THE BRIDGE

タグ BULK HOMME

評価額は15億円、男性化粧品「BULK HOMME」運営が3億円調達ーー家入氏ら個人投資家が出資

SHARE:

オンライン定期購入型の男性化粧品ブランド「BULK HOMME」を展開するバルクオムは11月1日、第三者割当増資の実施を発表した。引受先となったのは9名の個人投資家で、佐藤裕介氏、柳澤安慶氏、山崎智士氏、家入一真氏、中川綾太郎氏ら。それぞれインターネット系企業を中心とした創業者や代表取締役を務める人物たちで、これに金融機関からの借入を含めた調達資金額は3億円となる。 またこれに合わせて同社代表取締…

IMG_0111
バルクオム代表取締役の野口卓也氏
オンライン定期購入型の男性化粧品ブランド「BULK HOMME」を展開するバルクオムは11月1日、第三者割当増資の実施を発表した。引受先となったのは9名の個人投資家で、佐藤裕介氏、柳澤安慶氏、山崎智士氏、家入一真氏、中川綾太郎氏ら。それぞれインターネット系企業を中心とした創業者や代表取締役を務める人物たちで、これに金融機関からの借入を含めた調達資金額は3億円となる。

またこれに合わせて同社代表取締役の野口卓也氏は、創業期から同事業を運営していたTSUMO・JPから同事業の譲渡を受け、新たにバルクオムという独立企業を2017年5月に設立したことも本誌に教えてくれた。

BULK HOMME事業は2012年、野口氏の父が代表取締役を務めるTSUMO・JPの一事業部としてスタート。翌年の2013年に男性向け化粧品「BULK HOMME」を販売開始し、公式のオンラインストアのほか全国500店舗以上の小売店・ヘアサロンにて提供されている。累計の販売数は100万個を突破しており、2017年からは台湾でも事業展開を開始。今回の資金調達で海外を含めたマーケティングの強化、製品開発を推進するとしている。

IMG_0108
BULK HOMME

野口氏は現在28歳。19歳の時に慶應大学を中退してネット系のスタートアップにチャレンジするも失敗。挫折してフラフラとしていた野口氏に父から声がかかったのが2012年で、当初はその会社が手がける資産管理の事業を手伝うよう言われていたそうだ。ただ、どうしても自分らしい事業がやりたい、そう考えた結果、男性向け化粧品のアイデアを手がけることになったという。

しかし今回の独立まではなかなか厳しい道のりだったようだ。彼はこう振り返る。

「初年度の売り上げは500万円程度で(TSUMO・JPの)社長に伝えた予算は5000万円だったのでその十分の一にしかなりませんでした。思いつくことは何でもやりましたね。試供品をタダで配ったり、リリースパーティーやったり。初月は応援の意味もあるのでいい数字が出るんです。でも次の月に半分、またその次も、という感じでどんどん下がっていきました」(野口氏)。

転機は2015年にやってくる。野口氏は市場調査の中で定期購入型のECモデルがLTVもよく、CPAについてもウェブマーケティングのテクニック次第で下げることができる、ということからビジネスモデルを変更。

ここから数字が一気に伸びることになり、結果的に「2017年の上半期に営業黒字が達成できれば独立」という条件をクリアしての新会社設立となった。現在の売上については非公開ということだったが、今回、資金調達にあたり算出した企業評価額はプレ価格(投資実行前)で15億円を提示していると明かしてくれている。

野口氏によると、男性向け化粧品市場はグローバルでのトップシェア企業が当該事業のみで500億円程度の売上と見積もっているそうだ。国内についてもトップシェア企業が40億円程度の規模とみており、まずはバルクオムとしてこの数字を追いかけ、早期の株式公開を狙う。

----------[AD]----------

【追記あり】国内クラウドファンディングで3,000万円の資金調達に成功ーーMakuakeのプロジェクト「BULK HOMME」

SHARE:

以前、本誌でもお伝えしていたプロジェクトが大台を達成したようだ。サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営するMakuakeは4月21日、「BULK HOMME」プロジェクトで国内最高額となる3,000万の資金調達に成功した。締切となる4月21日午後6時の3分前に達成したとみられる。(18時47分補足:最終的に集めた金額は31,326,500円となった模様) 成功したのはTSUMO・JP(…

世界一のメンズフェイシャルエステを造り、「日本の男はカッコいい!」未来を創る_プロジェクト詳細_ クラウドファンディング - Makuake(マクアケ) 3

以前、本誌でもお伝えしていたプロジェクトが大台を達成したようだ。サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営するMakuakeは4月21日、「BULK HOMME」プロジェクトで国内最高額となる3,000万の資金調達に成功した。締切となる4月21日午後6時の3分前に達成したとみられる。(18時47分補足:最終的に集めた金額は31,326,500円となった模様)

成功したのはTSUMO・JP(社名/株式会社)が2013年4月に開始した男性用化粧品販売事業によるメンズエステサロンの立上げプロジェクト。

サイバーエージェント・クラウドファンディングによると、これまでの購入型クラウドファンディングでの国内最高額は映画関連のプロジェクトで1680万円としていた。

追記:BULK HOMME事業部の責任者である野口卓也氏からコメントをもらった。彼はIT関連事業での起業経験もある25歳の青年だ。

筆者:野口さんおめでとう。最後の5分はちょっと痺れましたね。

野口:私はもともとIT業界出身の起業家です。借入や出資といった従来の資金調達ではなくクラウドファンディングという手法を選択したのは、大きな事例を作ることができれば、きっと多くの若い起業家に夢と勇気を与えると信じたからです。プロジェクト掲載期間の2カ月はフルコミットして全力でこのプロジェクトを告知、営業してきました。ギリギリになってしまいましたが、達成することができて本当に感無量です。

筆者:大型の資金集めだったので成功する確率って著しく低かったと思うのですが。

野口:はい。プロジェクトを公開する前から、2つの点がクラウドファンディングに向いていないと言われていました。店舗を中心にしたローカル・ビジネスである点と、ミドルアッパー層向けのビジネスである点です。

筆者:成功にもっていけた要因ってどこにあったと思いますか?

野口:課題を解決するため、比較的高額なリターンを設定しました。でもこのリターンがあることで、私が直接企業の経営者のみなさんに営業ができました。

筆者:本来は少額を沢山の方から集めるのが本質ですが、達成のために結構泥臭く営業して回ったりもした、ということですね。

野口:はい。そうです。それも成功要因のひとつだと思います。

筆者:ありがとうございました。まだ資金調達の段階ですので、ぜひプロジェクトをさらに成功させてみなさんの期待に応えてください。

さらに追記:今回プラットフォームとして支援したサイバーエージェント・クラウドファンディング代表取締役の中山亮太郎氏からもコメントを貰った。そのまま掲載させて頂く。

今回のBULK HOMMEさんのチャレンジは我々にとっても相当なチャレンジでした。野口さんの起業家としての情熱を信じて、クラウドファンディングの規模感を一段階上に上げて欲しいと願い、ご一緒させていただきました。とはいうもののプラットフォームとしては、野口さんを応援できることも限られていたので、より応援してもらいやすくするためのシステム的な改修や、細かいサポートを全力で対応させていただきました。

本当に野口さんを中心にBULK HOMMEチームがネット上でもリアルでもかけずり回った結晶が最後の最後で実って良かったと思います。応援していただいた皆様には我々からも感謝の気持ちで一杯です。

こういった大きな金額達成が可能になることで、もっともっと沢山の新しいチャレンジが日本から生まれやすくなると思っています。そういった意味でも、今回のBULK HOMMEチームの頑張りは、本当に良くやりきっていただいたなと思います。

----------[AD]----------