タグ Butcher Box

草だけで育てられた牛肉を毎月129ドルで届けてくれる「Butcher Box」

SHARE:

日本では、ステーキというと外で食べることが多いが、アメリカの食習慣といえば、週末に一家の主人が焼くバーベキューがある。そんな牛肉を毎月届けてくれる定期購入サービスが、「Butcher Box」だ。 サービスの開始は2015年にさかのぼり、もともとはKickstarterキャンペーンとして始まったものだった。目標調達額25,000ドルに対して、最終的に1,155人から約210,200ドル(1ドル10…

日本では、ステーキというと外で食べることが多いが、アメリカの食習慣といえば、週末に一家の主人が焼くバーベキューがある。そんな牛肉を毎月届けてくれる定期購入サービスが、「Butcher Box」だ。

サービスの開始は2015年にさかのぼり、もともとはKickstarterキャンペーンとして始まったものだった。目標調達額25,000ドルに対して、最終的に1,155人から約210,200ドル(1ドル100円換算で2,100万円)と8倍以上の資金が集まった。

Butcher Boxがこだわるのは、”grass-fed beef”だけを取り扱うこと。品質にこだわるWhole Foods Marketなどのスーパーでは取り扱われているが、穀物などではなく草だけで育てられた牛のことを指す。

Kickstarterページによると、grass-fedな牛はアメリカで育てられた牛全体のわずか1%にとどまるという。それだけ貴重であるため、住んでいる場所によっては手に入りにくいこともあるが、Butcher Boxがそれを解決してくれる。

肝心のお値段はというと、一回に8〜11パウンド(kg)、約20〜28食分が入って129ドル。一食約6ドルと、grass-fedなわりにはリーズナブルだ。

 

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録