THE BRIDGE

タグ bosyu

キャスター、カジュアル人材募集サービス「bosyu」の事業を分社化——「仕事の定義」を拡大し、今後1年間でユーザ数10倍の成長を目指す

SHARE:

カジュアルな人材募集サービス「bosyu」を提供するキャスターは1日、bosyu を事業分社化し「株式会社 bosyu」を設立すると発表した。bosyu には8名ほどの社員が業務に従事し、キャスター COO の石倉秀明氏が新会社の代表を務める。 bosyu は、人材募集をカジュアルに実施できるサービスだ。タイトルや本文を入力し、発行された URL を Twitter や Facebook に投稿す…

bosyu のチームの皆さん。中段最右が新会社の代表を務める石倉秀明氏。
Image credit: bosyu

カジュアルな人材募集サービス「bosyu」を提供するキャスターは1日、bosyu を事業分社化し「株式会社 bosyu」を設立すると発表した。bosyu には8名ほどの社員が業務に従事し、キャスター COO の石倉秀明氏が新会社の代表を務める。

bosyu は、人材募集をカジュアルに実施できるサービスだ。タイトルや本文を入力し、発行された URL を Twitter や Facebook に投稿することで、簡単に人材募集を始めることができる。デザイン会社 Basecamp が開発し2018年4月にローンチしたが、同年8月にキャスターが事業譲受したのは THE BRIDGE が取り上げた通りだ。

2018年8月現在、アカウント数1万件以上、募集投稿数5,000件以上とされていた規模感も、それぞれ6万件超(発表では登録ユーザ数とされている)、1万4,000件超と、この11ヶ月で数倍に拡大。今回の分社化を機に、これからの1年間でユーザ数を10倍(つまり60万人)に増やすことを目標に掲げた。

プレスリリースでは、bosyu をキャスターの社内プロジェクトではなく分社化する理由について、スピード感のある開発体制を強化するためとしている。確かに、キャスターのコア事業であるオンラインビジネスアシスタントサービスやリモートワーカー派遣事業とは性質が異なり、bosyu は機能拡大のための開発やマーケティング活動なども必要なる。bosyu が事業単独で外部から資金調達し、新たなスタートアップとして成長イグジットを目指す道も拓ける。

bosyu
Image credit: bosyu

bosyu の今後について、石倉氏は THE BRIDGE の取材に対し、次のように語ってくれた。

最近では、人材を募集する側ではなく、求職者から「私こんなことできるんですよ」といった投稿をする「#逆bosyu」のような新しい使い方も出てきている。bosyu として目指したいのは、「仕事の定義」の拡大。「それって仕事なんだ!」と言えるような仕事を、どれだけ創り出せるかだと思っている。(中略)

インフルエンサーじゃない人が使っても人を集めやすかったり、SNS を使ってない人も使えたりするなど、そういうサービスをきちんと作っていきたい。また、(募集側と求職者の間の)契約と支払の安全性をどう担保するのか、というのは重要なテーマ。bosyu を通した方が安全にやり取りができるとか、そういう仕組みを提供できるのではないか、と考えている。

bosyu では今後、テクノロジードリブンでの開発が進むと見られ、そのようなスキルセットを持った人をチームに増やしたいようだ。bosyu のチームもまた、キャスター同様に働く場所を選ばないリモートワーカー集団であるが、今回の分社化で「プロダクトを作っているチーム」という明確な意思表示を会社の内外に打ち出し、bosyu の人材調達にも役立てたいと、石倉氏は期待を込めた。

----------[AD]----------

SNSで簡単に仲間を募集できるサービス 「bosyu」が登録ユーザー5万人を突破、応募は3万6000件に

SHARE:

SNSを使って仲間を簡単に募集できる「bosyu」を運営するキャスターは4月16日、登録ユーザー数が5万人を突破したと発表した。bosyuは、TwitterやFacebookを活用して、人と仕事が出会うきっかけを簡単に作れるサービス。企業のプロジェクト担当者や個人事業主など誰でも簡単に募集を出すことができる。 利用は無料だが、チームで募集した内容や応募管理などができる「チームプラン」は月額5000…

SNSを使って仲間を簡単に募集できる「bosyu」を運営するキャスターは4月16日、登録ユーザー数が5万人を突破したと発表した。bosyuは、TwitterやFacebookを活用して、人と仕事が出会うきっかけを簡単に作れるサービス。企業のプロジェクト担当者や個人事業主など誰でも簡単に募集を出すことができる。

利用は無料だが、チームで募集した内容や応募管理などができる「チームプラン」は月額5000円で利用可能になっている。

2018年にサービスを開始し、登録ユーザーは5万人を突破。エンジニア、デザイナー、マーケターなどを中心に、これまで累計1万2000件の募集が出され、3万6000件の応募が集まっている。また、自らのスキルや得意分野をSNSを使って発信し、仕事を募集する「逆bosyu」で仕事をするきっかけを得ている人も出てきている。

via PR TIMES

----------[AD]----------

リモートワーク人材事業のキャスター、SNSでカジュアルに人材募集ができる「bosyu」を事業譲受

SHARE:

オンラインビジネスアシスタントサービス「CasterBiz(キャスタービズ)」、「RemoteStyle(リモートスタイル)」、「在宅派遣」などリモートワーカー派遣事業を提供するキャスターは7日、デザイン会社 Basecamp が開発・提供する人材募集サービス「bosyu」を事業譲受したことを明らかにした。譲受に関わる金額については不明。キャスターは今後、bosyu の自社サービスとの事業シナジー…

左から:Basecamp 代表の坪田朋氏、キャスター COO の石倉秀明氏
Image credit: Masaru Ikeda

オンラインビジネスアシスタントサービス「CasterBiz(キャスタービズ)」、「RemoteStyle(リモートスタイル)」、「在宅派遣」などリモートワーカー派遣事業を提供するキャスターは7日、デザイン会社 Basecamp が開発・提供する人材募集サービス「bosyu」を事業譲受したことを明らかにした。譲受に関わる金額については不明。キャスターは今後、bosyu の自社サービスとの事業シナジーを模索するとしている。

bosyu は、人材募集をカジュアルに実施できるサービスだ。タイトルや本文を入力し、発行された URL を Twitter や Facebook に投稿することで、簡単に人材募集を始めることができる。2018年4月にサービスをローンチ後、アカウント数1万件以上、募集投稿数5,000件以上。ユーザの中には、ゆうこす(菅本裕子氏)など有名人やインフルエンサーも見受けられる。

bosyu

Basecamp は、DeNA デザイン戦略室、BDG Digital Ventures を経て、育児動画メディア「Babily」を展開する Onedot の CCO を務めながら、自身でもスタートアップ Basecamp を運営する〝事業作り〟デザイナー坪田朋氏によるプロジェクトだ。Basecamp では、Web サービスやモバイルサービスをプロトタイピングし MVP を作ることを得意としているが、bosyu は特に反響が高かったため、「別の人に委ねてグロースした方がいい(坪田氏)」との判断から、今回の事業譲渡に至ったそうだ。キャスターの COO である石倉秀明氏と坪田氏は、共に DeNA に勤務していたことから親交があり、今回のディールのきっかけとなった。

坪田氏によれば、既存のリクルーティングサービスの多くが、会社をブランディング・紹介し、一定の手間をかけて募集を開始する必要があるのに対し、bosyu では個のつながりを重視し、写真さえも用意せずに数分で人材募集をカジュアルに始められるのが特徴だという。実際に坪田氏のプロジェクトでは、bosyu を通じて募集があった人と協業しているケースがいくつかあるのだそうだ。

キャスターは、人材募集のアウトソーシングサービスを提供しており、既存顧客に対して、従来の人材募集 Web サービスではリーチできない層への、募集手段の多様性の確保という点で bosyu に魅力を感じたようだ。石倉氏は bosyu のその手軽さから、「最初、polca に近いかもと思った。ここに小さな経済圏が生まれ、いろんな人が出てくる可能性がある。だからイケるんじゃないかと思った」と、その可能性を評価した。

キャスターでは bosyu の事業譲受を受けて、いくつかのビジネスモデルを検討しており、働き口の多様化に貢献していくとしている。

----------[AD]----------