グローバル・ブレインは2017年6月に実施したシリーズ B ラウンド(調達額3億円)の、それぞれにおける唯一投資家だ。2017年10月に実施したラウンド(調達額、調達ラウンドともに非開示)には、ABC ドリームベンチャーズが出資に参加していた。2014年に East Ventures からシードラウンド調達(調達金額非開示)を含めると、外部投資家からの累積調達額は20億円前後に上ると思われる。

Image credit: BitStar

また、BitStar は先週、WFLE との業務提携を発表しており、BitStar がプロデュースする 2D モデルによるVTuber の 3D 化・収録・配信を WFLE が支援、2019年には複数人の VTuber デビューを両社で共同プロデュースすることが明らかになっている。複数の放送局 CVC からの出資受入は、以前、BitStar 代表取締役の渡邉拓氏が話してくれた、放送局と共同でプロダクトを制作するような動きを念頭に置いたものと見られる。朝日放送や朝日新聞社とは、両社が共同運営した新チャンネルブランド「#ONE!」に関連し次世代メディアの創生事業に協力している。

Makers Fund は、マッキンゼーでビデオゲームプロジェクトを牽引した Jay Chi 氏と、同じくマッキンゼー出身で Tencent Holdings(騰訊控股)の元シニアディレクター Michael Cheung 氏が設立した1億8,000万米ドル規模のファンドだ。BitStar は今年5月、FUN! JAPANとの事業提携により中華圏・東南アジア市場向けのプロモーションを開始しているが、Makers Fund はさらにこの動きに拍車をかける狙いがあると思われる。

2014年7月に会社設立された BitStar(設立時の社名は Bizcast)は、2015年9月に YouTuber と YouTuber へのプロモーションを依頼したい企業とのマッチングプラットフォーム BitStar をローンチ。特定の MCN(マルチチャンネルネットワーク)などに所属していない YouTuber を1,500人以上擁しており、彼らのフォロワー数の合計は8,000万人を超える(2016年9月現在)。最近では、ファンクラブサービス「costar(コースター)」、インフルエンサー影響力定量分析の「Influencer Power Ranking(IPR)」、バーチャル YouTuber などの新事業を開始している。

----------[AD]----------

インフルエンサーマーケティングのBitStar、FUN! JAPANと事業提携し中華圏・東南アジア市場向けプロモーションを開始

SHARE:

インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar(ビットスター)」や YouTuber プロダクション「E-DGE」を展開する BitStar は7日、Fun Japan Communications(FUN! JAPAN)と事業提携し、中華圏・東南アジア市場向けプロモーションを開始すると発表した。 FUN! JAPAN は、合計フォロワー数440万人・会員数76万人の〝日本好きコミュニティ〟…

(クリックして拡大)
Image credit: BitStar

インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar(ビットスター)」や YouTuber プロダクション「E-DGE」を展開する BitStar は7日、Fun Japan Communications(FUN! JAPAN)と事業提携し、中華圏・東南アジア市場向けプロモーションを開始すると発表した。

FUN! JAPAN は、合計フォロワー数440万人・会員数76万人の〝日本好きコミュニティ〟で、日本企業のアジア展開やインバウンド誘客向けに、消費者とのタッチポイント開発、プロモーション施策の効果測定、長期的な関係構築などを行なっている。FUN! JAPAN との提携を通じて、BitStar は中華圏や東南アジア地域へのインフルエンサーマーケティングを希望するクライアントに対し、キャンペーン実施と効果測定の両面から支援することが可能になる。

BitStar のことを THE BRIDGE で初めて取り上げたのは2015年9月のことだが(当時の社名は Bizcast)、当時と比べてもインフルエンサーマーケティングの業界は大きく変化してきているようだ。

BitStar 代表取締役の渡邉拓氏
Image credit: Masaru Ikeda

可処分時間を奪われるという懸念から、放送局などは当初 YouTube に代表されるネット動画サービスをライバル視する傾向にあったが、既存のメディアだけだと消費者の反応について追えないデータが増えつつあるため、インフルエンサーマーケティングを含む新興サービスとのプレーヤーとの連携や融合を進めるところが増えてきた。従来は垂直統合だったメディア制作・プロダクション・広告代理店という機能を、インフルエンサーを媒介に一気通貫で提供できるプレーヤーが勝つのではないか、というのが BitStar 創業者で代表取締役の渡邉拓氏の見立てだ。

そのような背景からか、BitStar のビジネスも多角化傾向にあるようだ。最近では、ファンクラブサービス「costar(コースター)」、インフルエンサー影響力定量分析の「Influencer Power Ranking(IPR)」、バーチャル YouTuber といった事業の開始に加え、今後はブランドのコミュニティ、ファンのコミュニティ、放送局との共同でプロダクトを制作するような動きを始める考えがあるという。動画メディアは百花繚乱を極める昨今だが、参入障壁が低い分、メディアがデザインやフォーマットで聴衆に受け入れられたとしても、後追いですぐにマネされてしまう可能性は高い。組める相手を的確に増やしていくことが重要のようだ。

BitStar の従業員は75名(2018年3月現在)。これまでに、2014年に East Ventures からシードラウンド調達(調達金額非開示)、2016年8月にコロプラからのシリーズ A ラウンド調達(調達金額非開示、推定数億円程度)、2017年6月にグローバル・ブレインからのシリーズ B ラウンド調達(3億円)、2017年10月に東京放送ホールディングス(東証:9401)傘下の CVC である TBS イノベーション・パートナーズと、朝日放送(東証:9405)傘下の CVC である ABC ドリームベンチャーズから資金調達している(調達額、調達ラウンドともに非開示)。

----------[AD]----------

インフルエンサーマーケティングとYouTuberプロダクションのBitStar、公式バーチャルYouTuber「朝宮ゆり(リリー)」の声優募集を発表

SHARE:

インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar(ビットスター)」と、YouTuber プロダクション「E-DGE」を展開する BitStar は28日、同社の公式バーチャル YouTuber の声優オーディションを開催すると発表した。同社では、インフルエンサーとなる人材の多角化を念頭に置いており、今回の声優募集は、人間だけでなくアニメーションキャラクタを使ったマーケティング事業の可能性を模索…

BitStar 公式バーチャル YouTuber の朝宮ゆりさん(YouTube ネーム「リリー」)
Image credit: BitStar

インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar(ビットスター)」と、YouTuber プロダクション「E-DGE」を展開する BitStar は28日、同社の公式バーチャル YouTuber の声優オーディションを開催すると発表した。同社では、インフルエンサーとなる人材の多角化を念頭に置いており、今回の声優募集は、人間だけでなくアニメーションキャラクタを使ったマーケティング事業の可能性を模索する布石と言える。

BitStar では同社の公式バーチャル YouTuber 朝宮ゆり(YouTube ネームを「リリー」と名乗る予定)をプロデュース。朝宮ゆりは近日動画配信を始めようと考えている女子高校生という設定で、このキャラクタに合った声優候補を募集する。応募条件は18歳以上30歳以下の女性のみで、プロアマは問わない。このフォームから応募し、書類選考を経てオーディションに進む対象者には BitStar から連絡がもたらされる。

BitStar では、現在日本で活躍するバーチャル YouTuber の数を800人以上と見積もっており、中には企業タイアップやテレビ出演を行うなど、リアルな人間の YouTuber 以上の活躍やビジネスに関わるキャラクタが出現していることに着目。プロダクションとして IP(知的所有権)開発にも乗り出すことで、新たな事業拡大を狙う。

----------[AD]----------

BitStar、インフルエンサーの影響力を定量分析できるツール「Influencer Power Ranking」のβ版を公開——キーワードトラッキング機能等を追加

SHARE:

インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar(ビットスター)」と、YouTuber プロダクション「E-DGE」を展開する BitStar は、インフルエンサーマーケティングのプランニング・分析ツール「Influencer Power Ranking(以下、IPR と略す)」のβ版を公開した。 同社は今年10月に IPR のα版を公開していたが、他社商品のプロモーション実績や起用したインフ…

インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar(ビットスター)」と、YouTuber プロダクション「E-DGE」を展開する BitStar は、インフルエンサーマーケティングのプランニング・分析ツール「Influencer Power Ranking(以下、IPR と略す)」のβ版を公開した。

同社は今年10月に IPR のα版を公開していたが、他社商品のプロモーション実績や起用したインフルエンサーのデータや、YouTubeマーケティングの波及を確認するためのキーワードトラッキング機能などを追加した。IPR の基本機能は無料で利用可能だが、今回追加された機能の一部は有料提供となる。

あわせて、BitStar では、サービスのα版公開からこれまでに IPR のユーザが100社に達したことを明らかにしている。

----------[AD]----------

インフルエンサーマーケティングのBitStar、インフルエンサーの影響力を定量的に分析できるツール「Influencer Power Ranking」のα版を公開

SHARE:

インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar(ビットスター)」と、YouTuber プロダクション「E-DGE」を展開する BitStar は、インフルエンサーマーケティングのプランニング・分析ツール「Influencer Power Ranking(以下、IPR と略す)」のα版をローンチしたと発表した。 IPR は YouTuber や Instagrammer などを活用したインフル…

インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar(ビットスター)」と、YouTuber プロダクション「E-DGE」を展開する BitStar は、インフルエンサーマーケティングのプランニング・分析ツール「Influencer Power Ranking(以下、IPR と略す)」のα版をローンチしたと発表した。

IPR は YouTuber や Instagrammer などを活用したインフルエンサーマーケティングで、これまで比較検討・定量判断しづらかった影響力や実績情報を収集しビッグデータ解析、マーケティングのプランニングや分析に活用できるツールだ。IPR には BitStar と共通アカウントで登録できるので、プランニングや分析の機能とインフルエンサーマッチングの機能を一元的に利用することが可能。料金は、一部の月額会員向けコンテンツを除き無料だ。

Instagrammer などインフルエンサーの影響力を分析・ランキングするツールとしては、欧米を中心に TraackrKlear といったツールがある。これらのツールにもインフルエンサーを影響力順に一覧化する機能は備わっているが、キャンペーンを依頼する企業側がプラットフォームを通じて、インフルエンサーに個別に連絡を取る必要がある。

一方、日本国内において、インフルエンサーマーケティングを取り扱うエージェンシーは、少なく見積もっても数十社程度は存在するが、IPR のように自社のマネージメント配下やネットワークに所属しないインフルエンサーを含め、情報を一覧化して提供するケースは珍しい。IPR の結果に基づいて、仮に企業が BitStar に所属していないインフルエンサーにキャンペーンを依頼する場合にも、提携関係にあるエージェンシーに所属しているかフリーランスであれば、BitStar 経由での依頼が可能ということだ。

BitStar ではこれまでにも社内で IPR と同様の機能を持つツールを運用してきたが、今回ユーザインターフェースをブラッシュアップし対外的に公開できるものとした。IPR 公開の背景には、キャンペーンを実施する企業が BitStar が抱えるインフルエンサーに案件を依頼しやすくするとともに、まだ BitStar のネットワークに所属していないトップインフルエンサーを、具体的な依頼案件をトリガーにして獲得していく意図があるようだ。芸能界と同じく、インフルエンサーのエージェンシー同士の業務提携が増え、零細が大手に事業吸収されていく構図は加速するかもしれない。

----------[AD]----------