THE BRIDGE

タグ cakes

メディアプラットフォームのcakes、クリエイターと読者のつながりを強めるiPhoneアプリをリリース

SHARE:

先日、3億円を調達したことを発表したデジタルメディアプラットフォームのcakes(ケイクス)が、iPhoneアプリをリリースした。 cakesは定額課金制で運営されており、無料で閲覧できるコンテンツもあるが、週150円支払うとサイト内のすべてのコンテンツを閲覧できるようになるサービス。 cakesのインターフェイスは広告を排除したデザインになっており、読者が文字サイズや背景色を自身で変更できる機能…

cakes logo先日、3億円を調達したことを発表したデジタルメディアプラットフォームのcakes(ケイクス)が、iPhoneアプリをリリースした。

cakesは定額課金制で運営されており、無料で閲覧できるコンテンツもあるが、週150円支払うとサイト内のすべてのコンテンツを閲覧できるようになるサービス。

cakesのインターフェイスは広告を排除したデザインになっており、読者が文字サイズや背景色を自身で変更できる機能を備えていることも特徴のひとつ。この特徴はiPhoneアプリになっても変わらないようで、テキストサイズやタブに表示されるカテゴリをユーザが自分で選ぶことができるようになっている。

Cakesは、ビジネス、小説、エッセイ、ライフスタイル、政治経済、エンタメ、食、写真など様々なジャンルのコンテンツが掲載されており、読者は連載をフォローすることで気になった作者によるコンテンツの更新を知ることができるようになっている。これはiPhoneアプリでも可能となっており、メール通知やプッシュ通知に関する設定ができる。表示の設定以外にも、通知に関する設定もできて読者が使いやすいようにカスタマイズ可能だ。

cakes

TwitterやFacebook、Emailでシェアすることができるようになっており、読んだコンテンツはその場で共有できる。角川oneテーマ21、ケトル、コルク、ジセダイ、週刊アスキー、週刊ダイヤモンド、SPA!、少年タケシ、モーニングなどのメディアからのコンテンツ提供も行われており、同アプリ上でかなり多くのコンテンツを読むことができるようになりそうだ。

iPad, iPad miniなどには今後対応予定となっている。コンテンツを読むのが好きな方は、こちらからcakesのiPhoneアプリをダウンロードして試してみてほしい。

----------[AD]----------

デジタルコンテンツプラットフォーム「cakes」を運営するピースオブケイクがVC2社から3億円を調達

SHARE:

「クリエイターと読者をつなぐ」をコンセプトにしているデジタルメディアプラットフォーム「cakes」を運営するピースオブケイクが、新生銀行の100%子会社である新生企業投資株式会社と磯崎哲也氏が共同運営するフェムトグロースキャピタル、国内大手ベンチャーキャピタルのジャフコを割当先とする第三者割当増資を実施し、総額3億円を調達した。 cakesは、コンテンツ配信のプラットフォームだ。cakesにはベス…

cakes

「クリエイターと読者をつなぐ」をコンセプトにしているデジタルメディアプラットフォーム「cakes」を運営するピースオブケイクが、新生銀行の100%子会社である新生企業投資株式会社と磯崎哲也氏が共同運営するフェムトグロースキャピタル、国内大手ベンチャーキャピタルのジャフコを割当先とする第三者割当増資を実施し、総額3億円を調達した。

cakesは、コンテンツ配信のプラットフォームだ。cakesにはベストセラー作家、学者、人気ブロガー、ビジネスマン、写真家、音楽アーティストなど、多様な執筆陣のコンテンツが日々アップされる。登録するとサイト内のコンテンツが、過去のものを含めすべて閲覧可能。cakesには外部メディアからもコンテンツが配信されており、これらも同様に閲覧可能となっている。

料金は1週間単位で設定されており、週に150円の定額課金制となっている。cakes曰く、

「ペットボトル1本分の値段で、申し込み日から1週間、コンテンツを好きなだけお楽しむことができます。」

とのことだ。

cakesを運営するピースオブケイクは、今回の資金調達により、開発者やデザイナー、編集者などのサービス向上に必要な人材を強化し、読者、クリエイター、出版社など、サービスに携わる人々の体験を向上させる仕組み作りを行い、コンテンツ業界をリードする存在となることを目標にサービスを運営していくという。

Sd Japanでは今年の2月にソーシャルゲームのプラットフォームを提供するGREEが、新しく有料メルマガサービス「Magalry(マガリー)」をスタートさせたことを記事にした。出版不況と言われる中、こうした新しい電子のメディアがビジネスを成長させていくことができるのか、今後の動向が気になるところだ。

----------[AD]----------