THE BRIDGE

タグ Burpple

シンガポールとクアラ・ルンプールで展開するソーシャルグルメアプリ「Burpple」、600万ドルを資金調達へ

SHARE:

シンガポール拠点のソーシャルフードレビューアプリ Burpple は、Tembusu Partners や SPH Media Fund、Triumph Capital からシリーズAラウンドで600万米ドルもの資金提供を受ける見込みであると、本日(原文掲載日:12月1日)発表した。 Tembusu は急成長中の企業に投資を行う民間投資会社であり、SPH Media Fund は Singapor…

burpple_featuredimage

シンガポール拠点のソーシャルフードレビューアプリ Burpple は、Tembusu Partners や SPH Media Fund、Triumph Capital からシリーズAラウンドで600万米ドルもの資金提供を受ける見込みであると、本日(原文掲載日:12月1日)発表した。

Tembusu は急成長中の企業に投資を行う民間投資会社であり、SPH Media Fund は Singapore Press Holdings のVC部門である。Trumph Capital は豪中間及びその他アジア市場間の国際投資を促進している。

2012年に設立された Burpple は、外食選びの手助けをしてくれるモバイルアプリ・ウェブサイトである。Burpple は多くのレストランを単にリストアップするだけではなく、ユーザを適切なレストランにガイドすること、つまり「味覚のマッチングメーカー」サービスを提供している。厳選された社内ユーザが最も適切なレストランを選んでくれるのだ。現在はシンガポールとクアラルンプールで利用できる。

ユーザ自身が他のユーザへレストランをおすすめする役目を担っているので、当社はお客様とレストランを結びつける大変いい立場にいます。これは、一番美味しい料理を提供しますのでぜひ一度食べに来てください、とレストラン側から宣伝することとは全く違います。(共同設立者のDixon Chan氏)

Chan 氏は Daniel hum 氏と Elisha Ong 氏(現在は退社している)と共にこのサービスを立ち上げた。

Chan氏は、調達した資金をレストラン事業主向けのパフォーマンスの追跡やページの管理、ユーザと交流できるようデザインされた機能など Burpple 機能の改善に主に使うつもりだと言う。無料特典ダイニングサービスを始めたり、地域内でのサービス開始に向けて技術者や商品開発スタッフを雇用する計画もある。

Burppleのユーザ数はアプリとウェブサイトで400万人おり、昨年よりも倍増したという。しかしそのうちの何人がアクティブユーザなのか明言は避けた。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

グルメ向けモバイルアプリBurppleが、外食産業向けのウェブサイトビルダー「Pages」を公開

SHARE:

最近では、使いやすいウェブサイトビルダーが山ほどある。一般的な用途にはWixがあるし、eコマース企業向けにはShopifyがある。だが、外食産業向けはどうだろう? Burppleが提供しているのがまさにそれだ。Burppleはグルメ好きの人のために開発されたモバイルソーシャルネットワークで、同サービスの熱狂的なファンは増え続けている。 だが、収益モデルのない純粋な消費者向けプロダクトは、買収が一般…

burpple-pages

最近では、使いやすいウェブサイトビルダーが山ほどある。一般的な用途にはWixがあるし、eコマース企業向けにはShopifyがある。だが、外食産業向けはどうだろう?

Burppleが提供しているのがまさにそれだ。Burppleはグルメ好きの人のために開発されたモバイルソーシャルネットワークで、同サービスの熱狂的なファンは増え続けている。

だが、収益モデルのない純粋な消費者向けプロダクトは、買収が一般的ではない業界では上手くいかないということを認識し、同社は企業生命の早い段階でマネタイズを行うことに決めた。

先日公開されたBurppleの新しいプロダクトPagesは、レストラン、バー、その他の外食産業向けに開発されたウェブページビルダーだ。同プロダクトは正式にはまだローンチされていないが、BurppleのCEO、Elisha Ong氏がFacebookのランディングページをシェアして、どんなものなのかを少し教えてくれた。

同サービスはモバイルフレンドリーなHTMLやCSSよりも多くのものを提供してくれる。インタラクティブなメニューが表示できたり、Burppleのモバイルソーシャルネットワークを活用して「お勧め」や「利用客の声」を通じてお店のプロモーションもできる。また、テイクアウトやデリバリーのためのオンライン注文機能も取り入れている(これは、おそらくChopeとの提携が関係していると思われる)。

このサービスには段階的な価格設定があり、ベーシックプランは月額30米ドルで、すべての機能が利用できるプランは月額120米ドルだ。VIPオプションもあり、これはレストラン業界の大物をターゲットにした機能だ。

Ong氏が以前に、Burppleは将来的にFoodspottingとは幾分異なるサービスになるだろうと言った時、同社が今回のサービス展開に向かって動いていることをほのめかしていた。FoodspottingはOpenTableに1000万米ドルで買収された。シリコンバレーの買収規模にしてはかなり小さいものだ。

評価額がこんなに低ければ、Burppleが異なるアプローチをとって売却というオプションからは距離を置き、断片的なアジア市場にもっと相応しい何かを構築しようと思っても不思議ではない。言い換えれば、また別のおもちゃのようなテックプロダクトを作るのではなく、本当に持続可能なビジネスを構築するということだ。

そして、そういうことに取り組むのも決して悪いアプローチではない。

【via SGE.io】 @SGEio

【原文】

----------[AD]----------

シンガポールの食べ物写真アプリ「Burpple」の月間アクティビティがローンチから約8倍に

SHARE:

【原文】 シンガポールに拠点をおくスタートアップBurppleがまたもやニュースとなっている。今回はAndroid向けアプリをローンチしたためだ。同アプリは1日も経たないうちに25件の評価を集め、平均評価4つ星を獲得するというスタートを切っている。 Burpple(シンガポールのテック業界でも、メディアのお気に入りとなっている)はローンチ以来、大きく報道されている。 だが、Android向けアプリ…

【原文】

burpple-android

シンガポールに拠点をおくスタートアップBurppleがまたもやニュースとなっている。今回はAndroid向けアプリをローンチしたためだ。同アプリは1日も経たないうちに25件の評価を集め、平均評価4つ星を獲得するというスタートを切っている。

Burpple(シンガポールのテック業界でも、メディアのお気に入りとなっている)はローンチ以来、大きく報道されている。

だが、Android向けアプリのローンチは消費者からの立場から見れば興味深いものだったが、それだけが同サービスの大きな進展ではなかった。これまでに報道されたなかで、全体像を掴むのに最も良い記事はインドネシアのDailySocialサイトのAulia Masna氏によって書かれたものだ。その記事のなかで、同筆者はBurppleユーザが2か月のうちに倍増しているという事実を強調している。

同スタートアップはメディア発表で、同アプリの「フードモーメント(日記投稿)」は30万件を達成し、世界140か国で利用されていると述べた。これらの数字は2012年11月の実績から増えていて、当時は、フードモーメントが15万件で、世界の115か国で利用されていた。

だが、累積フードモーメントの数字では、同スタートアップのトラクションを正確に把握することはできない。役立たずのアプリでも、TechCrunchで紹介された後に急激に利用が増えた後、あまり注目を浴びなくなってもロイヤルユーザがいることで同じような累積実績を持つこともあるからだ。

だから、Burppleの成長軌道をより正確に把握するためには、利用できる情報に基づいて同アプリの月間利用度を計算する必要がある。幸いにも、正当な概算をするための十分なデータがあったので、同アプリの公式ローンチ後の最初の1か月でログインされたフードモーメント数1万件(データ提供はBurpple)を始点としてグラフを作成した。結果は以下の通りだ。

グラフをもとに、1月の累計フードモーメントはおよそ78,000件(数千の増減を含む)だったと言ってもいいだろう。つまり、2012年6月以来の月間利用度数は約8倍になっているということだ。

burpple-growth

同サービスに成長する余地があるのは明らかだ。アジアでは、SnapDishが写真投稿総数190万でBurppleをリードをしているようだが、Burppleは必ず追いつくことができるだろう。同社には50万米ドル以上のシード資金があり、Android向けアプリのローンチによって同スタートアップが切望しているユーザアクティビティの増大が図れると思う。

Burppleはニッチなソーシャルネットワークなので、FacebookやTwitterのような多目的サイトと比べれば、成長の上限が低いのは確実だ。同様のアプリFoodspottingは1000万米ドルでOpenTableに売却されたが、シリコンバレーの基準からすると控えめな額だ。Foodspottingにはフードフォト約300万というデータベースがあるが、それと比較するとBurppleとSnapDishの現在のサービス規模がどれほどのものかが分かる。

Burppleがマネタイズを検討し始めれば状況は面白くなるだろう。現在のレベルで、広告収入のみに頼っているだけでは収益を上げるには十分ではないだろう。同社はそれ以上に革新的な手段を講じる必要がある。

Burppleがマネタイズもしくは売却に成功するかどうかが最も興味深い話題となるだろう。

【via SGE.io】 @SGEio

----------[AD]----------

フードジャーナルアプリBurpple、3,300以上の都市でサービスを展開、さらにBurpple Exploreをローンチ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 シンガポールのソーシャルフードジャーナルアプリ「Burrple」が新たなプロダクト「Burpple Explore」をローンチし、ユーザー統計のいくつかを公開した。 統計 公式ローンチして6ヶ月、Burppleがついにユーザー統計の一部を公開した。最新のニュースレターによると、Burppleは世界115ヶ国3,300以上の都市でサービスを展開している。同サービ…

【翻訳 by Conyac】【原文】

シンガポールのソーシャルフードジャーナルアプリ「Burrple」が新たなプロダクト「Burpple Explore」をローンチし、ユーザー統計のいくつかを公開した。

統計

公式ローンチして6ヶ月、Burppleがついにユーザー統計の一部を公開した。最新のニュースレターによると、Burppleは世界115ヶ国3,300以上の都市でサービスを展開している。同サービスのトップ10にランクインした国は、シンガポール、マレーシア、タイ、オーストラリア、アメリカ…、日本、中国、カナダだ。

これまでにBurppleには15万枚を超える写真がアップロードされている(同社はこの数値を「フードモーメント」と呼んでいる)。

数字を比較してみると、Burppleよりも数ヶ月前にローンチした日本のモバイルアプリSnapDishは今週、同アプリでこれまでにアップロードされた写真が150万枚以上になったと発表している。ちなみに、この発表はDigital Garageの出資発表とともに行われた。

新たな機能

ここ数ヶ月、Burppleチームは次の新たなプロダクト機能に取り組んできた。各リリースごとに、同チームはあるテーマに取り組んでいる。今回は模索するという体験を中心とした。新しい機能「Burpple Explore」は、友人、家族、地元の専門家の体験を通じて新しい食べ物を模索するための新たな方法だ。

ユーザは近所もしくは旅先の街で何がおいしいかをすぐに見つけることができるようになった。何を注文しようかと迷っているなら、Burppleはその時にユーザがいるレストランを特定でき、そしてユーザは他のユーザがこれまでに何を食べたかを即座に見ることができる。

Burppleは全く新しい「Place Profile」も発表し、特定のレストランのフードモーメントがグリッドもしくはフィードビューに表示されるようになった。

躍進、そして新機能を絶えず導入

Burppleが本当に面白いのは、チームが常に新しい機能を導入していることだ。ローンチしたのは5月で、同チームは公表統計そしてどんな数字を上げているのかに関しては硬く口を閉ざしてきた。7月に、同アプリの中国語版をローンチし中国市場に参入。そして8月にBurpple Instagram Connectを導入し、日本語版をローンチした。

次の展開は何だろう?じきに資金調達の発表でもあるのだろうか?CyberAgent VenturesがベトナムのFoody.vnに出資したと先日の記事で私たちが触れたように、ここ数ヶ月、同地域ではフード関連業界で活発な動きがある。

Burppleが投資を受けたという噂もあるが、それを裏付けるものは何もない。いつも通りチームは業績については口を閉ざしているが、その代わりに素晴らしいプロダクトの構築に注力している。

        

【via e27】 @E27sg

----------[AD]----------

料理日記アプリ「Burpple」がInstagramと連携、さらに日本語にも対応

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 料理日記アプリのBurppleがv1.1.5のアップデートで新機能を追加する。投稿でInstagramと相互連携し、また日本語に対応する(下図参照)。Burppleを開発したシンガポールのスタートアップは、日本語対応は日本でのユーザの急速な成長を見て理にかなっていると説明した。そしてInstagramもわかりきっていることだろう。 BurppleのElish…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

料理日記アプリのBurppleがv1.1.5のアップデートで新機能を追加する。投稿でInstagramと相互連携し、また日本語に対応する(下図参照)。Burppleを開発したシンガポールのスタートアップは、日本語対応は日本でのユーザの急速な成長を見て理にかなっていると説明した。そしてInstagramもわかりきっていることだろう。

BurppleのElisha Ong氏は、日本の素晴らしい食文化はフード系アプリの目的地だと語る。Burppleを使い、作った手料理の写真やレシピを主婦の間で共有するグループもいたりする。そんなユーザたちをサポートする為、チームに日本人メンバーを迎え入れた。

Instagramについて、Elisha氏はより詳しく説明した。

「実際の所、何百万人という人たちがInstagramに料理の写真を投稿しています。彼らの多くはBurppleアプリにも同じ写真を投稿しています。このプロセスをスムーズにできるように統合したかったのが一つ。今では写真に#burrpleや料理関連のハッシュタグを付けることで簡単にInstagramとBurppleで写真を同期することができます。そして、食通のユーザに対して付加価値を付けていく。写真を探す、加工、キュレート、彼らの周りにある料理を発見することに使用できるようにしました」。

今回のアップデートではBurppleに新しいUIの要素が加わった。ユーザープロフィールが「フラッシュカード」スタイルで表示されたり、プロフィールをアプリ内で編集することもできる。

今年始めBurppleが、アプリを中国対応にすることとマイクロブログサービスのSina Weiboに投稿できる機能を付けて中国に適応させたことを思い出す読者もいるかもしれない。Elisha氏はWeiboに対する最初のサポートが、「中国のいくつかのSNSの興味を得ることにつながった」と明かし、見込みパートナーの存在を模索しているという。中国のFacebookといわれるRenrenとの提携は主要選択肢のひとつだろう。

Burppleアプリのアップデートは、まだiOS対応のみだが既にiTunes App Storeで入手できる。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

中国市場を狙うスタートアップの全速力の動きに称賛を

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国は、大きな成長を遂げる可能性を持つモバイル市場の1つだ。東南アジアのスタートアップが中国市場を狙っているという話をよく聞くが、それを実現しているのはほんのわずかである。Burppleチームが独自のソーシャルフードジャーナルを中国市場にローカライズしたいらしいと私は聞いたことがある。そしてなんとその1ヵ月後、彼らは見た目がなかなかクールな中国語のiOSアプ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国は、大きな成長を遂げる可能性を持つモバイル市場の1つだ。東南アジアのスタートアップが中国市場を狙っているという話をよく聞くが、それを実現しているのはほんのわずかである。Burppleチームが独自のソーシャルフードジャーナルを中国市場にローカライズしたいらしいと私は聞いたことがある。そしてなんとその1ヵ月後、彼らは見た目がなかなかクールな中国語のiOSアプリをリリースしたのだ。

このニュースを初めて聞いたとき、良い意味で衝撃を受けた。多くのスタートアップは全速力で前進していく度胸を持たず、ましてや中国がターゲットなら尚更だ。この知らせはチームの動きの速さ、勇敢さを示しており称賛に値する。

なぜBurppleが中国を視野にいれているかをさらに掘り下げていたとき、共同設立者の1人であるElisha Ong氏は次のように説明してくれた。

「中国の食文化は奥深くその歴史も長い。Burppleで中国は最も人気のある国、ユーザがより使いやすくなるようアプリをローカライズすることは自然な流れでした。中国で人気のSNSの一つSina Weiboともタイアップしています。中国の人々が、食事でのひとときを簡単に記録したりまとめたり、開拓していけるプラットフォームを作りたいと思っています」。

チームは、中国におけるアプリのあり方について理解するため、Weibo、WeChat、QQなど中国の人気アプリをいくつか試してみた。また、FacebookとInstagramの英語版が持つ遊び心や意図をキープしつつ、機能の数々をいかに自然な形で中国語に変換しているかも細かく調査した。Elishaはさらに付け加えた。

「ウェルカムスクリーンに始まり、ユーザが自らの「ボックス(箱薄)」内にお気に入りの「食事(食刻)」を「burppling(打嗝)」するというアクションにいたるまで、クリエイティブな独自用語を作り出しました。その他の用語には、「reburp(转嗝)」などがあり、アプリの名称であるBurpple(饱贝食记)は貴重で贅沢感に溢れるフードジャーナルを意味しています」。

Burppleは現在iOSでのみ使用可能だが、Android版は「乞うご期待」ということだ。すでに開発中なのだろう。中国のスマートフォンユーザのほとんどはAndroidを利用しているため、モバイルスタートアップにはAndroid版が必要不可欠なのだ。

Burrpleのチームへ:ここまで良く頑張っていると思う。全力で前進していることに称賛!

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

フードジャーナルアプリ「Burpple」がローカライズしてSina Weiboと統合、中国へ進出

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 シンガポールでおそらく一番人気のスタートアップ「Burpple」は、簡体字に対応したソーシャルフードジャーナルアプリの最新版を先日リリースした。Sina Weiboと提携したことで、中国で人気のSNSであるSina Weiboとのシームレスな共有も可能となった。この動きは公式に中国へ参入する代わりとなる展開だ。 中国を狙うシンガポールのスタートアップについて…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

シンガポールでおそらく一番人気のスタートアップ「Burpple」は、簡体字に対応したソーシャルフードジャーナルアプリの最新版を先日リリースした。Sina Weiboと提携したことで、中国で人気のSNSであるSina Weiboとのシームレスな共有も可能となった。この動きは公式に中国へ参入する代わりとなる展開だ。

中国を狙うシンガポールのスタートアップについて耳にすることはあまりない。というのも、彼らは独自の事業アイディアが中国のローカルチームによってすぐに真似されてしまうことを恐れているからだ。私は、Burppleの共同設立者の1人であるElisha Ong氏から、彼女が率いるチームの中国での計画について聞くことができた。

「人々が、私たちから刺激を受けてくれることを嬉しく思っています。Burppleの強みは、イノベーションを継続的に起こし、世界中の様々な文化を学び、それらに適応することができるパワーです。

中華料理の文化は奥深く長い歴史を持っており、中国はBurppleの中でも最も人気のある国の一つです。ローカライズして中国で人気なSNSのSina Weiboと統合し、中国人ユーザがより手軽にBurpleを使えるようにしたのは自然の流れだと思っています」。

残念ながら、Android版はまだリリースされていない。中国ではほとんどのユーザがAndroidを使っているため、中国市場の大多数をカバーしきれていないのが現状だ。この点についてElishaは、「ご期待ください」と得意気に述べた。

私は、美味しい食事の写真をソーシャルフードネットワークに載せて他人と共有することを楽しんでいる。iPhoneの言語設定を中国語に切り替え、Burppleの最新の中国語版インターフェイス(写真右下)を試してみた。Sina Weiboを利用することで、私の旅先での様々な食事をネットワークにいる中国人の友人(Weiboアプリの写真左下)に紹介することができた。これは2ヶ国間の文化の懸け橋になったと言える。

最新のアップデート(現在バージョンはv1.1.3)では、タイムラインの枠がさらに大きくなっているのに加えて枠内での絞り込み検索も可能だ。

レストランで出されたメニューに写真が含まれていない時などに、Burppleは非常に便利なアプリである。このアプリの物足りない点は、近くにあるカフェやレストランの検索ができないことだが、きっとこの機能も間もなくアプリに追加されるだろう。

この若きスタートアップのBurppleの今後だが、どうやら大きな夢を抱えているようだ。

「(もし)Evernoteが第2の頭脳と言うのであれば、Burppleはソーシャルフード脳である」。

最新のアップデートは、iTunesからダウンロード可能だ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

ソーシャルフードジャーナルBurpple、ランチスナップ撮影のiPhoneアプリをリリース

SHARE:

【原文】 写真共有と食べ物への情熱をかけ合わせて、シンガポールを拠点とするソーシャルフードジャーナルBurpple.comは、数週間のベータ期間を経てついに独自のiPhoneアプリをリリースした。これは、友達との食事のひと時を記録、管理し、探索するのにぴったりのアプリで、今すぐにでも満喫したい美味しそうな料理の数々を写真として収めていくことをユーザーにお勧めするアプリとなっている。 このBurpp…

【原文】

写真共有と食べ物への情熱をかけ合わせて、シンガポールを拠点とするソーシャルフードジャーナルBurpple.comは、数週間のベータ期間を経てついに独自のiPhoneアプリをリリースした。これは、友達との食事のひと時を記録、管理し、探索するのにぴったりのアプリで、今すぐにでも満喫したい美味しそうな料理の数々を写真として収めていくことをユーザーにお勧めするアプリとなっている。

このBurppleアプリの一番の売りは日記要素で、自分の料理の写真をカスタマイズできる「ボックス」内に保存し、「手作り」などといったテーマや名前をつけることができる。さらに、アプリ内でアーカイブされた写真を閲覧し、いつどこで食事したかも思い出せる。また、「reburp(またゲップする)」という機能を利用すると、ユーザーは友達と食事のデジタル体験を共有することができ、さらには友達の写真がいいなと思えばその食事内容をリツイートすることもできるのだ。こういった機能を支えるのは実用的な要素で、ソーシャルメディアサークルからの信頼できるレストランのお勧め情報(もしくは手作りレシピ)を確認できる。FoursquareやGoogle Placesなどといったサイトで情報を探し回るよりははるかに簡単な検索方法となっている。

それらの機能とInstagram風のファンキーさを掛け合わせてはいるものの、このスタートアップ企業は多くの食事関連アプリを扱う競合、特に米国発のEpicuriousやFoodspottingなどといったアプリに挑んでいかねばならない。おそらく、スマートフォンを常用するシンガポール人ユーザーは、新たなアプリという話題や、Burppleの先頃のソーシャルマーケティングキャンペーンで、kopi(シンガポール風コーヒー)を取り上げた例もあり、現地の食の文化への知識も相まって、Burppleのユーザ数と依存度を高める手助けをしてくれるだろう。だが、Burppleの目的は海外展開であり、このスタートアップ企業は、当企業のオープンベータ中に39カ国以上もの国の人々がこのアプリを使用していたと述べている。

Burppleの共同設立者の一人Elisha Ongは、このアプリのサービスは開始後InstagramやPinterestに見られるような成長を遂げており、このフードジャーナルアプリは他2アプリ同様「文化と地理的な境界」を越えるものだと述べた。

もう一人の共同設立者のDixon Chanはこのように付け加えた。

世界のスマートフォンユーザーの4名のうち1名は、毎日食事内容を写真に収めています[1]。この素晴らしき食の体験を語る写真の数々は多くの場合、スマートフォン内に眠ったままの状態になっており、また一般的なソーシャルメディアでは、その他のコンテンツの中に埋もれがちです。Burppleはそのような問題を解決したいと考えています。

公式リリースに向け、同社は政府支援のPlug-in@Blk71(関連記事)により育成されており、Spring Young Entrepreneurs計画のもと50,000シンガポールドルもの資金を得た。つい先週、レストランの予約サービスを展開するChopeと戦略的提携を行ったことが明らかになった。

現在はv1.1となっているこの見た目が可愛いiPhone版BurppleアプリをiTunes Storeからダウンロードして、街へ繰り出そう。

1. この統計については確認することができなかった。だが、「食事内容」を「猫」に置き換えれば、この統計はおそらく正しいものであると断言できる。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------