タグ Bolt

「チェックアウト」体験をSaaSで提供、EC決済のBoltがシリーズCで7,500万ドル獲得

SHARE:

ピックアップ:Bolt Raises $75M Series C1 To Advance One-Click Online Buying ニュースサマリー:EC決済SaaSの「Bolt」は21日、シリーズCにて7500万ドルの資金調達を実施したと発表した。リード投資家にはWestcapとGeneral Atlanticが参加し、既存投資家のActivant Capital、Tribe Capita…

ピックアップ:Bolt Raises $75M Series C1 To Advance One-Click Online Buying

ニュースサマリー:EC決済SaaSの「Bolt」は21日、シリーズCにて7500万ドルの資金調達を実施したと発表した。リード投資家にはWestcapとGeneral Atlanticが参加し、既存投資家のActivant Capital、Tribe Capital、その他複数エンジェル投資家も同ラウンドに参加している。同社は2016年の創業からこれまでに総額1億3,500万ドルの資金を調達している。

話題のポイント:BoltはECサイトを運営するオンラインリテーラーに向けの決済システムで、トランザクションの自動不正検知などをオールインワンにしたSaaS型にて提供しています。Boltを利用すれば、PayPalやWooCommerce、さらにはShopify等のECサイトで見かけるような決済フローをさらに強化して自社ECサイトに導入することができます。

今回のリリースと同時に、Forever 21やBrooks Brothers、Nauticaなどのブランドを持つAuthentic Brands Group(ABG)との提携も発表しており、リリースによれば、ABGは年間で140億ドル以上の売り上げがあるそうです。これらが全てがBolt上で決済されるインパクトは大きく、特にリテール関連企業がECへのほぼ全シフトを余儀なくされている現状を考えると、さらに勢いは加速することが予想されます。

同社によれば、米国におけるユーザーのEC行動で70%がチェックアウトから決済を完了できずそのまま放置してしまう状態があるそうです。さらにこれがモバイル上のユーザー行動となった場合だとその割合は85%に達するそうで、これにより米国では毎年1兆ドル以上、グローバルでは10兆ドルの損失が生まれているという話です。

具体的なBoltの仕組みは1年前のシリーズB調達の際に解説していますが、最も特筆すべきなのはやはり完全自動でA/Bテストの実行、それによりプロダクトやその特徴に最適化した決済フローに変化するという点でしょう。チェックアウトの流れは、ユーザーごとにリアルタイムで最適化されます。そのため、一人ひとりにパーソナライズさせた形のチェックアウト体験を提供することができます。Shopifyなどに出店しないで自社サイトを維持したいブランドは、Boltの決済フローのみを導入すればよいのでここも彼らが好まれている理由になります。

同社によれば、Boltを導入したECサイトでは業界水準より60%以上高いコンバージョン率を維持するといいますから、自社だけでECを構築する手間やコストを軽減したいブランドにとってはますます重要な選択肢になりそうです。

共同執筆:「.HUMANS」代表取締役、福家隆

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

7割のカゴ落ち率を改善するコマースツールのBolt、6800万ドル調達

SHARE:

ピックアップ:To Perfect Checkout for Online Retailers, Bolt Boosts Funding to $90M ニュースサマリー:サンフランシスコベースのeコマーススタートアップ「Bolt」は10日、シリーズBにて6800万ドルの資金調達を実施したと発表した。リード投資家にはActivant CapitalとTribe Capitalが参加している。また、…

Capture

ピックアップTo Perfect Checkout for Online Retailers, Bolt Boosts Funding to $90M

ニュースサマリー:サンフランシスコベースのeコマーススタートアップ「Bolt」は10日、シリーズBにて6800万ドルの資金調達を実施したと発表した。リード投資家にはActivant CapitalとTribe Capitalが参加している。また、既存投資家のAllbirds、REVOLVE、Jet.com、またBombasも同ラウンドに引き続き参加した。

同社はEコマースを運営するオンラインリテーラー向けにエンドツーエンドでショッピングシステムや不正監視システムなどを提供しているスタートアップ。2018年1月にサービスローンチした同社はこれまでに9000万ドルの資金を調達している。

同社のサービスを導入すれば誰でも簡単にShopify、Magento、WooCommerceやPayPalのようなコマースに必要なチェックアウトやペイメントのツールを導入できる。さらに、販売される商品ごとに即したツールをパーソナライズ化させることが可能なため、効果的にコンバージョン率を向上できる。

話題のポイント:ECの運営者にとってショッピングカートに入れたままの商品ほど無駄なものはありません。この状態は「かご落ち(カート放棄率)」と呼ばれており、これをどうにかして解決する仕組みを一部の機能に提供しているのが今回ご紹介する「Bolt」です。

では、どの程度の割合でカートに商品が残されているのでしょうか。ウェブリサーチ企業のBaymard Instituteによれば、平均して69.57%の商品が一度カートに入れられたにも関わらず購入に至っていないとのリサーチ結果を公開しています。

また上図が示しているように、購入に至らなかった理由は商品に問題があるわけではなくサイトのユーザービリティーや情報の足りなさが大多数を占めていることが分かります。この点を、商品ごとにセグメント化して解決を試みているのがBoltというわけですね。同社は「Dynamically Optimized Checkout」ソリューションを通し、この問題と向き合っています。

Capture

具体的にはBoltを導入することで、平均15ある入力フィールドを12に減らしたり、クリック回数を7回から4回に改善するなど、購入に至るまでのフローが簡略化できるという点を強調しています。これは、上図の購入しなかった理由26%占めていた「Too long / Complicated」を解消できているといえるでしょう。モバイルフレンドリーで、1画面で処理が完了されるような設計となっており、リダイレクトされることは1度もありません。

Capture.JPG

そして最後が完全自動でA/Bテストを繰り返し、最適な設計にしてくれるというものです。

筆者の体験上、ショッピングカートに商品が一定期間入っていると自動メールでリマインダーが届くことが多い印象ですが、データが示している通り、これではユーザー行動の根本的な改善に繋がってないのでコンバージョンに繋がることは難しいように思います。

単純なソリューションのように思えますが、こういった地味な改善を積み上げることがBaymard Instituteのデータが示す70%以上を動かすために必要な観点なのかもしれません。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録