THE BRIDGE

タグ C Channel

「直接的にサービスがないものには可能性がある」ーー日米一体開発のメルカリが語るグローバル展開の状況 #bdash

SHARE:

トヨタ、ホンダ、ソニー、任天堂。 国内経済を牽引した事業の先人たちは積極的に海外へ進出し、多くの外貨を日本にもたらしてくれた。時代は平成に変わり、インターネットの勃興はスマホなどのデバイスや、個人間取引といった新たな経済圏を生み出すことに成功した。 インターネットは時空を超える。情報が瞬く間に世界に広がる世界観は、それまで想像しなかったスピードでビジネスを拡大させ、世界にはGoogleやFaceb…

IMGP3157.jpg
写真左から:フェイスブックジャパンの長谷川晋氏、C Channelの森川亮氏、メルカリの山田進太郎氏

トヨタ、ホンダ、ソニー、任天堂。

国内経済を牽引した事業の先人たちは積極的に海外へ進出し、多くの外貨を日本にもたらしてくれた。時代は平成に変わり、インターネットの勃興はスマホなどのデバイスや、個人間取引といった新たな経済圏を生み出すことに成功した。

インターネットは時空を超える。情報が瞬く間に世界に広がる世界観は、それまで想像しなかったスピードでビジネスを拡大させ、世界にはGoogleやFacebook、Amazonといった巨人が誕生している。

この大きな経済パラダイムシフトの中で従来の輝きを失ったのが日本だ。テレビや車といった「モノ」が中心だった時代と異なり、日本語・日本文化の体験性に染まった情報サービスはそのまま海外に輸出することが難しい。

脈々と続く「なぜ日本からGoogleが生まれないのか」論に終止符を打つのは誰だろうか?

日米合計でダウンロード数は6000万(日本が4000万、アメリカが2000万)を突破したメルカリは、イギリスを拠点に「Mercari Europe」を設立、ユーロ圏での本格的なサービスインを発表した。

今日から福岡で開催されている招待制カンファレンス「B Dash Camp」の壇上に上がったメルカリの山田進太郎氏は改めてグローバル展開に力を入れると語る。

「(メルカリの前身となる)会社を作ったのが4年前でアメリカ展開を始めたのが2年半前。そして今日、UK版を始めた。国内の成長はよかったがまだまだで、これからしばらくは海外、特にアメリカに力を使う」(山田氏)。

メルカリが米国に注力する一方、アジア展開を進めるのが森川亮氏率いるC Channelだ。現在同社が展開するのはタイや台湾、インドネシア、フィリピン、マレーシアにシンガポールと広大で、インドネシア進出は現地法人を子会社化して実現。中国ではWeiboの影響力のある企業で4位に選ばれるなど躍進が続く。

そんな森川氏がグローバル展開時のマネジメントのコツについてアドバイスしていた。ポイントは「組み合わせ」にあるという。

「(グローバル展開に適してるのは)やはり柔軟性があって勉強する人ですね。それは現地人であろうと日本人であろうと同じ。マネジメント面では言葉や(人間の)裏側が分かった方がいいし、そもそも女性の気持ちを理解できないと。ただ、これを全部持ってる人はやはりいないので(人材の)組み合わせが大切ですね」。(森川氏)

あとなにかと怪しい話が多いアジア圏での世渡りについては「とにかく信頼できる人から辿ること」と一言。日本語が喋れて意気投合したから提携しました、という”ありそうな”流れには注意を促していた。

メルカリ米国展開の状況

セッションで興味を引いたのはやはりメルカリ世界展開の状況だろう。昨年に米国アプリストアランキングで上位を獲得した際は大きな話題となるなど周囲の期待は大きい。本当に日本発のフリマアプリは世界に受け入れられるのか?

ここまでのチャレンジを山田氏はこう振り返る。

「C2Cモデルはアメリカ、ヨーロッパでもダイレクトな競合はいない。そもそも、アメリカで流行っているものを日本でやったほうが確率が高いと思うし、日本でメルカリがうまくいったからって欧米でうまくいく保証はなかった。(ただ自分たちは)ホームラン狙いみたいなところがあるので、だからこそ日本でサービスを開始してそれを海外に持っていった。直接的に(サービスが)ないものには可能性がある」。

では具体的にメルカリはどのようにしてグローバル展開を実施しているのだろうか。山田氏は日本に地の利があるのであればここを起点にすればいいと語る。

「(メルカリ米国版は)15人のアメリカ在住の開発チームと日本国内の100人ほどのチームで一緒になって最初のマーケットフィット(PMF)をやって、アメリカ版の状況によって現地の人を(開発チームに)混ぜながら進めてきました。日本のチームに対してアメリカの方をマージしていくようなイメージ」(山田氏)。

開発は日米一体で進める一方でそれ以外のパート、例えばマーケティングなどはやはり現地ローカル中心で実施する。山田氏は日米マーケティング施策の違いについてこう話す。

「日本では例えばスポーツや芸能のイベントをやったりとブランディングの段階に入ってますが、アメリカとかはまだFacebookやTwitterの広告を使ってユーザーがアクティブになるかどうか、ユニットエコノミクスが健全な状況なのか、それをちょっとずつバジェットを増やしながら確認している状況ですね。ブランディングの段階はまだもう少し先」(山田氏)。

海外ではマーケティングの違い以外にも法律や金融的な規制、流通、支払い方法など違いがあるのでこういった点は徹底的にローカライズしているということだった。これは彼が過去に携わったゲーム等のコンテンツビジネスとは大きく違う点だという。

----------[AD]----------

C CHANNELがバンコク市内でタイ進出記念イベントを開催、現地メディアやクリッパーらが一同に集結

SHARE:

本稿は、7月23日〜24日にバンコクで開催中の「TECHSAUCE SUMMIT 2016」の取材の一部。 C Channel は23日、タイ・バンコク市内で、同社の女性向け総合ファッションメディア「C CHANNEL」のタイでの正式ローンチイベントを開催した。同社は2月に開催された THE BRIDGE FES 2016 の際にもタイ進出の意向を明らかにしていたが(日本語記事/タイ語記事)、タイ…

c-channel-bangkok-launch-event-3
左から:C Channel CEO 森川亮氏、Ookbee CEO Natavudh Pungcharoenpong 氏

本稿は、7月23日〜24日にバンコクで開催中の「TECHSAUCE SUMMIT 2016」の取材の一部。

C Channel は23日、タイ・バンコク市内で、同社の女性向け総合ファッションメディア「C CHANNEL」のタイでの正式ローンチイベントを開催した。同社は2月に開催された THE BRIDGE FES 2016 の際にもタイ進出の意向を明らかにしていたが(日本語記事タイ語記事)、タイの電子出版兼 UGC(User-generated content)プラットフォーム「Ookbee」と共に、タイでのマーケティング活動を本格化させることになる。

イベントには、C Channel の創業者で CEO の森川亮氏、Ookbee の共同創業者で CEO の Natavudh Pungcharoenpong 氏のほか、タイで映像クリップを投稿するクリッパーの皆さんが登壇。C CHANNEL アプリや、C CHANNEL CAMERA アプリの紹介をした。

c-channel-bangkok-launch-event-2
タイのクリッパーの皆さん

ローンチイベントに先立ち、TECHSAUCE SUMMIT 2016 の基調講演に登壇した森川氏は、グローバル展開を目指す起業家へメッセージとして、地元の良いパートナーシップを見つけること、(単に創業者のメッセージを通訳するのではなく)本社のある拠点と進出先の両方の市場や文化を理解できる社員を雇うこと、良いローカリゼーションを行うことが重要だと語った。

c-channel-bangkok-launch-event-1
TECHSAUCE SUMMIT 2016 で基調講演する森川氏

C CHANNEL はこれまでに、中国の動画サイト大手「Todou(土豆)」と組んで中国市場に進出、台湾のビューティーメディア「Niusnews(妞新聞)」、O2Oメディア「MAKER」と提携して台湾への進出を発表するなど、アジア展開を積極的に展開している。森川氏が語ったように、現地の最良のパートナーを見つけ、現地の女性インフルエンサーにサービスを使ってもらい、クリッパーを着実に増やしていくという戦略は一貫している。今後の他の国々への展開動向も気になるところだ。

----------[AD]----------

「あなただから綺麗なの」と思わせてはダメーースマホネイティヴ世代の動画視聴スタイル、国内トップ2社が語る

SHARE:

個人だけが楽しそうなコンテンツは嫉妬の対象になって見られないーー。 各種ソーシャルメディア・プラットフォームが成長し、テレビの独占物だった動画がインターネットの世界にやってきた今、メディアはいかにして読者の心を掴み、ブランドはどうやってコミュニケーションを構築すべきなのだろうか。 特に中高生などのスマホネイティヴ世代の動向は年代の違う「オジサン」がいくら頭をひねっても理解は難しい。 この難題に対し…

Five_004

個人だけが楽しそうなコンテンツは嫉妬の対象になって見られないーー。

各種ソーシャルメディア・プラットフォームが成長し、テレビの独占物だった動画がインターネットの世界にやってきた今、メディアはいかにして読者の心を掴み、ブランドはどうやってコミュニケーションを構築すべきなのだろうか。

特に中高生などのスマホネイティヴ世代の動向は年代の違う「オジサン」がいくら頭をひねっても理解は難しい。

この難題に対し、アジア初上陸となったAdvertising Weekの壇上で語られた内容は大変具体的で役立つものが多かった。ご紹介したい。

C Channelは開始約1年で動画再生数1億2000万回まで成長

CCHANNEL_000

壇上に上がったのは女性向けのスマホメディア「C Channel」と中高生に絶大な人気を誇る「MixChannel(ミクチャ)」の2社で、スマホに最適化した動画広告を展開するFIVEがこのステージをモデレートした。

まず、各社のステータスとしてC Chennel代表取締役の森川亮氏は、現在の動画再生数が3月に1億回を突破、5月時点で1億2000万回再生に到達する見込みと明かし、年内に5億回再生を目指すとした。

「動画ブログ的なアプローチで開始していち早く縦動画に対応しました。現在は自社制作を強化してメイクやヘア、料理にネイル、占いも始めています」(森川氏)。

awa_001

またMixChannelのプロデュースを務めるドーナツの福山誠氏もサービスの好調ぶりを強調する。

「MixChannelは動画を見るメディアというより投稿して共有するコミュニティサービスと位置付けてます。ただ撮影できるだけじゃなく、編集までスマホで完結しているのが特徴です。開始2年半で500万ダウンロード、1日3万件の投稿が発生しています」(福山氏)。

ユーザーの間で「ミクチャ」と呼ばれるこのコミュニティには中高生のカップル動画やおもしろ系、踊ってみたなどのコンテンツがずらりと並ぶ。8割が女子というのも他には無い大きな特徴だ。

スマホネイティヴ世代の動画視聴スタイル

awa_000
左:C Channel代表取締役の森川亮氏、右:FIVE代表取締役の菅野圭介氏

さて、両社の紹介はそれぐらいにしておいて、気になるのは読者の反応だ。女性、中高生は動画にどう反応しているのか?森川氏は全般的なネットユーザーの視聴スタイルの変化をこう語る。

「受ける情報の量が多く、例えばニュースもタイトルしか見なかったり、動画も頭と終わりしか見ない。3分クッキングなんていうものもありましたが、今の人は3分も待てない。どんどんせっかちになってる」(森川氏)。

例えば映画なども冒頭を見てその後はずっとスマホをいじってエンディングを確認する。映画を見ることよりも「見た事実」の方が重要な人たちがいるというエピソードは大変興味深かった。

「平均して30秒ぐらいですね。当初1分としてましたが、あんまり見てくれませんでした。40秒ぐらいでテンポよくして明るくすると持続するんですよね」(森川氏)。

Five_002
ミクチャで人気のツインズ系

また福山氏は冒頭に刺激的な情報を持ってくるいわゆる「出落ち」感があるものが人気と語り、サービス開始当初と比べて渋谷の女子高生たちの動画に対する変化をこのように語っていた。

「面白いものが最初にある方が完全視聴率を見ても高いんです。スキップしちゃう癖がついてるんでしょうね。3年前なんて渋谷の女子高生に聞いても動画なんてカメラロールにほとんどなかったです。けど今では彼女たちの中で動画を作るというのはもう当然になっています。その作り方をシェアしたりフォーマットを発明してるんです」(福山氏)。

中には画像2000枚を張り合わせて動画を作ったら猛者もいるらしい。

スマホ時代の動画コンテンツはどう作る?

Five_001

今回のセッションで1番面白かったのがこのテーマトークだった。ターゲットユーザーは何を視聴し、何を見ないのか。森川氏はC Channelの視聴者動向をこう振り返る。

「当初グルメレポートや旅行レポートを配信したんですが、なぜか見られなかったんですね。それでユーザーにヒアリングすると自慢をする人が嫌いだと(笑。嫉妬の対象になっちゃってたんでしょうね。個人だけが楽しそうなものより見てる側も役立つ、それでいて楽しいもの。メイクで綺麗になっても『それはあなただから綺麗なの』と思わせてしまってはシェアされない。可愛くても綺麗すぎず共感を生むもの。あと汚いのもダメ(笑」(森川氏)。

MixChannelも同じくこの「共感部分」が重要なキーになっており、自分でも真似できるんじゃないかというラインをうまく広告キャンペーンに取り入れたコンテスト企画が高いパフォーマンスを出しているという。

awa_002

「ユーザーに広告クリエイティブを作ってもらうんです。商品に関連したダンス動画を作ってもらってシェアしてもらう。自分でも作れるんじゃないか、そういう気持ちで広告も見てもらえるので視聴完了率は普通のキャンペーンに比較して2倍ぐらいになりますね」(福山氏)。

配信プラットフォームが自社ウェブではなく、YouTube、Facebook、InstagramにTwitterと分散化が進む中、各プラットフォームにあった効果的な広告キャンペーンを作るコツは、各メディアのコンテンツを視聴しているユーザーの動き、共感を細かく掘り下げることで見ててくるのかもしれない。

 

----------[AD]----------

C Channelが海外進出「C CHANNELタイ」をオープンへ、月間動画再生数は3700万回に成長 #tbfes

SHARE:

総合ファッション動画メディア「C CHANNEL」を運営するC Channelは2月19日、ASEANで電子書籍事業を展開するOokbee Company Limitedと提携し、C CHANNELタイをオープンすると発表した。また、同社は月間の動画再生回数が3700万回に到達したことも公表している。 昨年4月10日に公開されたC CHANNELはスマートフォン対応の縦型動画スタイルや「クリッパー…

左から:スマートニュース メディアコミュニケーションディレクターの松浦 茂樹氏、『C CHANNEL』編集長の山崎 ひとみ氏、C Channe取締役の三枝 孝臣氏
左から:スマートニュース メディアコミュニケーションディレクターの松浦 茂樹氏、『C CHANNEL』編集長の山崎 ひとみ氏、C Channe取締役の三枝 孝臣氏

総合ファッション動画メディア「C CHANNEL」を運営するC Channelは2月19日、ASEANで電子書籍事業を展開するOokbee Company Limitedと提携し、C CHANNELタイをオープンすると発表した。また、同社は月間の動画再生回数が3700万回に到達したことも公表している。

昨年4月10日に公開されたC CHANNELはスマートフォン対応の縦型動画スタイルや「クリッパー」と呼ばれるユーザー主導型のコンテンツ制作手法もさることながら、前LINE代表取締役の森川亮氏の新プロジェクトということもあって大いに注目を集めた。

オープンから約10カ月の時を経て、発表の通り月間の動画再生回数は3700万回と順調に数字を伸ばしている様子だ。最近ではGalaxyがCCHANNELのオフィシャルサポーターになるなど、広告展開の面でも動きを見せている。

<参考記事>

【追記あり】LINE前代表の森川亮氏の新たな道は「動画」ーーC Channelが主要ネット企業より5億円を調達 #bdash

スクリーンショット 2016-02-19 7.10.09
OOKBEE

そして今日、本誌主催のイベント「THE BRIDGE Fes」の壇上で、新たな展開としてタイの電子書籍事業を手掛けるOokbeeとの提携を発表した。

Ookbeeは東南アジア版「Amazon」で、電子書籍界隈では認知された存在だ。2011年創業の同サービスは現在650万人の会員を保有し、電子書籍だけでなくゲームやアプリなど幅広いコンテンツを取り扱っている。

中央:Ookbee CEOのMoo氏
中央:Ookbee CEOのMoo氏

壇上には、Ookbee CEOのMoo氏が登場。「Ookbeeは、半分以上がティーンのユーザ。日本のメイクやヘアについても積極的に採り入れている。LINEのユーザ数が日本についで多いことからも親和性が高いことがわかる。今回のパートナーシップによって、共にASEANで成長していければ」と語った。

C CHANNELは今後、Ookbeeを通じてタイの「クリッパー」たちと契約し、タイ語オリジナルのコンテンツを配信すると同時に、動画ショッピングの分野にも展開を広げるという。

----------[AD]----------

【追記あり】LINE前代表の森川亮氏の新たな道は「動画」ーーC Channelが主要ネット企業より5億円を調達 #bdash

SHARE:

13時追記:森川氏が登壇したのでその際のセッションを追記する。 C Channelの公開について、改めて森川氏がアソビシステムの中川悠介氏らと共に壇上に上がり、サービスの公開を発表した。 動画を上げてくれる「クリッパー」という「モデル兼」投稿(契約)ユーザーは100人になっており、毎日10本程度のコンテンツを更新していくという。また、年齢や趣味嗜好などの情報からタイムラインを再構成するような仕組み…

13時追記:森川氏が登壇したのでその際のセッションを追記する。

C Channelの公開について、改めて森川氏がアソビシステムの中川悠介氏らと共に壇上に上がり、サービスの公開を発表した。

IMGP3077

動画を上げてくれる「クリッパー」という「モデル兼」投稿(契約)ユーザーは100人になっており、毎日10本程度のコンテンツを更新していくという。また、年齢や趣味嗜好などの情報からタイムラインを再構成するような仕組みも検討しているようだ。

森川氏はC Channelをケーブルテレビ時代のMTVと似ていると話していた。コンテンツを自社で全て制作するのではなく、ブランド構築を優先させ、自分たちのメッセージ性のあるコンテンツについては自分たちで作り込んでいく。それ以外は協力してくれる人たちのコンテンツをブランドによって集め、配信する。

そういう背景から、公開してからこの僅かな間で既に広告の依頼が入っているということだったが、しばらくは「やせ我慢」でブランド構築を優先させるということだった。

IMGP3080
アソビシステムはC Channelのコンテンツ制作において重要な位置を占めることになりそう

また、今回きゃりーぱみゅぱみゅさんなどを擁するプロダクション、アソビシステムが資本参加しているが、これも同社の所属タレントがクリッパーとして参加することを意味している。

「これからは個人がメディアになっていく時代。テレビや新聞も雑誌も重要だけど、インスタグラムやYouTubeを通じて世界に出て行きやすい時代になった。自分で動画アップする子は学んでいる。プロに撮ってもらうのも含めて自己表現のきっかけになってる」(中川氏)。

IMGP3088
アソビシステム所属タレント。彼女たちがクリッパーとして登場する。

話ではブログを書くように動画を編集し始めている女子高生も出てきているというから、課題となるコンテンツの制作コスト、スピードの問題もこういったところから解決できていくのかもしれない。

追記終わり


LINEを率いたベテランの新たな挑戦が明らかになった。

ーー動画メディアだ。

前LINE代表取締役の森川亮氏が代表を務めるC Channelは4月10日、女性向けの動画ファッション雑誌「C Channel」の公開を発表する。サービスはβ版としてウェブのみの公開だが、同社では夏頃を目処にスマートフォンアプリの提供および年内を目標に英語版の制作・配信を予定しているとしている。

C Channel_Press5

また同社の設立にあたり、アイスタイル、アソビシステムホールディングス、グリー、GMO VenturePartners、ネクシィーズ、B Dash Ventures、MAKコーポレーション、楽天を引受先とする第三者割当増資の予定も公開される。

調達した金額は総額約5億円で、実施は4月下旬を予定している。各社の株式比率などの詳細は非公開。

C Channelはファッションやヘアメイク、フード、トラベルなどのライフスタイル関連情報を扱った動画メディアで、ターゲットは主にF1層を中心に考えられているようだった。

photo1

森川氏はご存じの通り2015年3月末までLINEの代表取締役を務めていた人物。日本テレビでそのキャリアをスタートさせ、ソニーを経て2003年ハンゲームジャパン(現LINE)に入社。オンラインゲーム事業を牽引する課程で2011年にメッセージング・サービス「LINE」を生みだし、登録者数5億人以上という巨大プラットフォームに成長させた。

2014年4月から現代表取締役の出澤剛氏と共同代表取締役体制を取り、同年12月に退任を発表してその動向が注目されていた。

ネット発「マスメディア」への挑戦

今回のプロジェクトは、彼の一番最初のキャリアである「テレビ」に改めて挑戦するものとなった。

「インターネット・サービスは個人をエンパワーしてきましたが、メディアに関してはまだまだマスメディアが強い状況で、日本からグローバルに展開できているものはありません。

オンライン動画が盛り上がってきているものの、まだまだマニアや特定個人向けのものです。ナショナルクライアントが広告出稿したくなるようなブランドはまだ見当たらないのが現状なのです」(森川氏)。

タイム・ワーナーやニューズ・コープのような世界的メディアコングロマリットを「ネット発」で創る、それが森川氏の狙いだ。確かに今、低価格で良質なモバイルネット回線、高性能のスマートフォン端末のおかげで「ガラケー」時代には難しかったリッチコンテンツを自由に扱えるインフラがほぼ整備された。

C Channel_Press3 C Channel_Press4

しかもモバイルだ。手のひらの中の可処分時間はゲームやキュレーションが奪い合いを繰り広げているが、もしここに動画という切り口がやってきたらどうなるだろうか。

チャンスは十分にある。

「切り口は日本のカルチャーやフード、トラベルといったライフスタイルです。女性がターゲットで、動画のファッション雑誌的なアプローチを考えています」(森川氏)。

画面イメージを見ると分かるが、Pinterest風のインターフェースにタイル型のコンテンツが並ぶ。これらが全て動画として配信される。ソーシャルグラフもあるので、興味を持った情報が流れるのはお決まりのパターンだろう。

問題はコンテンツの制作だ。森川氏も過去の経験から、映像業界の課題としてスピードと高コスト体質を指摘していた。

良質な動画コンテンツを安価にかつ、大量に制作するにはどうしたらいいだろうか?

ここでもまたスマートフォンが重要な役割を果たす。カメラ付きスマホ端末はそれ自体が視聴端末であると同時に、制作ツールにもなり得る。つまり、自撮りだ。

C Channel_Press_WEB

実際には映像を見て欲しいのだが、コンテンツの中にはモデルが自分で撮影したカットを編集して配信しているものがある。C Channelには社員として編集スタッフを配置しており、彼女たちが撮影した素材を編集部に送り、1分ほどのコンテンツに仕上げて配信する。

もちろん、しっかりとディレクターを入れて撮影するものもあるそうだが、アシスタントからヘアメイクまでフルセットで入れる商業映像制作とはまるで違うことはわかるはずだ。

「カメラマンがいると表情が硬くなるんです。テレビ的というか。でも自撮りだと表情がリラックスしてて豊かなんですよね。コミュニケーションがメインのメディアなのでその方法もいいなと」(森川氏)。

photo3

この拠点としてC Channelは原宿にオフィス兼スタジオ(4月19日オープン予定)を構え、ここから世界に向けて挑戦を開始する。

オンライン動画広告市場を創造する

「ビジネスモデルは動画広告とコマースを考えています。映像を見てその場で買える。広告については、ナショナルクライアントが出稿したくなるメディア・ブランドをつくります。現在のメディアは(量を追い求めるあまり)安かろう悪かろうの方向に向かって、焼き畑農業的な印象がある」(森川氏)。

動画広告市場については、2013年に132億円だったものが、2017年には640億円と5倍増するという試算(※シードプランニング調査)もある成長市場だ。

一方で、ナショナルクライアントと呼ばれるビッグスポンサーは自分たちのCMが流れる「メディアの質」にも当然こだわりを持つ。自分たちのCMが広告ネットワークに流れて低俗なサイトに表示されては逆効果なのは当然のことと言える。

このタイミングで彼らの「受け皿」となり得る質のメディアを持つこと、これこそがC Channelの狙いだ。

ところでこのインタビューの終わり、ふと森川氏に「創業者」として、これまでの経営者としての経験との違いはあるのかと尋ねたところ、快活に笑いながらこう答えてくれた。

「みんなの分の給与も自分で振り込んでますよ。あと、ハンコの文化は無くさないといけないですね。あれは効率が悪い(笑」(森川氏)。

ベテランの挑戦は今始まったばかりだ。

----------[AD]----------