BRIDGE

タグ Blippar

拡張現実アプリのBlippar、サードパーティ開発者向けにAR・コンピュータビジョンの技術を提供

SHARE:

Blipparは拡張現実アプリとして有名になったが、そのテクノロジーをさらに多くのマーケットにもたらしたいと考えている。同社は、サードパーティのデベロッパーが使えるAPIとして、プロプライエタリなAR・コンピュータビジョンテクノロジーをリリースする。 このセルフサービスのAPIセットには多くの機能が含まれる。基本的な無料のウェブツールからエンタープライズレベルのプラットフォームまで。BlippBu…

Image Credit: Blippar
Image Credit: Blippar

Blipparは拡張現実アプリとして有名になったが、そのテクノロジーをさらに多くのマーケットにもたらしたいと考えている。同社は、サードパーティのデベロッパーが使えるAPIとして、プロプライエタリなAR・コンピュータビジョンテクノロジーをリリースする。

このセルフサービスのAPIセットには多くの機能が含まれる。基本的な無料のウェブツールからエンタープライズレベルのプラットフォームまで。BlippBuilderという名前のそのAR APIを使えば、デベロッパーはドラッグアンドドロップでAR体験をつくることが容易になる。

また、より応用的なJavaScriptツール用にはBlippBuilder Scriptも用意しており、それにはコンピュータビジョンのAPIも含まれてる。(テックコンサルティングのDigi-Capitalによれば、ARの市場は2020年までに900億ドルになると予測されている。)

Blippar Builderはここしばらくベータテストをしており、ベータ期間では4000ユーザーと100のエージェンシーが使用してきた。フルバージョンのBlippBuilderセットはSAPストアから購入可能になる予定だ。

Niantic LabsによるPokemon Goなどのゲームはコンシューマの間でARの魅力が拡散されるきっかけとなった。だが、AR開発におけるBlipperの本当のライバルはVuforiaで、幅広いエンタープライズとコンシューマの顧客を有するARプラットフォームを開発する会社だ。

Blipparは、経験値の多寡に関わらず誰でも使えるセルフサービスのARセットとして自社のテクノロジーを販売することで、そのテクノロジーを民主化し、あらゆるブランドと業界向けにより良いエンゲージメントとインタラクティブ性をもたらすことを狙っている。

この記事は抄訳です。全文はこちらからご覧ください。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

拡張現実の英スタートアップ「Blippar」が5400万ドルを調達、マレーシアの政府系ファンドが主導

SHARE:

拡張現実(AR)のスタートアップ「Blippar」がシリーズDラウンドで5400万ドルを調達した。今回のラウンドは、マレーシア政府の戦略的投資ファンドであるKhazanah Nasional Berhadが主導している。 2011年にイギリスでローンチしたBlipparは、ARアプリを開発している。アプリを現実世界の物の上にかざすと、情報やイメージなどが追加され、ユーザーはユニークなコンテンツをス…

スクリーンショット 2016-03-02 16.27.23

拡張現実(AR)のスタートアップ「Blippar」がシリーズDラウンドで5400万ドルを調達した。今回のラウンドは、マレーシア政府の戦略的投資ファンドであるKhazanah Nasional Berhadが主導している。

2011年にイギリスでローンチしたBlipparは、ARアプリを開発している。アプリを現実世界の物の上にかざすと、情報やイメージなどが追加され、ユーザーはユニークなコンテンツをスマホを通して見ることができる。これまでコンデナスト、TIME、Heinz、コカコーラ、Universal Picturesなど、数々のグローバルなブランドと提携して、AR技術を活用したマーケティングキャンペーンを打ち出してきた。

「2016年はこれまでのBlipparの歴史においてももっとも大きな年になるでしょう。事業をより広く深くするとともに、リアルな世界に真のビジュアルディスカバリーエンジンをもたらすというビジョンと共により高い場所に到達したいと思います」と共同創業者でありCEOのAmbarish Mitra氏は語る。

5年前の創業以来、Blipparはコンピュータビジョンや機械学習の専門家などトップの技術人材を獲得しながら、成長してきた。サンフランシスコとマウンテンビューのオフィスには60名近くのエンジニアがいる。

今回の資金調達によって、「トップレベルのエンジニアをさらに獲得し、グローバルな拠点をより成長させ、パートナーのブランドとはユニークなキャンペーンをつくりたい」と展望を語っている。

新たな資金調達ラウンドを、マレーシア政府の投資ファンドKhazanah Nasional Berhadが主導している点も注目に値する。現在は、14カ国のグローバルなオフィスで合計で300名以上の社員が働いているBlipparだが、今後は東南アジア地域への事業展開をより加速していく可能性が高そうだ。

----------[AD]----------