BRIDGE

タグ Blibli

インドネシアEコマース大手Blibliと自動車大手Astra International、配車アプリ「Go-Jek」の約1,600億円の直近調達ラウンドに参加か【報道】

SHARE:

目標調達額が15億米ドル(約20兆インドネシアルピア)といわれる Go-Jek の投資ラウンドに参加するのは、Google や複数の中国人投資家だけではないようだ。報道によると、インドネシアの e コマース企業 Blibli と自動車メーカー大手 PT Astra International も、同ラウンドに参加する意思を示し、合計3~3.5兆ルピア(約2億5,000万~2億9,000万米ドル)を…

Go-Jek_1.jpg

目標調達額が15億米ドル(約20兆インドネシアルピア)といわれる Go-Jek の投資ラウンドに参加するのは、Google や複数の中国人投資家だけではないようだ。報道によると、インドネシアの e コマース企業 Blibli と自動車メーカー大手 PT Astra International も、同ラウンドに参加する意思を示し、合計3~3.5兆ルピア(約2億5,000万~2億9,000万米ドル)を Go-Jek に出資する予定だという。Blibli は GDP Venture から支援を受けており、旅行予約サイトを運営するスタートアップ Tiket.com と Indonesia Flight の2社をすでに買収している。現在、Go-Jek の企業価値は約40億米ドル(54兆ルピア)といわれている。

Katadata によると、Blibli の出資額は1~1.2億米ドル、Astra International の出資額は1.5億~1.7億米ドルになるという。つい先日、合意書に署名したといわれているが、Astra International、Blibli、Go-Jek からこの件についてまだ回答を得られていない。

一方、Google は Go-Jek の投資ラウンドに参加すると以前から認めており、強力なマネージメントとリーダーシップを持つ同社に出資する意向があると伝えている。インドネシア、ひいては東南アジアに勢いよく押し寄せるインターネット経済の中で、成功を収めるための第一歩にしたい考えだ。

同ラウンドには他の参加者として、Tencent(騰訊)、JD.com(京東)、Temasek、Meituan-Dianping(美団-大衆点評) といった著名な投資会社の名前が挙がっている。2017年、Go-Jek はフィンテック関連スタートアップ3社、イベント管理スタートアップ1社を買収。自社の決済サービス Go-Pay のサポートを含め、業界内での地位をさらに強化する狙いだ。

Go-Jek は現在、インドネシアで Grab や Uber と熾烈な競争を繰り広げており、今年中に東南アジア圏内の他国へ事業展開を計画している。

【情報開示】DailySocial、Blibli、GDP Venture は同一の親会社の傘下にある。

【via DailySocial】 @DailySocial

【原文】

----------[AD]----------

インドネシアのeコマースサイトBlibli、オンライン旅行代理店のTiket.comを買収

SHARE:

インドネシアの e コマースサイト Blibli は、2017年6月12日にオンライン旅行代理店 Tiket.com の全株式を取得したことを本日(6月15日)発表した(買収金額は非公開)。 買収後も両社はそれぞれのブランドを維持する予定。また、Blibli は在庫管理、販売プログラム、プロモーション、ソーシャルメディアの活用、人材の面で Tiket.com のサポートを行う。 Tiket.com…

blibli_tiketcom_acquisition
Blibli CEO Kusumo Martanto 氏(左),Tiket.com CEO George Hendrata 氏(中央),Tiket.com 共同設立者兼 CCO Gaery Undarsa氏

インドネシアの e コマースサイト Blibli は、2017年6月12日にオンライン旅行代理店 Tiket.com の全株式を取得したことを本日(6月15日)発表した(買収金額は非公開)。

買収後も両社はそれぞれのブランドを維持する予定。また、Blibli は在庫管理、販売プログラム、プロモーション、ソーシャルメディアの活用、人材の面で Tiket.com のサポートを行う。

Tiket.com の共同設立者兼 CCO(最高情報責任者)である Gaery Undarsa 氏の説明によると、買収プロセスは5ヶ月前に開始されたそうだ。

同氏はこう語っている。

今回の買収によって、Tiket.com が急速に成長を遂げる大きなチャンスが開けたと思います。(中略)Blibli が持つポテンシャルと、企業文化やビジネスビジョンの類似性を考えると、Blibli ファミリーに加わることができたのは非常に喜ばしいことです。

さらに両社は、George Hendrata 氏を Tiket.com の新 CEO に任命したことを発表した。

インドネシアのスタートアップシーンでは買収に関する噂が1ヶ月以上前から広まっていた。というのも、Blibli に出資していたベンチャーキャピタルの GDP Ventures が Tiket.com を買収するのではないかという報道が以前にも出ていたからだ。

Blibli は今回の買収費用として、事業開発のための内部資金を充てた。

また、買収によって新たな商品ラインを展開する可能性も開けたが、同社は2つの e コマースプラットフォームの開発に集中する予定のようだ。

2011年設立の Tiket.com はベンチャーキャピタルから資金調達をしたことが一度もないことで知られている。直近の資金調達ラウンドもエンジェル投資家によるシードラウンドだった。そのエンジェル投資家に関する情報は公開されていないが、報道によると「Emtek Group ファミリーに関係する」人物だという。

Tiket.com のプラットフォームでは、航空券、ホテル予約、電車の切符、レンタカー、コンサートチケットが提供されている。

同社によると、2014年12月時点で年間売上高が1兆インドネシアルピア(7,500万米ドル)以上に達したという。

2011年設立の Blibli は電化製品からファッションまで15のカテゴリーに渡る商品を提供している。

最近になって、旅行商品を提供するカテゴリー「Blibli Travel」をローンチしている。旅行カテゴリーにおけるオンライン購入の継続的な伸びを示すデータが明らかになったことから、同社はこれから注力していくカテゴリーの1つとして旅行分野を挙げている。

Blibli の CEO である Kusumo Martanto 氏は、2017年下半期の有機的成長および非有機的成長は2.5倍になると予想している。

彼は次のように述べた。

Tiket.com は、わずかな期間でインドネシア最大級のオンライン旅行代理店に成長するという大きな実績を残しています。

【via e27】 @e27co

【原文】

----------[AD]----------