BRIDGE

タグ Blued

LGBTQ向けSNS「Blued」運営、中国企業への逆風が強まる中でNASDAQ上場へ

SHARE:

中国のゲイ向け出会い系アプリ「Blued」を運営する Blue City Holdings(藍城兄弟)は16日、NASDAQ への上場申請を提出した。 重要視すべき理由:コンサルティング会社 Frost & Sullivan のレポートによると、4,900万人のユーザを誇る Blued は、 LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クィア)コミュニティのための、中…

Image credit: Blued

中国のゲイ向け出会い系アプリ「Blued」を運営する Blue City Holdings(藍城兄弟)は16日、NASDAQ への上場申請を提出した。

重要視すべき理由:コンサルティング会社 Frost & Sullivan のレポートによると、4,900万人のユーザを誇る Blued は、 LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クィア)コミュニティのための、中国最大のソーシャルデイティングアプリだ。

  • 同社のアメリカの証券取引所への上場申請は、中国のテック企業が香港上場に関心を示している現在の傾向を逆手に取ったものだ。
  • アメリカの政府機関は、Luckin Coffee(瑞幸咖啡)に代表される一連の会計不祥事を受けて、中国を含む外国企業に対する規制をより厳しくすることを求めている。
  • それでも、アメリカ上場は中国での上場より関心を集めるかもしれない。中国では、LGBTQ コミュニティに対する進歩的な見解はあまり得られていないからだ。
  • Blued の世界展開は、アメリカの Grindr や Hornet に競合する可能性がある。

詳細:提出資料によると、同社は資金調達目標として5,000万米ドルという金額を仮設定した。昨年9月の Bloomberg の報道では、IPO は10億米ドルの評価額で2億米ドル程度の資金調達が見込まれているとの情報筋の話を引用していた。

  • LGBTQ がいまだに物議を醸し規制が厳しい中国は、北京に拠点を置く同社の主要市場であることに変わりはない。
  • しかし、2020年3月時点で同社の月間アクティブユーザ数600万人のうち、半数近くがインド、韓国、タイなど中国以外の国からのユーザであることから、同アプリはグローバルな存在感を築きつつあると同社は述べている。
  • 提出資料によれば、Blued は依然として赤字だが、株主に帰属する純損失は、前年同期1億9,590万人民元(約29.6億円)から2020年第1四半期には2790万人民元(約4.2億円)に縮小している。
  • 同アプリはコアとなる出会い系機能のほか、ライブストリーミングコンテンツ、代理出産マッチングサービス「Bluedbaby(藍色宝貝)」、ヘルスケアサービス「He Health(荷尔健康)」も運営している。
  • ライブストリーミングは同社の主要な収益源であり、2019年には6億7,000万人民元(約101億円、88.5%)の収益を生み出している。同社は残りの収益の一部を会員制サービスや広告などで稼いでいる。
  • 創業チームは Blue City Media を通じて同社株式の37%を保有している。Xiaomi(小米)創業者の Lei Jun(雷軍)氏が立ち上げたベンチャーキャピタル Shunwei Ventures(順為資本)は12.3%を保有しており、最大の機関投資家となっている。その他の株主には、CDH Investments(鼎暉投資)、Liberty Hero、Crystal Stream Fund(清流資本)などがいる。
  • AMTD Global(尚乗国際)、CLSA Limited(中信里昂)、Loop Capital Markets(路通金融)、Tiger Brokers(老虎証券)が共同で幹事証券を務める。

背景:2012年に創業した Blued は、7回の資金調達ラウンドで合計1億3,000万人民元(約19.6億円)のベンチャー資金を獲得している。

  • 「Grindr」を保有する中国の Beijing Kunlun Tech(北京崑崙科技)は3月、アメリカのゲイ出会い系アプリの99%の株式を売却した。この1年前には、アメリカの規制当局が国家安全保障上の懸念を理由に処分を迫っていた。

<関連記事>

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

中国のゲイ向け出会い系アプリ「Blued」、米国でのIPOを通じ約2億米ドルの調達を計画【Bloomberg報道】

SHARE:

中国のゲイ向け出会い系アプリ「Blued」が、約2億ドルの調達を目指しアメリカでの IPO を計画していると、この件に詳しい人物の話を引用し Bloomberg が報じた。 重要視すべき理由:ユーザ4,000万人を擁する Blued は、中国の LGBT コミュニティ最大のソーシャル出会い系アプリだ。この調達により、同社は中国市場と世界市場の両方で事業の拡大が可能になる。 中国の LGBT コミュ…

Blued
Image credit: Blued

中国のゲイ向け出会い系アプリ「Blued」が、約2億ドルの調達を目指しアメリカでの IPO を計画していると、この件に詳しい人物の話を引用し Bloomberg が報じた

重要視すべき理由:ユーザ4,000万人を擁する Blued は、中国の LGBT コミュニティ最大のソーシャル出会い系アプリだ。この調達により、同社は中国市場と世界市場の両方で事業の拡大が可能になる。

  • 中国の LGBT コミュニティは進展を続けているものの、依然として論争の的であり規制が厳しい。テレビドラマでの同性愛描写は禁止され、関連コンテンツは Weibo(微博)からも排除されてきた
  • 世界展開により、Blued はアメリカの同業である Grindr や Hornet と対峙をすることになるかもしれない。世界最大のゲイ向け出会い系アプリ「Grindr」は2016年、過半数株式を中国のゲームデベロッパ Beijing Kunlun Tech Co.(崑崙、深圳証取:300418)に売却した。Blued は同年、Hornet に出資をしている(出資額非開示)。
  • Blued はその主機能である出会い機能に加え、ライブストリームコンテンツや代理マッチメイキングサービスでも売上を生み出している。Sina Finance(新浪財経)によれば、ライブストリーミング事業から売上の8割を稼ぎ出している可能性があるという。

詳細情報:Blued の IPO は来年実施される公算が高く、本件に詳しい人物の話を引用して、同社の企業価値は約10億米ドルに達する可能性があると Bloomberg が報じている。

背景:Blued は2012年にローンチ、7回の調達ラウンドを通じて VC から総額1億3,000万人民元(約19.3億円)を調達した。

  • 投資家は、CDH Investments(鼎暉投資)、UG Capital(UG 資本)、Xiaomi(小米)チェアマンの Lei Jun(雷軍)が支援する Shunwei Capital(順為資本)、DCM Ventures、Vision Knight Capital(嘉御資本)、国営メディアの Beijing News(新京報)など
  • Blued は今年初め、未成年への規制を怠り、ティーンエイジャーをオンライン上で危険に晒したとして訴追を受けた
  • 競合の Grindr は先月、IPO への準備を再開した。Financial Times によれば、デイリーアクティブユーザ300万人から集められたデータを、Kunlun がアメリカ人の恐喝に使えてしまうとの懸念から、IPO への準備は2018年9月に中断されていた。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

中国のゲイ向け出会い系アプリBlued、国営メディアの新京報から戦略的投資を獲得

SHARE:

中国国外の人の大半が信じていることに反するだろうが、活発化する中国の LGBT コミュニティーに対する国民の姿勢が、特にオンラインの世界では大幅にやわらいできている。LGBT 関連のトピックをどれだけオンラインで議論できるようになったか、またこの特定のグループに働きかけるテックサービスの数を見ると、この傾向は明らかだ。LGBT コミュニティーを受け入れようという国内の動きは、ネットワークの世界から…

中国国外の人の大半が信じていることに反するだろうが、活発化する中国の LGBT コミュニティーに対する国民の姿勢が、特にオンラインの世界では大幅にやわらいできている。LGBT 関連のトピックをどれだけオンラインで議論できるようになったか、またこの特定のグループに働きかけるテックサービスの数を見ると、この傾向は明らかだ。LGBT コミュニティーを受け入れようという国内の動きは、ネットワークの世界から実世界へと徐々に広がっているようだ。

中国のゲイ向けチャット兼出会い系アプリ Blued が7日、国が支援する新聞社グループ The Beijing News(新京報)の投資部門から、数千万人民元規模(数億円相当)の戦略的資金提供を獲得したと発表した。

投資側の代表者によると、Blued の拡大するグローバル化イニシアチブ、およびライブストリーミング、eコマース、ヘルスケアゲーム、エンターテイメントにおける成長が今回の投資の主な理由だという。

多くの中国企業同様、北京を拠点とする同スタートアップも国外進出を図ってきた。現在では13言語に対応し、タイ、ベトナム、イギリスにもオフィスを構えている。Blued は昨年12月、北米および中南米市場への進出を狙い、米国の出会い系アプリ Hornet と共に戦略的投資を行っている

Blued は現在では利益を出すようになっているが、これはライブストリーミングやモバイルマーケティングビジネスが繁栄し、2016年には数億人民元もの規模で収益に貢献しているためだ。同社によると、ライブストリーミングによる収益は2017年も順調に成長し続けると予想されており、今後はメンバーシップ、ゲーム、ヘルスケアサービスが新たな収益成長につながると期待されている。

同社 CEO の Geng Le(耿楽)氏は言う。

当社は今では利益を出していますから、今回の資金調達ラウンドはより戦略的な意味をもっています。

LGBT のためのNGO団体 Danlan(淡藍)から生まれた Blued は、同団体の生活状況改善のため積極的に活動してきた。

性的少数者は今でもまだ非常に議論を呼んでいます。私たちの活動内容や社会のためにどういった問題を解決できるかなどを知ってもらうため、政府や一般の人々と話し合える適切なチャネルが必要です。(Geng 氏)

<関連記事>

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ゲイ向け出会い系アプリ「Blued」、欧米をターゲットとする同業大手「Hornet」の株式を取得し世界シェア拡大を目指す

SHARE:

中国のゲイ向け出会い系アプリ Blued が世界的な人気獲得を目指し、アメリカに本拠を置く出会い系アプリ Hornet と戦略的提携関係に入った。この提携の一環として、11月に Hornet が発表したシリーズ A ラウンドでの800万米ドルに加え、同社に対し Blued が金額非公開の追加投資を行う。 Hornet は同社を世界第2のゲイ向けソーシャルネットワークだとしており、現在1,500万人…

blued_featuredimage

中国のゲイ向け出会い系アプリ Blued が世界的な人気獲得を目指し、アメリカに本拠を置く出会い系アプリ Hornet と戦略的提携関係に入った。この提携の一環として、11月に Hornet が発表したシリーズ A ラウンドでの800万米ドルに加え、同社に対し Blued が金額非公開の追加投資を行う。

Hornet は同社を世界第2のゲイ向けソーシャルネットワークだとしており、現在1,500万人を超える登録ユーザ、月間300万人のアクティブユーザを擁する。同社は昨年、ゲイ向けシティガイドの Vespa と LGBT 向けコンテンツプロバイダの Unicorn Booty の買収により急成長を遂げた。アメリカでは Grindr と Scruff が支配的と言えるが、同社はフランスとロシア、ブラジルでは Hornet が一番人気のネットワークだとしている。

両社に投資を行っている Ventech China がこの提携に際して重要な役割を果たしたであろうことは注目に値する。Ventech China は Hornet が実施したシリーズ A ラウンドのリードインベスターであり、また Blued のシリーズ C ラウンドにも参加した。

<関連記事>

Blued の CEO、Geng Le(淡藍)氏は次のように述べている。

Hornet は、現在世界のゲイ向けソーシャルアプリ市場の中で最も高い成長率を誇ります。私たちは、ゲイ向けアプリを初期の出会い系モデルから、ゲイコミュニティのためのデジタルホームにしたいという共通のビジョンを持っています。

Blued は2000年にゲイ男性のためのオンラインコミュニティとして設立され、急成長するとともにゲイに対する社会的態度も変化させた。世界最大のゲイ向けソーシャルネットワークだとしており、全ユーザ数は約2,700万人、デイリーユーザ数は300万人だ。ユーザの約80%は中国から利用している。

中国ではここ数年「ピンク経済」が急発展している。Blued の他にも、多数ある Zank のようなサービスやレズビアン向け出会い系アプリの The L、ゲイとレズビアンの偽装結婚を支援するアプリ Queers はどれも飛躍的に成長している。この傾向には非常に勢いがあり、ゲーム開発会社の Beijing Kunlun Tech Co.(崑崙、深圳証取:300418)が今年初めにゲイ向け出会い系アプリの世界トップである Grindr の過半数の株式を取得したほどだ。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

中国のゲイ向け交流アプリ「Blued」が200万ユーザを獲得、レズビアン向けアプリも計画中

SHARE:

中国のゲイ向けチャット・出会い系アプリBluedは2012年8月にローンチされた。同アプリを開発したスタートアップが先日、中国におけるユーザ数が200万人を達成したことを明らかにした。そのうち68.3%は月間アクティブユーザだが、24%のユーザは毎日このアプリを利用している。iPhoneとAndroidで利用可能だ。 同社はまた、中国にいるレズビアン向けに同様のアプリを開発しており、アプリ名はPi…

Blued-a-gay-dude-flirting-app-from-China-picks-up-2-million-users

中国のゲイ向けチャット・出会い系アプリBluedは2012年8月にローンチされた。同アプリを開発したスタートアップが先日、中国におけるユーザ数が200万人を達成したことを明らかにした。そのうち68.3%は月間アクティブユーザだが、24%のユーザは毎日このアプリを利用している。iPhoneとAndroidで利用可能だ。

同社はまた、中国にいるレズビアン向けに同様のアプリを開発しており、アプリ名はPinkdを予定していることも36Krに明かした。

同スタートアップは今年初めに今後の成長のために必要となる資金300万米ドルを調達した。今のところ、200万人のユーザに対してアプリをマネタイズする予定はない。

中国の社会的道徳観は保守的で、ゲイに対してはあまり寛容ではないにもかかわらず、この分野向けには、Zank、香港のHornet、そしてOK Cupidに似たXuntaなどかなりの数の出会い系アプリが存在している。

【原文】