THE BRIDGE

タグ booklap

書籍口コミサイトのBooklapがiOSアプリをローンチ——電子書籍リーダーとの連携も標榜し、ユーザ獲得を加速

SHARE:

書籍口コミサイト Booklap を運営する PROSBEE は今日、モバイルからサービスへのアクセシビリティを向上させるため、iOS アプリをローンチした。今回のアプリローンチを機に、PROSBEE では、デスクトップよりもモバイル向けのインターフェイス開発を優先する方針に転換し、ユーザ獲得のスピードを加速させたいとしている。 モバイル・ファースト戦略と、電子書籍リーダーとの連携 iOS アプリ…

booklap-ios-app_screenshots

書籍口コミサイト Booklap を運営する PROSBEE は今日、モバイルからサービスへのアクセシビリティを向上させるため、iOS アプリをローンチした。今回のアプリローンチを機に、PROSBEE では、デスクトップよりもモバイル向けのインターフェイス開発を優先する方針に転換し、ユーザ獲得のスピードを加速させたいとしている。

モバイル・ファースト戦略と、電子書籍リーダーとの連携

iOS アプリの基本機能はデスクトップ版と同じだが、iOS アプリにのみ新設された機能がある。書籍のレコメンド機能だ。ユーザは自分の好きな書籍を5つ星で評価し、これらの好きな書籍が15冊以上登録されると、PROSBEE が独自に開発した「セレンディピティ・エンジン」が書籍のレコメンドを始める。本稿の執筆段階で筆者はまだこの機能を試していないが、おそらく15冊分の登録があれば、一人のユーザの嗜好をシステマティックに判断するには十分だろう。有機的な情報をもとにレコメンドがなされる点においては、Amazon のおすすめよりも確度が高いものになることが期待できる。

今回の iOS アプリで Booklap が特に狙いを定めているのが電子書籍の読者だ。今年2月に発表されたニールセンの調査によれば、スマートフォン・ユーザの実に55%が電子書籍を利用している、と答えている。この調査結果を反映するかのように、Booklap のユーザからは Booklap をスマートフォン・アプリで使いたいとの声が高かった。Booklap では今後、Kindle、Kobo、BUYMA Books など各種の電子書籍リーダーとの同期や連携も模索していきたいとしている。

資金調達と海外展開

PROSBEE のこれまでの資金調達を見てみると、昨年7月の2,000万円の調達を最後に、累積で2,300万円ほどだ。現在のチームメンバーは11人いて、彼らは全身全霊で iOS アプリのリリースに漕ぎ着けたわけだが、バーンレートを憶測すると、そろそろ次の資金調達を視野に入れるタイミングかもしれない。

Booklap は Amazon の API を利用して書籍情報を取得しており、各国語版の Amazon が存在する限り、Booklap の海外展開もやりやすい。iOS アプリのリリースで今後可能になるであろう電子書籍との連携も、この動きに有利に働くだろう。

同社では Android 版のアプリにも着手することになるだろうが、当面は iOS アプリの普及に全力を挙げ、6月末までに25万件のダウンロードを達成したいと意気込んでいる。

----------[AD]----------

書籍口コミサイトのBooklapが講談社とコラボ、池井戸潤氏3作品の投稿レビューキャンペーンを開始

SHARE:

書籍口コミサイトの Booklap は今日、講談社とコラボレーションし、人気作家・池井戸潤氏の作品の投稿レビューキャンペーンを開始したと発表した。レビュー対象となる作品は、日本テレビで放映中のドラマ「花咲舞が黙っていない」の原作「不祥事」「銀行総務特命」、TBSで放映中のドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」の原作「ルーズヴェルト・ゲーム」だ。 このキャンペーンは、今日から7月12日の約2ヶ月間にわたっ…

booklap-ikeido

書籍口コミサイトの Booklap は今日、講談社とコラボレーションし、人気作家・池井戸潤氏の作品の投稿レビューキャンペーンを開始したと発表した。レビュー対象となる作品は、日本テレビで放映中のドラマ「花咲舞が黙っていない」の原作「不祥事」「銀行総務特命」、TBSで放映中のドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」の原作「ルーズヴェルト・ゲーム」だ。

このキャンペーンは、今日から7月12日の約2ヶ月間にわたって展開され、ユーザは特設ページでこれらの作品に特化した感想を投稿できる。コメント投稿者には、抽選で10名に池井戸作品10セットが当たる。

Booklap は書籍に対する感想をユーザが投稿できる、実名性のコミュニティ・プラットフォームだ。昨年7月には、Incubate Fund、Voyage Ventures、Genuine Startupsから2,000万円を調達している。今回の講談社との提携を受け、最近の Booklap の動向について、サービスを運営する株式会社Prosbeeの共同創業者兼CEO笠井レオ氏に話を聞いてみた。

昨年8月、出版社や著者が自らの作品をプロモーションできる Booklap Ads というサービスを始めました。今回の講談社との取り組みは、このサービスがベースになっています。

実名による作品への感想を Booklap 上に集めることで、作品の販売に貢献できます。出版業界の広告規模は900億円、うち6割が新聞広告と言われていますが、これがインターネット広告に置き換えられていくと考えています。我々はこの部分を取りに行きます。

group_image2
Booklap 上の池井戸作品ファンページ

Booklap では以前、作品の中のフレーズの一部を引用することで、作品へのコメントができる仕様だったが、これでは既に作品を持っている人しか投稿できないため、ユーザの裾野を広げる目的で、今年の2月から自由に感想を投稿できるようにした。これにより、今回の講談社とのコラボレーションのような展開の可能性がさらに広がることになる。

現在、Booklap では電子書籍やモバイル環境との親和性を高めるサービスを開発しており、これらは近い将来、日の目を見ることになるだろう。今後の動きに注目したい。

----------[AD]----------

【インタビュー】Hao123〜Booklap提携に見る、大手ネット企業とスタートアップの手の組み方

SHARE:

先頃、書籍発見サービスの Booklap は、中国最大手のサーチエンジン Baidu(百度)と提携し、ディレクトリーサイトの Hao123 にコンテンツ供給を開始した。世界有数のサーチポータルが、スタートアップと手を組む理由は何なのか。 Baidu Japan 事業企画本部の夏超(Xia Chao)氏と、Booklap を運営する Prosbee の CEO 笠井レオ氏に、今回の提携が意味するもの…

hao123-booklap_logos先頃、書籍発見サービスの Booklap は、中国最大手のサーチエンジン Baidu(百度)と提携し、ディレクトリーサイトの Hao123コンテンツ供給を開始した。世界有数のサーチポータルが、スタートアップと手を組む理由は何なのか。

Baidu Japan 事業企画本部の夏超(Xia Chao)氏と、Booklap を運営する Prosbee の CEO 笠井レオ氏に、今回の提携が意味するものと今後の展開について聞いた。

xia-and-kasai
右から:Baidu Japan 事業企画本部リーダー 夏超氏、Prosbee CEO 笠井レオ氏

Hao123 の位置づけについて教えてください。

Baidu 夏:

Hao123 は、世界の9カ国で展開するディレクトリー・サービスです。エジプト、ブラジル、タイ、台湾、トルコ、インドネシア、ベトナム、サウジアラビア、そして、ここ日本で展開しています。中国本土の Hao123 とは異なり、各国の Hao123 は現地ユーザに受け入れられるように、徹底したローカリゼーション戦略を取っています。コンテンツの収集や戦略の判断は、各国現地法人の担当者に委ねられています。

今回の提携において、Baidu Japan と Prosbee の間に金銭的な関係は存在するのか。

Baidu 夏:

資本提携とか開発委託ではないので、金銭の授受は発生していません。提携という言葉が仰々しいほどフランクなものです。とにかく面白いコンテンツを集めたいという思いから始めました。スタートアップにとって難しいのは、何よりユーザ獲得でしょう。一方、Baidu にとっては、各国市場で面白いサービスを一から作るとなると時間がかかるし、それだけの開発リソースを割くことはできません。両社が手を組むことで、うまく行ったらいいし、仮にうまく行かなくても、双方にとって失うものは何も無いと考えたわけです。

booklap_on_hao123
Hao123 に表示された、Booklap「今日の名言」

Prosbee にとっては、Baidu Japan と組むことで、海外展望などの道が拓けることになるのか。

Prosbee 笠井:

もちろんその可能性はありますが、海外展開する場合、それに先立って、Booklap 自身も多国語対応する必要があります。その展望が無いわけではありませんが、現在は日本市場に集中し、ユーザ開拓することに注力したいと考えています。

Baidu としては、今後、日本のスタートアップと協業を重視していくのか。スタートアップはどのようなメリットが得られるか。

Baidu 夏:

xiaHao123 については、どんなサービスが日本のユーザに刺さるのか、いろんなスタートアップと組んで試したいと考えています。ですので、Hao123 と連携したいスタートアップが居たら、ぜひ連絡してほしいと思います。Hao123 は広告収入モデルで成り立っていますが、Baidu 社内では、Hao123 のことを〝バス〟に例えています。お客さんは目的地を目指していて、Hao123 はそこへと〝お客さんを運ぶバス〟に過ぎません。今回の場合、目的地の一つは Boolkap ということになります。魅力的な目的地が増えれば、バスに乗ってくれるお客さんが増えることになります。

Prosbee 笠井:

kasaiBaidu Japan と組んだことで印象に残ったのは、意思決定スピードが非常に速いことです。これは、 Baidu のような大きな会社と付き合う上で考えられないことでした。そして、決定したことをやりきるというカルチャー。当たり前のことですが、その当たり前のことを現実化させていくプロセスが、スタートアップにとっては、すごく勉強になりました。我々の社内の運営にも応用したいと思います。


夏氏が Hao123 を担当することになったのは今年1月。以来、日本のインターネット・サービスやスタートアップとの連携を加速させており、先頃、Baidu の Android 向け日本語入力アプリ Simeji とユナイテッドのスマートフォン着せ替えアプリ CocoPPa が提携したのも記憶に新しい。

一般的に、スタートアップが大手企業と手を組むのは敷居の高いものだが、Hao123 と Booklap の提携のケースのように、フラットな関係であれば、サービス開発以外の種々雑多な調整事に時間がとられることも無く、スタートアップにとっては、ユーザ獲得のレバレッジを利かせる上で有効な手段が得られる。Baidu Japan では、他にも連携できるサービスを探しているということなので、興味のあるスタートアップは連絡してみるとよいだろう。

一方、Booklap は先日の資金調達を受け、開発体制を一気に強化する予定だ。現在活動の拠点としている渋谷・神泉のシェアオフィス「BOAT」から巣立つ日も、そう遠くはなさそうだ。

----------[AD]----------

書籍発見サービスのBooklapがBaidu(百度)と提携、名言コンテンツの提供を開始

SHARE:

Booklap は名言の引用により、他のユーザに新しい書籍との出会いを支援してもらえるサービスだ。Booklap を運営する Prosbee は本日、世界第二のサーチエンジンである Baidu(百度)と提携し、Hao123 上に Booklap コンテンツの提供を開始したと発表した。Hao123 は Baidu が運営するウェブ・ディレクトリーで、Alexa Rank によれば、アクセス数で世界2…

hao123-booklap_logosBooklap は名言の引用により、他のユーザに新しい書籍との出会いを支援してもらえるサービスだ。Booklap を運営する Prosbee は本日、世界第二のサーチエンジンである Baidu(百度)と提携し、Hao123 上に Booklap コンテンツの提供を開始したと発表した。Hao123 は Baidu が運営するウェブ・ディレクトリーで、Alexa Rank によれば、アクセス数で世界29位、中国国内で6位を誇るサイトだ。アクセス数で言えば、日本の Google や MSN、Pinterest などに並ぶ規模で、30代〜40代以上のシニア層のユーザが多いことが特徴だ。Prosbee では今回の提携を受けて、特にシニア層へのサービス認知を高めたいとしている。

Booklap のコンテンツの多くは日本語によるものだが、ローンチ当初から海外のコンペティションなどにも積極的に参加していることから、特にアジア圏への進出には強い関心を持っていることが伺える。今回の提携後の、Hao123 の中国語版や世界各国語版への波及について Baidu に問い合わせているが、現時点でコメントは得られていない。

booklap_screenshot
ところで、本を読まなくなったという現在でさえ、日本人の年間平均読書量は10冊を超えるらしい(日本文化庁「国語に関する世論調査」による)。対して、中国政府の調査機関、中国新聞研究院の調査によれば、中国人の年間平均読書量は4.39冊だ。

あわせてアジア各国の統計も拾ってみたが、概して経済的に発展しても、可処分所得と可処分時間の増加に比例して、読書量が増えるというロジックは成り立たないようだ。むしろ、さまざまなエンターテイメントがひしめき合う中で、多忙な消費者に対して、おもしろそうな本の提案は、どの国でも求められているトピックかもしれない。Booklap の一日も早い全世界展開に期待したい。

なお、Hao123 は「網址之家」の名前で1999年にローンチし、2004年に Baidu に買収された。2012年に日本語版 Hao123 をローンチして以降、日本市場で認知を高めるため、集約コンテンツのローカリゼーションを強力に推進しており、今回の Booklap 提携に先立ち、エンタメサイト「ボケて」などともコンテンツ連携を開始している。また、Booklap は先月、Incubate Fund、Voyage Ventures、Genuine Startups から 2,000万円を調達している

----------[AD]----------

読書の感動を共有するアプリBooklapが、Incubate Fund、Voyage Ventures、Genuine Startupsから2,000万円を調達

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 Booklap は、読みたくなるであろう本を探してくれるサービスだ。このサービスを開発する東京のスタートアップ Prosebee は今日、Incubate Fund、Voyage Ventures、Genuine Startups [1] から 2,000万円を調達したと発表した。今回の調達は、昨年7月のIncuba…

booklap_featuredimage

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

Booklap は、読みたくなるであろう本を探してくれるサービスだ。このサービスを開発する東京のスタートアップ Prosebee は今日、Incubate FundVoyage Ventures、Genuine Startups [1] から 2,000万円を調達したと発表した。今回の調達は、昨年7月のIncubate Fund からの300万円の調達に続くものだ。

このサービスは、2つの方法で新しい本への出会いを提供する。一つは、Facebook プロフィールなどのソーシャル・グラフから取り込むユーザの関心を元にした方法。もう一つは、他のユーザが感動した本の名言を提示する方法だ。2012年6月のベータ版ローンチ以来、彼らはある程度のユーザを集めてきたが、ユーザ成長を加速するためにユーザ・インターフェイスを変更し、新機能を追加した。

同スタートアップのCEO笠井レオ氏は、次のように語っている。

このビジネスを始めたときの原点に戻り、何を目指していたかを再び考えました。我々のミッションは、本の読者の感動を可視化することです。そこで、我々はUXマップとペルソナ(典型的なユーザが同サービスでどう振る舞うかを示した詳細プロフィール)を作成し、サービスのどの部分を修正し改善すべきかを考えました。

熟考の結果、彼らは本を勧める名言ショーアップページの背景に、フィーチャー画像のレイアウトを追加した。ここで使われる画像は、Bing の画像検索API を使って出版社のウェブサイトから引用される。

さらに、彼らはユーザが読書会を開催できるユニークな機能も追加した。そこでは、特定の本を皆で読み、互いにコメントし合うことができる。この機能では、いつ本を読むべきか参加するユーザに知らせるため、開始日と終了日を指定することができ、彼らは仮想のミートアップをオンラインで開催し、感じたことを議論できる。

booklapcam_screenshot

Booklap は現在2つのモバイルアプリのリリースを準備しており、いずれもまもなく利用可能になる。一つは Booklap Camera(iOS用のみ)で、OCR機能を持っており、ユーザが書籍から感動した名言をスキャンし、サービスに投稿しやすくしてくれる。もう一つは Booklap のモバイルアプリ(iOS/Android 用)で、デスクトップPCの前に座っていなくても、読書体験の楽しさをシェアしやすくしてくれる。

Booklap の売上手段はまだ限られていて、バナー広告やユーザを書籍のEコマースサイトに誘導した際のアフィリエイトに頼っているが、彼らはまずユーザ獲得に注力していて、ビジネスの世界展開を目指している。


  1. Genuine Startups は、東京のスタートアップ・インキュベータ Movida Japan からスピンオフした投資ファンドである。 ↩

----------[AD]----------

韓国beSuccessがソウルのbeLAUNCHに向け、東京予選イベントを開催

SHARE:

【原文】 我々のパートナーであるテックサイト beSuccess は、5月にソウルでアジア最大のテック・スタートアップ・カンファレンスの一つ、beLAUNCH の第2回目を開催する。東京の Skyland Ventures、ソウルの VCNC と共同で、beSUCCESS は水曜日に東京でサテライトイベントを開催し、韓国でのメインイベントに向けて、6社のスタートアップの中から1社のファイナリストが…

【原文】

belaunch_tokyo_grouppic-640x370

我々のパートナーであるテックサイト beSuccess は、5月にソウルでアジア最大のテック・スタートアップ・カンファレンスの一つ、beLAUNCH の第2回目を開催する。東京の Skyland Ventures、ソウルの VCNC と共同で、beSUCCESS は水曜日に東京でサテライトイベントを開催し、韓国でのメインイベントに向けて、6社のスタートアップの中から1社のファイナリストが選考された。

出場するのは誰か、5月にソウル・江南(カンナム)に行くのは誰かを見てみることにしよう。ピッチを選考した審査員は次の通り(英語表記におけるアルファベット順)。

Designclue(第3位)

受賞内容:

  • ソウル・イベントの出展ブース無料

designclue

日本でロゴを発注すると、この国の労賃の高さのために安くはならない。日本人が海外にデザインを発注するのも、言語障壁の理由からハードだ。

Designclue はロゴに特化したクラウドソーシングサービスで、独立した外国人デザイナーに簡単に発注することができる。読者の皆さんは、先週このサイトについて取り上げたのを覚えているだろう。このウェブサイトは発注を用意にするため多言語インターフェースを有しており、ユーザは新興市場の登録デザイナーから安価で多くのデザイン案を受け取ることができる。

最近、このスタートアップは Incubate Fund と East Ventures から、1470万円(約15万ドル)を調達した。

Comobaco

comobaco

Comobaco は、ウェブ上と実生活上の両方で、アイテムを友人とシェアできるサビスだ。このサービスを使えば、自分が持っている本、DVD、ゲームなどを会社の同僚、ルームメイト、もしくは、その類のグループで簡単にシェアすることができる。

このサービスを使うには、あなたの場所に居る誰かが「箱」のマネージャーになる必要がある。この箱を使ってアイテムが交換され、もし使わないものを入れれば、他の人は買わなくてもそれを入手することができる。このサービスの創業者は、自分だけために何かを買うことから、周りの多くの人の利益を考えてモノを買うように、コンセプトを変化させたいと考えている。

Job Share

jobshare_logoJob Share はコミュニティ・ベースの求人サイトで、一緒に仕事が楽しめる人を探してくれる。サービスに求人情報をポストすると、その内容は自社の同僚のソーシャル・メディアを通じて拡散される。もし、その内容を見てあなたの会社で働きたいと思った人が気に入れば、その人を雇うことができる。このスタートアップは、新しい同僚を見つけるために今居る社員の協力を得ることで、居心地のよい職場環境を作る手助けをすることを目標としている。

Conyac(第1位)

1stprize_winner-640x419
左から:コニャックCEO山田尚貴氏(1位受賞者)、グローバル・ブレイン百合本安彦氏(プレゼンター)、beSuccess CEO チョン・ヒョヌク(정현욱)氏(プレゼンター)

受賞内容:

  • ソウル・イベントの出展ブース無料
  • 東京/ソウル往復航空券2名分
  • メインイベントでのピッチ機会

conyac_logo

Conyac は、クラウドソースの翻訳サービスで、安価で外国語でコミュニケーションするのに面白い方法を提供してくれる。最近の我々とのインタビューで、同社はビジネス向けのハイエンドサービスを紹介し、サンフランシスコに最初の海外進出を図ることを話してくれた。

Booklap(第2位)

受賞内容:

  • ソウル・イベントの出展ブース無料
  • 東京/ソウル往復航空券2名分

booklap本屋で読みたい本を探すのは時間がかかる。最近のある調査では、本屋での購入の39%が1時間以上を要しているそうだ。同様に、Amazon.com で本を購入するとき、我々は他のユーザの投稿したレビューに頼ろうとするが、それらは信頼に値しなかったり、読む本を決めるのに十分ではなかったりする場合がある。

Booklap は、あなたが読みたい本を見つけられるサービスだ。2つの方法があり、あなたの Facebook プロフィールなどのソーシャルグラフから得られる興味を元にするか、他ユーザが感銘を受けた本の名言の提示をもとにするか、どちらかだ。

現在、このスタートアップは写真を取るだけで名言を簡単にポストできるスマホアプリをリリースしようとしている。Amazon.com のブックレビューと差別化しているのは、レビューが実名で投稿されることだ。

彼らの売上モデルは、ユーザをAmazon.com などのオンライン・ブックストアへ誘導することから得られるアフィリエイト・フィーだを元にしている。Booklap は、Incubate Fund から昨年7月に300万円(約32,000ドル)を調達している。

UI Scope

UIscope

UI Scope は、ソフトウェアやハードウェア開発者に、製品テストをクラウドソースできるようにするサービスだ。登録テスター(このサービス上では「パネル」と呼ばれる)は同社からテストを録画するためのカメラを受け取る。開発者(「クライアント」と呼ばれる)は、全登録テスターの中から誰かを選び、製品のテストを依頼。依頼を受けたテスターは、20分間のテストを行い、テスト過程のビデオと共に報告をフィードバックする。開発者はこのテストに3千円(約32ドル)を支払い、テスターは500円を受け取る。テスト結果は、ビデオ、スクリーンショット、文書の形でオンライン報告される。

UI Scope は、テスト結果やケーススタディの巨大データベースの構築を目標に、昨年8月にローンチした。Movida Japan から500万円(約53,800ドル)を調達し、この半年で120人の開発者と2500人のテスターを集めている。

そして、韓国からは…

このミートアップには、韓国からもスタートアップが3社参加しており、日本の聴衆に興味深いサービスについてピッチした。近隣国のテック・コミュニティで何がホットかを見てみることにしよう。

BeNative


benative_logoBeNative は、ネイティヴ・スピーカーの実生活を模倣したコンテンツを提供することで、より有機的な言語学習体験を提供する。英語や他の言語である機会のビデオを見ることで、ユーザは新しい言語をより自然に話すことができるようになる。開発元 Smatoos の CEO、キム・ムンス(김문수)氏によれば、現在は言語学習サイトの英語版中国語版に加え、英語韓国語日本語でニュースサイトも運営している。詳しくは、TechNode にあるこの記事をチェックしてほしい。

Profeel.me

profeel.me_logoProfeel.me はデジタル名刺で、ソーシャルネットワークのフィードを収集することができる。カードはテキスト、メッセージ・サービス、ソーシャル・ネットワークを通じて交換できる。紙の名刺と同様に、韓国スタートアップの Venster はバーチャルIDや呼出カードとして使えるオンライン名刺を作ったわけだ。同社のチョン・ホソク(정호석)氏がプレゼンした。詳細を知りたければ、beSuccess がより詳しい情報を提供している。

profeel.me_presenting-640x480
Profeel.me のCEO チョン・ホソク(정호석)氏が日本の聴衆にピッチ。

Memebox

memebox_logoMemebox は韓国版の Birchbox で、定期購入形式で化粧品がユーザに定期的に届けられる。同スタートアップの CEO ハ・ヒョンソク(하형석)氏は、彼らが世界の185のブランドと提携しており、2012年2月のローンチ以降、顧客に52,900個のボックスを届けたと説明した。購入者は、3つの異なる選択肢、1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月の中から期間を選択することができる。現在のところ、購入契約者数は5,000人とのことだ。

現在チームには31人スタッフが居て、2013年のQ2には130万ドルの売上を見込んでいる。このスタートアップは、ソウルの SparkLab のインキュベーション・プログラムの第1期卒業生だ。


beLAUNCH 2013 のメインイベントは、韓国の首都にある展示会場 COEX で5月1日と2日に開催される。参加したい人は、こちらからサインアップするとよいだろう。

jimmy_keisuke
左から:寄せ書きを持つ、KCube Ventures のイム・ジフン(임지훈)氏と、VCNC の梶谷恵翼氏。
----------[AD]----------