THE BRIDGE

タグ Blue Vision Labs

米国のテック大手が2018年に買収した、欧州スタートアップ13社

SHARE:

過去数年間と同様、2018年にもテクノロジー業界で多数の大規模買収劇があった。テクノロジーを強化する手段を探すアメリカ企業にとっては、ヨーロッパが格好の調達先となっている。 ここからは、今年欧米間で行われた買収劇のいくつかを紹介しよう。 Spektral(デンマーク) 10月、Apple はデンマークのスタートアップ Spektral を買収したことを発表した。Spektral はコンピュータビジ…

travel-2313444_640
Image credit: Pixabay

過去数年間と同様、2018年にもテクノロジー業界で多数の大規模買収劇があった。テクノロジーを強化する手段を探すアメリカ企業にとっては、ヨーロッパが格好の調達先となっている。

ここからは、今年欧米間で行われた買収劇のいくつかを紹介しよう。

Spektral(デンマーク)

10月、Apple はデンマークのスタートアップ Spektral を買収したことを発表した。Spektral はコンピュータビジョンと機械学習テクノロジーを使って、リアルタイムで動画から人物の部分を切り抜くことができる。iPhone のカメラに組み込まれたら便利な機能である。しかし Apple 傘下で Spektral のテクノロジーがどのような変化を遂げるかはまだ未知数だ。

契約条件は公式には明らかにされていないが、地元紙 Børsen によると契約額は約3,000万米ドルになるという。

Shazam(イギリス)

01_Shazam_screenshot-2017-08-03-15-11-32
Shazam

この買収劇が実際に発表されたのは昨年のことである。Apple は4億米ドルの入札によって、ロンドンに拠点を置く音声認識プラットフォーム企業 Shazam を買収した。欧州委員会(EC)による独占禁止法の調査が行われた影響もあり、買収完了までには10か月を要した。EC は9月になって買収を進めることを認め、その数週間後には Apple が契約完了を正式に発表した。

Apple は Shazam をスタンドアロンのアプリとして維持し続けることを表明していたが、将来的には Apple 製品に Shazam のテクノロジーが緊密に連携されていく公算が高い。

Dialog Semiconductor(ドイツ)

これについては完全な買収ではないが、いずれにせよ注目に値するものである。Apple は6億米ドルの契約を結んで Dialog の電力管理チップ事業を部分的に買収した。これには Dialog のテクノロジーのライセンス、一部のヨーロッパオフィスの所有権、そして300人のエンジニアのオンボーディングが含まれる。

Apple が iPhone の電力管理チップを Dialog Semiconductor のものから他社のものにするという報道が出て1年以上経過してから、今回の契約のニュースが発表された。この噂により Dialog の株価は約40%も急落していた。

Platoon(イギリス)

今月、Apple がロンドンに拠点を置く Platoon を買収したというニュースが伝えられた。Platoon はミュージシャン向けのクリエイティブサービスを提供している。

Apple は Platoon に関する明確な計画を決めていないが、Platoon はレコード契約の締結やツアーのサポート、独自コンテンツの作成、関連市場へのマーケティングといったアーティストの育成を得意としている。言うまでもなく、Platoon と Apple Music の相性は抜群だ。

Bloomsbury AI(イギリス)

7月、Facebook はロンドンに拠点を置くスタートアップ Bloomsbury AI の買収計画を発表した。契約条件は発表されていないが、一部の報道によると契約額は最大で3,000万米ドルに達するという。

Bloomsbury AI の自然言語処理(NLP)とマシンリーディングテクノロジーでは、非構造化テキストと文書の構文を解析して質問に答えることができる。今回の契約は企業買収によって人材を獲得するだけにとどまらない。 Bloomsbury AI はコア製品の開発を中止して GitHub でオープンソースとして開発を行う道を選んでいる。

GraphicsFuzz(イギリス)

8月、Google はロンドンに拠点を置く GraphicsFuzz を買収したことを発表した。GraphicsFuzz はモバイル画像ベンチマークツールに特化したスタートアップである。

契約条件は発表されていないが、当時発表された Google の声明によると、契約の結果、GraphicsFuzz の3人から成るチームは Android のグラフィックチームに参加してドライバーテストテクノロジーを「Android のエコシステム」に統合するサポートを行う。

Ninja Theory(イギリス)

02_Ninja_hellblade-5
Senua は青いタトゥーを除けば平凡なキャラクターだ
Image Credit: Ninja Theory

6月、Microsoft は5つのゲームスタジオを買収したことを発表したそのうちの1つがイギリスに拠点を置き『Hellblade』を開発した Ninja Theory である。

過去を振り返ってみても、Microsoft は限られた数の社内スタジオしか運営してきておらず、Xbox 限定のゲームの制作ができなかった。5つのスタジオを傘下に置くことで、この状況が打開される方向に向かう。

Playground Games(イギリス)

6月に行われた Microsoft によるもう1つの買収劇が、『Forza Horizon』を開発した Playground Games に関するものである。同社は買収を経て、Microsoft 傘下で『Forza Horizon 4』を PC と Xbox で限定リリースする役割を担った。

Blue Vision Labs(イギリス)

Blue Vision Labs

2019年に IPO を計画しているライドヘイリング企業 Lyft は10月、ロンドンに拠点を置く拡張現実(AR)スタートアップ Blue Vision Labs の買収計画を発表した

この買収により、Lyft は初めてイギリス内にオフィスを持つことになる。しかし、Lyft のコアサービスであるライドヘイリングをイギリス市場でローンチする動きに出るかは発表されていない。Blue Vision Labs は Lyft の自動運転向けレベル5(完全自動運転)部門の一部となり、買収によって Lyft の自動運転車への取り組みが強化される。

PlayCanvas(イギリス)

Snapchat を運営する Snap が、ロンドンに拠点を置く PlayCanvas を買収したというニュースが3月に飛び込んできた。PlayCanvas はウェブ向けのゲーミングエンジンを開発している。しかし、取引自体は昨年に行われていたようだ。

確認は取れていないものの、報道によると Snap は一部のゲーム機能を Snapchat アプリに実装する方法だけでなく、新たな3D 機能やバーチャルリアリティ(VR)機能を同社の看板アプリに実装する方法を探っているようだ。

iZettle(スウェーデン)

04_izettle
iZettle

ヨーロッパの Square と呼ばれる iZettle は、突然目の前に現れた PayPal に22億米ドルで買収されるまで上場に向けた準備を行っていた。この買収は PayPal にとってこれまでで最高額となるものだ。

iZettle は複数のヨーロッパ市場に進出しているため、PayPal は今回の買収によって実店舗での支払いサービスで存在感を強化することになる。

買収自体は完了しているものの、イギリスの競争・市場庁である CMA は契約の調査を続けている。今後何らかの形で契約が取り消しになる可能性もあるため、今後の動向にも注目だ。

Interoute(イギリス)

2月、アメリカの通信会社でインターネットプロバイダーでもある GTT Communications は、ヨーロッパのファイバーネットワーク事業者である Interoute を23億米ドルで買収したことを発表した。

ロンドンに拠点を置く Interoute はすでにヨーロッパ最大級のファイバーネットワークを運営しており、その規模は7万キロ以上、29か国に及ぶ。つまり、今回の買収によって GTT は世界規模のネットワークを容易に拡大できるようになる。

DogBuddy(イギリス)

最も魅力的な業界というわけではないかもしれないが、世界のペット市場産業規模は数十億米ドルにも及ぶ。アメリカに拠点を置くドッグシッティングプラットフォーム企業 Rover は、今年1億5,500万米ドルを調達して国外への展開に打って出た。その一環としてヨーロッパの競合 DogBuddy を買収した

世界のペットフード消費額は700億米ドルを超えているが、その3分の2をアメリカとヨーロッパが占めており、大半は犬用ペットフードへの支出となっている

犬向けのビジネスは儲かるのである。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

イギリスのソーシャルARスタートアップBlue Vision Labs、シリーズAラウンドで1,450万米ドルを調達——GVがリードインベスターを務める

SHARE:

創業間もない拡張現実(AR)スタートアップが本日(原文掲載日:3月15日)、ベンチャーキャピタル界の有名企業から1,700万米ドルの投資を受け、ステルスモードから正式にローンチした。 ロンドンを拠点とする Blue Vision Labs は、本日新たに1,450万米ドルのシリーズ A ラウンドを発表した。このラウンドは Alphabet の VC 部門である GV(元Google Venture…

Blue Vision Labs のチーム
Image Credit: Blue Vision Labs

創業間もない拡張現実(AR)スタートアップが本日(原文掲載日:3月15日)、ベンチャーキャピタル界の有名企業から1,700万米ドルの投資を受け、ステルスモードから正式にローンチした。

ロンドンを拠点とする Blue Vision Labs は、本日新たに1,450万米ドルのシリーズ A ラウンドを発表した。このラウンドは Alphabet の VC 部門である GV(元Google Ventures)がリードし、ほかにも Accel、Horizons Ventures、以前に2016年のシードラウンドで250万米ドルを投資した SV Angel といった既存の投資家も参加した。

Blue Vision Labs からは大きな取引のニュースはこれまでなかった。なぜなら、同社はステルスモードにあったからだ。だが本日、同社がロンドンの街で一体何を作り上げてきたのかを垣間見る機会を与えてくれた。

ソーシャルAR

つまるところ、Blue Vision Labs はユーザ個人が AR コンテンツを楽しむという現状の型に反し、複数人で使う AR アプリケーションの開発の手助けをしようとしているのだ。いわば AR のソーシャル化、複数のユーザが同時に同じARを体験できるようにするというわけだ。

そのため、Blue Vision Labs はマルチユーザ向け AR アプリケーションのためのクラウドベースのコンピュータビジョンプラットフォームを開発した。同社によればプラットフォームには自動更新式の立体都市マップが備わっており、参加者の携帯のある位置をカメラから得られた視覚情報のみを用いて「センチ単位で」特定できるという。現在ロンドン、サンフランシスコ、ニューヨーク市に対応しているが、今年のうちにさらにほかの都市にも対応するという。

Blue Vision Labs のテストアプリ

Blue Vision Labs の共同設立者で CEO の Peter Ondruska 氏はこう語る。

共有でき、永続的なARアプリケーションを作る技術というのは、2021年までに830億米ドルの市場になると言われている AR 業界において欠落していました。

Blue Vision のコンセプトは7年かけて出来上がったものですが、今回のローンチは拡張現実の未来にとって極めて重要な瞬間となるでしょう。まだこの技術が、ゲームから自動運転車まで数限りない業界や分野にもたらす影響のほんの一部をかすった程度ですが、今日の投資によりその可能性の実現も近くなります。

絶好調のAR

ここ数年前に誕生したばかりの AR 技術だが、高性能なスマートフォンの登場により、その真の可能性を見せ始めている。まだ大規模なニュースはないものの、AR は少しずつ業界に浸透しつつある。例えば、DroneBase は最近 AR を航空ドローン画像に利用するため1,200万米ドルの投資を受けている。インテリアデザインの領域も長い間 AR の恩恵を受けている。Ikea は買い物客が特定の家具を自分の家に置いた様子をプレビューできる AR を利用したスマート技術を数年にわたって提供している。昨年、Ikea は新たに画面上の好きな場所にバーチャル家具をドラッグアンドドロップで置いてみることができるアプリ「Ikea Place」をローンチした。

GV が Blue Vision Labs へのリードインベスターとなったのは注目すべき事実で、同 VC はちょうど数ヶ月前に 3D インテリアデザインの Modsy への2,300万米ドルの投資ラウンドに参加したばかり。Modsy はデザインの変更後、部屋がどう見えるかを視覚化する技術を提供している。2014年には、Google 自体も頭部装着型 AR ディスプレイを開発する Magic Leap に対する5億4,200万米ドルに上る巨大ラウンドのリードインベスターを務めた。

ロンドン最高峰の技術チームに投資できるのを非常に楽しみにしています。チームは地域に合わせ、使い続け、スマートフォンのカメラだけでリアルタイムに共有できる製品を開発しています。

GV のパートナーであり、現在は Blue Vision Labs の取締役会にも名を連ねる Tom Hulme 氏はこう付け加えた。

昨年は Apple ARKitGoogle ARCoreFacebook の AR Camera Effects といったプラットフォームが一斉に登場し、AR にとって極めて重要な一年となったが、ARはもっと面白い時代に突入しそうだ。

現在 Blue Vision Labs はステルスモードから脱し、開発者が複数ユーザを念頭に置いた AR アプリケーションを開発するための Android および iOS 端末向けソフトウェア開発キット(SDK)をアーリーアクセスプログラムとして公開している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------