BRIDGE

タグ Born2Global

上海で韓国政府が「K-Global Demo Day」を開催——アイトラッキングのVisual Camp、ブロックチェーン送金のMoin、会話AIのMrs.aiが入賞

SHARE:

K-Global Demo Day の入賞者は、VR アイトラッキング(視線追跡)スタートアップの Visual Camp、会話AIのスタートアップ MrS.ai、そしてブロックチェーン送金のスタートアップ Moin の3社となった。K-Global Demo Day は韓国と中国のスタートアップ間の交流を促進しようという韓国政府の取り組みの一環である。 12月12日、中国のスタートアップ5社と韓…

上海 K-Pitch デモデイの様子
Image credit: TechNode(動点科技)

K-Global Demo Day の入賞者は、VR アイトラッキング(視線追跡)スタートアップの Visual Camp、会話AIのスタートアップ MrS.ai、そしてブロックチェーン送金のスタートアップ Moin の3社となった。K-Global Demo Day は韓国と中国のスタートアップ間の交流を促進しようという韓国政府の取り組みの一環である。

12月12日、中国のスタートアップ5社と韓国のスタートアップ10社が上海の Jin Jiang Hotel(錦江飯店)のステージに上り、Strikingly の CEO である David Chen(陳海沙)氏や NIO Capital(蔚来資本)のパートナーである Junyi Zhang(張君毅)氏、Sky9 Capital(雲九資本)のバイスプレジデントである Fred Yang(楊飛)氏、そして教授であり International BU のアドバイザーでもあるIII. C. Jimmy Shih氏を含む5名の審査員にピッチを行った。このイベントは K-ICT Born2Global Centre の主催、そして上海を拠点とするスタートアップアクセラレータ XNODE(創極無限)の企画で行われた。K-ICT Born2Global Centre は韓国の科学技術情報通信部(MSIT)に運営されるスタートアップインキュベータである。

教授であり International BU のアドバイザーでもある III. C. Jimmy Shih 氏はイベントの入賞者を発表しつつそれぞれの企業にコメントを添えた。

2つのスタートアップが準優勝を勝ち取りました。1つ目の Moin は現在のシステムをディスラプトすることが可能かもしれない先端技術を使用しています。中国は金融に関して非常に厳しい法律を有していますが、そうでないと証明されるまでは新たな技術を受け入れています。次の MrS.ai は標準中国語に特化した自然言語処理技術を使用しており、中国のマーケットによりフィットする可能性を秘めています。

Sky9 Capital のバイスプレジデント Fred Yang 氏は次のようにコメントした。

優勝は、将来のモバイルコマースの大部分に大きな影響を与えるであろう新技術、VisualCamp が獲得しました。

Moin のようにブロックチェーン技術や送金チャネルの構築に焦点を当てたハイテク企業もありました。ビットコインの価格は1万米ドルを超えましたが、中国でそれに取り組むのは非常に困難です。韓国は特別なマーケットであり、世界最大のビットコインマーケットになるポテンシャルを秘めています。

Sky9 Capital のバイスプレジデント Fred Yang 氏はそうコメントした。Sky9 Capitalは中国で米ドルによるファンドを行っており、アーリーステージにあるインターネット企業や、消費者と技術セクターにおける革新的な企業をターゲットとしている。また同社は北京、上海、深圳、シリコンバレーに事務所を構えている。

AI についてですが、標準中国語は非常に複雑な言語のため AI で扱うのは困難です。そのため MrS.ai にはユニークな競争力があり、マーケットで成功する可能性を持っています。中国のスタートアップにとって AI マーケットは広大で、多くの企業やブランドが AI サービスを必要としています。

以下にトップ3の企業の概要を述べる。

VisualCamp

ゲームやeコマース、コンテンツ、そしてソーシャルメディアのような仮想現実(VR)と拡張現実(AR)の技術を基にしたバーティカルマーケットの鍵を握るのがアイトラッキングである。アメリカのアイトラッキングのプレイヤーであった Eye Tribe は Facebook に買収Eyefluence は2016年に Google に買収、そしてSMI は2017年に Apple に買収された。韓国のスタートアップである VisualCamp は VR アイトラッキング技術を提供しており、現在その技術は Samsung Electronics のオールインワンタイプの Exynos VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)に搭載されている。VR HMD が PC 接続からモバイル接続、そしてオールインワンのデバイスへと移り変わっていく中で、CPU占有率を低く保つことが重要となる。Exynos 8890 では彼らの技術の CPU 占有率は4%に満たない。同分野の競合他社に比べ、彼らのソリューションはデスクトップ、モバイル、オールインワンタイプの3つの HMD 上で動き、そしてAndoroid、Windows、Linux、Linux Arm、Mac OS の5つの OS 上で動くことができる。眼球と視線のデータに基づき、ソウルを拠点とするこの企業はユーザの意図も分析している。

<関連記事>

MrS.ai

今、Siri や Cortana のような会話 AI はブランドや企業にとってトレンドとなっている。こういった企業は将来的にサービス提供は顧客にとってインタラクティブでパーソナライズされたものになるべきであると考えており、サービスの品質への本当の理解と緻密な AI 技術を備えローカライズされた専門的なソリューションを活発に探し求めている。それによって次世代のサービス体験へのイノベーションを起こそうとしているのだ。

MrS.ai はサービス業へ向けたソリューションとして会話 AI を開発している。多国籍企業向けにバーチャル AI エージェントを設計し、中国語を通じてプロフェッショナルレベルのサービスを提供している。このバーチャルエージェントはサービス部門に特化したSLUのような技術や専門的知識のダイナミックな表現、そしてマルチタスクマネジメントなどを用いて緻密なパーソナライゼーションを行い、中国語を話す消費者の込み入った要望にも応えることができる。これによって現在のサービス業におけるAIの使用にディスラプションを起こそうとしているのだ。Visa China は MrS.aiとの協力によって2018年1月に新たな AI をベースにしたコンシェルジェサービスを始める予定。同時に、中国発の AI 企業である同社は明確なビジネスニーズとサービス業に特化した技術を持って、国際航空会社や有名なホテルグループ、ホスピタリティやモビリティの高級ブランドとも提携し、会話ベースのサービスを提供している。

Moin

Moin はブロックチェーン技術を使い、ユーザが海外へ送金できるようにしている。外国人労働者や留学中の学生をターゲットに、プロセスを最適化した送金のソリューションによってより安くより早くを実現し、既存の送金時間を90%引き下げた。また、彼らの iOS アプリとウェブサイトではリアルタイムで送金費用が4大商業銀行との比較と共に提供されている。セキュリティ面では Moin は KYC と AML のプロトコルに従っている。また、今月に韓国政府が発行するライセンスによって、彼らのセキュリティは保証される予定である。同社は質疑応答の中で、トークンの ICO は行わずサービスの供給に集中するとしている。2016年3月に設立されソウルを拠点とする同社は、資金調達で250万米ドルを集めた。

ブロックチェーンは世界中で敏感な話題だ。中には密かに規制を維持したいと考えている政府もある。しかし韓国ではブロックチェーンは合法であり、今年この好景気に沸く分野に飛び込んだ韓国のスタートアップもいくらかいる。

<関連記事>

イベントでのその他のスタートアップへのコメントやアドバイス

Sky9 Capital のバイスプレジデント Fred Young 氏はコメントした。

韓国や中国からのグローバルな良い視野を持った素晴らしい起業家がたくさんいました。例えば、iSharingsoft のアプリは子どもを持つ家庭に非常に有用であると言えます。

iSharingsoft はリアルタイムの位置情報サービスで、家族や友人同士が個人的にお互いの位置情報をシェアしコミュニケーションできるというものである。

NIO Capital のパートナーである Junyi Zhang 氏は TechNode(動点科技)に語った。

みなさん素晴らしく、その製品は日々の生活に大きな影響を与えるものです。iSharingsoft、LIMA、そして Monit は非常に興味深く感じました。

LIMA は機械学習技術を使用し、ブランドや企業が自らの製品を有名なウェブ小説やウェブ漫画の中で宣伝できるようにするものであり、Monit は赤ちゃんをモニタリングするスマートサービスで、おむつの交換や環境条件を感じ取り、それを親のモバイルに通知するものである。

いくつかのスタートアップは中国へ進出するためにより大きな投資家や業界のプレイヤーを必要としています。例えば LIMA は中国進出に向けて現地企業やプラットフォームが必要となるでしょう。iSharingsoft は30万回ダウンロードされており、これは決して悪くない数字です。しかし中国ではすでに WeChat(微信)や Baidu Map(百度地図)が圧倒的な立場にあり、彼らの中国進出には困難が伴うでしょう。手助けしてくれるパートナーがどうしても必要なのです。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

9月15日・16日、韓国の2つのスタートアップ支援組織が合計19チームを披露するデモデイを東京で開催

SHARE:

NAVER など韓国の有力インターネット企業が後押しするスタートアップ支援組織 Startup Alliance と、韓国政府の未来創造科学部(미래창조과학부)傘下の創業支援外郭団体「未来グローバルセンター」通称 Born2Global(以下、B2G と略す)は、9月15日(火)・16日(水)に、それぞれ東京でデモデイを 開催する。 日本に比べ市場が小さく、経済活動が大企業に依存傾向にある韓国では…

b2g-startup-alliance-logos

NAVER など韓国の有力インターネット企業が後押しするスタートアップ支援組織 Startup Alliance と、韓国政府の未来創造科学部(미래창조과학부)傘下の創業支援外郭団体「未来グローバルセンター」通称 Born2Global(以下、B2G と略す)は、9月15日(火)・16日(水)に、それぞれ東京でデモデイを 開催する。

日本に比べ市場が小さく、経済活動が大企業に依存傾向にある韓国では、国の将来を託す対象としてスタートアップに対する期待感が大きい。財閥、銀行などがこぞってスタートアップ支援に勤しむ中で、Startup Alliance と B2G はスタートアップを育て上げ、世界市場へと輩出するビークルとして有力な存在だ。

将来有望な韓国スタートアップに出会うには、よい機会と言えるだろう。

Startup Alliance 主催「Korean Startup Demoday」(9/16 18:30開場、六本木・フリークアウト HillsLounge にて)

参加申し込みはこちらから。

  • Tangram Factory – Smart Rope
    内蔵LED で縄跳びの回数を確認したり、スマートフォンと連携して運動量を測定するスマート縄跳び。
    http://tangramfactory.com
  • Jocker Pack – BeeCanvas
    「canvas」と呼ばれる画面でビデオ、写真、リンクなどを簡単に配置し、canvas を URL でシェアする WEB サービスと iOS アプリ。→ 関連記事
    http://www.beecanvas.com
  • X Engineering – Spend
    数枚のクレジットカードやデビットカードなどを入力して、磁気決済方式の代用となるデバイス。
    http://www.xengineering.co/
  • Fluenty – Talkey
    自然言語分析で受信メッセージの答えを予想して簡単に応答させるスマートウォッチ用ユーザインターフェイス。 → 関連記事
    http://www.fluenty.co/
  • iDecca
    Wi-Fi や beacon の設置なし、スマートフォンのセンサーだけで室内の位置を 1~3m 半径で測定する テクノロジー。
    http://idecca.com/
  • Cocoon Games – 戦争の歌
    「Game of War」のようなの既存の戦略シミュレーションゲームに RPG の要素を加味し、様々なスキル を使う 英雄を活用できる次世代戦略ゲーム。
    http://www.cocoongames.com/
  • ChattingCat – ChattingCat
    間違った英語を正確で洗練された英語に直してくれる「ネイティブリアルタイム英文添削サービス」。 → 関連記事
    https://chattingcat.com/ja-jp

B2G 主催「K-Global Connect Demoday」(9/15 15:00開場、赤坂・ドコモベンチャーズにて)

参加申し込みはこちらから。

  • IT&BASIC – Symflow
    SYMFLOWは ウェブベースの聴衆応答システムで、専用のウェブアドレスにアクセスしてリアルタイムに質問を掲載し、結果をシェアすることで、授業や講演会、カンファレンス会場などでのコミュニケーションをサポートする。
    http://www.itnbasic.com
  • SAI – Dramapic
    世界各国の優れたローカル動画コンテンツが、言語障壁が問題となる中、Dramapic は、クラウドソースで多言語の字幕をつけ、世界中のユーザーかコンテンツを楽しめるようにする。
    http://www.dramapic.com
  • Lineable Inc. – Lineable
    子どもが迷子になるのを防ぐことを目的とした、5ドルのスマートバンド。無料のモバイルアプリを使い、クラウドソーシング GPS という、他のユーザのスマートフォンと連携することで、子どもの居場所を追跡できる機能を提供する。スマートバンドを身につけた子どもが保護者から離れる とスマートフォンに通知する。
    http://www.lineable.net
  • ZOYI corporation – Walk Insights
    Walk Insights は、オフラインの小売店向け顧客分析ソリューション。通行量・訪問者数などのデータを、独自開発のセンサーにより、通行者や訪問者のモバイルデバイスの数を把握することで集計する。集計されたデータは数字、表、グラフなどで可視化され、モバイルアプリケーションやウェブページから確認可能。 → 関連記事
    http://www.zoyi.co
  • SPACOSA – CATCH LOC(システム)、FAMY(アプリ)、LINK(ビーコンデバイス)
    SPACOSAは、リアルタイムの位置情報提供プラットフォームを提供。DAU 20万人の位置共有アプリ「ドコナノ」とビーコン技術を使って「ドコナノ」と連動できる機器「リンク」を2015年3月にローンチ。さらに、多くの人の管 理が必要な企業や団体向けのサービスとして、「CatchLoc」を開発し、2015年9月から提供開始予定。「CatchLoc」は学校、病院、商店、 倉庫などの資産の紛失を防止し、消費者や患者の動線情報を集め分析する。
    http://www.spacosa.com
  • Seerslab – Lollicam
    Lollicam は、新しいコンセプトの動画自撮サービスで、常の短い動画を簡単に製作し、後補正無しで画像効果を加えることができるモバイルアプリ。
    http://www.seerslab.com
  • エバイン – EVERY-Social Phonebook
    スパムや音声フィッシングなど、電話の不安要素に対するソリューションを提供。同社のサービス「What’s This Number」は、韓国では800万件ダウンロードを達成した。技術力やノウハウを生かして、スマートフォン以外に有線電話やIP電話への対応も行う予定。 → 関連記事
    http://www.evain.co.kr
  • エムバイト – rainbow.dot
    rainbow.dotは、ゲームグラフィック制作や求人機能に特化したクラウドソーシング型ECオープンプラットフォーム。作家が登録した作品の希望単価を公開し企業がオファー、あるいは反対に、企業が募集案件を掲載し参加希望者が見積提案する、などの交渉ができる。
    http://rainbowdot.net/
  • IRIENCE – 1. PASS5050A、2.IRISKEY3、3.IRIS POS
    虹彩認証にかかわるアルゴリズムを開発し、技術を実用化に向けたセキュリティや認証分野を専門とする企業。入退出のコントロール、電子デバイスや高レベルのセキュリティを必要とするモバイル認証や虹彩認証アルゴリズムを搭載し、アクセサリー型の虹彩認証カメラモジュールにより決済にも対応。金融サービスで認証が必要となる Fintech で広く活用されることを期待。
    http://irience.com/
----------[AD]----------

韓国政府の起業支援組織「Born2Global(B2G)」、2014年のスタートアップ支援は39社54.3億円相当に

SHARE:

韓国政府の未来創造科学部(미래창조과학부)傘下の創業支援外郭団体「未来グローバルセンター」通称 Born2Global は、これまでにスタートアップの支援活動を積極的に支援した結果、2014年には39社に対して496.2億ウォン(約54.3億円)の資金調達支援に成功した。 この実績は、資金調達に限らず、法律・特許・会計・マーケティングなど各分野の弁護士、弁理士、コンサルタントを通じて支援を実施、…

born2global_featuredimage

韓国政府の未来創造科学部(미래창조과학부)傘下の創業支援外郭団体「未来グローバルセンター」通称 Born2Global は、これまでにスタートアップの支援活動を積極的に支援した結果、2014年には39社に対して496.2億ウォン(約54.3億円)の資金調達支援に成功した。

この実績は、資金調達に限らず、法律・特許・会計・マーケティングなど各分野の弁護士、弁理士、コンサルタントを通じて支援を実施、スタートアップが投資を受けるための好環境を作ることに注力した結果が作り出したものと評価されている。

1月9日の Born2Global の発表によれば、資金調達支援に加え、海外の特許出願91件、海外事業契約提携45件、海外法人設立11件など、さまざまな分野で注目すべき成果を出したことがわかった。合計では、1,204社に対して、1,856件のコンサルティングサービスをサポートした。

Born2Global は、スタートアップの海外創業や進出成功のために、グローバル創業・経営問題のコンサルティングだけでなく、グローバル創業の専門教育、創業セミナー、グローバルスタートアップ会議、海外企業向け説明会(IR)など、サポートの幅を拡大してきた。

実際に、ポータブル検眼器開発会社の Ovitz(오비츠)は、Born2Global が提供した法律サービスが拠り所となり、アメリカ各地でエンジェル投資を受け、現在は韓国の延世大学校医療院と事業協力を検討中だ。

Wi-Fi を使ったマーケティング・ソリューションの「Waffle(와플)」を提供する Lee & Company(리앤컴퍼니)は、法律・特許サービスを得てベトナムへの海外輸出契約を成功させ、南アフリカの William Daniel Consulting とサービス提供の契約を結んだ。

<関連記事>

会計コンサルティングを受けた企業の業績も目立った。 ヘルスケア・アプリ開発会社 Noom は、海外で110万ドル、モバイルビジネスプラットフォーム開発会社 IGAWorks(아이지에이웍스)から150億ウォン(16.4億円)規模の資金調達をした。

また、Born2Global が主宰する「B2G Academy」2期受講生キム・ソンギ(김성기)氏が代表を務める、ゲーム開発スタートアップ Idiocracy(이디오크러시)は昨年11月、香港の VC である OH Ventures Limited から5億ウォン規模(約5,500万円)の資金調達を成し遂げた。

Ovitz の代表であるキム・ジョンユン(김종윤)氏は、次のようにコメントしている。

海外からの投資を受けるにあたり、法人の設立や株主の問題など、法律的な問題が多くあった。この点において、Born2Global の法律サービスの支援を得て、エンジェル投資家からの資金調達に成功した。

これを受けて、Born2Global は、今年もスタートアップの支援活動に積極的に乗り出すこととなった。

スタートアップのグローバル展開に必要なサービスを年間を通じて、段階的に提供する少数精鋭・集中支援型の新しいプログラムを韓国のスタートアップ・エコシステムにもたらす計画だ。

2月から実施される予定のこのプログラムは、ICT分野から選ばれた100社に対して無料で提供される。スタートアップには、年間を通じてコンサルティングが提供されるのに加え、「GTM (Go-TO-Market) コンサルティング事業」と、6ヵ国での現地事業説明会(IR)を通じて資金調達の機会が得られる「B2G Connect 事業」が支援される。

Born2Global のセンター長を務めるオ・ドクファン(오덕환)氏は、次のようにコメントしている。

今年新たに導入される、少数精鋭のスタートアップ集中コーチングプログラムを通じ、韓国スタートアップの海外進出と起業を最後まで責任を負うことはもちろん、あらゆる分野で活躍を繰​​り広げるスタートアップを発掘、育成していきたい。

メンバーシップ制度を含む Born2Global の2015年支援事業説明会「B2G Road Show」は、今週から2週間、ソウルの Dreamenter(드림엔터)、銀行青年創業財団(은행권청년창업재단)の D.camp(디캠프)、アサンナヌム財団の Maru180 のほか、テジョン(大田)、テーグ(大邱)、チョンボク(전북)、プサン(부산)など全国で開催される。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------