タグ Bloomee(旧Bloomee LIFE)

花のサブスク「bloomee」運営、ジャフコ・JIC VGI・農中から21億円を調達——法人需要、花以外の分野も開拓へ

SHARE:

花のサブスクリプションサービス「bloomee(ブルーミー)」を運営する、ユーザーライクは直近のラウンドで21億円を調達したと明らかにした。ラウンドステージは不明だが、INITIAL によれば、シリーズ D ラウンド相当と推測される。このラウンドに参加したのは、ジャフコ グループ(東証:8595)、JIC ベンチャー・グロース・インベストメンツ(JIC VGI)、農林中金キャピタル。同社にとっては…

Image credit: User Like

花のサブスクリプションサービス「bloomee(ブルーミー)」を運営する、ユーザーライクは直近のラウンドで21億円を調達したと明らかにした。ラウンドステージは不明だが、INITIAL によれば、シリーズ D ラウンド相当と推測される。このラウンドに参加したのは、ジャフコ グループ(東証:8595)、JIC ベンチャー・グロース・インベストメンツ(JIC VGI)、農林中金キャピタル。同社にとっては、2019年8月の8億円の調達に続くものだ。今回ラウンドを受けて、同社の累計調達額は40.3億円に達した。

また、同社は2022年1月1日から社名を Crunch Style からユーザーライクに変更したことも明らかにした。これは花以外の分野への進出を示唆したものだ。具体的にどの分野に進出するかは明らかにされていない。同社は昨年3月にも、サービス名を「bloomee LIFE」から bloomee に変更したばかりだ。現在のユーザは個人を中心に約10万世帯だが、今回調達した資金を使って、美容院や企業の受付といった法人需要も開拓する計画で、そのための商品開発やマーケティング人材の採用を強化する。

ユーザライク(当時、Crunch Style)は、現在代表取締役を務める武井亮太氏により2014年9月に設立。2015年に入って bloomee(当時、bloomee STYLE)がローンチし、BRIDGE が初めて最初に取り上げたのはそれから2ヶ月後、経沢香保子氏からエンジェル資金の調達を発表した時のことだ。当初は都内の花屋10店舗ほどが出店するサービスだったが、現在では花の生産者から市場まで、花の流通に関わるさまざまなステークホルダーと共創関係にあるという。これまでの累計出荷本数は1,2000万本以上。

新型コロナウイルスで外出や移動に制約がある中で、花で日常に彩りをもたらしたいと思う人々の心は共通のようだ。この分野で世界最大のプレーヤーとされるイギリスの Bloom & Wild は昨年2月、7,500万ポンド(約106億円)を調達した。ヨーロッパの同業を次々と買収し勢力拡大に余念がないが、今のところ、彼らにとってはヨーロッパ域内での市場先取が最優先課題のようだ。時価総額は明らかになっていないが、Sky News の報道によれば5億米ドル程度とされる。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


お花サブスク「Bloomee LIFE」が3億円調達、会員数は1.5万人にーー法人展開を強化

SHARE:

花の定期購入「Bloomee LIFE」を運営するCrunch Styleは8月26日、第三者割当増資の実施を公表した。引受先となったのは朝日メディアラボベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル、KVP、コロプラネクスト、セレス、グローブアドバイザーズ、三生キャピタル、ちばぎんキャピタル、PE&HR、みずほキャピタルの合計10社が運営するファンド。調達した資金は合計3億円で出資比率など詳…

Screen Shot 0001-08-26 at 10.25.30.png

花の定期購入「Bloomee LIFE」を運営するCrunch Styleは8月26日、第三者割当増資の実施を公表した。引受先となったのは朝日メディアラボベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル、KVP、コロプラネクスト、セレス、グローブアドバイザーズ、三生キャピタル、ちばぎんキャピタル、PE&HR、みずほキャピタルの合計10社が運営するファンド。調達した資金は合計3億円で出資比率など詳細は非公開。調達資金で採用を強化する。

Bloomee LIFEは2016年6月に開始した花の定期購入サービス。全国に提携している100店舗の生花店から直接ユーザーの郵便ポストに郵便物として花が届くのが特徴。公開3年を経過して登録している利用ユーザー数は1万5000人に拡大した。2019年にはイギリスのライフスタイルブランド「Cath Kidston」との共同キャンペーンを実施するなど注目度も高まっている。

<参考記事>

今回の調達で同社はこれまで積み上げてきた利用ユーザーの嗜好などを元に、配達する花のパーソナライズを進める。また、法人ユーザーとなる企業やクリニック、美容室などに対し、空間に必要な花の提供モデルも加速させる。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


お花のサブスク「Bloomee LIFE」が会員数1万人獲得、70万本の花を届けるーー開始から約2年で

SHARE:

「Bloomee LIFE」は9月26日に登録ユーザー数1万人突破を伝えている。Bloomee LIFEは毎月定額で花を届けてくれるサブスクリプションサービス。 全国約60店舗の花屋から直接季節の花が届けられるもので、価格は500円、800円、1200円の3種類がある。配達の期間は毎週か隔週で選ぶことができ、花の品質に問題があった場合に無料で再送する保証制度も用意されている。 リリースによれば、2…

bloomeelife.png

Bloomee LIFE」は9月26日に登録ユーザー数1万人突破を伝えている。Bloomee LIFEは毎月定額で花を届けてくれるサブスクリプションサービス。

全国約60店舗の花屋から直接季節の花が届けられるもので、価格は500円、800円、1200円の3種類がある。配達の期間は毎週か隔週で選ぶことができ、花の品質に問題があった場合に無料で再送する保証制度も用意されている。

リリースによれば、2016年6月公開からこれまでに届けた花は70万本以上。沖縄県や離島以外の全国に配達対象エリアを拡げた。

通常、花屋ではロス(売れ残り)が3割程度発生するそうだが、Bloomeeでは会員の登録状況に応じて必要な花の数を伝える「事前予約制」を取っていることから、2年間で約30万本の花のロスを抑えることにも成功している。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


ポストに花を届ける定期購入サービス「Bloomee LIFE」運営がKVPらから1億円調達、Instagram口コミ拡大で6500名が利用

SHARE:

ポストに花を届ける定期購入サービス「Bloomee LIFE」を運営するCrunch Styleは3月19日、KLab Venture Partners、朝日メディアラボベンチャーズ、PE&HRを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は総額1億円で出資比率や払込日などの詳細は非公開。 増資の公表と同時に同社はカタログ通販のニッセンと4月から業務提携し、定期購入サービスの送…

IMG_0135.JPG

ポストに花を届ける定期購入サービス「Bloomee LIFE」を運営するCrunch Styleは3月19日、KLab Venture Partners、朝日メディアラボベンチャーズ、PE&HRを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は総額1億円で出資比率や払込日などの詳細は非公開。

増資の公表と同時に同社はカタログ通販のニッセンと4月から業務提携し、定期購入サービスの送客および新商品開発を進める。これは日本政策投資銀行が主催した起業支援プログラムを通じて実施される。なお、同社代表取締役の武井亮太氏によると、同社はこれまでに今回出資のPE&HRやトレンダーズ創業者で、現在キッズラインを運営する経沢香保子氏からも出資を受けている。

Bloomee LIFEは500円からの低価格で花を届けてくれる定期購入サービス。平日の締め切り日までに注文した内容が、週末に全国で提携する30のお花屋さんから届く仕組み。本数のみが指定されており、それ以外のアレンジや花の種類などはランダムに選択される。これまでブラックボックスだったお花の価格や、3割ほどが廃棄されていた問題をネットの定期購入という効率化によって解決している。同様のサービスは海外でも成長しており、法人向けのH.BLOOMや、フラワーアレンジのBouqsなどがある。

Crunch Style代表取締役の武井亮太氏

Crunch Styleの創業は2014年9月。当初、オリジナルの花をアレンジするオンデマンド系のサービスとして開始し、その後、2016年4月に現在のポストに投函するタイプの定期購入サービスを開始した。開始1カ月で1600名の事前登録を集め、現在の有料会員数は6500名を突破している。

Bloomee LIFEさん(@bloomeelife)がシェアした投稿

 

またランダムに届く花を投稿するユーザーが多く、特にInstagramの利用が活発で現在公式アカウントのフォロワー数も2万人に到達している。武井氏の話では実に7割もの新規ユーザーがここから生まれる口コミで獲得に繋がっているという話だった。

一方、課題も残っており、特に配送についてはポストに投函するという独特の手法を取っているため、配送事業者によってはうまく届けられないなどの問題もあったそうだ。現在は特定事業者との提携でこの問題を解決しているという。

同社は現在12名ほどの体制で事業に取り組む。今回の資金調達でこれをさらに強化し、ユーザーごとに好きな花屋さんを選べるカスタマイズ機能や、ユーザーの嗜好性データを取得した将来的なD2Cモデルの展開準備を進める。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


事前登録者数は1,600名以上、ワンコインで週末花がポスト投函される「Bloomee LIFE」が正式リリース

SHARE:

  今日からお届け開始♪ 真夏日が続くの皆さんお早めに受け取ってください。お部屋に飾ったら #まいにちイロドリ #bloomeelife で投稿してみてくださいー Bloomee LIFEさん(@bloomeelife)が投稿した写真 – 2016 6月 10 2:03午前 PDT   花がある生活をもっと身近なものにしたいと、今年4月末にサービスを開始した「Blo…

 

花がある生活をもっと身近なものにしたいと、今年4月末にサービスを開始した「Bloomee LIFE」。毎週ワンコイン500円で自宅の郵便ポストに花を届けてくれるサービスです。5月頭に記事にしたところ、大きな反響が集まりました。

Bloomee LIFEは、Crush Styleが提供する「Bloomee(ブルーミー)」から派生したサービス。Bloomeeは従来、花屋さんに出向くかオンラインで出来合いのものを注文するしかできなかったアレンジメントを、写真から選んだり、チャットで花屋さんに相談したりすることでオンラインで注文できるもの。一度利用した人の8割がリピートしています。

Bloomee LIFEはというと、毎週ワンコインで花が届く魅力に惹かれて、事前受付の登録者数は1ヶ月で1,600名以上。その90%を女性が占め、平均年齢は27歳と比較的若い層が集まっています。そんなBloomee LIFEが、今週月曜からサービスを正式に開始しました。

申し込めるプランは、500円(送料205円)と1,000円(送料500円)の2種類。本サービスであるBloomeeに登録された100店舗以上の花屋さんによる独自のルートを使うことで、質の良い花を格安で届けることが可能になっています。また、ユーザーは花を届けてもらう頻度を毎週と隔週から選ぶことも。さらには、届けてもらう曜日も週末の金・土・日から好きな曜日を選べる仕組みです。

500円プランの場合は専用の箱に入ってポストに投函されるため、週末に出かける予定などがあって留守にしても花を確実に受け取ることができます。旅行や出張などで長期不在にする時は、お届けをスキップする機能を使うことで受け損ないを防ぐことができます。

Bloomee LIFEで届く花が万が一枯れていたりした場合は、当日に問い合わせをすれば、同じ花を再度配達してくれるとのこと。とてもリーズナブルな価格ながら、ポスト投函や再配達などのきめ細かなサービスが継続利用に繋がりそうです。

Bloomee LIFEが叶える花の彩りがある生活の様子は、同サービスの公式Instagramアカウントでも確認することができます。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


毎週土曜の朝にワンコインでお花が届く「Bloomee LIFE」、不在にしてもポスト投函だから大丈夫

SHARE:

2015年4月末にサービスを開始した「Bloomee(ブルーミー)」。写真から花を選ぶ、または花屋さんに直接相談して好みにアレンジしてもらうことができるサービスです。サービス開始当初は10店舗だった加盟店は100店舗にまで増え、そのうちの4割は店舗を持たない花屋さんです。また、Bloomeeを利用した人の約8割がリピートしています。 新たに始まったのが、家に飾る花を格安で毎週ポスト投函して届けてく…

2015年4月末にサービスを開始した「Bloomee(ブルーミー)」。写真から花を選ぶ、または花屋さんに直接相談して好みにアレンジしてもらうことができるサービスです。サービス開始当初は10店舗だった加盟店は100店舗にまで増え、そのうちの4割は店舗を持たない花屋さんです。また、Bloomeeを利用した人の約8割がリピートしています。

Bloomee-LIFE

新たに始まったのが、家に飾る花を格安で毎週ポスト投函して届けてくれる「Bloomee LIFE」です。4月26日に事前受付を開始し、ティザーサイトからの先行申し込みで限定300名に初回の花が無料で届きます。Bloomee LIFEの価格帯は、1回あたり500円と1,000円(送料別)の2つのプラン。花を受け取る頻度は、毎週か隔週から選ぶことができます。

花のある生活が嬉しい一方で、気になるのがその受け取りです。Bloomeeでは、配達日時を毎週土曜の朝に設定。また、花は専用のダンボールに入れられており、500円の花はそれがポストに投函されるため不在にしていても受け取りの心配がありません。(1,000円は大きいためポスト投函不可)。

「ついつい寝過ごしてしまう毎週の土曜日の朝に花が届くことによって、週末を楽しくすがすがしく迎えてもらえるかなと思っています。毎週同じ曜日に届けることでそれが楽しみになりますし、おしゃれなライフスタイルを実現してほしいと思っています」。(運営会社 Crunch Style 代表取締役社長 武井亮太さん)

多くの女性が花のある生活に憧れたり、花をもらって嬉しいという気持ちを持つ中、なかなか定期的に花を購入する人は少ないのだと言います。花を買わないのは、「花が高い」「手入れが面倒」「仕事をして帰ると花屋さんが開いてない」といったことが理由。そんな女性たちのニーズに応えて、彼女たちが花に彩られた生活を送れるようにとBloomee LIFEを考案しました。

最近では、ユーザーが花の商品を活発に「お気に入り」するようになっており、ただ花を購入するだけに留まらないBloomeeのファンが生まれ始めています。今後は、Bloomee LIFEのユーザーが自分の部屋に飾った花を投稿できるメディアを開設するなどして、少しずつ花のある生活を広めていくとのことです。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


理想の花束が簡単に贈れる「Bloomee」が元トレンダーズ経沢香保子氏から資金調達、同氏が顧問に就任

SHARE:

私たちの生活のあらゆる側面がインターネットの恩恵を受けて便利になる中、「花を贈る」という行為に関してはまだそこまで至っていないのが現状です。店舗に出向いて店員さんと直接話してアレンジしてもらうか、大手フラワーショップのネットショップで出来合いのアレンジメントを購入するか。 2ヶ月前にリリースされた「Bloomee(ブルーミー)」は、花屋さんに直接チャットで相談し、理想のアレンジメントをネットで購入…

Bloomee
花屋さんに相談しながらアレンジメントが注文できる「Bloomee」

私たちの生活のあらゆる側面がインターネットの恩恵を受けて便利になる中、「花を贈る」という行為に関してはまだそこまで至っていないのが現状です。店舗に出向いて店員さんと直接話してアレンジしてもらうか、大手フラワーショップのネットショップで出来合いのアレンジメントを購入するか。

2ヶ月前にリリースされた「Bloomee(ブルーミー)」は、花屋さんに直接チャットで相談し、理想のアレンジメントをネットで購入することができるサービスです。同社は本日、トレンダーズを創業し、現在はカラーズ代表取締役である経沢香保子氏から金額非公開で資金調達したことを発表しました。同時に、経沢氏は同社の顧問に就任しています。

Bloomeeの最大の特徴は、チャットで理想のアレンジメントを相談し、提案してもらえること。例えば、「バラ100本が欲しいけれどいくら?」だったり「彼女の誕生日に予算5000円で花束を贈りたい」などオンラインで気軽に質問できます。もちろん、あらかじめアレンジメントされた花から選んで贈ることも可能。また、FacebookやLINEなどのソーシャルメディアで繫がっていれば、相手の住所を知らなくてもメッセージと共に贈ることができます。

Bloomeeを立ち上げたのは、Crunch Styleの武井亮太さん。新卒で入社した会社で3年間ほど店舗運営に携わり、その後、IT系の会社に転職しました。ご自身が花を贈ろうとした際に多大な手間を感じ、それを解決するために同サービスを立ち上げました。

「花は生鮮品なので季節や仕入れ状況によって仕入れ花が変わるため、サイト上にはあくまで「イメージ」写真しか掲載されていません。実際にどんな花が届くかわからず、結局、花屋さんに出向くしかない。花業界にITを持ち込むことでもたらされる利便性が確実にあると感じました」

現在、Bloomeeには都内を中心に10店舗の花屋さんが登録しており、最短3日後から日本全国への配送に対応しています。店舗の店員さんに相談するのと同じ感覚でちょっとオンラインで質問できることで、花を贈るという行為のハードルそのものを下げてくれるかもしれません。今回の資金調達を経て、サービスをどう成長させていくのか注目したいと思います。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録