BRIDGE

タグ Branding Engineer

エンジニア領域のHR Tech「Branding Engineer」が東証マザーズ上場へ、評価額は22億円規模

SHARE:

エンジニア領域の人材サービスを提供するBranding Engineerは6月4日、東京証券取引所への新規上場申請を実施し、承認されたことを発表した。市場区分はマザーズで証券コードは7352。26万株を公募し、13万6200株を売り出す。なお、オーバーアロットメントは4万株。主要幹事はSBI証券が務め、上場予定日は7月7日。 価格の仮条件は6月18日に決定し、ブックビルディング期間は6月22日から…

エンジニア領域の人材サービスを提供するBranding Engineerは6月4日、東京証券取引所への新規上場申請を実施し、承認されたことを発表した。市場区分はマザーズで証券コードは7352。26万株を公募し、13万6200株を売り出す。なお、オーバーアロットメントは4万株。主要幹事はSBI証券が務め、上場予定日は7月7日。

価格の仮条件は6月18日に決定し、ブックビルディング期間は6月22日から26日を通して実施される。最終的な公開価格決定日は6月29日。公募分を含む上場時の発行済み株式総数が513万3400株で、想定価格の440円から算出した企業評価額はおよそ22億円規模。同社公開の有価証券届出書によれば、2019年8月期の通期売上高は28億1900万円で計上利益は1億4300万円、純利益が1億900万円となってる。

2013年10月に設立したBrandingEngineerはエンジニア人材を対象としたHR領域のサービスを開発・提供。2015年1月に主軸となるMidworks事業部を創設し、SES事業を開始。その後、2015年にはITエンジニア特化型ダイレクトリクルーティングサービス「TechStars」、2017年にはプログラミングスクール「tech boost」などの事業を展開している。また2016年10月からはIT人材やビジネスパーソン向けのメディア「Mayonez」「Tap-biz」の運営も開始し、運営企業を支援するサービス「SAKAKU」を開始するなど事業の幅を広げている。

主要な株主は創業者で代表取締役CEOの河端保志氏が37.6%、代表取締役COOの高原克弥氏が37.5%、イーストベンチャーズが4.5%、マイナビが3.4%、Orchestra Investmentが1.8%、クルーズが1.7%、ベクトルが1.5%、セガサミーホールディングスが0.8%、YASが0.6%と続く。

Branding Engineerがプログラミングスクール「TECH BOOST」を提供開始、教育からのキャリア支援プラットフォームを形成

SHARE:

HR領域のサービスを手がけるBranding Engineerは11月15日、プログラミングスクール「TECH BOOST」の提供を開始することを発表した。 これまで同社は、エンジニア特化のダイレクトリクルーティングサービス「TechStars」や独立支援サービス「Midworks」といったHR領域のサービスを企画・運営してきた。今回のプログラミングスクール事業の開始により、教育から独立までの一貫…

Artboard 3

HR領域のサービスを手がけるBranding Engineerは11月15日、プログラミングスクール「TECH BOOST」の提供を開始することを発表した。

これまで同社は、エンジニア特化のダイレクトリクルーティングサービス「TechStars」や独立支援サービス「Midworks」といったHR領域のサービスを企画・運営してきた。今回のプログラミングスクール事業の開始により、教育から独立までの一貫したキャリア支援プラットフォームの形成を目指す。

2017-11-15 12.44.13

TECH BOOSTは3ヵ月間のコースの中で週1回のメンタリングを実施する。オンラインでの質問や学習スペースの使用、受講者の状況によってはオンラインでの受講なども可能だ。基本的なRuby on Railsの習得、希望するアプリケーションの作成、ブロックチェーン・AI・IoTの中から選択した1つの技術の取得ができる。月初から次月の受講生の募集を開始し、25日には締め切りといった流れで毎月開催される。

このタイミングでのプログラミングスクール事業への参入に関して、同社代表取締役COOの高原克弥氏に聞いてみたところ、下記のように答えてくれた。

「Branding Engineerはエンジニア特化型のキャリア支援サービスを展開し、大多数のエンジニアの就職・転職・派遣アサイン・独立を支援してきました。その経験から、どういったエンジニアが活躍するのか、またどういったエンジニアがキャリア構築で失敗するのかといったデータを豊富に保有しています。エンジニア教育領域の現状を鑑みて、このデータやノウハウを生かし貢献することが今一番最適であると考え、このタイミングでの参入を決断しました」(高原氏)。

積み上げ形式での学習でなく、将来の出口を逆算した目標設定から学習を進める同スクール。卒業後は同社の得意とするキャリア支援といったサポートを受けることができる。「入口段階で将来のキャリア構築をどこまで意識できるかが重要」(高原氏)という考えのもと、同社は時代に適応した技術での差別化や独立性を重視した学習プログラムで価値あるエンジニアの輩出を目指す。

 

創業4年で月次売上1億円超、HR領域のBranding Engineerがクラウドワークスへ一部株式を譲渡

SHARE:

HR領域のサービスを手がけるBranding Engineerは8月8日、クラウドワークスへ発行済株式の一部を譲渡したことを発表した。今回の株式譲渡によりクラウドワークスの支援のもと、株式公開(IPO)に向けたコーポレートの体制の強化をすすめる。既存株主からの譲渡で詳細は非公開。 (8日15時追記:同社代表取締役COOの高原克弥氏に確認したところ、クラウドワークスへ譲渡した株式は3250株で発行済…

BE.png
写真左よりBranding Engineer代表取締役COOの高原克弥氏、代表取締役CEOの河端保志氏、クラウドワークス代表取締役の吉田浩一郎氏、取締役の佐々木翔平氏

HR領域のサービスを手がけるBranding Engineerは8月8日、クラウドワークスへ発行済株式の一部を譲渡したことを発表した。今回の株式譲渡によりクラウドワークスの支援のもと、株式公開(IPO)に向けたコーポレートの体制の強化をすすめる。既存株主からの譲渡で詳細は非公開。

(8日15時追記:同社代表取締役COOの高原克弥氏に確認したところ、クラウドワークスへ譲渡した株式は3250株で発行済株式の2.7%を譲渡したとのこと)

Branding Engineerはエンジニア向けの転職マッチングサービス「Tech Stars」やフリーランスエンジニア向けの独立支援サービス「Midworks」などHR領域のサービスを開発・提供している。同社としての月間売上は1億円を超えており、同社代表取締役の河端保志氏によれば「特に1月にリリースしたMidworks事業は案件数3000件、実稼働数200人と順調に伸びており、エンジニアの満足度も高い」ということだ。

同社は1サービスに注力するのではなく複数事業を同時に開発、リリースを続けている。今後の事業展開について代表の河端氏はこのように考えていると話す。

「立ち上げたサービスは全部伸ばします。弊社はそれぞれの事業部責任者がひとつの会社の代表として事業に対してコミットを必ず達成する文化なので、実際自分が手を離せている事業もたくさんあります。

会社の展開としては、今後渋谷の事業立ち上げ集団として新規事業を立ち上げ続け、人材という分野から働く人々のライフスタイルを変えていきたいと考えています」(河端氏)。

出資はIPO支援と事業シナジーが目的

SMR_0022.JPG
左からBrandingEngineer代表取締役CEOの河端保志氏、クラウドワークス代表取締役の吉田浩一郎氏

今後クラウドワークス取締役の佐々木翔平氏が同社のアドバイザーとして参加し、上場に向けたコーポレート体制づくりを同社代表取締役COO高原克弥氏を基軸に実施していく。佐々木氏はクラウドワークスの取締役として上場を支えたメンバーで、ベンチャーインキュベーションを担当していく予定の人物だ。

同社への出資についてクラウドワークス代表の吉田氏は下記のように回答してくれた。

「クラウドワークスはエンジニアやデザイナーなどのプロフェッショナル層を中心に扱っていた時期もあり、今後の事業シナジーも考えて出資したのが今回の経緯です。上場に必要な実務体制などを弊社の知見を活かして支援していきたいと考えています。

弊社は上場の際にサービス1本でやってきましたが、新規事業をどんどん立ち上げ、エッジをきかせてやっていこうという気概には刺激をもらっています」(吉田氏)。

将来的にはBranding Engineerとクラウドワークスが保有する、現状活用しきれていないデータの相互活用や相互送客に関しても視野にいれている。

今後も12月に新規事業の立ち上げを予定しており、リサーチを開始している。同社は2020年までのIPOを目指す。

 

HR領域のサービスを手がけるBranding Engineer、East Venturesなどから総額1億円を資金調達

SHARE:

希望条件以上の「会いたい」オファーが届くエンジニアのための職場選びサービス「Tech Stars」や、就活生が就活サイトに一括登録できる「イッカツ」など、HR領域のサービスを手がけるBranding Engineer。既存のHRにおける常識を変え、人材にとってかゆいところに手が届くサービスが特徴です。 2013年10月に共同創業された同社は、この度、第三者割当て増資による総額1億円の資金調達を行っ…

リニューアルした「Branding Engineer」のWebサイト
リニューアルした「Branding Engineer」のWebサイト

希望条件以上の「会いたい」オファーが届くエンジニアのための職場選びサービス「Tech Stars」や、就活生が就活サイトに一括登録できる「イッカツ」など、HR領域のサービスを手がけるBranding Engineer。既存のHRにおける常識を変え、人材にとってかゆいところに手が届くサービスが特徴です。

2013年10月に共同創業された同社は、この度、第三者割当て増資による総額1億円の資金調達を行ったことを発表しました。引受先は、East Ventures、ベクトル、JSH Holdings LLC、Skyland Ventures、バリュークリエイトの5社です。各社とは、資金面だけでなく、マーケティングや経営体制の強化、組織構築など多方面で協力していきます。

Tech Starsとイッカツはそれぞれリニューアルを控えており、また2016年10月には、福利厚生や保障プランつきの独立支援サービス 「MIDWORKS」をリリースする予定も。今回調達した資金は、サービス強化はもちろんのこと、ユーザー獲得の加速化、エンジニアやビジネスサイドの人員増加、さらには9月に予定するオフィス移転などに使われます。

Branding Engineer 全社での第一四半期の売り上げは、1億円を突破。各サービスも順調に伸びており、2015年10月にサービスを開始したTechStarsの利用企業数が150社を突破しました。つい先日サービスを開始したばかりのイッカツも、2ヶ月で新卒ユーザ2,000名を獲得しているとのことです。

プロフィール登録は一度だけーー最適な就活サイトに一括登録できる「イッカツ」が就職活動を効率化

SHARE:

編集部注:イッカツは、6月1日の夜の正式を予定しています。 市場には就活サービスが100以上存在するのだとか(イッカツの調べ)。この中から、学生はそれぞれ平均5〜10個の就活サービスを活用していると言います。また、学生が受信するメールの数は、1日50通以上に及ぶこともわかっています。 そんな学生に向けて、「世界に羽ばたくプロダクトと人材を」をコンセプトとするBranding Engineerが新た…

1katsu-website

編集部注:イッカツは、6月1日の夜の正式を予定しています。

市場には就活サービスが100以上存在するのだとか(イッカツの調べ)。この中から、学生はそれぞれ平均5〜10個の就活サービスを活用していると言います。また、学生が受信するメールの数は、1日50通以上に及ぶこともわかっています。

そんな学生に向けて、「世界に羽ばたくプロダクトと人材を」をコンセプトとするBranding Engineerが新たなサービスを開始しました。就活サイトを一括登録・管理できる「イッカツ」です。学生は、一度プロフィールを登録すると、50サイト以上ある就活サイトの中から最適なものに一括登録・管理することが可能。登録や管理にかかる手間を自動化することで、学生の就活を効率化します。

例えば、理系・文系・経歴・志望業界・インターン経験などから、それぞれの特定に合う就活サイトがレコメンドされる仕組み。また、就活の際に必要となるメールアドレスもイッカツが付与してくれるため、就活サイトから来る膨大な量のメールを専用アドレスで一元管理できます。

就活における課題の一つである「情報格差」。2大巨頭状態となってしまっている就活サイト事情に対して、従来の就活では巡り会えない就活サイトとの出会いを提供するとのこと。最適な就活サイトとの出会いは、学生と企業との接点を生むことにもつながるはずです。

 

希望条件以上の「会いたい」オファーだけが届くエンジニアのための職場選びサービス「Tech Stars」

SHARE:

職場選びのサービスは、従来のリスティング型のものからストーリーテリングを重視したもの、ライフイベントが多い女性に特化した「LiB」のようなサービスまで様々な形に増えています。そんな中、「エンジニアがハッピーになる世界をつくる」という大きなミッションのもとβオープンしたのが、「Tech Stars」です。エンジニアに特化したダイレクトマッチングサービスを提供します。 希望条件以上の「会いたい」オファ…

TechStars

職場選びのサービスは、従来のリスティング型のものからストーリーテリングを重視したもの、ライフイベントが多い女性に特化した「LiB」のようなサービスまで様々な形に増えています。そんな中、「エンジニアがハッピーになる世界をつくる」という大きなミッションのもとβオープンしたのが、「Tech Stars」です。エンジニアに特化したダイレクトマッチングサービスを提供します。

希望条件以上の「会いたい」オファーが届く

TechStarsの3つのポイント
TechStarsの3つのポイント

企業とエンジニアをダイレクトにマッチングすることが特徴のTech Stars。エンジニアは、自分の経歴やスキル、年収などの希望条件などを記入。それを見た希望条件以上の企業から、「会いたい」オファーが届きます。企業とのマッチングが成立した後は、早ければ計3回ほどのやり取りで面談が実現すると言います。

10月末の提供を予定する企業側からオファーを送る機能。Tech Starsが従来の掲載型やエージェントが間に入る転職サービスと大きく異なるのは、まさにこの部分。きちんと吟味した上で会いたいオファーが送られるように、企業にはオファーを送る条件に「エンジニアのプロフィールの閲覧」を必須条件にしています。

さらに、企業にはオファーを送る上限数が定められ、年収条件などの条件不一致の場合、そもそもシステム側でオファーができないように。こうすることで、エンジニアには本気のオファーしか届かない仕組みを実現しています。もちろん、エンジニア自ら気になった企業に対してアピールすることも可能です。

あくまでエンジニアに特化

広く転職を扱うのではなく、エンジニアという職種に特化することで、Tech Starsは個人と企業のより精度の高いマッチングを実現しています。例えば、マーケティングやオペレーションといったポジションの場合、個々人のスキルを目に見える形で明確にすることが難しい側面が。その点、Tech Starsはエンジニアに特化しているため、スキルを明確化しやすい。

具体的には、転職者のレジュメに技術や言語、経験年数だけでなく、手掛けた業務の内容なども記載できるように。手掛けたのは業務系のシステムなのか、Web系のシステムなのか。Web系でもサーバーサイドなのかフロントなのか。エンジニアが転職する際に大前提となる技術やスキルのマッチングにブレがないよう工夫しています。

また、エージェントなどを介すことなくエンジニアと企業がまさに直接繫がるため、マッチングから面談までの所要期間が短縮されるという特徴も。全体のプロセスを効率的に進めるための機能も用意しています。例えば、エンジニアは日程調整のボタンを押すだけで、企業に対して送る文章が自動で生成され、日程候補もボタンで選ぶだけ。企業もまたボタン一つで返信でき、煩わしいメールのやり取りなどを取り除いています。

エンジニアが気持ちよく転職できること

TechStars-team
左から、CTOの濵田卓さん、CEOの河端保志さん、COOの髙原克弥さん

Tech Starsでは、今年の5月頃から事前登録を開始しました。10月1日のβ版正式リリース以前は、事前登録者に対してアナログでのマッチングを行うことでサービス改善に繋げてきたと言います。運営会社は、2年前に学生起業し、受託開発や教育関連の事業を手掛けて来たBranding Engineerです。Tech Starsを開発するに至った背景について、Branding Engineer COOでご自身もエンジニアの高原克弥さんはこう話します。

「エンジニアが転職するツールは意外と少ないんです。正確には、気持ちよく転職できるツールが少ない。エージェントが関与するようなサービスでは尋常じゃない数のオファーが来たり、掲載媒体には派遣業者が多かったり。Tech Starsでは、エンジニアが気持ちよく転職できることを最優先しています」

受託開発の事業を行う中で定期開催してきた勉強会などを活かして、まずはエンジニアへの認知拡大と登録者数の増加に注力していくとのこと。転職を考えるエンジニアが必ず訪れるような場になり、次の舞台となる企業と必ず出会えるサービスを目指していきます。

「これからは多様な人材が多様な会社を選ぶことができる情報化時代。需要の高まりが激しい業種ほど、スムーズに利用できる専用のキャリアチェンジサービスが必要です。私たちはエンジニアのキャリアにおいてトップランできる企業を目指し、幸せなキャリア形成が可能な世界を追い続けます」